青木さやか 共演ng。 共演NG!芸能人の不仲説⑥

青木さやかの現在は?有吉弘行、山里亮太と不仲で干された?原因は性格か?ロンハーでバトル!?

青木さやか 共演ng

news-postseven. 小学生から社会人まで浸透し、誰しもが一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。 その青木さやかさんですが、この頃とんと姿を見せなくなりましたよね。 2007年10月24日に、3歳年下の プロダンサー・柳本雅寛さんと結婚。 馴れ初めは、松浦亜弥をこよなく愛しモノマネしていた 前田健さんの紹介で知り合い、お付き合いをすることに。 そしてその半年後、二人は幸せの 結婚発表。 当時は 『スピード結婚』と報じられていましたね。 3年後には第一子となる女の子を出産し、青木さんは育児休暇に入られました。 ずいぶんと幸せに暮らしているな・・・と思っていた矢先、2012年3月23日 離婚。 この辺りからパタリと姿を消されてしまい、どこで何をしているのか、寧ろ存在自体を忘れてしまっていました。 そこで今回は、幸せだったはずの結婚生活にピリオド打った原因が青木さん自身の 性格が災いしていたことや、テレビ界から干された謎、そして現在についてまとめました。 青木さやかも、必死なんです! 青木さやかの離婚は自分の性格が災いした? 青木さやかの基本情報 名 前/ 青木さやか(あおきさやか) 出身地/ 愛知県瀬戸市 誕生日/ 1973年3月27日 血液型/ O型 身 長/ 165cm 体 重/ 53kg 趣 味/ 料理・子育て 特 技/ ピアノ・料理 事務所/ ワタナベエンターテインメント 青木さやかさんは、前田健が引き合わせてくれたプロダンサー・柳本雅寛さんと結婚するも、僅か5年で離婚されてしまいました。 離婚の原因は夫婦間のすれ違いと、 筋金入り神経質な青木さんの性格でした。 元夫・柳本さんの主な活動拠点は海外にあります。 日本に残って夫の帰りを待つ妻・青木さやかさんにとっては、不安でしかなかったでしょうね。 というのも、青木さんは夫のことを どんな些細なことでも知っておかなければ気が済まない、 束縛心が強い女性だったのです。 結婚する以前にも、お付き合いしていた男性のことは全て知りたい・知っておきたい性格が見え隠れしていたようです。 それって、自由を求める男性にとっては窮屈でしかありませんよね。 何もかもを妻に支配され、なおかつ息抜きも出来ない状態であれば男性は息苦しくなって当然です。 青木さんの神経質といえば、 タクシー乗車マナーが有名です。 何でも青木さんは、乗車してから目的地までのルートを事細かく運転手さんに指定されるんですって。 そのルートを少しでも外れると・・・恐怖の質疑応答の時間がやってくるのです。 「何で間違えたの!」 「予めルートを伝えたわよね」 それはそれは、 重箱の隅をつつくようにネチネチ、ネチネチと。 なので、タクシー会社のドライバーさんは口を揃えてこう言います。 「乗せたくない芸能人のお客さん」 そりゃそうだ。 そんなふうに責め立てられるなら、「面倒くさい」ってなっちゃいますよ。 元夫・柳本さんに対しても、そんな口調で根掘り葉掘り聞いていたなら、気持ちを閉ざしてすれ違いになるものわかる気がしますね。 青木さやかがテレビから消えた原因は有吉との確執? 第一子である 長女の親権は青木さんが取りました。 可愛い娘を養っていくためにも、シングルマザーとして芸能界で活動していかなければならないはずなのですが、ここ数年メッキリ姿を見せなくなりました。 巷では『青木さやか、 芸能界干される』という噂が流れる始末。 その真実とは? 実は青木さんがテレビから姿を消した原因が、お笑い界に返り咲いた 有吉弘行さんとの対立にあるというのです。 青木さやかサイド ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん率いる『竜兵会』のメンバーで、当時売れに売れまくっていた青木さやかさんと売れていない芸人数名の、飲み会の様子を収録するロケ現場で事件は起きました。 売れていない芸人数名の中に、かつて『白い雲のように』で歌手デビューまで果たして大ブレイクしていた有吉弘行さんがいました。 有吉さんは猿岩石を解散したことで大失速していましたね。 この竜兵会のロケで 有吉さんは、人気絶頂の青木さんに対して下ネタを連発! すると青木さんは、有吉さんから 襲われてしまうのではないかと怖くなり、仕事を途中で放棄し泣きながら帰ってしまいました。 下ネタで追い詰めてきた有吉さんに、腹立たしく感じた青木さんは 芸能各所に『有吉との共演NG』の連絡を入れたのだそうです。 今では二人の立場が逆転。 『有吉との共演NG』で、どの局も青木さやかさんを使うことはなくなってしまい、テレビから姿を消してしまいました。 有吉弘行サイド 青木さんの視点で見てみると、「女性に対して下ネタを連発する有吉最低」となるところですが、真実は違っていました。 この確執が解かれたのは、7年後の 『もしもこんな2人を飲ませたら』という企画での再共演でした。 スポンサーリンク 天敵である有吉さんを目の前に、正座スタイルで臨んだ青木さんは「有吉さんがとても苦手で・・・」 これに対して有吉さんは、いつもの調子で毒舌とセクハラ発言。 でもこのセクハラ発言は、有吉さんなりの 芸人としての優しいトスに過ぎなかったのです。 「僕があなたに要求しているのは・・・ ただ一つの言葉なんですよ」 もうお分かりですね。 7年前の『竜兵会』のロケでも、『もしもこんな2人を飲ませたら』のロケでも、有吉さんが求めていたのはあのセリフだったのです。 「どこ見てんのよっ!!」 その優しいトスをセクハラと捉えてしまっただなんて、青木さんの落ち度としか言いようがありませんね。 青木さやかの現在は?お笑いは卒業! 何はともあれ2人は和解し、(形式上ですけど)共演NGも白紙に戻りました。 しかし、お笑い界どころかバラエティにも未だに出演されていません。 なんで? そもそも青木さやかさんは、お笑い芸人でありながら イジられることを嫌っていました。 また愛娘が大きくなって、バラエティ番組に出演してイジられている母の姿を見た時のことを考えると・・・、 身体的に負担を感じたんだそうです。 「バラエティでは勝てない」 そう思った青木さんが大きく舵を切ったのが、 女優への転身でした。 現在、 存在感と迫力のある主婦役などで少しずつ活動の幅を広げ、ドラマだけでなく舞台やCMにも出演されています。 お笑い芸人として培ってきた演技が、女優として花を咲かせることになるなんて、夢にも思っていなかったでしょうね。 青木さやかさんのまとめ 青木さやかさんはお笑い芸人を卒業され、女優としての道を踏み出していました。 エンタの神様でネタを見ることも、もうないのでしょうね。 今後は束縛や神経質といった性格を緩めて、気持ちにゆとりを持って女優活動に専念して欲しいです。 というのも、バラエティ番組をセーブしてみたところで私生活を間近で見てる娘に、タクシーのドライバーさんを問い詰めるような恥ずかしい姿を見せて、周りから後ろ指さされていては元も子もありませんからね。 今後の活躍に注目していきましょう!.

