キャロット クラブ。 現役馬一覧 | キャロットクラブ

【永久保存版】1口馬主クラブ総比較!!〜全22クラブの特徴・勝ち上がり率〜2019年ver

キャロット クラブ

主な所有馬 [ ] 参考: 現役馬 [ ]• - 、• - 、• - 、、、• - 、• - 、、、• - 、、、、• - 、• - - - - 引退馬 [ ]• - 、• - 、、• - 、、• - 、、、• - 、、、、• - 、、• - 、• - 、• - 、• - 、優駿牝馬• - 、ラジオNIKKEI杯2歳ステークス、、• - 、、• - 、、、• - 2回• - 、、、• - 、、• - 、、愛知杯• - 朝日杯フューチュリティステークス• - 、、• - 、• - 、、、• - 、• - 、、• - 、、、• - 、、、、• - 、、 、、、 キャロットクラブ(愛馬会法人) [ ] この節はのような記述内容になっています。 に沿ったの記述内容に、してください。 ( 2016年9月) 代表は作家で在籍時にワシントン支局長などを務めた。 1999年産までは出口牧場やグリーンヒルスタッド等が関連した外国産馬の割合が高いクラブであったが、2000年産以降は経営者も代わり生産馬を多く取り扱うクラブへと様変わりした。 毎年6月頃にキャロットクラブの親睦パーティーが開催される。 募集 [ ] 全400口 募集総額4000万の馬で1口10万円• 募集価格は消費税込み• 最大8回の分割払いが出来る• 1頭最大199口まで 1次募集までの流れ [ ] 8月頃にリストが届き、9月頭にカタログが送られてくる。 見学ツアーも同時期に行われる。 そして9月下旬までに 1次募集の出資申込 最大10頭まで をして、出資希望口数が多数あった馬は抽選となる。 その他の募集 [ ] 1次募集で最優先希望馬に抽選で落選した会員は 1. 5次募集に申込でき、 その後に 2次募集 先着順 となる。 さらに年明けに キャンセル募集、夏前に 追加募集 主に南半球産 がある。 新規会員 [ ] 新規会員は入会金21,000円が必要。 既会員の出資申込だけで400口を超える満口馬に出資は出来ず、既会員と新規会員を合わせて400口を超える出資申込がある馬は既会員は全員当選となり、新規会員のみで抽選となる。 特別新規会員 [ ] 400口のうち 40口分は既会員と同じ扱いで抽選に参加できるので、ただの新規会員より出資には有利である。 脚注・出典 [ ]• キャロットクラブ. 2014年9月3日閲覧。 キャロットクラブ. 2014年9月3日閲覧。 キャロットクラブ. 2014年9月3日閲覧。 日本中央競馬会、2017年3月19日閲覧• 日本中央競馬会、2016年11月17日閲覧• 日本中央競馬会、2017年1月18日閲覧• 日本中央競馬会、2017年6月7日閲覧• 日本中央競馬会、2017年10月18日閲覧• 日本中央競馬会、2018年4月8日閲覧• スポーツニッポン、2017年4月30日閲覧• netkeiba. com、2016年12月25日閲覧• サンケイスポーツ 2018年11月11日. 2018年11月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - netkeiba. com.

