ボンド25。 ボンド25は007スペクターの続編?ストーリー・あらすじ内容についても解説

『007』新作タイトルと公開日が決定!タイトルは『ボンド25』とは全く違うものに

ボンド25

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 ジェームズ・ボンド 作者 初作品 『カジノ・ロワイヤル』(1953) 出版物 小説 漫画 映画・テレビ 映画 テレビシリーズ 『カジノ・ロワイヤル』(Climax! 第1シーズン第3話)(1954) ゲーム コンピュータゲーム オーディオ 音楽作品 ジェームズ・ボンド : James Bond は、の作家( - )の、およびこれを原作とするメディア・フランチャイズ。 詳細は「」を参照 父・アンドリューはヴィカーズ・ディフェンス・システムズ社に勤める 、母・モニク・ドラウは。 なお父は企業スパイで、幼少期は父の転勤に伴い西欧各地で在住。 両親はジェームズが11歳の時にフレンチ・アルプスを登山中に事故死してしまい、その後は叔母のチャーミアンに引き取られ育てられたという設定である。 卒業後、中尉となりで出征。 終戦後に MI6 の工作官となる。 ではクラブを興す程日本のに打ち込んでいたこともあり、柔道を始めあらゆる格闘技に長けている。 しかし、健康面では、尿酸値過多、、、、頭痛などを患っており、医者から「長生きできない」と忠告されている。 派で「あんな泥水を飲んでいるから大英帝国が衰退した」と言い切るほどの嫌い。 豆は、は(ハリオ式)を使用している。 映画版でも踏襲されており、ボンドが紅茶を飲むシーンはない。 はカクテルの(本来はベースのカクテルであるをベースにしたもの)をステアせずにシェイクし「舌がしびれるほど冷やして」飲むのが好きで、彼の決め台詞になっている。 「にしている奴は信用できない」と考えており、ウィンザーノットでタイを結ぶことはない。 紐靴には拘りはなく、を履くことも多い。 これらの服装や食の好みはフレミングの好みが色濃く反映されている。 フレミングは「ウィンザーノットなんて手間のかかる結びをしている奴は顕示欲が強くて、付き合いたくない」とまで述べている。 愛用している拳銃は、第一作『007 ドクターノオ』の劇中でベレッタM418を使っていたのを、武器担当者のアドバイスでへ切り替え、(後にへ変更)以来同銃である。 誕生日は映画によってそれぞれ異なり、がボンド役を演じた『』以降の作品では設定が一新され、、生まれ、両親が登山事故で亡くなった後にスコットランド郊外にあるスカイフォールを実家としてキンケイドに育てられた後に、オーベルハウザーという人物に引き取られ義兄のフランツと共に育ったという出生に変更されている。 また、義兄のフランツと義父のオーベルハウザーは、皮肉にも登山中の雪崩事故に巻き込まれて死亡し、またも天涯孤独となってしまう。 ドイツ系の義父に育てられた経緯からかドイツ語、『慰めの報酬』にてボリビアのホテルの受付とのスペイン語で会話するシーンが、また『』にてメキシコでテロリスト同士がイタリア語で会話するシーンを盗聴する描写があることから、多言語に長けている。 『』ではアルコール依存症で引退を勧められ、復帰テストにもお情けで合格させてもらう、といった原作の人物像を多少反映したボンドということになっている。 「007」の呼び名 [ ] ジェームズ・ボンドには、任務遂行中は自分の一存でを殺めても不問にされる殺人許可証(いわゆる「殺しのライセンス」)が与えられており、「007」(00セクションに所属する7番の番号を振られたエージェント)のを持つ。 では、普通これを「 ダブル・オー・セブン Double O Seven 」と読む。 なお、映画『』の劇中では、「007」を " zero zero... "と発音しているシーンもある。 が『慰めの報酬』公開時にタイアップした時には、「zero zero 7」のデザインで日本を含む世界35カ国以上の国々で発売された。 イアン・フレミングの小説 [ ] 007シリーズ James Bond Novel and Short stories 著者 訳者 発行日 : - 発行元 言語 形態 [ ] ジェームズ・ボンド• - フレミングは銀行員、などを経て、中は海軍情報部とMI6で特別工作に携わっており、この経験を活かして007を書いたと言われる。 「ジェームズ・ボンド」という、ではやや凡庸な印象の強い名前は、戦前の活劇映画的な、華やかな印象の名を、フレミングが意識的に避けたものである。 フレミングが愛読するの名から取られた。 フレミングの小説「007シリーズ」はの第1作『カジノ・ロワイヤル』に始まって、フレミングが没するまで書き継がれる。 当初はそれなりの評価を得ながらも、あまり売れなかった。 そのため、フレミングは何度もシリーズを終了しようと考えるが、そのたびに映像化の話が出てきて、シリーズは継続されることになった。 本格的に売れ始めるのは1950年代後半で、そのきっかけは、フレミングと縁があったが『ロシアから愛をこめて』を愛読書のリストの中に入れたことだった。 その作風は、従来のイギリスにおける主流であった重厚な派とは対極にあり、華やかで享楽的な設定の中で、アメリカの小説の影響を受けたシビアな暴力やアクションを描くものであった(『カジノ・ロワイヤル』はその好例である)。 しかし、やがてやさながらの「悪役から美女を救い出す」凡庸なパターンにはまってしまった結果、1950年代末期以降の作品はマンネリ化し、誇大妄想的な設定が多くなった(の『ゴールドフィンガー』など)。 影響 [ ] 映画・コミックへの影響も非常に多大である。 敵の手に落ちて拷問を受ける場面もこの種のヒーローとしては非常に多く、作家のは『メインディッシュはミステリー』で「優雅なサディズム」と評している。 超人的なプレイボーイのスパイをヒーローとし、グラマラスな美女を配した「洗練された」の物語は大衆の嗜好に合致し、また状況下では、を絶対悪に擬す安易な設定が濫用しやすかったことから、1950年代後半以降、膨大な量の007亜流の小説が世界各国に氾濫した。 