うじうじ する。 うじうじした性格を治したい!煮え切らない自分を変える3つの方法

喧嘩すると黙る人の心理……怒った時の態度でわかる相性とは? [恋愛] All About

うじうじ する

猿田彦さん。 もとは「いぢいぢ」「うぢうぢ」なんです。 だから「いぢいぢ」は「いぢける」からきたんでしょう。 でも「うぢうぢ」がどうして「うず」からくるんですか? もう少しお考えください。 拝見仕る。 「うじうじ」について(待ちくたびれ申した) 小さい虫のはいまわるさまにいう語。 『例文2』男のくせに「うじうじ」していないで、いやならいやと態度を はっきりさせたらいいでしょう。 『例文3』僕は彼女が後半の時に「うじうじ」しやあしないかと心配しまし たよ。 (アガサ・クリスティ「愛国殺人」加島祥造訳) 「いじいじ」について 【語源】下一段動詞「いじける」からきている。 『意味』物事に消極的になり、ひねくれたり物おじしたりする。 引っ込み 思案になる。 『例文2』「どこで拾ったの?」と聞いても、疑われたと思うのか、「いじ いじ」と盗み見するばかり。 『例文3』ひねくれて陰気で、あの「いじいじ」した態度がたまらなくいや だね。 「いじいじ」「うじうじ」とも擬態語です。 「いじいじ」「うじうじ」の意味の微妙な違いは、 どちらも行動が消極的な点はおなじでありますが、 「いじいじ」はいじけた心理状態を言い、 「うじうじ」は決断のつかない状態を言います。 擬態語説が正解でしょう。 「いじいじ」「うじうじ」は擬態語で、その語根「いじ」「うず」自体の語源はそれ自体というしかありません。 擬態語擬音語の特徴は、母音や子音の交替でニュアンスの異なった類似した言葉が作られることです。 たとえば、 かたかた、がたがた、かちかち、がちがち、 くるくる、ぐるぐる、ころころ、ごろごろ、からから、がらがら 擬態語でないときは、こういう音交替はできません。 たとえば、 名詞「いぬ」を「おぬ、えぬ、いの」といっても、言葉にはならないし、 形容詞「かたい」に「かとい、かちい、けたい」のような異形はありません。 「いじいじ」「うじうじ」のなかまには、「うずうず、むずむず、もじもじ、おずおず、おじおじ」などの音交替形があります。 この点からも「いじいじ、うじうじ」は擬態語だと見られます。 形容詞・動詞などから擬態語が作られることもあります。 たとえば、 むざむざ < 無惨 しかし擬態語から形容詞・動詞が作られるほうが圧倒的に多いです。 「むずむず(むづむづ)」から「むづかる、むづかしい(むつかしい)」 「いじいじ」から「いじける、いじらしい、いじめる」 「おじおじ」から「おじける」 「うずうず」から「うずく、うずくまる、うずたかい」 「おずおず」から「おぞし(古語)、おぞむ(古語)、おぞましい」 また、 「いそいそ」と「いそぐ」、「ざわざわ」と「さわぐ」、「そよそよ」と「そよぐ」、「ぴかぴか」と「ひかる」 なども、おそらく擬態語のほうがもとで、動詞のほうが派生語です。 「意地」と「いじいじ」は、意味が違いすぎるので、関係ないと思います。 「いじいじ」や「うじうじ」に関して見解を述べます。 「いじける」という下一段の他動詞からきたというものです。 これは「ひねくれて臆病になる」とか「のびやかでなくなる」(『広辞苑』5版)と 辞書には説明されています。 「いじけた性格だ」という表現はよく使われます。 こうした「いじけた」態度が「いじいじ」しているのでしょう。 これは「うず」という語からきているのではないでしょうか。 これは中世語「むず」の転じたものと言われています。 これは「現状で話し手の予想する事態が進んでいる意」(『広辞苑』5版)です。 おそらく「うずうず」するという表現はここからきたものでしょう。 積極的に前に進もうとする「うずうず」に対し、 気持ちばかりはそうあっても実際に行動できない「うじうじする」というのが この「うず(むず)」からきたという説です。 いかがでしょうか。 [追] えっ? 蛆虫から「うじうじ」ですか? じゃあ、蛆虫の「うじ」はどこから?.