次の

山里亮太(山ちゃん)が嫌いな共演NGの女芸人って誰!?番組の共演者?

青木さやか 共演ng

青木さやかの離婚原因は束縛系の性格のため!芸能界を干された?「あさイチ」で復活! 青木さやかの離婚原因は束縛系の性格のため! 「どこ見てんのよ!」のギャグで一世を風靡したお笑いタレントの青木さやか。 昨今は、NHK「あさイチで」等で、ママタレントとしての活動のほうが目立っている感じがあります。 青木さやかは2007年に3歳年下のダンサー・柳本雅寛と結婚。 2010年に長女を出産し、幸福な家庭を築いているかに思われました。 しかし、2012年に離婚。 コンテンポラリーダンサーとして、1年の半分を海外で過ごす夫と、青木さやかとのすれ違いが続いたのが離婚の原因と言われています。 しかし、青木さやかは「男性の行動のすべてを把握したい」タイプと自ら語るほど束縛系の性格。 幼い娘を抱え、夫が不在な日々が続くことに耐えらなかったようです。 青木さやかは芸能界を干された?NHK「あさイチ」で復活! 青木さやかが結婚、出産した2000年代、当時の彼女の人気は絶頂。 「笑っていいとも」をはじめ、さまざまなレギュラー番組を抱えていました。 しかし、ある時を境にメディアでの露出が激減。 ぱったりと出演が途絶えた青木さやかには、「芸能界を干されたのでは?」という話題がネットにあがるほどでした。 しかし、青木さやかは、徐々に復活をとげ、露出があがってきています。 そのきっかけといってもいいのがNHK「あさイチ」。 主婦向けの情報番組である「あさイチ」にレギュラー出演する青木さやかは、映画紹介コーナーを担当。 また、時にはコメンテーターとしても登場し、離婚を経験したシングルマザーとして、子育てについて本音を語る場面も見られます。 青木さやかと有吉弘行が共演NG?7年間の確執と和解の真相! 青木さやかと有吉弘行が共演NG? 青木さやかが「芸能界を干された」ように見えたのには、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのお笑いタレント・有吉弘行との確執がありました。 事の発端は7年前にさかのぼります。 ある番組のロケで行われた飲み会で、有吉弘行と同席した青木さやかは、有吉弘行にいじられて激怒。 ロケ中であるにも関わらず、途中で退席してしまったのです。 その後、青木さやかは、番組での有吉弘行との共演NGを願い出ます。 当時人気絶頂の青木さやかでしたから、有吉弘行のメディア露出は激減。 当時を振り返った有吉弘行は「汚いやり方で僕が干されそうになった」と語っています。 青木さやかと有吉弘行が7年間の確執から和解の真相! このように、テレビ業界でも周知の事実だった青木さやかと有吉弘行との確執。 再ブレイクした有吉弘行の番組出演数が増えたため、今度は、共演NGである青木さやかの出演機会が激減したわけです。 7年間にわたった青木さやかと有吉弘行の確執ですが、昨年6月に放送されたテレビ朝日「ロンドンハーツ」でついに和解に至りました。 番組内の企画「もしもこんな2人を飲ませたら」に参加した青木さやかと有吉弘行。 二人きりで飲みながら、本音のトークを展開。 7年前の件を青木さやかが謝罪。 「一度しっかり謝りたいなと思っていました。 すみませんでした」と委縮しながら謝罪する青木さやかの姿に、ネット上では「芸風が変わっててすごいショック」との声も見られました。 青木さやかはお笑いからママタレントへ?それとも女優へ? 民放バラエティで敵なしの有吉弘行との確執は、青木さやかを崖っぷちにまで追い詰めました。 しかし、かえってこれが功を奏したのか、青木さやは、有吉弘行がレギュラーを持たないNHKから復活のきっかけをつかもうとしています。 今やNHK「あさイチ」は朝の情報バラエティの中では独走状態の人気ぶり。 この番組で、主婦層からの支持を取り付けることに成功しつつある青木さやかは、ママタレントとして再び活躍の幅を広げることも可能でしょう。 離婚経験のあるシングルマザーという立場も視聴者に訴えるものがありますから、お笑いタレントとしてより息の長い活動ができると思われます。 そうはいっても、民放の出演機会が少ないことは大きな不安要素だったのは間違いありません。 このタイミングで、「ロンドンハーツ」で有吉弘行との確執が氷塊したことは、青木さやかにとって非常に大きなことです。 青木さやかの娘はまだ4歳と幼く、シングルマザーとして子供を立派に育てあげるためには、浮き沈みの激しい芸能界はなかなか厳しいのあは事実です。 安定して仕事を確保するため、テレビ局側からも「青木さやかは使いづらいタレント」と思われることは避けたいはず。 有吉弘行との和解で、その点が少しでも解消されたと、ほっと胸をなでおろしているのではないでしょうか。 将来への不安をぬぐうためか、青木さやかは、タレント業以外でも活動の幅を広げています。 最近でもドラマ「37. ドラマ以外でも、女優としてNODA・MAP『MIWA』、ミュージカル『アニー』といった話題作の舞台へも出演しています。 両親ともに教師で、生来真面目な性格の青木さやか。 きっとどの仕事にも真剣に打ち込んできたのでしょう。 その反面、神経質でプライドが高く、扱いづらいという評判があった彼女。 今後は幼い娘のためにも、幅広く、息長く活躍していけるよう「扱いやすいタレント」となることが課題のようです。

