顔合わせ 挨拶 軽い。 【顔合わせの挨拶】誰がどんな挨拶をするの?例文をご紹介|アイビーウェディングカウンター(香川県高松市)

両家顔合わせ食事会でのスピーチ・ご挨拶に使える例文と進行例

顔合わせ 挨拶 軽い

- Contents -• com 顔合わせ食事会の挨拶のタイミングは3回あります。 そのほかに両家の家族紹介の際に、出席した家族1人1人の紹介とそれぞれの挨拶があります。 顔合わせ食事会の一般的なプログラムの流れで、どのタイミングで挨拶を述べたらいいのか確認しておきましょう。 顔合わせ食事会の一般的なプログラムの流れ 顔合わせ食事会でよく選ばれる内容を盛り込んたプログラム例です。 太字が挨拶の必要なタイミングになります。 (1)始まりの挨拶 (2)新郎・新婦の両家家族の紹介 (3)婚約記念品のお披露目 (4)記念撮影 (5)乾杯の挨拶 (6)会食と歓談 (7)最後の挨拶(結びの挨拶)とお礼 顔合わせ食事会での挨拶のタイミング 会場で初めて顔を合わせたときの挨拶 顔合わせ会場で両家家族が初めて顔を合わせたら、 「初めてお目にかかります。 〇〇と申します。 今日はどうぞよろしくお願いいたします。 」と、お互いに軽い挨拶を交わして会釈をします。 最初の印象は大切ですので、率先して笑顔で初対面の喜びを表しましょう。 始まりの挨拶 顔合わせ食事会の始まりの挨拶です。 カジュアルな雰囲気の顔合わせ食事会でも、始まりの挨拶によって場が締まります。 メリハリを持たせるために、進行役は立って挨拶の口上を述べましょう。 親族紹介 両家の家族をお互いに紹介します。 婚約する二人がそれぞれの家族を紹介した後に、続いて1人づつ挨拶を行います。 乾杯の挨拶 食事と始める際の乾杯の挨拶です。 進行役か、またはどちらかの父親にお願いします。 締め(結び)の挨拶 顔合わせ食事会の閉会の挨拶です。 進行役が挨拶します。 進行役にかかわらず、婚約する二人が参加した家族にお礼と抱負を述べた後に、両家どちらかの父親が代表してお礼を述べて締める流れがよく見られます。 誰が司会進行を務めるか 顔合わせ食事会の司会進行は、顔合わせ食事会の主催となる人が行います。 新郎本人 新郎新婦が顔合わせ食事会を主催している場合は、新郎が進行役を務めるが多いです。 男性側の父親 顔合わせ食事会がフォーマル寄りの場合は、新郎側の父親が主催として進行役を務めるケースも見られます。 挨拶の際に立ち上がるべきか 始まりの挨拶・乾杯の挨拶・締めの挨拶の際には、立ち上がって挨拶をしましょう。 両家の紹介の際には、座ったままでかまいません。 始まりの挨拶の例文 顔合わせ食事会の冒頭である「始まりの挨拶」には、次のような内容を盛り込んで、そこまで長くない簡単な挨拶文を完成させましょう。 ・今日集まっていただいたことへのお礼 ・今日の食事会の主旨 ・食事会の開始 新郎が進行の場合 新郎挨拶の例文1 「本日はお忙しいところお集まり頂き、誠にありがとうございます。 私たち二人の婚約をご報告するにあたり、このような場を設けさせていただきました。 どうぞ最後までよろしくお願い致します。 」 新郎挨拶の例文2 本日は私たちのためにお集まりいただきまして、ありがとうございます。 私たち二人の婚約にあたり、お互いの家族を紹介し親睦を深めたく、今回この場を設けさせていただきました。 どうぞよろしくお願い致します。 」 父親(新郎側or新婦側)が進行の場合 父親挨拶の例文1 「本日はお忙しい中お集まり頂き、誠にありがとうございます。 婚約を機に、両家の親睦を深めるきっかけになればと思います。 本日はどうぞ宜しくお願い致します。 」 父親挨拶の例文2 「本日はお集まりいただきありがとうございます。 本日は、どうぞよろしくお願いします。 」 親族紹介の挨拶の例文 始まりの挨拶を終えたら、次に両家家族の紹介を行います。 まず新郎が父親・母親・兄弟・親族の順で紹介し、次に新婦が父親・母親…の順で紹介していくのが一般的です。 