は「悲しくなるほど安易な物まねで、関係者の頭脳ゼロを見せつけられる思いである」とエッセイ『きまぐれ博物誌』169ページで述べ、はの『危機の数は13』について触れた部分で以下のように表現した。 おりしもそのころ、007シリーズの大ヒットによって世はスパイ・ブームまっさかり。 日本でも模倣作がツクダニにするほど出回っており、とても国際的スパイがつとまるとは思えないスカスカ頭の色男を主人公に、 銃と車と秘密兵器と裸のねーちゃんが出てきさえすれば読者は喜ぶ、と心得て(実際喜んだのだが)いいかげんに書きとばしたような三文小説が続出していた。 — 編 『トンデモ本の逆襲』 170p、太字も フレミング以外の作者 [ ] フレミングの死後、イギリスの作家が未亡人の許可を得てロバート・マーカムの名で『 』を書いた。 シリーズ化される予定だったが、評判は芳しくなく、シリーズ化には至らなかった。 には、映画『』のが出版された(タイトルは )。 執筆したのは、脚本を担当した小説家。 ウッドは、に公開された『』の脚本も担当。 同様にノベライゼーションを手がけた(タイトルは )。 映画シリーズで、脚本家がノベライゼーションを担当したのはこの2作だけである。 に発表された『メルトダウン作戦 ()』から、 がフレミングを引き継ぐ形で「007シリーズ」を再開させた。 ガードナーによる新「007シリーズ」は、作品が発表されるたびに評価が低下していった。 独自に展開しているうちに、映画シリーズとは全くかけ離れたものになってしまったのが原因と思われる。 その後、からがシリーズ3代目の作家として作品を発表したが、6作目(『 (The Man with the Red Tattoo)』で007作家を降りることになった。 にはフレミング生誕100年を記念して により『猿の手を持つ悪魔( )』が発表されたが、あくまでこれは記念作であるためシリーズ化される予定はない。 しかし、作品の舞台となった地方(と)では現在も本作の映画化の実現とロケ誘致を目指した活動を続けている(詳細は該当項目を参照)。 小説一覧 [ ] (括弧内は発表年) イアン・フレミング作品 [ ] 日本語訳は全てにより翻訳された。 長編 [ ]• カジノ・ロワイヤル Casino Royale (1953年)- ( 以下略) 1963、改版2006 の新訳『007 カジノ・ロワイヤル』創元推理文庫 2019• 死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1954年) - :世界探偵小説全集 1957、新版(以下略)、改版1998• ムーンレイカー Moonraker (1955年) - 創元推理文庫 1964、改版1998• ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1956年) - 創元推理文庫 1960、改版2008• ロシアから愛をこめて From Russia, With Love (1957年) 映画版の邦題は「ロシアより」で、小説表記は「ロシアから」。 - 創元推理文庫 1964、改版2008• ドクター・ノオ Doctor No (1958年)- 早川書房:世界ミステリシリーズ 1959、ハヤカワ・ミステリ文庫、改版1998• ゴールドフィンガー Goldfinger (1959年) - 早川書房:世界ミステリシリーズ 1960、ハヤカワ・ミステリ文庫、改版1998• Thunderball (1961年) - 早川書房:世界ミステリシリーズ 1962、早川書房:世界ミステリ全集〈13〉1972、ハヤカワ・ミステリ文庫、改版1998• わたしを愛したスパイ The Spy Who Loved Me (1962年) 映画版の邦題は「私」であるが、小説表記は「わたし」。 - 早川書房:世界ミステリシリーズ 1963、ハヤカワ・ミステリ文庫、改版1998• 女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service (1963年)- 『女王陛下の007号』早川書房:世界ミステリシリーズ 1963、『女王陛下の007』ハヤカワ・ミステリ文庫、改版1999• 007は二度死ぬ You Only Live Twice (1964年) - 『007号は二度死ぬ』早川書房:世界ミステリシリーズ 1964、『007は二度死ぬ』ハヤカワ・ミステリ文庫、改版2000• 黄金の銃を持つ男 The Man With the Golden Gun (1965年) 映画版の邦題は「黄金銃」であるが、小説表記は「黄金の銃」。 - 早川書房:世界ミステリシリーズ 1965、ハヤカワ・ミステリ文庫、改版2000 短編集 [ ]• (1960年) 旧版は『007号の冒険』創元推理文庫 1964 、改題『バラと拳銃』、新版は『薔薇と拳銃』創元推理文庫 2007• バラと拳銃 From a View To A Kill• 読後焼却すべし For Your Eyes Only• 危険 Risico• 珍魚ヒルデブラント The Hildebrand Rarity• ナッソーの夜 Quantum of Solace• オクトパシー Octopussy• ベルリン脱出 The Living Daylights• 所有者はある女性 The Property of a Lady その他の作者による007小説 [ ] ロバート・マーカム(キングスレー・エイミス)作品 [ ] 「」も参照• ノンフィクション• The James Bond Dossier (1965年) - キングスレー・エイミス名義。 