明智光秀 子孫。 明智光秀の子孫は片平凌悟15歳!Wikiプロフィールや両親は?博士ちゃん

明智光秀の子孫 片平凌悟のwiki!中学や家族は?(博士ちゃん)

明智光秀 子孫

明智、という姓を聞くと、まず思い浮かぶのは明智光秀だと思います。 すぐに光慶を思い浮かべる人は、まあほぼいないと思います。 それほど存在が薄い光慶です。 それは歴史的な資料の上でもうかがえます。 今回はそんな明智光慶について、わかる限りの範囲でお話していきたいと思います。 明智光秀を父に持つ光慶 光慶はあの本能寺の変を起こした光秀の息子と言われています。 正直なところ、光秀に息子がいたのは確かなのですが、その息子の名前が光慶だったのかどうかも、今ではまだ確定されていないようですね。 この光慶の幼名・十五郎という名もまた、一説には十兵衛だったりと、定かではありません。 ただ、光秀の子、である事には違いないと思うのですが……。 あくまで、光慶という名で呼ばれていたのかどうかが、今のところ謎のようです。 光慶は一説には1569年に生まれたとされています。 これも正確ではありません。 母は妻木煕子。 光秀の正室ですね。 光秀は煕子が昔自分の窮地を救ったってくれた事に感謝して、煕子存命中は側室を持たなかったという話が有名です。 しかし、一説には側室がいたという説もあります。 なので、光秀の子とされている3男4女、もしくは6男7女が全員煕子の子であったという説は、定かではありません。 ですが、どうやら細川ガラシャ夫人となった珠は、光慶の実姉ではなかったのかと思います。 このように、とにかく圧倒的にこれだという資料があまりにも少ない光慶。 歴史上に不本意な形ではあるけれども、その名を遺した父の影に、隠れすぎてしまっているのかもしれませんね。 その父のおかげで、光慶は幼いまま壮絶な人生を歩む事になってしまうのです。 明智光慶は本当に居たのか 光秀の子は数多くいるという話があります。 その中で確実に存在が確定されているのは、実は珠という女児と、光慶、そして数名のみです。 珠は後に細川家に嫁ぎ、細川ガラシャ夫人となりました。 光慶はといいますと、『連歌目録』という資料から、津田宗久の茶会記で実在が確認されているとされています。 また、父・光秀の書状などからも、存在が確認されているそうです。 書状は珠が嫁いだ細川家にあてたもので、その中に、「近畿を平定したあとは、十五郎に家督を譲って隠居したい」とありました。 この十五郎が光慶だとされています。 でも、圧倒的に資料が少ないですね。 なので、光慶という人物がいる事は確かなのですが、やはりまだ不安定感が残ります。 というのも、とにかく光秀の家族には、様々な異説がありすぎて謎だらけなのです。 例えば、光秀自身にもそんな異説が残ります。 本当は本能寺の変の後、秀吉から逃れて、江戸時代、徳川家康の傍で家康のために働いていた南光坊天海として生き延びたという説があったりします。 そんな風に、光慶にもまた様々な異説があるのです。 光慶だけではありません、光秀の子らにはこうした異説が多々ありすぎて、どれが本当なのか未だに解明されていない点が多く、今後の研究に頼むしかない状況なのです。 ただはっきり言えるのは、珠と光慶は確実に存在した、という事。 ただ光慶という名で存在したかはあいまいですが、とにかく長男がいたのは間違いなさそうです。 明智光慶の最期、死因 光慶の最期にも、またまた異説が多々あります。 その中で今のところ有力視されている話が二つあります。 最初にお話ししておきますと、死亡時期はほぼ同じです。 