紹介された本人には紹介の後に続いて、ひと言ずつ手短に挨拶をしてもらいましょう。 両親・兄弟・親族の一般的な紹介と挨拶 新郎「では私の両親を紹介させていただきます。 父の〇〇です。 」 父親「父の〇〇です。 本日は宜しくお願いします。 今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。 」 相手側の家が遠方から来ている場合の紹介と挨拶 紹介の前に、遠方から来てくださったことへのお礼を入れると丁寧です。 新郎「本日は遠方よりお越しいただきまして本当にありがとうございます。 私の両親の紹介をさせて頂きます。 父の〇〇です。 」 乾杯の挨拶 進行役の新郎か、新郎側の父親が行います。 進行役が新郎の場合は、父親の挨拶の場を儲けたいと考え、乾杯の挨拶をお願いするケースが見られます。 通常は進行役が音頭をとり、全員で乾杯します。 乾杯の挨拶は長くせず、簡単で手短に済ませましょう。 新郎挨拶の例文 「それでは僭越(せんえつ)ながら私が、乾杯の音頭をとらせていただきます。 」 「本日はごゆっくり美味しい食事をお楽しみください。 」 「今後ともどうぞ末永くよろしくお願いします。 」 父親挨拶の例文 「僭越ながら私から、乾杯のご挨拶をさせていただければと存じます。 結婚を迎える二人の前途を祝し、両家の皆様のご健康とますますのご繁栄を願って、乾杯。 」 始まりの挨拶に続けて乾杯を行う場合の例文 特に記念品の交換など行わないなら、始まりの挨拶から続けて乾杯をします。 臨機応変に挨拶で対応しましょう。 「本日はお忙しい中~(略)お願いいたします。 」「では乾杯の音頭を取らせていただきます。 これからもどうぞよろしくお願いします。 乾杯!」 「本日はお忙しい中~(略)お願いします。 」「それでは、美味しいお食事をお楽しみください。 乾杯!」 最後の挨拶(結びの挨拶)の例文 顔合わせ食事会を締める、最後の挨拶です。 新郎が1人で、または新郎新婦二人で今日のお礼をそれぞれ述べて挨拶を行います。 挨拶文に次のような内容を盛り込みましょう。 ・親への感謝の気持ち ・今後の抱負 ・これからのサポートのお願い また、新郎新婦が挨拶をした後に、父親が最後に一言挨拶をして、顔合わせをお開きにすることもあります。 新郎と新婦二人の挨拶の例文 新郎挨拶の例文 「本日は両家皆様のおかげで、今日という日を迎えることができました。 本当にありがとうございます。 改めてお礼申し上げます。 未熟な私たちではありますが、今後とも皆様で温かく見守っていただければ幸いです。 」 新婦挨拶の例文 「本日はお忙しいなかお集まりいただき、ありがとうございました。 今日という日を迎え、〇〇さんと婚約し、まだまだ至らぬ点も多いかと思います。 これからも、お父さんお母さんには色々とご相談したいと思いますので、どうか温かくご指導いただけますよう、お願い致します。 」 父親挨拶(新郎側or新婦側)の例文 「宴もたけなわではございますが、そろそろお開きにさせていただきたいと思います。 本日は皆様のおかげで、滞りなく顔合わせを行い、婚約が調うことができました。 皆様に御礼申し上げます。 今後ともよろしくお願いします。 」 顔合わせ食事会の流れと挨拶の例文まとめ 顔合わせ食事会で挨拶をするタイミングは大きくは3つあり、進行役となった新郎・または父親が始まり・乾杯・終わりの挨拶を行います。 また、両家の家族紹介の際には参加した家族が1人づつ挨拶を行います。 挨拶の際には、相手の家族に敬意を払って、態度や言葉遣いに気をつけましょう。 カジュアルでアットホームな軽い食事会が増えていますが、挨拶の際には礼儀とマナーにのっとって行うと、食事会に締まりが出て、両家の集まりにメリハリが出ます。 お互いがこれを機に、より親密になれるよう配慮した食事会になるといいですね。 人気の会場特集.