次の

[募集馬もサービスも素晴らしい!]キャロットクラブ入会のススメ

キャロット クラブ

ノーザンファーム2019年生産馬からキャロットクラブで2020年に募集されそうな馬を適当に予想します。 この中から5頭くらは募集される自信があります。 募集予想は適当募集予想AIノーザンくんが予想をしています。 体調不良やセール含め個人馬主等もあり、全てが募集される訳ではありません。 予想はちっとも当たりません。 適当な感じで見て頂ければと思います。 気が付くとポコポコとキャロットクラブの馬が新馬とかレースで勝っています。 昨年のツアーでバックレた呪いでしょうか、なぜ私のキャロット出資馬は走らないんだー、・・・と考えても始まらない。 もう8か月後に迫った2020年の募集に全力投球するだけです。 全力投球で思い出しましたが、日本のプロ野球でもワンポイントリリーフが禁止になるのだとか。 確かに試合時間の短縮にはなりますけど、遠山葛西遠山みたいなのは見れなくなるのでしょうか。 なお、私の初めての出資馬ワンステップシチーの姉がワンポイント。 ・・・なんの話でしたっけ。 そうそう、キャロットの2020年募集予想。 いつも通り適当に予想していますが、もうどれが出てきても凄いとしか感想がないラインナップに今年もなりそう。 ノーザンファーム生産馬から適当に予想します。 もうアワーブラッドであわわってなる馬ばかりですけど、募集価格を考えるのも怖いので願望含めで結構安くしたつもりです。 中でも注目は クリソプレーズ2019でしょうか。 キタサンブラックの牡馬で、クリソプレーズは昨年亡くなっているため最後の仔となります。 ヴァーダイトもかなりの大物かもしれませんし、このお母さんは本当に凄いですね。 キタサンブラックでどのような仔になるのか・・・ワクワクしかないかも。 シンハライト2019は昨年モーリスで1億円。 今年はキングカメハメハ牡馬だし、14,000万円くらいいってしまうかもですが、1億円でお願いいたします。 ヒルダズパッション2019は来るかな? シンザン記念を勝ってサンクテュエールはクラシック候補の1頭ですものね。 ヴェルテアシャフトは最優先でいってハズレたのは秘密にしておきます。 セールかなーとも思いますけど、 テディーズプロミス2019はキャロットに来ないかしら・・・希望含む。 ディライトプロミスはかなり検討した・・・良い馬でした。 そしてマイラプソディが出ている訳です、ディープ牝馬で安くはないでしょうが・・・セレクトかなー? そんな中、毎回面白い種牡馬を付けている ピンクアリエス2019も気になります。 今年はトーセンラーですよ! そして走ってしまうんですよね、トーセンホマレボシ産駒のクロウエアも復帰できたらオープンまではいけるのではないかな。 昨年のカレンブラックヒル牡馬は馬体が素晴らしかった・・・1口いっちゃった。 最近はキャロットで走ってもシルク中心で募集される馬が多いので、分からないところもありますが初仔だと ティンバレス2019は来てほしいですね。 父イスラボニータというのもとても良い。 なお、これだけ凄い血統ばかりでも私の瞳は ポロンナルワ2019だけを見つめています。 もうデフォルトでしょう。 瞳を閉じて~君を描くよ~。 ハーツクライの牡馬。 アヌラーダプラだけは最後に悩んで地方馬 明日大井で出走 に最優先を使ったため取れなかった。 昨年のディープ牡馬は取れたので、ランカティラカ・ディーパワンサ・ガルヴィハーラに続いて4頭目の産駒出資、本馬が無事に募集に出てきて5頭目となったら瞳がポロンになっちゃう。 一覧を見直すとハービンジャーとロードカナロアが多いな・・・。 何頭ラインナップに入るかな。 次回は白老ファーム生産馬と難易度が高すぎる社台ファーム&追分ファーム提供馬も適当に予想します。 募集予想 牡 キズナ 牡 ハービンジャー 牡 キングカメハメハ 牡 ハービンジャー 牡 モーリス 牡 ロードカナロア 牡 モーリス 牝 エピファネイア 牝 モーリス 牝 ルーラーシップ 牝 ロードカナロア 牝 ロードカナロア 牡 リオンディーズ 牡 ハービンジャー 牡 ディープブリランテ 牡 リオンディーズ 牡 モーリス 牡 ドゥラメンテ 牡 ディープインパクト 牡 ジャスタウェイ 牡 ドレフォン 牡 サトノアラジン 牝 ルーラーシップ 牝 エピファネイア 牝 ミッキーアイル 牝 ロードカナロア 牝 キングカメハメハ 牝 ハーツクライ 牝 モーリス 牡 ハービンジャー 牡 ハーツクライ 牡 キタサンブラック 牡 キタサンブラック 牡 キズナ 牡 ロードカナロア 牡 ロードカナロア 牝 モーリス 牝 ロードカナロア 牝 ハービンジャー 牝 トーセンラー 牝 ロードカナロア 牝 ドゥラメンテ 牡 ミッキーアイル 牡 リオンディーズ 牡 ハービンジャー 牡 ハーツクライ 牡 ラブリーデイ 牡 オルフェーヴル 牝 ドゥラメンテ 牝 ハーツクライ 牝 ドゥラメンテ 牝 エピファネイア 牝 ノヴェリスト 牡 イスラボニータ 牝 ディープインパクト 牝 ドゥラメンテ 牝 ドレフォン 牝 ドレフォン 牡 ハービンジャー 牝 ハービンジャー 牝 ロードカナロア 牡 ワールドエース 牡 ロードカナロア 牡 モーリス 牡 ハービンジャー 牝 ミッキーアイル 牝 ドレフォン 牝 モーリス.

次の

キャロットクラブの評判について!実際に利用した体験談を詳しく語る!

