ビデオマーケット 料金。 ビデオマーケットの月額料金・お値段はいくら?

ビデオマーケットの解約・解除・退会方法。すぐ分かる手順付解説!

ビデオマーケット 料金

ビデオマーケットの評判からわかった特徴 まずはビデオマーケットの評判からわかった特徴をご紹介します。 他社の動画サービスとの違いや、特徴をしっかり理解した上で契約しましょう。 作品数NO. 1のVODサービス ビデオマーケットは国内最大級の動画配信サービスになります。 作品数は業界NO. 1の16万本です。 他社と比較すると・・ ・ビデオマーケット160000本 ・U-NEXT120000本 ・Hulu40000本 と圧倒的にタイトルが多いのがわかります。 他社と比べて広告に力を入れていないのであまり有名ではないのですが、マイナー作品〜新作まで幅広く見たいならビデオマーケットがおすすめです。 >> 値段が安い・都度購入 値段が安いのも魅力的なポイントです。 ビデオマーケットは基本的に都度料金となっていて、毎月付与される540ポイントで購入する形になります。 1作品300ポイント〜ほど つまり、月額500円のプレミアムコースだと毎月1〜2本ほど新旧作問わず鑑賞ができます。 他社サービスでは、 ・U-NEXT 1990円 ・Hulu 933円 となっていて、最新作以外が見放題となっています。 必要最低限の料金でおさえて、興味ある作品だけ見たい人はビデオマーケットのプレミアムコースのみがお得です。 NHK作品にも力を入れてる ビデオマーケットはNHK作品にも力を入れていて、 大河ドラマや小説ドラマなどが見れるパックも用意されています。 NHKとの独占契約でもあるので、他社でみることができない作品が多数あります。 デメリット 見放題の作品が少ない! ただ、ビデオマーケットとの"プレミアム見放題"コースは、あまりおすすめではありません。 見放題になるのは16万本ある中の、たったの2万本です。 当然、最新作は入っていなく。 TSUTAYAやゲオにある旧作が見放題になっているイメージです。 つまり、古い作品やたくさんの作品を見たいひとは、U-NEXTやHuluがおすすめでしょう。 ビデオマーケットは最新作や見たい作品だけ鑑賞したい向けのサービスと考えてOKです。 ビデオマーケットの無料お試しは本当?登録方法は? 無料で見放題だと、本当なのかちょっと疑ってしまいますよね。。 しかし、ビデオマーケットの初月無料のお試しは本当です。 実際に筆者も試してみましたが、 初月でしっかり解約すれば一切料金が発生しませんでした。 当然、期間中に解約し忘れると料金が発生します。 ビデオマーケットの無料お試し登録の方法をご紹介します。 「クーポン」という箇所がありますが、無視してOKです。 解約手続きも忘れないようにメモしておくと良いでしょう。 1とかなり高評価です。 やはり見放題作品が少ないといった口コミが多かったですね。 また携帯ショップで契約させられてるパターンもありますが、しっかり無料期間に解約すればお金はかかりません。 >> ビデオマーケットの解約方法 ビデオマーケットの解約方法をお伝えします。 ビデオマーケット側からしたら、初月で辞められると困りますからね・・。 無料期間で辞めたい人は・・ ・申し込み月の末日までに解約すること ・最後まで解約手続きをしっかり行うこと 上記2点を意識だけすれば、安心してお楽しみになれます。 さいごに ビデオマーケットについて解説しました。 他社の動画配信サービスと比較して、認知度は薄いですが作品数や最新作の配信速度は業界一番です。 こんな人におすすめ! ・最新作やNHK番組を見たい方 ・特定の作品だけみたい! ・見放題じゃなくてもいい! 上記に当てはまる方はまずは無料トライアルから始めてみると良いでしょう。

次の

ビデオマーケット経由でNHKオンデマンドに登録する方法!