ノンフィクション• メルトダウン作戦 License Renewed (1981年)• スペクターの逆襲 For Special Services (1982年)• アイスブレーカー Icebreaker (1983年)• 独立戦争ゲーム Role of Honour (1984年)• 不死身な奴はいない Nobody Lives Forever (1986年)• 覚悟はいいかね、ボンド君 No Deals, Mr. Bond (1987年)• スコーピアスの謎 Scorpius (1987年)• ミソサザイ作戦 準備完了 Win, Lose or Die (1989年)• 紳士らしく死ね Brokenclaw (1990年)• The Man From Barbarossa (1991年)• Death is Forever (1992年)• Never Send Flowers (1993年)• SeaFire (1994年)• Doubleshot (2000年)• Never Dream of Dying (2001年)• The Man with the Red Tattoo (2002年)• 短編(未収録)• Blast from the Past (1996年)• Midsummer Night's Doom (1999年)• イアン・フレミング財団が公認。 ジョン・ピアースン 作品 [ ] 「 」も参• ジェイムズ・ボンド伝 (1973年) ボンド本人へのインタビューという形で、その生い立ちから『黄金の銃を持つ男』の後に至るまで、公私にわたるボンドの半生を描いた大作。 ボンドの活躍は全て実話で、イギリス情報部の委嘱を受けたフレミングが「ボンドをフィクションの人物と見せかけてソ連側の魔手から遠ざけるため」実話を小説化したという設定を取っている。 本書内の設定によれば、小説シリーズ3作目『ムーンレイカー』だけが「ボンドを架空の人物らしく印象づけるためのフィクション」であるという。 なお、本書のインタビューで、ボンドは自分を演じたショーン・コネリーについて「何だあの男は」などと批判的な発言をしている。 ノベライゼーション作品 [ ]• 新・私を愛したスパイ James Bond, the Spy Who Loved Me (1977年) 著• 007とムーンレイカー James Bond and Moonraker (1979年) クリストファー・ウッド著• 消されたライセンス Licence to Kill (1989年) 著• ゴールデンアイ Goldeneye (1995年) ジョン・ガードナー著• トゥモロー・ネバー・ダイ Tomorrow Never Dies (1997年) 著• ワールド・イズ・ノット・イナフ The World is Not Enough (1999年) レイモンド・ベンソン著• シリーズ [ ]• A View to a Thrill (1992年) John Vincent 著 (Puffin Books) - James Bond Jr. や次世代の二代目Qを主人公にしたシリーズ第1作。 原題は「美しき獲物たち」 A View to a Kill のもじり。 The Eiffel Target (1992年) - アニメ作品「James Bond Jr. 」 "The Eiffel Missile"のノヴェライズ。 邦題はHMMのもの。 Sword of Death (1992年) - 映画ラストでの爆発から生還したが、 James Bond Jr. と対決する。 Noは本作以降も、TVアニメと小説版で、シリーズを通じての悪の親玉を務める。 High Stakes (1992年)• Tunnel of Doom (1993年) Caryn Jenner 著 (Buzz Books) - 以降の作品ではBaron Skarinや殺し屋Jawsが悪役で、Dr. Noは黒幕の扱いで表面に出てこない。 Freeze Frame (1993年) - アニメ作品「James Bond Jr. 」 "Weather or Not"のノヴェライズ。 パロディ [ ]• 007は三度死ぬ Sreshchu 007 (著) 共産圏のの作家グリャシキによって、冷戦中の1958年に「東側版ジェームズ・ボンド」としてスタートした諜報員アヴァクーム・ザーホフのシリーズは、ブルガリアで非常な人気を得た。 そのザーホフを何と本家007と世界を股にかけて対決させた本作は、ザーホフ・シリーズ唯一の日本語訳された作品である。 ボンドの名が使えないため、作中では全て「007」表記で、原書ではトラブルをおもんばかって「07」と表記を変えていた。 東側作品であるため、当然ながらソ連が主人公の味方、007は敵役で冷酷非情なプロの工作員として描写される。 対してザーホフは寡黙で有能、身辺清潔な学者肌スパイとして描かれるが、をはじめとする実際の東側上級工作員にも学者・研究者としての経歴を持つ者が多かった史実と符合する。 () 東郷隆による日本版007パロディー。 に所属する『殺人許可証を持つ丁稚』を主人公に描かれる奇想天外なスパイアクションコメディー小説。 脇役、敵役キャラクターや細かい場面など、かなり密着したパロディーとなっている。 『女王陛下の所有物On Her Majesty's Secret Property』 『From the Nothing, with Love』() 伊藤計劃のパロディ漫画および短編小説。 映画版007のボンド役者の交代を「前任者の殉職と共にその記憶をオーバーテクノロジーで上書きされた別人」という独自解釈で描いている。 作中では過去の映画シリーズは全て実際に007が遂行した任務として扱われ、不可能と思われたの成功により、MI6は二度と手に入らない逸材であろうジェームズ・ボンドの才能を永久に保存する事を決定したとされている。 全ての007に対面した事があるのはとのみであり、Qが交通事故で死去した(演じたの死を受けての事と思われる)後、ただ一人残されたMが苦悩する姿と、007候補(全員執筆当時ボンド役候補だった若手俳優の名が用いられている)が次々と殺されていくのを受けてジェームズ・ボンドが調査に赴く物語となっている。 作中年代はとほぼ同時期とされており、本作はボンドがピアース・ブロスナンからダニエル・クレイグへの交代を描いたものでもある。 『怪盗ジバコ』() 連作短編の中の「007号出現す」で、怪盗ジバコと対決する。 『』 アニメ版「スパイ指令100号」にて登場。 