次の

食事会の前の挨拶は必要でしょうか?(KAOKUROさん)|両家挨拶・結婚報告の相談 【みんなのウェディング】

顔合わせ 挨拶 軽い

結婚が決まると、入籍や結婚式などに向けて忙しい日々が始まります。 結婚できる喜びを噛みしめつつ、やらなければならない準備をひとつずつこなしていかなければなりません。 結婚前に行うイベントのひとつに、「両家の顔合わせ」があります。 まだ婚約前ならば両家が顔合わせをする必要もなく、お互いがお互いの両親に会うことも少ないでしょう。 しかし結婚となると、そうはいかなくなります。 両家はもちろん、親戚同士のつながりも発生するのです。 結婚する本人達は長い時間をかけてお互いのことや、相手の家族や友達、仕事のことなどを理解し合っています。 そして家族になる覚悟が出来た上で、結婚というゴールにたどり着くもの。 しかしながらお互いの両親は、 ある日突然、息子や娘から「結婚したい人がいる」「この人と結婚したい」と言われます。 「相手のご両親とも仲良くしてほしい」「上手くやってほしい」と息子や娘から言われたり、「仲良くしなければ」と思ったり。 新たな親戚付き合いが始まるのは結婚する当事者だけではなく、両家の両親も同様なのです。 そこで今回は「両家の顔合わせは実は親も緊張している!トラブルなく円満に進めるコツ」と題して進めていきましょう。 両家の顔合わせでトラブルが発生しないよう、ぜひ成功に導いてくださいね。 両家の顔合わせで起きたトラブル事例5選 これから両家の顔合わせを予定しているカップルにとって、1番気になるのは「両家の顔合わせで起こりうるトラブル」ではないでしょうか。 「トラブルなんて、絶対に起きて欲しくない!」というのが、皆さんの本音でしょう。 そこでこちらでは、実際に起きた「両家の顔合わせトラブル」をまとめてみました。 あなたの身にも、同じようなことが振りかからないようにしっかりと確認しておきましょう。 【両家の顔合わせトラブルその1】服装のテイストに差が! 顔合わせの際に起こりやすいトラブルとして、服装のテイストに差ができてしまうことが挙げられます。 「まずは顔合わせだから」と少しカジュアルな服装と、「顔合わせとはいえ、結納と同じく両家の大切な瞬間」とフォーマル気味な服装が発生してしまうことがあるのです。 どこで顔合わせをするとしても、できる限り両家の服装への認識はすりあわせておきたいところです。 【両家の顔合わせトラブルその2】支払いはどちらがする? 両家の顔合わせは、食事会として行われることが多いのが特徴です。 食事会にした際に発生してしまうのが、「支払いをどちらがするのか」という問題。 事前に打ち合わせをしていないと、当日になって「こちらが支払います」とお互いに主張してしまい、揉めることにもなりかねません。 顔合わせに「支払い」や「料金」が発生するならば、事前に予算や支払い方法についてきちんと打ち合わせておきましょう。 【両家の顔合わせトラブルその3】緊張によるトラブル 両家の顔合わせトラブルにありがちなのが、緊張しすぎるあまりに発生するトラブルです。 「話が弾まない、話題が見つからない」「汗をたくさんかいてしまった」「お酒を飲みすぎてしまった」など、緊張のあまり普段では考えられないことが起こってしまいます。 【両家の顔合わせトラブルその4】料理のトラブル 食事会で顔合わせをした場合、料理の内容でトラブルが発生することがあります。 たとえば、「嫌いな食べ物ばかりが出て来てしまった」「病気やアレルギーで控えなければならない食材が出てきてしまった」というケースです。 おめでたい席で、食べ物を残したくはないもの。 しかし誰かがどうしても食べられない料理が出てしまうと、周囲も気を遣って場も盛り下がってしまうことがあります。 【両家の顔合わせトラブルその5】考え方の違いによる勘違い! 両親の世代と、結婚をする当事者同士の世代では、結婚に対する考え方が異なるものです。 