次の

喧嘩すると黙る人の心理……怒った時の態度でわかる相性とは? [恋愛] All About

うじうじ する

喧嘩すると黙る人の心理 自分が恋人と喧嘩をするのは嫌なものですが、街中でカップルが喧嘩をしているのを目にすると、ちょっと微笑ましい気分になってしまうのは、私だけでしょうか? 注意して周りを見てみると、カップルの喧嘩を見て私と同じように微笑んでいる人も何人かいらっしゃったりして。 ……ん? 微笑むというより嘲笑? それは「人の不幸は密の味」ってやつでしょうか。 悪趣味です。 「夫婦喧嘩は犬も食わない」と言うように、恋人同士の喧嘩も傍から見たら些細でくだらないことがきっかけとなるもの。 でも、お互いに大切な人だからこそ、些細でくだらないことでも喧嘩になるのです。 恋人と喧嘩をする時、相手を無視して黙り込んでしまう人もいれば、感情的になって思ってもいないことまで口走り、相手を言い包めようとする人もいます。 その態度からは、心理や恋愛傾向が分析できます。 今回は、喧嘩する時にとる態度から、相性診断をいたしましょう。 早速、診断スタート! ご自分や恋人など、心理や恋愛傾向を知りたい人に当てはまるほうをクリックしてください。 1つは、喧嘩になったことによって頭が真っ白になっている場合。 もう1つは、「何を言っても無駄だ」と、相手を見放している場合です。 頭が真っ白になるのは、相手がなぜ怒っているのかが理解できていないことが多いようです。 しかし、なぜ怒っているのかをわかるまで聞けばいいことですし、もし罵声を浴びせられれば、普通はそれに対して言いたいことが出てくるはず。 つまり、頭が真っ白になる場合も、相手を見放して言いたい放題言わせておく場合も、共通して言えるのは「自分の怒りや相手の激怒振りに対して耐性が強い」ということ。 このタイプは比較的冷静で、感情的になりにくい性格です。 怒ってはいても、それをそのままストレートに相手にぶつけようとしない、忍耐強いところがあると言えるでしょう。 しかし、このタイプの不満が鬱積すると、爆発した時が怖いのです。 爆発の仕方は大きく分けて2種類。 押さえ込まれていた感情が放出して激怒するケースと、相手の怒りをまともに受けて精神が不安定になるケースがあります。 前者の場合、人によっては物を壊したり暴力を振るうことも考えられますし、後者の場合は頑なに自分の殻に閉じこもり、心を開かなくなる可能性もあります。 しかし、喧嘩は原因を解決しなければ、本当の平和は訪れないはず。 つまり、無視して黙り込む人のなかには、問題を先送りにしたり、見て見ぬフリをしたりする臆病者も多いということ。 感情を抑圧するのは、自分の本音をさらすのが怖い、という気持ちが根底にあるのでしょう。 