007ジェームズ・ボンドとはっきり名乗り、機械国家メカニアに潜入したエイトマンと共闘する。 映画シリーズ [ ] 概要 [ ] 007シリーズ James Bond series 原作 製作 1— 3, 5— 9 1— 3, 5— 16 ケヴィン・マクローリー 4 14— 17— 製作総指揮 ハリー・サルツマン 4 アルバート・R・ブロッコリ 4 マイケル・G・ウィルソン 11— 13 トム・ペブスナー 17 アンソニー・ウェイ 20— 22 カラム・マクドゥガル 21— 24 25 音楽 モンティ・ノーマン 1 2— 7, 9, 11, 13— 15 8 10 12 16 17 18— 22 23- 24 25 製作会社• 13— 19• このドラマで敵役ル・シッフルを演じたのは、『』、『 』、『』などの映画で知られる名優だった。 その後、2人のプロデューサーが007に関心を抱いたことで本格的な映画化が始まった。 なお、各作品作成時の国際情勢・各国国内情勢が各作品に多かれ少なかれ影響されてはいるが、各作品は娯楽作品に徹し、敵役は実在の国家政府・犯罪組織・企業などとはかけ離れた存在の設定が多い。 また、冷戦時代の作品でも、ソ連政府それ自体を主敵とした作品は少ない。 例として、1983年の作品ではソ連政府の急進派政治家を敵の一つとする、あるいは1960年代の『』ではソ連も敵だが二次的な敵であり、いずれも「主敵」ではない。 ただし、1995年の作品では、冒頭での任務はソ連の神経ガス工場の破壊任務であったが、これはむしろ冷戦終結後の時代との対比のための設定と見るべきである。 逆に1970年代の作品ではKGB幹部と共闘したり、ソ連スパイと協力して敵を倒した作品も存在する。 冷戦時代、各作品でのソ連などの共産圏の扱いは、「雪解けのバロメーター」とさえされた。 シリーズ一覧 [ ] 作 タイトル 原題 公開日 主演 脚本 監督 第 01作 Dr. 共同監督:、、、、• 出演:、、、、、 『 』( Never Say Never Again, )• 監督:• 出演:、、、、 『 』( Happy and Glorious, )• 共同監督:、• 出演:、、エリザベス2世の愛犬• 協力: イオン・プロダクション [ ] 1960年頃、フレミングの原作を読んだプロデューサーのは、「これは映画化に向いている」と感じ、フレミングの元へ行き交渉を求めた。 しかし、フレミングは映像権を一足先にに売り渡していた。 一方のサルツマンは、映像権の有効期限内に出資先を見つけるべく奔走していたものの、金策に尽きていた状況だった。 そこへ、ブロッコリが接触し、二人は手を組んでに(以下イオン・プロ)を設立し、協力して007映画の製作に当たることになった。 プロダクションの設立後、サルツマンとブロッコリの二人はの大手映画会社(以下UA と契約を交わすべく渡米。 でUAの社長であった ()と面会し、映画化を打診した。 当時UAの社長秘書でフレミングの原作の大ファンでもあった ()の後押しも受け、UAの出資が決定した。 この際UAはイオン・プロに対し、全面的な融資を行うこと、そして、最低でも7本のボンド映画の共同製作及び、配給を行うという条件で契約を交わし、遂に007の映画化プロジェクトが本格的に始動した。 当初イオン・プロは、第1作目に『サンダーボール作戦』を映画化しようとしていたものの、権利関係の問題や予算の都合で暗礁に乗り上げ、その結果、UA側との検討の末、SF色の強い『ドクター・ノオ』が選ばれた。 監督に関しては、当初イオン・プロ側はアメリカ人監督を推していたものの、UA側は、作品の内容から判断し、イギリス人監督を推奨。 その後、職人肌で、戦時中は諜報活動に従事していたを監督に当てて、ボンド映画第1作目『』が映画化された(1962年公開。 邦題は『007は殺しの番号』)。 この映画は100万ドルという低予算作品ながらも、興行収入は5900万ドルと予想以上の大ヒットとなった。 主役のはこの1作で成功、ボンドは彼の当たり役となった。 モンティ・ノーマン作曲、編曲、演奏の「ジェームズ・ボンドのテーマ」も大好評で、以後の作品のオープニングで、ボンドを狙う銃口が逆に撃たれて血を流すシーン()と共に必ず流されるようになった。 この作品のヒットに影響され、中期には「007もどき」のB級スパイ映画が世界各国で濫造されたが、一つとして007を超える成功を収めたものはなかった。 『ドクター・ノオ』以後、イオン・プロによってプロデュースされる007映画は、主演俳優を幾度か変えつつも、現在に至るまで人気シリーズとして存続している。 初期以降の作品は、フレミングの小説から題名のみを借りたによるオリジナルストーリーで、原作とほとんど無関係となっている。 その内容は、派手な設定とグラマラスな美女、大物俳優のゲスト出演をセットとした、の王道とも言うべきもので、設定は全般にマンネリズムの傾向が強い。 ブロッコリとサルツマンの反目 [ ] アルバート・ブロッコリとハリー・サルツマンは、1970年代初期まで共同プロデューサーを務めていたが、ブロッコリの娯楽路線に、原作派で文芸趣味のあるサルツマンは次第に反発するようになる。 が007へのとして執筆した難解なスパイ小説『イプクレス・ファイル』を主演で『』(1965年、監督)として映画化させたのは、他ならぬサルツマンだった。 サルツマンの意見を元に製作され、リアリティやロマンチシズムへの傾倒があった『』の興行成績が芳しくなかった一方、続いてブロッコリの意見を元に製作された荒唐無稽で派手なストーリーの『』の興行成績が良かったことから、ブロッコリが主導権を握るようになった。 結局、1975年にサルツマンはイオン・プロから離脱。 それ以降、イオン・プロとその親会社であるはアルバート・ブロッコリとその一族が支配することになる。 因みに、サルツマンの持株はブロッコリに無断でUAへと売却され、UAはイオン・プロの大株主となった。 しかし、そのUAも『』(1980年、監督)の大失敗により経営危機に陥り、1981年に(以下MGM)に吸収合併された。 