昔は必ず結納をする風潮がありましたが、今は結納をしないカップルが増えています。 自分たちは結納をするつもりがなくても、両家の両親は結納をすると思っているかもしれません。 両親は顔合わせを「結納の話し合いをする場」だと勘違いしてしまい、その結果、両親と当事者との間で揉めてしまうというトラブルもあるのです。 両家の顔合わせをトラブルなく円満に進めるコツ5選 続いては「トラブルが起こりにくい環境」を作るために、トラブルを防ぐ5つのコツをご紹介します! これまでご紹介したトラブルの共通の原因は、「準備不足」にあります。 「うちの両親は、きっと上手くやってくれるから心配いらない」という思い込みや、両家のすりあわせをきちんとしないことによって発生するトラブルです。 逆に言えば、防ぐことのできるトラブルでもあります。 娘や息子の大切な人のご両親と初めて顔を合わせるのですから、両親も緊張しないはずがありません。 そこで、結納や顔合わせ食事会で起こりうるトラブルを予想し、未然に防ぐことがとても重要になってきます。 トラブルが起こりにくい環境を、結婚するふたりが中心になって作り上げるためにも、両家の両親の間に入りしっかりと橋渡しをしていきましょう。 【トラブルを防ぐコツその1】当日のイメージは参加者全員で共有! 両家顔合わせ当日が、どのような雰囲気で進んでいくのかを参加者全員がきちんと理解しておくことが大切です。 まずは、最初の顔合わせが「結納」であるのか「食事会」であるのかを確認しておきましょう。 「結納」であれば、長寿・円満・子宝を象徴するのしあわびや小袖料、松魚料などの結納品や、男性側から女性側に結納金を準備する必要があります(婿取りの場合は、逆になります)。 服装は、正装の場合は紋付き袴や振袖、色留袖などが基本です。 また、最近では略装としてダークスーツやワンピースなども増えています。 いっぽう、顔合わせの「食事会」は形式的なルールや準備する品々、服装に大きな取り決めがなく、「自由」です。 結納に比べて、とても気軽に会を催すことができます。 しかし、だからこそ男性側は割とキッチリした服装で来たのに、女性側は気軽に食事に行くような服装で参加して、両家の雰囲気が違ってしまうことも少なくありません。 そこで、結婚する本人達が両家の間に入り、きちんと顔合わせ当日の服装や準備するものを指示したり、相談したりするようにしましょう。 また、準備品や服装だけではなく「どのような顔合わせ会にしたいのか?」ということもきちんと共有できるといいですね。 「儀式的なことはしないで、和気あいあいと楽しめる会にしたい」「きちんとした結納を挙げたい」などイメージを明確にしておくことで、自然と準備品や服装のイメージも合ってくるでしょう。 【トラブルを防ぐコツその2】話題作りでお互いの情報を伝えて! 「おめでたい席のはずなのに、お通夜のように静かだった」「お互いの両親が揃って緊張してしまい、沈黙が続いた」など、両家の仲が深まるどころか、気まずくなってしまうケースがあります。 初めて顔を合わせて、同じ時間を共有するのですから緊張しないはずがありません。 言葉が出てこず、何を話したら良いのかわからなくなってしまう方もいるでしょう。 そこで当日に緊張することを予想して、 話題を事前に準備しておくことをおすすめします。 定番の話題を、参考までにまとめてみました。 事前に頭の中に入れておけば、会話がスムーズに進みますよ。 天気の話題• 実家が離れている場合、それぞれの地域の名物等• 仕事の話題• 趣味について• 結婚式や今後の予定 両家の顔合わせをする前に、事前に頭の中にいくつかの話題をストックしておくことをおすすめします。 沈黙が生まれたら、すかさず次の話題、次の話題へとチェンジしていきましょう。 あまり1つの話題を引っ張りすぎるのも、良くはありません。 また、結婚相手および両親の情報を、自分の両親に伝えておくようにするといいでしょう。 