頭痛に効くサプリメント。 【頭痛に効く!】偏頭痛や神経頭痛…頭痛に効能があるおすすめハーブ&アロマ|中田ぷう|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト

更年期障害におすすめのサプリメント5選!ホットフラッシュに効く?

頭痛に効くサプリメント

片頭痛がひどい時に今すぐ痛みを抑えたい、そして痛みが出ないように予防できる方法がないかと考える人は多いのではないでしょうか。 もちろん痛みがひどい場合や頭痛の頻度が多い場合は病院を受診するのが一番になりますが、時間がない人やそこまでひどくない人、なるべく市販の薬やサプリメントでどうにかできないかと考える人も多いと思います。 そこで今回は 市販の薬とサプリメントで片頭痛を抑える方法、そして片頭痛が起きない様に予防となる方法を紹介していきたいと思います。 もし片頭痛に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。 また1日2回しか飲めない薬も多いです。 エキセドリンAも片頭痛には効果が高い エキセドリンAと言うあまり有名ではない痛み止めですが、実はこのエキセドリンAには「アセチルサリチル酸」「アセトアミノフェン」「カフェイン」が配合されています。 そして実はこの3つの組み合わせはイブプロフェンよりも片頭痛に対して効果が高いとされているんです。 もし月合計15日以上の頻度で3か月以上使用する場合は薬物乱用頭痛の可能性が高いため、この頻度で使用している人は注意が必要です。 また 痛み止めは胃を悪くする副作用や腎臓を悪くする副作用もあります。 特に胃への副作用に関してはもともと胃の調子が悪い人などはより起こりやすい副作用になりますので、正しい使い方を行った上で、さらに胃薬などを一緒に飲むことをお勧めします。 片頭痛予防に効く市販薬・サプリメント 片頭痛に関しては予防もある程度効果的です。 ただし滅多に片頭痛がない人はわざわざ予防する必要もありませんので、ここでは 片頭痛を予防すべき人、 片頭痛の予防に適している薬やサプリメント、 片頭痛の予防に必要な期間などを中心に紹介してきます。 片頭痛の予防が必要な人のタイプ 片頭痛の予防目的は 片頭痛の発作の頻度を抑えること 重症度を下げること 頭痛がある時間を短縮すること 痛み止めの効きをよくすること などが挙げられます。 つまり片頭痛がある人にとってはかなり理想的なものになります。 ただし全ての人がその恩恵があるのかと言えば決してそうではありませんので、片頭痛の予防が適している3つのタイプの人を紹介します。 ・片頭痛発作が月に2回以上、あるいは6日以上ある場合 ・片頭痛が起きた時に日常生活に支障が生じてしまう場合 ・片頭痛が起きた時に痛み止めを飲むことができない場合 この場合に片頭痛に対する予防が効果的とされています。 また予防と言っても実は凄くシンプルなものになりますので、次は具体的な薬やサプリメントを紹介していきたいと思います。 片頭痛の予防の薬とサプリメント 市販で対応できる片頭痛の予防として最も効果的なものが ビタミンB2になります。 実際にビタミンB2を服用した人とそうでない人を比較した実験では、ビタミンB2を服用した方が頭痛改善がみられた結果が得られたそうです。 