あるいは、自分の醜い感情を露呈したくない、というプライドがブレーキをかけている場合もあります。 いずれにしても、恋人に対してすべてをさらけ出さない、一定の距離を取ったり壁を作ったりするタイプであると言えそうです。 冷静さに欠け、売り言葉に買い言葉で喧嘩を大きくしてしまったり、そもそもの喧嘩の原因から遠ざかったところで怒りの種を撒き散らしたりもします。 このタイプは恋愛以外の対人関係でも失敗しやすく、お酒の席も要注意です。 人は酔ったり感情的になっていたりすると、いつも以上に大きな態度を取ってしまうもの。 そのくせ、翌日すぐ、あるいは後々まで後悔して、うじうじと気にする小心なところもあります。 「弱い犬ほどよく吠える」というやつですね。 人と深く関わりあいたいという人間味ある性格の人も多く、喧嘩を乗り越えることができれば後に絆が深まる相手です。 喧嘩の時に激昂する人は、その反面やさしい時も過度にベタベタです。 喧嘩の後に仲直りした場合は、非常にわかりやすい愛情表現をするもの。 喧嘩の最中には本気で相手を傷つけようとしますが、納得して仲直りした場合は本気で相手を愛することができる。 どちらかと言えば直情的でシンプルな性格だと言えるでしょう。 お互いに感情を表さず、壁を作って接してしまうためドライな関係になりがちです。 仮にどちらか一方が相手に不満を持ったとしても、その問題を先送りにしたり、見て見ぬフリをしてしまいがち。 そのうち、恋愛感情が冷めてしまうこともあるでしょう。 喧嘩するときも感情的にならず、理性を保っていられるのはこのタイプの良いところです。 このカップルの場合は、それぞれがなるべく本音を言い合うよう努力し、相手を見放したり、すべてをシャットアウトして自分の殻に閉じこもることがないよう、しっかりと向き合う心掛けが必要です。 仲の良いときは豊かな愛情表現でそれこそラブラブでいられます。 が、喧嘩になったら大変です。 どちらかが引かない限り、互いに傷つけあって取り返しがつかなくなることも。 お互いに納得して仲直りすることができれば、その後は一層仲も深まりますが、男女関係では白黒はっきりつけられないことも多いもの。 相手の逃げ道を奪って言い包めようとすればするほど、2人の関係は矛盾したものになってしまいます。 このタイプ同士の喧嘩では、冷静になって余計な言葉は飲み込む心掛けが大切です。 感情的なタイプの暴走は、冷静なタイプにしか止めることはできません。 また、冷静なタイプのほうも感情的になって本音を晒す相手に次第に感化され、相手としっかり向き合うようになっていきます。 この組み合わせの場合、最初は言い包めるタイプが黙り込むタイプに惚れこんでいることが重要です。 逆パターンの場合、黙り込むタイプの静かな愛情は相手に気づかれにくく、恋愛が発展しづらいからです。 【関連記事】•