本能寺の変の直後と考えていてください。 光慶の生年が正しいものであれば、まだ15にもなっていなかったと推測されます。 最初の説は、本能寺の変の際、光慶は亀山城というところにいました。 そこで父が主君、信長を討ったと知ります。 この事に、光慶は大きなショックを受けました。 あまりにも不義理な事をしでかした父に悶死したとされています 病気になって死んだという事ですね。 幼心に、衝撃が強すぎたのでしょうね。 もう一つの説は、本能寺の変の際、光慶が坂本城にいたという説です。 こちらでは山崎の戦いで父が討たれた後、逃げ帰ってきた城主・明智秀満らと共に、攻めてきた中川清秀、高山右近らの攻撃に合いながら自害したという説です。 どちらの説が正しいのかまだわかっていないようですね。 他にも、光慶には生存説も多々残っています。 妙心寺の住職となった僧の玄琳が、実は光慶だという説や、明智光秀の唯一と言われる肖像画が存在する本徳寺の僧、南国梵桂が光慶ではないのか、という説。 光秀の他の子にも同じような説が多々ありますので、本当に混乱してわからなくなっているのではないかと思いますね。 どの話も本当に聞こえますし、信ぴょう性がないので嘘のような気もしますし。 謎が謎を呼ぶ感じです。 光慶の子孫は? 光慶が亡くなったのは、生年が正しいとすれば13歳前後となります。 果たして、子孫は残せたのでしょうか。 戦国時代、この歳で婚姻を結んでいる男子は少なくありません。 子を遺している男子も多々いる事でしょう。 しかし、いろいろ調べてみましたが、光慶自身に子があったという説は耳に入りませんでした。 もしかしたら、生存説が正しいと子もいたかもしれません。 本来の死亡説の通りだとすれば、やはり子を作る暇もなかったのではないでしょうか。 そもそも、まだ嫁も娶っていない状況だったように思いますので、やはり光慶からの子孫が残っている可能性は少ないと思います。 ただ父・光秀からの血を受け継ぐ子孫は今でもいらっしゃるようですね。 嫡子であった光慶がいなくとも、明智の血はとりあえず守られていたようです。 例えば、細川ガラシャ夫人からの子孫とか。 しかし、それらを考えますと、ますます光慶が不憫でなりません。 亡くなった頃は、まだわずか10歳と少し。 死亡説の一つ目が正解であれば、幼心にも信長に対する畏怖なりなんなりを感じていて、それを討ってしまった父に驚愕しショックで病気になったのも納得できます。 とても優しい子だったのでしょう。 また、死亡説の二つ目が正解だとすれば、この説、一説には、もう無理だと悟った明智秀満が、明智光秀の妻子を刺殺し、自分の妻も刺殺した後、自らも自害したという説があります。 10歳と少しの子にすれば、これももはや恐怖に彩られた結末だったとしか考えれません。 考えれば考えるだけ不憫でなりませんので、せめて生存説のどれかが正解であったらな、と思わずにいられません。 とても気品のある美少年だった 当時の戦国時代にやってきたフロイスという外国人がいます。 彼は信長の事も、事細かに記していた人物です。 そんな彼が、光慶の事をこう書いていたそうです。 「長子は十三歳で、欧州の王侯とも見える優美な人であった」この事、光慶はとても気品のある雰囲気を持っていた美少年だったと思われます。 今後、明智家を支えていくに十分たる素質も持っていたのでしょうに、あまりにも早すぎる死は残念でなりません。 もう少し光秀が信長からの仕打ちに耐えていれば、明智家はまた違う形で名を遺していったのかもしれませんね。