では市販薬の中ではどれがベストなのかと言いますと、残念ながらビタミンB2だけを配合してある医薬品は発売されていないため、ここでは チョコラBBピュアをおすすめします。 市販薬にはマグネシウムが配合されている頭痛薬も多いです。 中でもイブクイック頭痛薬等はマグネシウムもそこそこ多く配合されているためおすすめです。 またハーブの1種である 「フィーバーフュー」も頭痛予防に効果があるとされてます。 そしてこのフィーバーフューは副作用がほぼない事が魅力の1つとなります。 では頭痛の予防をまとめるとビタミンB2・マグネシウム・フィーバーフューの3つをとることが理想的と言えます。 ただしこの3つをバラバラに購入することは値段の面からも、飲む量も大変ですよね。 そこでおすすめなものが マグネシウムとフィーバーフューが配合されているものがすでに発売されています。 それがこちらの ズキガードになります。 これにプラスしてチョコラBBピュアを服用するという方法が予防としてはおすすめです。 また、この後詳しく紹介しますが頭痛の予防には 最低2か月は続けて様子を見る必要があります。 そしてこのマグネシウムとフィーバーフューとおまけにカルシウムも配合されているズキガードは定期コースで購入すると毎回1000円引きで、おまけに送料無料となっているため、頭痛の予防として試す場合やもし効果が実感できた場合の定期的な購入にも最適です。 頭痛の予防に最適なズキガードはこちら もしくは眠気が出る成分を配合していますが、1種類でカフェイン・マグネシウム配合の痛み止めが欲しい人はイブクイック頭痛DXなどが推奨できますので詳しくはこちらも参考にしてみてください。 片頭痛の薬やサプリメントを予防として使う期間 頭痛への予防は飲み始めてすぐに効果を発揮するものではありません。 「効いた・効かない」を判断するまで最低でも2か月は続ける必要があります。 もし目立った副作用等がなければその後も続けて予防薬・サプリメントを服用するようにしてください。 そして予防が効いてきて、頭痛が楽になってきた場合は予防の薬も徐々に減らしていきましょう。 おすすめな方法としてはまずはズキガードを辞めてみて、その後にチョコラBBピュアを辞める方法がいいでしょう。 片頭痛治療薬のトリプタンは市販薬ではない 片頭痛がひどい場合はトリプタン系と呼ばれる頭痛薬を使用する事が多いです。 そして効果も高いです。 しかしこれらの 片頭痛に効くトリプタン系の頭痛薬は市販薬としては発売されていません。 ですから病院を受診して処方してもらう必要があります。 片頭痛に市販薬が効かない場合 もし片頭痛に効く薬を試してみても、予防薬も一緒に飲んでみても一向に症状の改善が見られない場合は市販の薬で対応することは難しいです。 世の中にはネットを探せば頭痛に効くサプリメントが山の様に存在しますが、今回紹介したズキガードに配合されているマグネシウムとフェーバーヒュー以外のサプリメントは正直有効性が証明されたものではありません。 そしてなぜが値段が高いものばかりです。 もちろん値段が高いからと言って頭痛に効くわけではありません。 ですから今回の方法を試してみてダメだった場合は一度病院を受診するようにしましょう。 頭痛に対する薬は上で紹介したように市販薬以上に有効な薬がありますので、日常生活に支障が出てしまう人は無理に粘らずに病院を受診してみてください。