ビデオマーケット 料金

ビデオマーケットは、VODの中ではあまり知名度は高くないと思います。 だからといって、先入観で使わずにいるのはもったいないかもしれません。 ビデオマーケットには、実は他のVODにはない大きな特徴があるんです。 ここではビデオマーケットを使ってみた口コミや評判をまとめて、特徴やメリットも紹介しています。 まとめてある情報は、• ビデオマーケットの口コミ評判• 良いところ・悪いところ• 無料のお試し登録について• ビデオマーケットの強み・独自のメリット• 管理人ヨッチの体験談 といった利用者の感想や、ビデオマーケットのレビューです。 良いところも悪いところも、公平に比較しながらお伝えしていきます。 私のようにアニメ作品、特にOVAに興味のある人に強く勧めたいです。 OVAはテレビアニメと違って結構きわどいシーンもあります。 それはエロイシーンだったりグロいシーンだったりと色々ですが、こういったものを無料で観たり出来るのはとてもよかったです。 テレビアニメばかり観てる人にビデオマーケットを勧めたいです。 ドラマ• アニメ• バラエティ などさまざまなジャンルが豊富という口コミが多くありました。 ある特定のジャンルだけでなく、幅広いラインナップが魅力のようです。 ドンピシャで自分の趣向に合えば、かなり充実した動画ライフを楽しめそうです。 初月無料のキャンペーンでお試しができたことも、入会のきっかけとなった方が多いですね。 いきなり有料で使い始めるのは抵抗があると思うので、うまく無料キャンペーンを利用してチェックするのがいいと思います。 知名度は低いようですが、 利用者の評判は全体的にポジティブなものが多かったようです。 ビデオマーケットは見放題よりもPPV(個別課金)に力を入れているようなので、その点もVOD選びのチェックポイントになりそうです。 やめようと思ったら、解約は簡単にできるの? ビデオマーケットの解約はとても簡単にできます。 マイページのメニューに解除ボタンがあるので、そこをクリックするだけです。 解約の手順• マイページを開く• 登録コースの「プレミアムコース解除」または「プレミアム&見放題コース解除」をクリックする• 「利用規約に同意して解除」をクリックする 無料期間に解約してもお金はかからないの? 無料期間中なら、解約してもお金は一切かかりません。 安心してお試しすることができます。 ただし、ポイントを追加購入していた場合はその分だけお金がかかります。 まずは無料で試してみたい場合は、最初にもらえる540ポイントを使えば料金はかかりません。 解約してもアカウント情報は残っているので、保有しているポイントもそのまま残ります。 ちゃんとポイントは利用できるので、安心してください。 アカウント情報を削除する方法 もしアカウント情報も削除したい場合は、以下の手順で退会してください。 解約後にマイページを開く• お客様情報の「ビデオマーケットから退会」をクリックする 退会した場合はアカウント情報が削除され、ポイントもすべて消滅します。 十分に注意して、退会するか判断してください。 初月無料でお試しできるって本当? 実際に管理人のヨッチが登録して使ってみました。 特に機能制限もなく、初月無料で問題なくお試しできました。 登録してすぐに540ポイントもちゃんともらえたので、実際にポイントを使って動画の購入もできます。 注意点としては、初月無料の「初月」とは、登録した月のことです。 月をまたいだら料金が発生するので、月末に登録するとほんの少ししかお試しできません。 できるだけ月初に近い日にちで登録したほうが、長めの無料期間で使いことができます。 地味な印象を受けるVODですが、実は独自の大きな特徴を持っています。 PPV(個別課金)においては、VODの中でもトップクラスに使い勝手がいいです。 大きな強み・特徴として• 動画本数がとても充実している• 毎月540ポイントが付与される• シリーズのパック割引がある• レンタルショップより早く配信される作品もある• PPV(個別課金)にベストな環境が整っている があります。 それぞれ詳しく見ていきましょう! 動画本数がとても充実している ビデオマーケットはVODの中でも最大級の動画本数を配信しています。 ここにしかない作品もあるので、マニアックな作品やマイナーな作品が好きな方も満足できるでしょう。 ドラマ• アニメ• バラエティ• 韓流ドラマ など、ジャンルごとの配信も充実しています。 毎月540ポイントが付与される 毎月540ポイントが付与されて、動画の購入に使うことができます。 実質的な値引きなので、うまくポイントを使えば追加料金をかけずに動画を購入し続けることが可能です。 作品ごとに必要ポイントが違うので、短時間の作品でもポイントを無駄なく利用できます。 シリーズのパック割引がある ドラマやアニメなどはシリーズをイッキ見することも多いと思います。 そんな時に、シリーズでまとめて購入する際には割引が適用されます。 レンタルショップより早く配信される作品もある 配信される作品によっては、レンタルショップよりも早く配信されることもあります。 誰よりも早く話題の最新作を見たい場合には、この早期配信が役に立つでしょう。 「いつになったら配信されるのか」と困ってしまうことも少なくなると思います。 