予備知識があることで、「こんな話をしてみよう」「この話は避けておいたほうがいい」と、両親も心の準備をすることができます。 【トラブルを防ぐコツその3】緊張状態には、相づちが効果大 結婚のための両家顔合わせで、緊張しないようにするのはとても難しいことです。 そこで、緊張を感じた時の対処法をご紹介いたします。 まず、自分が極度の緊張状態にあると自覚したときは、無理に会話を頑張る必要はありません。 無理に話をしようとすると声が震えてしまったり、裏返ってしまう可能性があるからです。 緊張状態にあるときは、周りの会話に対して「うんうん」「そうなのですか?」「素晴らしいですね」などと 相づちを打って聞き手に徹するようにしましょう。 聞き手に徹することで相手を不快な気持ちにすることはありませんし、相づちは緊張していても、簡単に行えるコミュニケーション方法なのでおすすめです。 緊張したときは、慌てず焦らず、まずは相手の話に耳を傾けるようにしてみましょう。 【トラブルを防ぐコツその4】事前に下見を! 両家の顔合わせトラブルで意外と多いのが、食事に関するトラブルです。 アレルギー反応が出てしまったり、好き嫌いが多くて料理がほとんど食べられなかったというケースも。 せっかくのおめでたい席なのに、食事でトラブルが起こるのは避けたいですね。 そこでできる限り、 顔合わせのお店や料理の下見をすることをおすすめします。 お店や料理だけではなく、お互いの両親や家族のアレルギーや好き嫌い、座敷は大丈夫かなどもチェックするといいでしょう。 顔合わせのお店までのルート• 料理のメニューや原材料、コース料理等の価格や予算• 店内の様子• 高齢のご両親の場合、歩きづらい場所はないか&座敷に数時間座っていられるか• 料理のメニューや原材料• お互いの両親や家族のアレルギーや好き嫌い これらは最低限のチェックリストです。 他にもお店や顔合わせの状況、家族構成によって下見や準備が必要な事柄が変わってきます。 結婚するふたりで事前にきちんと話し合い、トラブル予防のためにリサーチするようにしましょう。 【トラブルを防ぐコツその5】両親に感謝をする会とすればトラブル減 結婚はお互いの家族同士のお付き合いになるので、両家の顔合わせの時点で色々と口を挟んでしまうご両親も珍しくはありません。 「顔合わせではなく結納にしてはどうか」「料理を高いコースにしてはどうか」「他のお店にしてはどうか」など、意見が合わないこともあるでしょう。 そこでおすすめの方法は、顔合わせを 「両親に感謝をする会」とすることです。 今まで育ててもらった両親に感謝の気持ちを表すために、会を催したいと伝えてみてください。 両親が主体ではなく、結婚するふたりが主体になって開いてくれた「感謝をする会」であれば、あまり口を挟みにくくなります。 お互いの両親に感謝の気持ちを伝えられるうえに、トラブルも少なくすることができるので「顔合わせ食事会」ではなく「両親に感謝をする会」としてしまうのもひとつの方法です。 結婚という幸せに向かって、トラブルにサヨナラ! 両家の顔合わせをトラブルなく、円満に進めるコツをご紹介いたしました。 両家の顔合わせを成功させるためには、参加する誰もがその場を楽しむことが最も大切です。 ご縁が繋がったことで、これから家族同士のお付き合いと新たな親戚関係が始まります。 両家の顔合わせというおめでたい最初の一歩を、笑顔で楽しみたいですね。 両家の顔合わせをトラブルなく乗り切ることができれば、結婚式やその後の親族同士のお付き合いにも、きっと良い影響を与えることでしょう。 緊張しすぎずないこと、そしてしっかりとした下準備が、両家の顔合わせを成功の秘訣。 顔合わせの前には、今回ご紹介した内容もぜひ参考にして、当日に備えてくださいね。 Search 最近の投稿• 2020年6月25日• 2020年6月23日• 2020年6月21日• 2020年6月19日• 2020年6月17日 カテゴリー• 367• 48 アーカイブ•