次の

ひどい肩こり首コリ解消に効くサプリメントランキング

頭痛に効くサプリメント

片頭痛がひどい時に今すぐ痛みを抑えたい、そして痛みが出ないように予防できる方法がないかと考える人は多いのではないでしょうか。 もちろん痛みがひどい場合や頭痛の頻度が多い場合は病院を受診するのが一番になりますが、時間がない人やそこまでひどくない人、なるべく市販の薬やサプリメントでどうにかできないかと考える人も多いと思います。 そこで今回は 市販の薬とサプリメントで片頭痛を抑える方法、そして片頭痛が起きない様に予防となる方法を紹介していきたいと思います。 もし片頭痛に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。 また1日2回しか飲めない薬も多いです。 エキセドリンAも片頭痛には効果が高い エキセドリンAと言うあまり有名ではない痛み止めですが、実はこのエキセドリンAには「アセチルサリチル酸」「アセトアミノフェン」「カフェイン」が配合されています。 そして実はこの3つの組み合わせはイブプロフェンよりも片頭痛に対して効果が高いとされているんです。 もし月合計15日以上の頻度で3か月以上使用する場合は薬物乱用頭痛の可能性が高いため、この頻度で使用している人は注意が必要です。 また 痛み止めは胃を悪くする副作用や腎臓を悪くする副作用もあります。 特に胃への副作用に関してはもともと胃の調子が悪い人などはより起こりやすい副作用になりますので、正しい使い方を行った上で、さらに胃薬などを一緒に飲むことをお勧めします。 片頭痛予防に効く市販薬・サプリメント 片頭痛に関しては予防もある程度効果的です。 ただし滅多に片頭痛がない人はわざわざ予防する必要もありませんので、ここでは 片頭痛を予防すべき人、 片頭痛の予防に適している薬やサプリメント、 片頭痛の予防に必要な期間などを中心に紹介してきます。 片頭痛の予防が必要な人のタイプ 片頭痛の予防目的は 片頭痛の発作の頻度を抑えること 重症度を下げること 頭痛がある時間を短縮すること 痛み止めの効きをよくすること などが挙げられます。 つまり片頭痛がある人にとってはかなり理想的なものになります。 ただし全ての人がその恩恵があるのかと言えば決してそうではありませんので、片頭痛の予防が適している3つのタイプの人を紹介します。 ・片頭痛発作が月に2回以上、あるいは6日以上ある場合 ・片頭痛が起きた時に日常生活に支障が生じてしまう場合 ・片頭痛が起きた時に痛み止めを飲むことができない場合 この場合に片頭痛に対する予防が効果的とされています。 また予防と言っても実は凄くシンプルなものになりますので、次は具体的な薬やサプリメントを紹介していきたいと思います。 片頭痛の予防の薬とサプリメント 市販で対応できる片頭痛の予防として最も効果的なものが ビタミンB2になります。 実際にビタミンB2を服用した人とそうでない人を比較した実験では、ビタミンB2を服用した方が頭痛改善がみられた結果が得られたそうです。 では市販薬の中ではどれがベストなのかと言いますと、残念ながらビタミンB2だけを配合してある医薬品は発売されていないため、ここでは チョコラBBピュアをおすすめします。 市販薬にはマグネシウムが配合されている頭痛薬も多いです。 中でもイブクイック頭痛薬等はマグネシウムもそこそこ多く配合されているためおすすめです。 またハーブの1種である 「フィーバーフュー」も頭痛予防に効果があるとされてます。 そしてこのフィーバーフューは副作用がほぼない事が魅力の1つとなります。 では頭痛の予防をまとめるとビタミンB2・マグネシウム・フィーバーフューの3つをとることが理想的と言えます。 ただしこの3つをバラバラに購入することは値段の面からも、飲む量も大変ですよね。 そこでおすすめなものが マグネシウムとフィーバーフューが配合されているものがすでに発売されています。 それがこちらの ズキガードになります。 これにプラスしてチョコラBBピュアを服用するという方法が予防としてはおすすめです。 また、この後詳しく紹介しますが頭痛の予防には 最低2か月は続けて様子を見る必要があります。 そしてこのマグネシウムとフィーバーフューとおまけにカルシウムも配合されているズキガードは定期コースで購入すると毎回1000円引きで、おまけに送料無料となっているため、頭痛の予防として試す場合やもし効果が実感できた場合の定期的な購入にも最適です。 頭痛の予防に最適なズキガードはこちら もしくは眠気が出る成分を配合していますが、1種類でカフェイン・マグネシウム配合の痛み止めが欲しい人はイブクイック頭痛DXなどが推奨できますので詳しくはこちらも参考にしてみてください。 片頭痛の薬やサプリメントを予防として使う期間 頭痛への予防は飲み始めてすぐに効果を発揮するものではありません。 「効いた・効かない」を判断するまで最低でも2か月は続ける必要があります。 もし目立った副作用等がなければその後も続けて予防薬・サプリメントを服用するようにしてください。 そして予防が効いてきて、頭痛が楽になってきた場合は予防の薬も徐々に減らしていきましょう。 おすすめな方法としてはまずはズキガードを辞めてみて、その後にチョコラBBピュアを辞める方法がいいでしょう。 片頭痛治療薬のトリプタンは市販薬ではない 片頭痛がひどい場合はトリプタン系と呼ばれる頭痛薬を使用する事が多いです。 そして効果も高いです。 しかしこれらの 片頭痛に効くトリプタン系の頭痛薬は市販薬としては発売されていません。 ですから病院を受診して処方してもらう必要があります。 片頭痛に市販薬が効かない場合 もし片頭痛に効く薬を試してみても、予防薬も一緒に飲んでみても一向に症状の改善が見られない場合は市販の薬で対応することは難しいです。 世の中にはネットを探せば頭痛に効くサプリメントが山の様に存在しますが、今回紹介したズキガードに配合されているマグネシウムとフェーバーヒュー以外のサプリメントは正直有効性が証明されたものではありません。 そしてなぜが値段が高いものばかりです。 もちろん値段が高いからと言って頭痛に効くわけではありません。 ですから今回の方法を試してみてダメだった場合は一度病院を受診するようにしましょう。 頭痛に対する薬は上で紹介したように市販薬以上に有効な薬がありますので、日常生活に支障が出てしまう人は無理に粘らずに病院を受診してみてください。

次の

更年期障害におすすめのサプリメント5選!ホットフラッシュに効く?