PPV(個別課金)にベストな環境が整っている ここまでの特徴をまとめると、PPVで利用するならとてもいい環境が整っていることが分かります。 動画本数が多く最新作の配信も早いので、見たい作品をすぐに購入できる• 毎月もらえるポイントで作品を購入できる• 月額料金も安いので、コストパフォーマンスがバツグンに良い• パック割引が適用されるので、見たいシリーズをまとめて購入するときもお得 他のVODとの差別化のために、あえてPPVに特化しているかのような印象を受けます。 逆に言えば、見放題プランにはあまり魅力はありません。 管理人ヨッチの個人的な感想になりますが、 見放題で利用するなら他のVODのほうがいいと思います。 あくまでもPPVという使い方に特化しているのが、ビデオマーケットなのではないでしょうか。 管理人ヨッチが実際に体験してみました! 管理人のヨッチも、ビデオマーケットの無料体験に登録してみました。 ここでは、実際に登録して使ってみたレポートをしていこうと思います。 ビデオマーケットのお試し登録 ビデオマーケットのお試し登録は、だいたい3分ほどですぐに終わりました。 アカウント情報• 支払い方法 を入力するだけなので、とても簡単です。 支払い方法を登録する際には、 クレジットカードが必要です。 手元に用意しておけば、すぐに入力できます。 コースは• プレミアムコース• プレミアム&見放題コース のどちらを選んでも初月無料になります。 PPV(個別課金)だけで使う場合は、プレミアムコースでも問題ありません。 ぶっちゃけ見放題は他のVODに劣るので、見放題で使いたいなら他のVODもお試ししてみるといいと思います。 ビデオマーケットを使ってみた感想 ビデオマーケットを使ってみて意外だったのが、たくさんの特集が組まれていたことです。 他のVODではタイル状にサムネイルが並べられて、画像を見ながら作品を選ぶような形でした。 ビデオマーケットはあらかじめ特集があるので、気になるものを選べば好みの作品がまとめられています。 ヨッチの好きなアニメジャンルでは、• 春アニメ• 夏アニメ• 秋アニメ• 冬アニメ といった季節で特集が組まれているので、季節ごとの旬なアニメをすぐにチェックできました。 他にも• 地方コンテンツ特集• 絶対観てほしいアート作品特集 などの個性的な特集も組まれています。 数えきれないほどたくさんの特集が組まれているので、迷わず好みの作品を選ぶことができて楽しいですよ。 日本アカデミー特集• 米国アカデミー特集 などのメジャーな特集もあるので、コンテンツ探しで困ることは少ないと思います。 もちろん• ジャンルで絞り込み• 作品名などのワードで検索 といった基本的な機能もちゃんと備わっています。 見たい作品がピンポイントで決まっているときでも、すぐに見つけることができます。 スマホアプリも使ってみました ビデオマーケットのスマホアプリもダウンロードして使ってみました。 ヨッチはiPhoneを使っているので、iPhoneバージョンのアプリです。 パソコンで見たときと同じように、いろいろな特集があります。 特集を眺めているだけで面白そうな作品がどんどん見つかるので、スマホでも見れるのはいいですね。 動画も見てみましたが、途切れることなく快適に見れました。 シークバーで再生時間を操作できるほかに、• 30秒の巻き戻しボタン• 10秒のコマ送りボタン が用意されていました。 細かく調整できるので、操作性も問題なしです。 トップページには• 検索バー• 最新作 などが配置されていて、メニューには• ジャンル別のカテゴリ• ユーザーメニュー などがありました。 アクセスしやすいところにあるので、ストレスなく作品を探すことができます。 ちょっと気になったところ ここでは、使ってみてちょっと気になったことをお伝えします。 あくまでも、管理人のヨッチが使っていて個人的に気になったところです。 ビデオマーケットのスマホアプリでは、動画をダウンロードできませんでした。 他のVODでは動画ダウンロードに対応しているところが多いので、ビデオマーケットにも対応してほしかったです。 あと、ヨッチはビデオマーケットのPPVは高く評価していますが、見放題はオススメできません。 見放題の作品数はあまり多くないので、それだったら別のVODと併用したほうがコスパがいいと思います。 別のVODとの併用については、次の【まとめ】で詳しく説明します。 【まとめ】ビデオマーケットの総合評価 ビデオマーケットの情報をまとめると、 PPV(個別課金)に特化した内容と言えそうです。 見放題はいらなくて、PPVだけでいいならビデオマーケットはとても便利に使えると思います。 見放題のコースも一応用意されていますが、こちらを利用するメリットはあまりないでしょう。 プレミアムコースに480円プラスして見放題も使うくらいなら、他のVODと併用するほうがおすすめです。 例えば、プレミアムコースと一緒に• のほうがずっと使い勝手がいいです。 料金に関しても、ビデオマーケットの見放題コースと同等かもっと安いくらいです。 あくまでもPPVとして使うなら、ビデオマーケットはかなり使えます。 見放題がいらないなら、ビデオマーケットのプレミアムコースだけで十分満足できるはずです。