次の

明智光秀の子孫を家系図から解説

明智光秀 子孫

— 2019年 5月月26日午後8時24分PDT 幼い時から母方の祖母より「明智光秀の子孫」と聞かされており、祖父・母からもそのように言われていたそうです。 その母方の祖母の姓 苗字 は「土岐」だったとのことです。 このクリス・ペプラーさんの母方の祖母は、美濃・ である (ときよりあき)の次男・土岐頼次(ときよりつぐ)の長男・土岐頼勝(ときよりかつ)の末裔だと伝わっているようです。 土岐頼芸は、 から追放された大名で、晩年は甲斐にいて、 ・ の世話を受けていました。 1582年、本能寺の変の直前に、甲斐へ が侵攻した際に、発見されて、旧臣・ の手助けで美濃に戻りましたが、半年後に死去しています。 その次男・土岐頼次は、豊臣秀吉に馬廻衆となっており、のち に従うと、徳川家の旗本として存続しました。 その長男が土岐頼勝と言う事になります。 最後の美濃守護である土岐頼芸の孫が、土岐頼勝と言う事になりますね。 これをそのまま捉えれば、明智家は、だいぶ前に、土岐家から分家した家柄ですので、クリス・ペプラーさんは、明智家の末柄ではなくても、土岐家の子孫であることは間違えないようです。 土岐氏(ときし)は、そもそも平安時代の武将である摂津源氏・源頼光の子である源頼国の子孫ですので、付け加えさせて頂きます。 もっとさかのぼれば、第56代・清和天皇の子孫となります。 ただし、土岐頼勝は、明智光秀の実子であったとする説もあります。 でも、明智だったと言うよりは、土岐氏の方が格上 名門 ですので、土岐氏の子孫で良いのではと感じてしまいます。 そんな中、名門・土岐氏ではなく、あえて明智光秀の末柄と、長年伝承されてきたと言うのであれば、本当に、土岐頼勝は、明智光秀の子であった可能性も否定できないような気が致します。 明智光秀の子 でも触れていますが、明智光秀の子、特に男子に限ってみれば、下記の子供がいます。 明智軍記によると・・。 長男・明智光慶(明智十兵衛) 次男・明智光泰(明智十次郎) 三男:明智乙寿丸 岸和田・本徳寺を開いた南国梵桂 なんごく-ぼんけい が、一説では明智光慶と同一人物とされます。 明智光慶は、 の戦いの際に、 または にて亡くなったとされますが、生き延びて出家すると、妙心寺の塔頭・瑞松院に住みました。 妙心寺には「明智風呂」と言う蒸し風呂があり、国の重要文化財になっています。 この瑞松院は、のち江戸初期になると、明智光秀の妻・ の出身である旗本・妻木氏が檀那になっています。 また、南国梵桂の師は大心院の三英瑞省で、明智光秀の三女・珠( )の夫である が檀那になっています。 このように、明智光慶が南国梵桂になったとする説があります。 また、千葉 上総 には、桔梗紋が刻まれた明智光秀側室の墓との伝承があり、脱出したとする明智十五郎の名もあるようです。 鈴木叢書の「明智系図」では・・。 長男・明智玄琳 妙心寺の僧 次男・明智安古丸 山崎の戦い討死 三男・明智不立 天龍寺の僧 四男・明智十内 坂本城が落城した時に死亡 五男・明智自然 坂本城が落城した時に死亡 六男・内治麻呂 喜多村保之、喜多村弥平兵衛 不明・明智定頼 となっています。 なお、明智光秀の子孫としては、下記の武将の名が見受けられます。 織田昌澄 おだ-まさずみ の父は、近江・ 主の ですが、母が明智光秀の4娘ですので、明智光秀の外孫にあたります。 大坂の陣で、 に味方して大坂城に入りましたが、 の仲介にて助命されており、 の旗本となり存続しました。 細川忠隆 ほそかわ-ただたか の父は、小倉藩主となった で、母はご存知「 」となります。 細川ガラシャ は、明智光秀の3娘ですので、のち に入って熊本藩主となった細川家は、明智光秀の血を継いでいます。 そのため、衆議院議員だった細川隆元さん、評論家の細川隆一郎さん、総理大臣も務めた細川護熙 ほそかわ-もりひろ さん、ジャーナリストとして活躍する細川珠生さんなどは、明智光秀の子孫とも言えます。 ただし、江戸時代の細川家8代・細川治年は、男子がみな早く亡くなったために養子を迎え、ガラシャの血統は細川本家では絶えています。 しかし、総理大臣にもなった細川護煕さんの祖母は、細川忠利の兄である細川忠隆の末裔のため、少なくとも明智光秀の血が流れていると言えます。

次の

明智光秀(子孫)博士ちゃん【片平凌悟りょうご】学校/家族を調査!