頭痛に効くサプリメント

頭痛の原因はさまざま 気圧の変化にストレス、眼精疲労や車酔い。 そして風邪やインフルエンザなど病気によって起こる頭痛もあります。 原因はさまざまですが、頭痛に悩まされるのは圧倒的に女性が多いと言われています。 中でも多いのが20~40代の女性。 なぜこんなにも女性に頭痛持ちが多いのか? 女性ホルモンであるエストロゲンが頭痛に影響しているからだと言われています。 そのため生理前や生理直後に偏頭痛に悩まされる人も少なくありません。 とはいえ、この厄介な頭痛! なんとかしたいですよね。 そして「VOCE」世代の女子としては薬だけではなく、ハーブやアロマの力にも頼ってみたいところ……。 頭痛に効果のあるハーブやアロマなんてあるのでしょうか? 「もちろんありますよ。 でもまずは、アロマオイルの選び方から。 アロマオイルは、今、いくらでも安いものがあります。 でもそうしたものは、農薬の濃度が高かったり、合成の香料なども混じっていたりします。 そのためそういう安いアロマオイルを使ってしまうと効果が半減してしまったり、ときには体に悪影響を与えてしまうんですね。 だから、まずはオーガニックのものを選ぶこと。 そして大まかな目安ですが、ラベンダーやペパーミントなどよく使うオイルであれば1000円以上/5mlクラスのものを選んでください」(松永さん・以下同) 偏頭痛にいちばん効くのが「フィーバーフュー」 偏頭痛の効くハーブと聞いて、松永さんがいちばんにおすすめしたいのは、「フィーバーフュー」というハーブだそう。 「『フィーバーフュー』とはデイジーのようなかわいらしい見た目で、日本では『ナツシロギク』と言われているもの。 非常に丈夫な植物で、とくにアメリカではいろんなところで野生化したフィーバーフューが見られるほどです。 そのため、アメリカでは非常に一般的な植物。 古くから民間療法の薬草としても用いられており、海外ではフィーバーフューのハーブティーやサプリメントも普通に売られています」 「とはいえ、日本ではちょっと手に入れにくく……でもハーブ専門店やネット通販であれば、ハーブティー、粉末をカプセルにつめたサプリメントが手に入ります。 アロマオイルもあるのですが、ローズやジャスミン同様、花弁からとるため非常に貴重でかなりお高い! ですので、いちばん手に入れやすいハーブティーで摂取するのがおすすめです」 その他、手に入れやすい頭痛に効くハーブやアロマはありますか? 「症状によって違うのですが、さまざまなハーブやアロマオイルで代用できますよ。 とくにラベンダーとペパーミントの2本を持っていると便利。 1滴手のひらにとってこめかみをマッサージするとリラックスとリフレッシュの効果があります」 「生活の木」では有機のフィーバーフューのハーブティーの取り扱いがあり、気軽に摂れるティーバックタイプもある。 <頭痛別・効果のあるハーブ&アロマ> 偏頭痛:ラベンダー 風邪などによる頭痛:バジル、レモンバーム、コリアンダー、マジョラム、オレガノ、レモンバーム、フェンネル ストレスによる神経的な頭痛:カモミール、バジル、コリアンダー、タラゴン、レモングラス、フェンネル、ヒソップ、ラベンダー、タイム、ミント 車酔いによる頭痛:ペパーミント イタリア料理でよく使われる「マジョラム」や、ちょっと聞きなれない「ヒソップ」は、アロマオイルでもハーブティーでも取り入れられる。 「生活の木」でも取り扱っている。 「こちら、どのハーブもアロマオイルだけじゃなく、お茶や食材(またはスパイス)としてもあるものです。 そのためラベンダーであればアロマオイルでマッサージをしてもいいし、ラベンダー茶を飲んでもいいし、ドライラベンダーを入れた焼き菓子を食べても構いません。 薬と違ってハーブ療法は『これじゃなきゃダメ!』ということがないから、楽しみながら取り入れてみてください」 頭痛用マッサージオイルの作り方 「そして、アロマオイルを用いた頭痛用のマッサージオイルの作り方をお教えします。 まずベースとなるキャリアオイルはホホバオイルかスイートアーモンドオイルを用意してください。 このキャリアオイル小さじ1(5ml)に対し、アロマオイル1滴を混ぜるのが覚えやすい基本分量です。 このオイルでこめかみや首、肩をやさしくなでるようにマッサージしてください。 」 「また、スプレーで楽しみたい場合は、50mlのガラスの遮光びんにエタノール10ml、精製水かミネラルウォーター40ml、そこへアロマオイル10滴を入れ、よく振ってください(使用する際も毎回よく振ってください)。 このとき、アロマオイルは1種類でもいいですし、たとえばストレス性頭痛用のアロマスプレーを作りたいなら、いくつかのアロマオイルを用いて計10滴にしても構いません。 尚、スプレーを作る際、プラスチックの容器は精油で溶けてしまいますので使用しないでくださいね。 」 「アロマスプレーは肌の弱い人にはおすすめです。 作ったスプレーを枕カバーにつけたり(アロマオイルでシミがつく可能性もあるので汚れてもいいものを)、ティッシュに吹き付けて身近に置いたり、髪の毛に吹いてなんとなく香らせたりしてみてください」 教えてくれたのは…… ハーブ研究家・中医薬膳調理師 松永梨杏さん ヘアメイクアーティストとして活動する傍ら、イギリス・ロンドンの「ニールズヤードレメディーズ」、「ザ・ニコラス・カルペパー」のハーバリスト学校を1987年に卒業。 ホスピスなどでアロマ施術などを経験する。 現在、中医薬膳調理師の資格を活かし、北区王子神谷にてオーガニックのハーブや食材を使った薬膳カフェ「ルーン・ウィッチズグロット」を経営する。

次の