その為、13作目『』からはMGMも製作に加わり、それに伴い北米以外での配給は新たに(UIP)が担当することになった。 『カジノ・ロワイヤル』 [ ] 小説のシリーズ第1作『カジノ・ロワイヤル』だけは、権利関係の錯綜からイオン・プロは権利を押さえることができなかった。 この作品はが制作権を得て、ら5人の監督によって共同で映画化された(1967年公開『』)。 実際にはさらに多数の監督が関わっているとも言われ、製作過程は混乱の上の混乱を極めた。 、ら実力派の名優を総動員しながら、結果としては原作から別次元に乖離した奇想天外なドタバタパロディ作品として作られており、最初から最後までギャグとジョークと人を食った展開が連発されるナンセンスものの怪作である。 現在では、1960年代中期のの影響を色濃く残すユニークな映画として的評価を受けており、のちのヒット映画『』シリーズにも強い影響を与えている。 本来の映画007シリーズとは異なった層の評価の高い作品である。 『ネバーセイ・ネバーアゲイン』 [ ] に、007映画から離れていたショーン・コネリー主演、提供で『』(監督)が制作された。 タイトルは、コネリーの妻が再び007のオファーを受け、迷っていた夫に言った言葉「もうやらないなんて、 そんなこと言わないで(ネバーセイ・ネバーアゲイン)もう一度おやりなさいな」からつけられた。 これは1961年にフレミングが書いた『サンダーボール作戦』(1965年にイオン・プロのシリーズ第4作として監督、コネリー主演で映画化)の、イオン・プロから離れた形での再映画化である。 この作品も権利関係の混乱による産物であり、以後、イオン・プロ以外で007映画は制作されていない(上記のような理由から、007映画にはおなじみのオープニングテーマと、オープニングでボンドを狙う銃口から逆に撃たれて血を流すシーン()は使用されていない)。 2000年頃に『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のプロデューサーとが組んで、イオン・プロとは無関係の新007シリーズを製作すると発表した。 ダンジャックとMGMはこれに反発し、事態は法廷闘争に持ちこまれ、最終的にソニー・ピクチャーズは新007の製作を断念した。 ところが2005年、経営難に陥ったMGMをを始めとする投資家グループ()が買収した。 これによりソニー・ピクチャーズは本家「007」映画に携わる権利を得ることとなった。 メイン・タイトル [ ] 映画シリーズは最初からタイトル・デザインの面白さでも知られる。 (字体)が変幻自在なやとは異なる独自のスタイルが今日まで一貫している。 第1作『』ではスタンリー・ドーネン作品で知られていたを招聘したパターンを用いたアニメーション作品。 第2 - 3作では が女性の身体に文字や作品のワンシーンが投射されるという奇抜な映像を提供し、女性をモチーフにしたスタイルが確立された(ブラウンジョンはタイトル・デザイナーとしては寡作で、007シリーズ2作の他には『 』(1965年)と『』(1967年)があるだけである)。 音楽 [ ] イオン・プロの007シリーズは、 作曲による「ジェームズ・ボンドのテーマ 」と、初期〜中期の音楽監督のオーケストレーションが、007サウンドの基本スタイルを作り上げた。 (わずかな例外を除けば)メインタイトルバックには、ボーカル入りのテーマ曲がかかるのが通例になっており、時代ごとの一流ミュージシャン・歌手が参加。 映画と共にテーマ曲もヒットした。 『』から『慰めの報酬』まで音楽を手がけていたは、元々007映画の大ファンで、歴代テーマ曲のカヴァー・アルバム『 』を発表したことが起用のきっかけになった。 『ゴールドフィンガー』、『ダイヤモンドは永遠に』、『ムーンレイカー』の3回。 第1作『ドクター・ノオ』のオープニング曲は「ジェームズ・ボンドのテーマ」で、ヴォーカルのメインテーマはない(クレジットタイトルの後半には歌のある「キングストン・カリプソ」と、劇中にも挿入歌「マンゴの木の下で」が流れる)。 第6作『女王陛下の007』もメイン・テーマはインストゥルメンタル曲だが、が歌った挿入歌「愛はすべてを超えて」 "" が劇中に流れる。 なお、『女王陛下の007』のセルVHSでは特典として "We Have All the Time in the World" がエンドクレジット後に流れるバージョンのものが一時期販売されていたが、現在流通されているDVD版には収録されていない。 が歌った挿入歌「恋の面影」 "" は、本家イオン・プロのナンバー以上にスタンダードとして愛されている。 『ネバーセイ・ネバーアゲイン』の映画音楽は、映画音楽界の大御所が担当、主題歌は が歌う Never Say Never Again で、本家に勝るとも劣らない豪華なものである。 ただし、この映画公開当時は、のアルバムが存在せず、映画音楽紹介番組では映画からの同録がそのまま放送されていた。 不採用になった007映画の音楽 [ ]• シャーリー・バッシーは他に、デヴィッド・アーノルド作曲でドン・ブラック作詞の「Quantum of Solace」(No Good About Goodbye)も録音している。 、Blondieが『007 ユア・アイズ・オンリー』の主題歌候補として「For Your Eyes Only」(詞も曲も異なる)を歌うが、最終選考でに敗れた。 ただし、曲はBlondieのアルバムにも収録され、発売されている。 『ネバーセイ・ネバーアゲイン』にも による「Never Say Never Again」があり、歌詞の中にタイトルが歌われている。 主演俳優一覧 [ ] 俳優名 生年月日 初主演作 最終主演作 主演 本数 タイトル 公開年 年齢 タイトル 公開年 年齢 1962年 32歳 1983年 53歳 7作品 1969年 30歳 女王陛下の007 1969年 30歳 1作品 1973年 46歳 1985年 58歳 7作品 1987年 41歳 1989年 43歳 2作品 1995年 42歳 2002年 49歳 4作品 2006年 38歳 2020年(予定) 51歳 5作品• この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 シリーズ誕生50周年記念作品である第23作『007 スカイフォール』のが歌う主題歌「スカイフォール」は、「007」にちなんで2012年10月5日のイギリス時間「0時7分(0:07)」に世界一斉解禁された。 