明智光秀 子孫

明智光秀と織田信長「本能寺の変」に真実 本能寺の変は、 1582年6月21日に明智光秀によって 巻き起こされたとされてる。 あらすじとしては、 中国地方を治める毛利を討ち果たすべく 西へ向かった羽柴秀吉に加勢するため 後を追った織田信長は、 事件の2日前より、京都・本能寺に 滞在していた。 更に織田信長の家臣・明智光秀が 羽柴秀吉と合流するために、 大軍を将て後を追っていた。 だが明智光秀は突然、反旗を翻して 本能寺へ向かい、主君・織田信長を 襲ってしまった。 というもの。 これは真実なのか? 戦国史最大のミステリーとして 今も推理好きを魅了しつづける 「本能寺の変」には、 様々な謎と説が存在する。 織田信長に勢いがあったとはいえ、 護衛があまりにも少なくないか? 戦略家として知られた明智光秀が何故、 無謀ともいうべき暴挙に走ったのか? 明智光秀に関する文献が 他に比べて少なく、人物像がハッキリ していない事も謎である。 織田信長によって、 日頃から詰められていた明智光秀が 精神的に崩壊していたため等、 まるで真実かの如く、 歴史作家たちによって、 様々な説が挙げられてきた。 スポンサード・リンク 明智光秀の子孫、憲三郎氏とスペイン 戦国史において最強のヒーローである 織田信長を本能寺の変で不意打ちした という『汚名』。 明智光秀の子孫である明智憲三郎氏は 人生において、悪評高い『明智』の姓を 名乗る事を辛く感じていた。 しかし明智光秀が織田信長への恨みで 謀反を起こし主君の命を奪うに至った という通説に対して疑問を抱いていた。 そして50年間、 三菱電機に勤めながらも、 真実を知りたい一心で、明智光秀に 関して独自に調査を続けたという。 最も一般的な説としては、 織田信長によって、日頃から 詰められていた明智光秀が、 その恨みを晴らすために 警戒の薄かった本能寺にて闇討ちした というものである。 しかし、 子孫である明智憲三郎氏によれば、 これらの定説は、真実ではなく、 秀吉から始まり、江戸時代にも 様々な作家によって作られてきた ものだという。 今で言う、プロパガンダであろう。 元々、 斎藤道三から織田信長に仕えるように なった明智光秀は、戦術・兵法に長け 織田信長から重用されていた。 そして、織田信長は 予てから危険視していた徳川家康を 本能寺に誘き寄せるので闇討ちするよう 明智光秀に命じていたというのだ。 当時の記録には、徳川家康は本能寺へ 向かっていたとあり、また、 明智光秀の家臣が残した記録には、 「本能寺へ行く理由は、徳川家康を 闇討ちするためだと思っていた」 という言葉がある。 一方、『イエズス会日本年報』によれば 織田信長が中国制服の野望を果たす為に 明智光秀が進行を命じられた場合には、 一族滅亡の強い懸念があったとある。 明智光秀は、中国侵攻か謀反かの究極の 選択を迫られていたと推察される。 これにより、明智光秀は徳川家康に 織田信長からの闇討ち指令を リークし、協力関係を築いて 『本能寺の変』を2人で起こした のではないか?という考え方が出来る。 そして、スペインの貿易商人であった アビラ・ヒロンが記した『日本王国記』 には、衝撃の資料が残っていた。 『日本王国記』には、 当時の日本の政治情勢、生活習慣など、 日本人にとっては当たり前のことが 詳細にに記されている。 遠い異国の地、スペイン。 そこには、政治的圧力は及んでいない ものと思われ、真実である可能性は 非常に高いものだ。 そして、そこに記されていたのは、 織田信長の最期の言葉である。 一般的には、「是非に及ばず」が、 最期の言葉とされてきたが、ここには、 「わしは自ら命の終わりを招いたな」 と書かれている。 つまり、『是非に及ばず』は、 我儘に生きてきた織田信長が一方的な 明智光秀の謀反に対して遺した、 潔い言葉として伝えられてきたが、 この言葉は、自ら仕掛けた徳川家康の 闇討ち計画によって織田信長自身が 闇討ちされてしまう事を指す。 これは、歴史的大発見であり、 これまでの定説を覆しても余りある 証拠資料であろう。 しかし、まだまだ全容解明には程遠い 戦国史最大のミステリー『本能寺の変』 謎が謎のままであるからこそ、 ロマンを感じる事が出来るのであろう。

次の