次の

うじうじとした性格を直したい!

うじうじ する

喧嘩すると黙る人の心理 自分が恋人と喧嘩をするのは嫌なものですが、街中でカップルが喧嘩をしているのを目にすると、ちょっと微笑ましい気分になってしまうのは、私だけでしょうか? 注意して周りを見てみると、カップルの喧嘩を見て私と同じように微笑んでいる人も何人かいらっしゃったりして。 ……ん? 微笑むというより嘲笑? それは「人の不幸は密の味」ってやつでしょうか。 悪趣味です。 「夫婦喧嘩は犬も食わない」と言うように、恋人同士の喧嘩も傍から見たら些細でくだらないことがきっかけとなるもの。 でも、お互いに大切な人だからこそ、些細でくだらないことでも喧嘩になるのです。 恋人と喧嘩をする時、相手を無視して黙り込んでしまう人もいれば、感情的になって思ってもいないことまで口走り、相手を言い包めようとする人もいます。 その態度からは、心理や恋愛傾向が分析できます。 今回は、喧嘩する時にとる態度から、相性診断をいたしましょう。 早速、診断スタート! ご自分や恋人など、心理や恋愛傾向を知りたい人に当てはまるほうをクリックしてください。 1つは、喧嘩になったことによって頭が真っ白になっている場合。 もう1つは、「何を言っても無駄だ」と、相手を見放している場合です。 頭が真っ白になるのは、相手がなぜ怒っているのかが理解できていないことが多いようです。 しかし、なぜ怒っているのかをわかるまで聞けばいいことですし、もし罵声を浴びせられれば、普通はそれに対して言いたいことが出てくるはず。 つまり、頭が真っ白になる場合も、相手を見放して言いたい放題言わせておく場合も、共通して言えるのは「自分の怒りや相手の激怒振りに対して耐性が強い」ということ。 このタイプは比較的冷静で、感情的になりにくい性格です。 怒ってはいても、それをそのままストレートに相手にぶつけようとしない、忍耐強いところがあると言えるでしょう。 しかし、このタイプの不満が鬱積すると、爆発した時が怖いのです。 爆発の仕方は大きく分けて2種類。 押さえ込まれていた感情が放出して激怒するケースと、相手の怒りをまともに受けて精神が不安定になるケースがあります。 前者の場合、人によっては物を壊したり暴力を振るうことも考えられますし、後者の場合は頑なに自分の殻に閉じこもり、心を開かなくなる可能性もあります。 しかし、喧嘩は原因を解決しなければ、本当の平和は訪れないはず。 つまり、無視して黙り込む人のなかには、問題を先送りにしたり、見て見ぬフリをしたりする臆病者も多いということ。 感情を抑圧するのは、自分の本音をさらすのが怖い、という気持ちが根底にあるのでしょう。 あるいは、自分の醜い感情を露呈したくない、というプライドがブレーキをかけている場合もあります。 いずれにしても、恋人に対してすべてをさらけ出さない、一定の距離を取ったり壁を作ったりするタイプであると言えそうです。 冷静さに欠け、売り言葉に買い言葉で喧嘩を大きくしてしまったり、そもそもの喧嘩の原因から遠ざかったところで怒りの種を撒き散らしたりもします。 このタイプは恋愛以外の対人関係でも失敗しやすく、お酒の席も要注意です。 人は酔ったり感情的になっていたりすると、いつも以上に大きな態度を取ってしまうもの。 そのくせ、翌日すぐ、あるいは後々まで後悔して、うじうじと気にする小心なところもあります。 「弱い犬ほどよく吠える」というやつですね。 人と深く関わりあいたいという人間味ある性格の人も多く、喧嘩を乗り越えることができれば後に絆が深まる相手です。 喧嘩の時に激昂する人は、その反面やさしい時も過度にベタベタです。 喧嘩の後に仲直りした場合は、非常にわかりやすい愛情表現をするもの。 喧嘩の最中には本気で相手を傷つけようとしますが、納得して仲直りした場合は本気で相手を愛することができる。 どちらかと言えば直情的でシンプルな性格だと言えるでしょう。 お互いに感情を表さず、壁を作って接してしまうためドライな関係になりがちです。 仮にどちらか一方が相手に不満を持ったとしても、その問題を先送りにしたり、見て見ぬフリをしてしまいがち。 そのうち、恋愛感情が冷めてしまうこともあるでしょう。 喧嘩するときも感情的にならず、理性を保っていられるのはこのタイプの良いところです。 このカップルの場合は、それぞれがなるべく本音を言い合うよう努力し、相手を見放したり、すべてをシャットアウトして自分の殻に閉じこもることがないよう、しっかりと向き合う心掛けが必要です。 仲の良いときは豊かな愛情表現でそれこそラブラブでいられます。 が、喧嘩になったら大変です。 どちらかが引かない限り、互いに傷つけあって取り返しがつかなくなることも。 お互いに納得して仲直りすることができれば、その後は一層仲も深まりますが、男女関係では白黒はっきりつけられないことも多いもの。 相手の逃げ道を奪って言い包めようとすればするほど、2人の関係は矛盾したものになってしまいます。 このタイプ同士の喧嘩では、冷静になって余計な言葉は飲み込む心掛けが大切です。 感情的なタイプの暴走は、冷静なタイプにしか止めることはできません。 また、冷静なタイプのほうも感情的になって本音を晒す相手に次第に感化され、相手としっかり向き合うようになっていきます。 この組み合わせの場合、最初は言い包めるタイプが黙り込むタイプに惚れこんでいることが重要です。 逆パターンの場合、黙り込むタイプの静かな愛情は相手に気づかれにくく、恋愛が発展しづらいからです。 【関連記事】•

次の