イギリスのオークションハウスであるでは、「ジェームズ・ボンドの50年 - ザ・オークション」(50 YEARS OF JAMES BOND — THE AUCTION)というチャリティー・オークションが開催された。 シリーズ誕生50周年記念作品である第23作『スカイフォール』まで全23作のゆかりのアイテム計50点を出品。 うち40点はオンライン・オークションにかけられ、少なくとも3点は日本人が落札して日本に空輸された。 50点のうち残りの10点は10月5日ジェームズ・ボンドの日にクリスティーズにて招待者限定のオークションを実施。 オンライン・オークションでは、日本が舞台の第5作『007は二度死ぬ』(1967年)で初代ボンドのが劇中で敵の基地に登るために使用した装備や、第9作『黄金銃を持つ男』(1974年)で登場した黄金のバックルの中に銃弾が仕込まれたベルトなど、劇中に登場した小道具や衣装、宣伝で使用されたポスターや劇場パネルなどが出品。 招待者限定オークションでは、第21作『カジノ・ロワイヤル』(2006年)で6代目のが海から登場する際に着用していた水泳用パンツや、シリーズ誕生50周年記念作品である第23作『スカイフォール』で着用したのスーツとタキシード、の時計、最新作のプレミアに参加できる権利などが出品された。 また、第22作『慰めの報酬』(2009年)で使用した車アストンマーティンDBSも出品され、予想落札価格が12万から17万ポンド(約1500万から2130万円)という今回のオークションの中でも最高値が予想された。 ボンドの大ファンというサッカー選手やがアストンマーティンを狙っているという話も報じられた。 悪役(メイン・ヴィラン) [ ] 小説・映画共通 [ ]• ル・シッフル• ミスター・ビッグ• サー・ヒューゴ・ドラックス• ローザ・クレッブ• ( Dr. Julius No)• オーリック・ゴールドフィンガー• アリスト・クリスタトス・・・「危険」Risico• ミルトン・クレスト・・・「珍魚ヒルデブランド」The Hildebrand Rarity• エミリオ・ラルゴ• ( Ernst Stavro Blofeld)• カール・ストロンバーグ・・・『新・私を愛したスパイ』 James Bond, the Spy Who Loved Me• カマル・カーン・・・「所有者はある女性」The Property of a Lady• フランシスコ・スカラマンガ( Francisco Scaramanga) 小説のみ [ ]• セラフィモ・スパング・・・『ダイヤモンドは永遠に』Diamonds are Forever 映画のみ [ ]• マックス・ゾーリン• フランツ・サンチェス• ブラッド・ウィテッカー• アレック・トラベルヤン• エリオット・カーヴァー• エレクトラ・キング• ムーン大佐• ドミニク・グリーン• ラウール・シルヴァ 漫画 [ ] 欧米 [ ]• 英国では、から Classics Illustrated のレーベルで「 Dr. No」 が漫画化され出版。 アメリカでは、から Showcaseのレーベルで発売された。 ストーリーは映画とほぼ同じだが、原子炉で格闘中に、ボンドを殴るドクター・ノオの金属製義手が勢い余って、計器に触れて感電死するラストになっている。 日本 [ ] 日本ではにおいて人気を不動のものとしたが、青年向けの総合誌『』に執筆した。 からに活躍の場を移す転機となった。 に入ってからとで人気の出始めたイアン・フレミングの007シリーズを翻案した企画物。 基本の設定や物語のアウトライン以外は大幅にアレンジされている。 原作のタイトルは正確には「ダブルオーセブン」だが、この作品発表当時は公開された映画も含め「ゼロゼロセブン」と呼んでいた。 (当時のペンネームは石森章太郎)の『』、『(ゼロゼロしれい)』、複数の漫画家による連作漫画『(ゼロゼロエックス)』もこの呼称がタイトルの元になっている。 さいとうはガンアクション、カーアクションをふんだんに盛り込んだスリリングでスピーディーな展開を写実的な画風で描いて、新しいタイプのアクション漫画に仕上げている。 従来の漫画と異なった表現方法としての劇画の定着を図ったさいとうの思惑が如実に現れ、当時まだ漫画を読む層として認識されていなかった青年層の一般読者に貸本劇画の魅力を知らしめ、後の劇画ブームの火付け役となった。 初の漫画の新書判単行本としてが発行したゴールデンコミックスの第1弾がこの作品との『』だったことはその後の劇画ブームの質と性格をよく表している。 シリーズは『死ぬのは奴らだ』、『サンダーボール作戦』、『女王陛下の007』、『黄金の銃を持つ男』の全4作。 小説や映画と異なり、第3作までのボスはブロフェルドではなく、『死ぬのは奴らだ』に引き続き、ミスター・ビッグになっている。 (『サンダーボール作戦』でもエミリオ・ラルゴを手下に従えている。 ) ゲーム作品 [ ] テーブルトークRPG [ ] 1983年にアメリカのより『 』が発売された。 御都合主義をルール化したを初めて採用したゲームとして知られる。 基本システムに続き、以下のような映画をモチーフとした追加システム、追加シナリオなどが発売されている。 Goldfinger• Octopussy• You Only Live Twice• Live and Let Die• Goldfinger II - The Man With The Midas Touch• The Man with the Golden Gun• A View to a Kill• You Only Live Twice II: Back of Beyond• For Your Eyes Only• On Her Majesty's Secret Service 日本においては、1986年により基本システムの日本語訳が『ジェームズ・ボンド 007 RPG』として箱入りで発売された。 