次の

芸能界「共演NG」最新リスト!(3)有吉弘行、坂上忍、山里亮太…お笑い界はタブーだらけ?

青木さやか 共演ng

3月に入り、春のテレビ改編が続々と発表されているが、この間、キャスティング担当者が頭を悩ませていたのが、タレントたちの「共演NGリスト」だろう。 不貞騒動の渦中にあったベッキーが司会を務めていたことで番組に注目が集まっていたが、この日、注目を集めたのは内村のほうだったという。 「というのも、かねてから内村と共演NGと思われていた久本雅美がゲストとして登場したから。 過去にある芸人が共演者を某宗教へと執拗に勧誘したことで、内村が激怒。 そんな態度が、同じ某宗教団体に属する久本の耳に入ったことで、彼女と内村の仲は険悪になり共演NGになった。 17年間レギュラーを務めた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の最終回に久本が姿を現さなかったのも、内村との共演を避けるためだったという噂もあります。 それだけに、今回の突然の共演は、世間を驚かせました」(テレビ誌記者) 2人の共演にネット上では大騒ぎとなったが、はたして心からの「和解」となったのだろうか。 わかりやすい構図では、出演していない番組の新年会に勝手にmisonoが乱入したことで、吉木りさとの大バトルが勃発したことも。 「出演者から好みのタイプを聞かれた吉木の返答ぶりが気に食わなかったことで、misonoが突然激怒。 『何なん、アンタ。 うち嫌いやわあ』『グラビアはこんなんばっか!』と罵倒した。 吉木は相当恐かったようで、その時の心境を『泣きそうだった。 よくわかんないこと言われて』と番組で告白。 放送中の主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)は物足りない視聴率ながらも、なんとか今期のドラマNO1をキープしている木村拓哉。 苦戦の一因にはバツイチ女優の竹内結子にヒロインとしての華がないことが挙げられている。 悪いイメージが付くことを懸念してか、綾瀬はるかや吉高由里子など、有名女優陣から共演を拒否されたようです」(テレビ誌記者) そんなキムタクが共演NGにしていると言われているのが井川遥だ。 「14年前のドラマ『空から降る一億の星』(フジテレビ系)でキムタクは、モデルから転身したての井川に対し、『演技がヘタクソすぎて、もう一緒に仕事をしたくない』と当り散らしたとか。 さらに、出演者の顔合わせが井川のスケジュールに合わせて作られていたことを知って激怒。 事務所に共演NGを通告したエピソードは有名です」(女性誌記者) 今やモデルの世界では主婦層から絶大な支持を得ている井川。 女性視聴率獲得のためには、キムタクもそろそろNGリストから外したほうがいいかも?.

次の