キャロット クラブ

賞金・手当体系は日本中央競馬会の規定を要約、抜粋した原則的なものです。 1.本賞金 第1着馬〜第5着馬に対し交付されます。 詳細は競馬番組記載の本賞金をご参照ください。 2.出走奨励金 第6着馬〜第8着馬(重賞競走と重賞競走以外の平地オープン競走は第6着馬〜第10着馬)に交付されます。 未出走馬および未勝利馬が自己条件より上位の平地競争(オープン競争を含む)に出走し、規定の時間を越えて決勝線に到着した場合は交付されません。 ただし、2歳・3歳馬限定競走では交付されません。 第1着。 競走 1,800m 1,800m超 2,000m以下 2,000m超 3 4 歳以上 重賞競走以外のオープン競走 140万円 260万円 380万円 3勝クラス競走 2勝クラス競走 1勝クラス競走 (特別競走に限る) 80万円 140万円 200万円 第2〜10着は上記の金額に下表の比率を乗じて得た金額を交付。 第2着 第3着 第4着 第5着 第6着 第7着 第8着 第9着 第10着 40% 25% 15% 10% 8% 7% 6% 3% 2% 4.内国産馬奨励賞 日本国内で生まれた競走馬が以下に定める平地競走に出走し、第1着〜第5着になった際に交付されます。 競走 第1着 第2着 第3着 第4着 第5着 G1競走 400万円 160万円 100万円 60万円 40万円 G1競走以外の重賞競走 300万円 120万円 75万円 45万円 30万円 リステッド競走 250万円 100万円 63万円 38万円 25万円 その他のオープン競走 230万円 92万円 58万円 35万円 23万円 3勝クラス競走 150万円 60万円 38万円 23万円 15万円 2勝クラス競走 120万円 48万円 30万円 18万円 12万円 1勝クラス競走 2・3歳 100万円 40万円 25万円 15万円 10万円 3(4)歳以上 70万円 28万円 18万円 11万円 7万円 新馬競走 2歳 170万円 68万円 43万円 26万円 17万円 3歳 130万円 52万円 33万円 20万円 13万円 未勝利競走 2歳 130万円 52万円 33万円 20万円 13万円 3歳 春季競馬 100万円 40万円 25万円 15万円 10万円 夏季競馬 50万円 20万円 13万円 8万円 5万円 5.内国産牝馬奨励賞 牝馬限定戦ではない新馬競走、および平地未勝利競走の出走馬が内国産牝馬の場合は、以下のとおり内国産牝馬奨励賞が交付されます。 競走 第1着 第2着 第3着 第4着 第5着 2歳 新馬競走 140万円 56万円 35万円 21万円 14万円 未勝利競走 90万円 36万円 23万円 14万円 9万円 3歳 新馬競走 80万円 32万円 20万円 12万円 8万円 未勝利競走(春季競馬において行う競走に限る) 50万円 20万円 13万円 8万円 5万円 6.特別出走奨励金 古馬G1、および芝1,800m以上の古馬G2競走に出走した11着以下の馬に対し交付されます。 ただし、2勝クラスとそれ以下の条件馬が格上挑戦した場合は交付されません。 7.付加賞 特別競走登録料はその総額を7:2:1の割合で按分されたものが、第1着馬、第2着馬、第3着馬に交付されます。 8.特別出走手当 原則的に1回の出走につき、下表のとおり交付されます。 重賞競走 442,000円 重賞競走以外の特別競走 433,000円 一般競走 1勝クラス以上の競走 431,000円 新馬・未勝利の競走 421,000円 9.褒賞金 指定された競走およびシリーズに優勝した際に交付されます。 交付対象馬 褒賞金額 皐月賞、東京優駿、菊花賞のすべての競走に優勝した内国産馬 1億円 同一年度に大阪杯、天皇賞(春)、宝塚記念のすべての競走に優勝した馬 内国産馬 2億円 外 1億円 同一年度に天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念のすべての競走に優勝した馬 競走 第1着 第2着 第3着 チャンピオンズカップ 4,000万円 1,600万円 800万円 前年度のチャンピオンズカップ施行日以降、当該年度の同競走施行日前日までに日本国内で施行されるダートのG1競走(日本グレード格付け管理委員会で格付けされたJpn1競走を含む。 )で優勝した馬が、チャンピオンズカップ競走において第3着までに入着したときに、褒賞金が交付されます。 シリーズ 褒賞金額 サマースプリントシリーズ、サマー2000シリーズ 3,200万円 サマーマイルシリーズ 2,400万円 当該年度の有馬記念ファン投票順位 特別出走奨励金 1位〜3位の馬 2,000万円 4位〜5位の馬 1,000万円 6位〜10位の馬 500万円 10.地方交流競走での賞金 公営競馬主催の地方交流競走に出走した際の第1着本賞金は、中央未勝利クラスで450万円、中央1勝クラスで650万円、中央2勝クラスで800万円となります(主催者規定の賞金とJRAからの差額補助金)。 なお、特別出走手当の交付額、交付基準については中央の競走に準じるものとします。 また、ダートグレード競走に出走した場合、JRAからの差額補助金等の交付はなく、主催者規定の賞金と手当のみとなります。 競走 第1着 第2着 第3着 第4着 第5着 2勝クラスの交流競走 800万円 320万円 200万円 120万円 80万円 1勝クラスの交流競走 650万円 260万円 160万円 98万円 65万円 未勝利クラスの交流競走 450万円 180万円 110万円 68万円 45万円 11.事故見舞金 JRAの施設内(トレセン、競馬場、JRA管轄下の輸送中等)で起こった事故が元で、3ヶ月以上休養する場合は事故見舞金が支給されます。 