「ベーシック・ルールブック 入門アドベンチャー『ドクター・ノオの島』収録 1冊」が同梱。 また、追加シナリオとして『ゴールドフィンガー』のみ、日本語訳が発売されている。 同社が発行していた雑誌『』では、の連載も掲載されていた。 プレイヤーは各能力値に値を任意に割り振ってキャラクターを作成する。 本作において「容貌」の能力値は値が大きいほうが人々の記憶に残らない、目立たない容貌となっている。 このため、筋力や敏捷性といった行動に必要な能力値を高く設定すると容貌の値は低くなり、美男美女の00要員が出来上がることになる。 また、映画での007の行動を再現するために異性を「誘惑」するための専用ルールが設けられていた。 ビデオゲーム [ ] 007シリーズのゲーム化権利はがまで [ ]保有することになっていたが、2006年の『カジノ・ロワイヤル』でボンド役がダニエル・クレイグに移ったため、肖像権の問題により契約を破棄した。 以降は、がゲーム化権利を保有することとなった。 作品一覧• 007 ジェームズ・ボンド 007 James Bond (、)• 007 死闘 James Bond The Duel (、)• GoldenEye 007 (、)(、アクティビジョン)• GB James Bond 007 (、)• 007 トゥモロー・ネバー・ダイ (、)• (2000年、エレクトロニック・アーツ)• (2000年、エレクトロニック・アーツ)• (、エレクトロニック・アーツ)• Nightfire (、エレクトロニック・アーツ)• Everything or Nothing (、エレクトロニック・アーツ)• ゴールデンアイ ダーク・エージェント (2004年、エレクトロニック・アーツ)• 007 ロシアより愛をこめて (2005年、エレクトロニック・アーツ)• Quantum of Solace (、)• James Bond 007: Blood Stone (、アクティビジョン) ジェームズ・ボンドのモデル [ ] ジェームズ・ボンドの作品は前述のように、イアン・フレミングのMI6時代の経験が基になっている。 しかし、ボンドのモデルになった実在の人物が複数存在する。 彼がボンドの直接的なモデルとして選んだのは、というMI6工作官だった。 MI6にいた頃のフレミングの任務は、ポポヴの監視だった。 ポポヴは出身で、時のが行われる直前、ドイツに欺瞞情報を流し、作戦の成功につなげた実績がある。 また、女優たちと交際を持ったり、カジノで大金を使ったりなど、豪勢な振る舞いをしていたとされている。 ボンド・アイテム [ ] オメガ007モデル• シーマスター300"SPECTRE"リミテッド 通算24作品目記念モデル 世界限定7007本• シーマスターアクアテラ ジェームズ・ボンド 007 リミテッド 通算24作品目記念モデル 世界限定15007本• シーマスタープロフェッショナル(40周年通算20作目記念モデル)• 007モデル• スーツ• 慰めの報酬 リージェンシー ライン 21BL4B、スカイフォール ライン名未定 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - に"007"が含まれることから命名• - 名前の由来となった鳥類学者• 脚注 [ ] []• この設定は初代ボンド俳優の出自に基づく原作最後期に付けられたいわゆる、後付けのもの• 英語圏では、慣用的に、電話番号などの「0(零)」をアルファベットの「O(オー)」で読み替えることがある。 また、同じ数字やアルファベットが連続する場合には、「ダブル…」や「トリプル…」といった形容詞をつけて読み替えることがある。 ただし、日本では近年「ダブル・オー・セブン」が多く使われる傾向にある。 また、は「ゼロ・ゼロ・ナナ」と読む場合もあった(『』など)。 実際には007を愛読していたのはケネディ夫人のだったとも言われている• とアンソニー・ホロヴィツは、「モリアーティ教授もの」と「007シリーズ」の双方で続編を書いた作家となった。 「007 逆襲のトリガー」 角川書店)帯カバー、解説など• 日本初公開時の邦題は『007は殺しの番号』。 日本初公開時の邦題は『007 危機一発』。 (シネマトゥデイ、2018年9月20日)• ピッカー自身もボンドシリーズの映像権取得に動いていたが、タイミングが会わず、結局サルツマンが取得することになった。 Wikipedia「Thunderball」の項目など• ブロンディ バンド - Wikipedia• 『ネバーセイ・ネバーアゲイン』を含む。 アストンマーティンDBSの実際の落札価格は389,377ドル(約3058万円)となった。 にもシリーズを通してのレギュラー悪役として登場する。 映画は『ユア・アイズ・オンリー』• 映画は『消されたライセンス』• 『ネバーセイ・ネバーアゲイン』ではマクシミリアン・ラルゴ(スペクターNO. 『ネバーセイ・ネバーアゲイン』ではブロフェルド(スペクターNO. 2=首領)• 映画は『オクトパシー』• Wikipedia(English)「James Bond comics 」の項目• 『』No. 52 1988年3月号() 外部リンク [ ]• - (2012年10月8日アーカイブ分) ()•

次の

「007」シリーズ最新作「BOND 25(仮)」は2020年全国公開、ダニエル・クレイグとラミ・マレックが共演

ボンド25