次の

【顔合わせの挨拶】誰がどんな挨拶をするの?例文をご紹介|アイビーウェディングカウンター(香川県高松市)

顔合わせ 挨拶 軽い

片親の場合両家顔合わせってどうしてますか? 今度彼氏と結婚します。 お互い親に挨拶を済ませ、彼氏と両家顔合わせの話を決めているところです。 顔合わせと言っても堅苦しいものではなく、食事会といったものです。 彼氏は母親の片親です。 うちは両親共にいます。 彼氏が、うちは母親だけだから、叔父とか代理立てた方がいいの?って聞いてきました。 片親の場合代理とかいるのでしょうか? 叔父と言っても、もう何年も会ってなくて探したらいるかもしれないって感じらしいです。 あと、私と彼は中距離恋愛なのですが、場所もどうしたらいいでしょうか? 私の母は、新婦側である私たちが相手側の土地へ行きやるべきだと言います。 ですが、私の住んでるとこは県の中心部で、彼の住んでるとこは県の端っこの方の田舎なので、そっち 私の方 でした方がいいんじゃない?って彼は言ってます。 どちらでした方がいいでしょうか?? わからないことばかりですみませんが、よろしくお願いします。 補足片親であることを批判している訳ではありません。 彼氏に聞かれて自分ではわからなかったので、他の人はどうしているのか聞いてみたかったのです。 誤解を招いたようで申し訳ありません。 私も2ヶ月ほど前に両家の挨拶を行いましたので何かと気を遣うお気持ちわかります! 私の場合は私の方が母のみの片親でしたが母親にどうするか確認した所、一人では心細いということだったので姉夫婦に同席を頼みました。 また私の場合は結納を無しにしたため、相手のご両親がそれの変わりにと一席設ける形になりましたが私と彼の考えも彼氏側が席を設けるものという意見で一致したのでそこは彼の方にご馳走になりました。 初めての面談ですので、食事会であると同時に双方の親 が顔合わせをして、今後の結婚までの流れをきめるような ものです。 1.そのような関係であれば、叔父様に立ち会ってもらう必要性は ないような気がします。 その判断は、彼や彼の母親が決めることで解決します。 片親というのは、事実ですので、あなたの側が形式に こだわるのならば、叔父様に立ち会ってもらうことになるでしょうが、 記載情報では必要性がないように思います。 2.顔合わせの場所の決め方は、何の決まりごともありません。 あなたの祖父母の時代であれば、顔合わせという概念がなく、 結納の前に仲人がその打ち合わせを対応しました。 その任務をお互いの家族で対応するのですから、それぞれの 都合や会場の設定を決めることで解決します。 この場合、具体的な地名が記載されていませんので、その会場を 自宅でなく、外部の会場とするのなら、県の中心部のほうが便利です。 それぞれの土地の会場を候補とし、お互いに会場の予算と交通 の利便性を検討して決めたらどうですか。 結局のところ、どちらも自分の意見や希望をそれぞれの家庭で 言っている段階ですので、候補となる店と予算、場所を検討して あなたたちで決めるといいでしょう。 《補足を見て》 親の出席については、上記のようにあなた側の希望を伝えること で解決します。 ちなみに、他家の話を聞いても役に立たない情報の代表です。 主人公はあなたたちですので、あなたたちがどうしたいか、主体的 に判断すべきことです。

次の