ただし、状況によっては減額、または一部返還、支給を受けられない場合があります。 番号 事故の種類 見舞金の額 1 競走中の事故により死亡し、又は死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合 6,300,000円 2 調教中又は輸送中の事故により死亡し、又は死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合 6,150,000円 3 競走中の事故により競走の用に供することができなくなった場合 5,900,000円 4 調教中又は輸送中の事故により競走の用に供することができなくなった場合 5,850,000円 5 競走中の事故により事故発生の日から12ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,750,000円 6 調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から12ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,700,000円 7 競走中の事故により事故発生の日から9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,400,000円 8 調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,350,000円 9 競走中の事故により事故発生の日から6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,950,000円 10 調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,900,000円 11 競走中の事故により事故発生の日から3ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,300,000円 12 調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から3ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,250,000円 13 競馬会の施設内において、疾病、負傷、天災地変、火災、暴動等により死亡した場合、又はそれにより死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合 6,000,000円 14 13号へ統合 - 15 13号へ統合 - 16 競馬会の施設内において発生した四肢その他の故障により中央競馬の競走馬として不適当と認められ、競走馬登録を抹消する場合(前各号に該当する場合を除く) 2006年10月31日をもって原則終了となったため、本年度募集馬が適用を受けることはありません。 17 競走馬登録後の最初に出走した日以降に、競馬会の施設内において発生した腱炎(屈腱炎を除く)、関節炎、蹄病、骨瘤、骨膜炎、眼病、鼻出血、心房細動、肺炎、胸膜炎、フレグモーネ、ハ行により、ひき続き6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなかった場合 1,450,000円 18 競馬会の施設内において発生した屈腱炎、蹄葉炎、胸膜炎、変位疝により9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,000,000円 注)3号から12号までの事故とは、骨折、脱臼、外傷又は腱断裂をいう。 12. 競走馬登録抹消給付金・同付加金 JRAの競走馬登録を抹消する際に以下の金額が支給されます。 支給金額は抹消時期、出走歴によって異なります。 事故内容に応じていずれか1つが給付となります。 (1)保険加入時期 原則2歳1月1日とします。 2019年度1歳募集馬は2020年1月1日より保険加入の対象となります。 ただし、特別募集を行う際はその都度、保険加入時期を新たに設定するものとします。 (2)保険料出資金のお支払 保険加入の前年12月の時点で翌年度分の保険料相当額を通常の会費等と併せてご請求させていただきます。 (3)保険加入額と保険料率 2019年度1歳募集馬は競走馬出資金のお支払い方法(一括・分割・クラブポイント充当)に関わらず、保険加入額は1口の募集金額の100%とし、保険料(率)はその3%(予定)とします。 ただし、募集価格によって保険加入額は変化し、原則として2歳馬は100%、3歳馬は70%、4歳以上馬は50%となります。 保険料の算出式は以下の通りです。 * 一括払い(2%割引)特典やクラブポイントの充当により実際の出資額が40,000円に満たない場合でも上記計算式をもって保険料出資金を算定いたします。 (4)障害競走に出走する場合 当該出資馬が障害競走に出走する場合、レース当日(障害競走中に起因した事故により、レース翌日以降に保険金支払対象となる場合を含む)において死亡した場合には、当該出資馬の保険加入額に関わらず、保険給付限度額は200万円に変更となります。 これに伴い発生した保険料の追徴分は月々の出資と分配(ご請求明細書)にてご案内の上、ご負担いただくことになります。 (6)その他 保険契約の詳細はクラブが保険会社と締結した約款によるものとします。 * 匿名組合契約であることから、死亡保険金、競走能力喪失見舞金等を含め、分配時に利益分配額が発生した場合、源泉所得税の対象となります。

次の