アストンマーティンは5月28日、映画『007ゴールドフィンガー』に起用されたボンドカー、アストンマーティン『DB5』(Aston Martin DB5)の復刻モデル、『DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーション』の生産を開始した、と発表した。 アストンマーティンDB5は、映画『007』シリーズにおいて、最も有名な「ボンドカー」と称される。 DB5が起用されたのは、第3作『007ゴールドフィンガー』(1964年公開)と、第4作『007サンダーボール作戦』(1965年公開)など、合計6作品だ。 当時のボンドカーは、1964年式アストンマーティンDB5をベースに、アストンマーティンが特別製作した。 ダミーだが本物のボンドカーと同様の装備 アストンマーティンは、『007ゴールドフィンガー』に起用されたボンドカー、アストンマーティンDB5をDB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションとして、25台限定で復刻生産し、販売する。 アストンマーティンによると、回転式ナンバープレートなど、本物のボンドカーと同様の装備が、ダミーだが採用されているという。 これらの装備の開発には、特殊効果の監督として、数多くの『007』シリーズの製作に携わったクリス・コーボールド氏が参画している。 エクステリアには、リアの煙幕発生システム、リアのオイル散布システム、フロントとリアの回転式プレート(3枚)、フロントのツインマシンガン、リアの防弾シールド、伸縮式オーバーライダー、タイヤスラッシャー、脱着式助手席ルーフパネル(オプション)が装備される。 インテリアには、レーダー追跡装置、運転席ドアトリムの電話、シフトレバーの脱出用ボタン、アームレストとセンターコンソールに取り付けられた開閉装置、シート下の武器格納トレイ、さまざまな秘密兵器を作動させるためのリモコンが装備される。 職人が1台あたり4500時間をかけて手作業で生産 DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションの生産は、英国バッキンガムシャーのニューポートパグネルにあるアストンマーティンのヘリテージ部門の本社で行われている。 生産には、1台あたり約4500時間を要する。 アストンマーティンワークスで培われた専門的スキルを備えた職人スタッフが、手作業で生産を行う。 DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションは、オリジナルのDB5の細部までを忠実に再現する。 アストンマーティンによると、最高レベルの製造品質と信頼性を確保するための変更と強化が施されているという。 すべてのDB5 ゴールドフィンガー・コンティニュエーションは、オリジナルと同じように、ボディカラーはシルバーバーチのみとした。 自然吸気の4. 0リットル直6は最大出力290hp DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションでは、スチール製シャシーにアルミ製ボディを組み合わせる。 ボンネットの下には、4. 0リットルの自然吸気の直列6気筒ガソリンエンジンを搭載する。 3つのSUキャブレター、オイルクーラーが備わり、最大出力290hpを発生する。 後輪駆動で、トランスミッションはZF製の5速MTを組み合わせた。 機械式LSDも装備される。 また、サーボ付きのディスクブレーキ、パワーアシストなしのラック&ピニオンステアリング、スタビライザーを備えたフロントサスペンションを採用している。 アストンマーティンDB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションは25台が限定生産され、価格は1台275万ポンド(約3億6575万円)。 顧客への引き渡し開始は、2020年後半の予定だ。 なお、アストン、マーティンは、「公道は走行できない」と発表している。 《森脇稔》.

次の

『BOND 25』黒人女性がジェームズ・ボンドから007を継ぐとの報道 ─ ボンドガール改め「ボンドウーマン」、MeToo時代を意識か

ボンド25

本作で主役ジェームズ・ボンドを演じるのはダニエル・クレイグ。 ダニエル・クレイグはシリーズ第21作目にあたる2006年公開の『007 カジノ・ロワイヤル』で、初の金髪のジェームズ・ボンド役として登場しました。 その後『007 慰めの報酬』 2008年 、『007 スカイフォール』 2012年 、『007 スペクター』 2015年 でもボンド役を好演し、初代ジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリー以来最高のジェームズ・ボンドとも謳われています。 しかし、残念ながらクレイグは本作をもってボンド役を引退する予定。 彼がボンドを演じるようになってからシリーズの雰囲気も大きく変わりました。 ハードボイルドなボンドを観られるのは、これで最後かもしれません。 同じく新キャラクター、パロマは名前以外はほとんどなにも明かされていない謎の女性。 演じるのは、キューバ出身のアナ・デ・アルマスです。 出演作には2019年に公開された『イエスタデイ』などがあります。 デ・アルマスは自身が演じるパロマについて「パロマは本当にいい加減なキャラクターです。 任務の間もわくわくしていて、とても陽気。 でも謎めいたところがあって、ボンドのパートナーとして準備ができているのかわからないんです。 ボンドが1人ではできないようなことを、彼女が導くこともあります」とHollywoodReporterのインタビューで語りました。 また、彼女は本作の女性キャラクターが「ステレオタイプな女性ではない」とも語っています。 本作は、これまで監督候補としてさまざまなビッグネームの名前があがっていましたが、最終的に日系アメリカ人のキャリー・フクナガが起用されました。 彼はアメリカ・日本・欧州にルーツを持つ監督で、「ボンド」シリーズでは初のアメリカ出身監督となります。 また、少年が少年兵へと育ってゆく姿を描いたNetflixオリジナル作品『ビースト・オブ・ノー・ネイション』はそのキャストがゴールデングローブ賞にノミネート、ベネチア国際映画祭で新人賞受賞と話題になりました。 様々なジャンルの作品を手がけてる彼は、シリーズ25作目となる今作をどのように作り上げてたのでしょうか。 期待がかかります。

次の