次の

【ビデオマーケット】特徴、システム、料金、評判など総まとめ!日本最大級の動画コンテンツ数!

ビデオマーケット 料金

ドラマやアニメが充実。 地味に楽しめるサービス! 株式会社ビデオマーケットが運営する動画配信サービス。 運営会社は「music. jp」などが有名な「MTI」の関連会社である。 サービスでは 配信本数の量、特に新作ドラマ・アニメに強みを持つ。 月額有料の「プレミアム会員」になれば視聴のためのポイントが毎月もらえたり、人気の動画を割引価格で視聴できてお得。 ビデオマーケットのおすすめポイント• 国内最大級の配信本数。 最新作品もレンタル可能。 見逃し配信も。 「プレミアムコース」なら毎月ポイントがもらえる。 「プレミアム&見放題コース」なら見放題作品も楽しめる。 ビデオマーケットの特徴、他社との比較 配信本数が多数。 国内の作品も多い! 配信本数は240,000本以上と国内最大級。 洋画や邦画、ドラマにアニメ、韓流アジア、バラエティなどがとても充実している。 中でもドラマ・アニメ、それも新作に強いのが特徴だ。 NHKや日テレ、テレ朝、フジテレビ、テレビ東京といったテレビ局から配信を受けており、それぞれの局で放送された人気番組をこのビデオマーケットで観ることができる。 最近放送されたドラマやアニメは「見逃し配信」が行われていて、テレビ放送された日の数日後からしばらくの間は無料で視聴が可能。 配信期間中であればいつでも観られるので、用事があって放送を観られなかった方や「あの番組をもう一度観たい!」といった方におすすめ。 洋画や邦画、韓流も充実! 洋画や邦画も、アクション、サスペンス、SF、ラブストーリー、コメディなどジャンルはさまざま。 エイリアンが攻めてきて地球がピンチに陥ってしまうようなパニック映画も人気だ。 韓流アジアももちろん数多く取り揃えられており、新着も続々と増えている。 またパチ&スロやグラビア、スポーツの動画も豊富。 スポーツは例えば、ゴルフやボクシングの試合の映像の他、元プロによるレッスン動画などがある。 これらは隅々までチェックしたくなるに違いない。 会員種別は2種類。 プレミアム会員なら割引も! ビデオマーケットの会員コースには「プレミアムコース」「プレミアム&見放題コース」の2種類がある。 「プレミアムコース」は月額500円(税込540円)で、登録すると毎月540ポイントがもらえる。 このポイントを使って動画の視聴が可能だ。 そして 「プレミアム&見放題コース」は月額980円(税込1,059円)で、毎月540ポイントがもらえるのは「プレミアムコース」と同じ。 それに加えてビデオマーケットにある約40,000本の作品が見放題となるお得なコースだ。 見放題の対象となっている動画はB級映画などが多いが、思わぬ良作に出会える可能性もあるので興味のある方はこちらのコースがおすすめ。 動画をポイントで視聴する場合、その価格は30分の作品でだいたい108ポイント~216ポイント、長編作品でだいたい324ポイント~432ポイントとなっている。 そのため540ポイントあれば、2~3本を選んで観ることができるだろう。 もっとたくさん観たい場合は、もちろんポイントを追加購入することが可能。 ポイントの有効期限は180日間となっているから、つまり6ヶ月程度は貯めておけることになる。 仕事などで忙しいときはポイントを貯めておいて、時間ができたときに一気に使う、といったこともできるだろう。 動画を視聴する場合、基本的には個別にポイントを支払うことになるが、 ドラマやアニメでお得な「複数話パック」や「全話パック」が用意されている。 これらのパックは個別で購入するのに比べて割引価格となっているものが多く、また「プレミアムコース」会員であればさらに大きく割引される。 シリーズを最初から最後までじっくり楽しむのに良さそうだ。 高品質な映像! 動画の画質は「標準品質」「高品質」の2種類が用意されている。 パソコンなら再生画面から簡単に切り替えができる。 環境に合った品質で再生しよう。 また作品によっては、Googleが提供するプラグイン「WIDEVINE」のインストールが必要になる場合がある。 これは作品のデジタル著作権管理のためのテクノロジー。 インストールにはさほど手間はかからないため、あらかじめ行っておくと良い。 ビデオマーケットの評判・評価 ラインナップの豊富さは高く評価できるポイント。 最新の作品が多く揃っているのは魅力的。 軽くて使いやすいインターフェースもGOOD。 ビデオマーケットは、知名度は他に比べると高くないし、サイトをパッと見た感じでは地味に見えるが、新しめの作品で何か観たい作品が浮かんだら、とりあえずここを覗いてみればきっと見つかるに違いない。

次の