ボーナス 使い道。 ボーナスの使い道 独身女性のわたしの内訳!貯金はどれぐらいする?

ボーナスの使い道!独身の女性向けの最適な使い方を考えよう!

ボーナス 使い道

「今年はボーナスが出る!金額に期待!」という人は、 何に使うか、どれくらいの割合で使うかに迷っているところでしょう。 ですが、まずは、ボーナスの支給率を知っておきましょう。 知っておく事で、ボーナスを貯金に回す重要性も高まるでしょう。 ボーナス出る人・出ない人の割合を分析する中で そもそも、ボーナスの出る人・出ない人の割合はどのくらいの比率となっているのでしょうか。 あるサイトで2014年の夏ボーナスの支給予定参考データを紹介しており。 「前年の夏季ボーナス調査と比べると、「支給する」とした企業は4. 7ポイント増加する一方、 「支給しない」とした企業は6. 1ポイント減少。 「未定」とした企業は1. 2ポイント増加した。 」とありますが、 数字を見るのなら、おそらく支給をするようになった会社が増えています。 ただし、業種によってはやはり偏りがありますし、ボーナスが増えるという事はボーナスが減る可能性も十分にあります。 そういったデータからみても、ボーナスを貯金sる事は重要なポイントと見ていいでしょう。 みんな何にボーナス使ってるのか? ここで、みんなのボーナスの使い道を調べてみましょう。 みんながいったい何にボーナスを投資しているのか……。 もしかしたら今年のボーナスの使い方の参考にできるものがあるかもしれませんので、そのボーナスの使い道についてみていきましょう。 今年のボーナスは何に使うか教えてください。 複数回答 1位 貯金 47. 1% 2位 生活費の一部にする 25. 0% 3位 まだ決めていない 14. 3% 4位 ボーナスはでない 13. 9% 5位 投資 11. 今年のボーナスは何に使うか教えてください。 複数回答 1位 貯金 52. 0% 2位 ボーナスはでない 20. 8% 3位 生活費の一部にする 18. 4% 4位 国内旅行・日帰りレジャー 12. 6% 5位 海外旅行 12. 0% という結果になっていますが、 予想通り……といいますか、やはりダントツの1位は『貯金』のようです。 生活費でさえ、切り詰めて生きてく世の中ですから、 保険的な意味としても、コツコツと貯金しておきたいところでしょう。 続いて2位にランクインするのは、やはり安定の『生活費の一部』という案。 単身一人暮らしの方に多いのでしょうか。 また、男性は『投資』女性は『旅行』と、ここは極端に分かれています。 ボーナスの貯金&使用の割合はどのくらいがベストなのか!? では、ここまで、ボーナスの事について紹介してきましたが、最後にボーナスの貯金額の割合について紹介していきますが、 どれくらいの割合が、ボーナスの貯金額としていいのか!? そこについて、みていきましょう。 ですが、逆に貯めることにこだわり過ぎて、使うことが下手な人が多くもないるようです。 ボーナスの使い方で、ただただ貯金するだけでは、長く続きません。 いつかストレスで散財してしまうケースが多いです。 ボーナスという特別なご褒美はきちんと受けて幸せに浸ることも大切。 ボーナスをもらったら、すべてを貯金に回すのではなく、半分くらいは今しかできないことに使うべき。 そして残りの半分を貯金に充てるのがベストです。 楽しみながら、ボーナスを貯金できるはずです。 【番外編】ボーナスの貯金術について ここで、番外編にはなりますが、ボーナス貯金術を紹介しますが、その貯金術とは、ズバリ定期預金です。 定期預金とは、預けてからある期間は引き出せない預金のことを言います。 ボーナスシーズン向けの「キャンペーン金利」か付与される定期預金などもあり、 1ヶ月以上使う予定がないのであれば、定期預金を有効活用するのがオススメです。 ボーナスにおいて貯金額の割合のポイントをおさえて貯金を楽しもう 今回は、ボーナスにおいて貯金額の割合について紹介しましたが、その中で、そもそも、ボーナスの使い道の割合として、結果一番多かったのは 『貯金』よりも『ローンの返済』ということに。 今の時代、ローンを組んでいる人は結構いるようですので、仕方がないです。 また、もったいないなんて思わず、パーッと美味しい高級料理を食べる。 なんて使い方も、いつかはちょっとやってみたい気がしますよが、ともあれ、ボーナスのいくらかは、やっぱり貯金しておくべきのようです。 そのボーナス貯金額の割合も、半分くらいがいいようですので、その点も意識しながら、着実に貯金額も増やしていきましょう。

次の

【2020年最新】ボーナスは何に使うべき?使い道と平均金額を紹介!

ボーナス 使い道

ボーナスは何に使うか決めていますか?なんとなく貯金しているという人も多いかもしれません。 「みんなは何に使うのかな?」と気になったこともあるではないでしょうか? せっかくなら、有意義な使い方をしたいですよね。 そのために何に使うべきか、知りたい人もいるでしょう。 実は、ボーナスは、全額貯金することが正しいわけではありません。 そこでこの記事では、 「ボーナスを何に使うと良いか」について、• みんなのボーナスの使い道• ボーナスの平均金額• 理想的な使い方の割合• 貯蓄を増やすための賢い使い方 以上のことを中心に説明します。 この記事を読んでいただけたら、ボーナスを何に使うか決めることができ、貯金しやすくなります。 ぜひ最後までご覧ください。 では、気になるみんなのボーナスの使い道をご紹介したいと思います。 ボーナスは、何に使うのが人気でしょうか。 旅行 まずは、 旅行を上げる人が多いです。 ボーナスは、日ごろの疲れを癒す使い道をして、また仕事を頑張ろう!と元気をチャージすることに使いたくなるかもしれませんね。 家族を労うにも、旅行はいいお礼になります。 旅行の中でも 宿泊を伴う旅行をする人が多いようです。 日帰り旅行派もいますね。 外食 また、 高級レストランでの食事を楽しむ人も。 日常的に利用するには少し躊躇するお店でも、ボーナスなら心置きなく贅沢できます。 外食も自分へのご褒美だけではなく、家族へのお礼として、とても気分の良い使い方ではないでしょうか。 衣服 衣服を購入すると答える人も少なくありません。 日常の補填という側面もありますが、ご褒美にちょっといいおしゃれな服を購入するケースもあります。 その他 その他には、• 普段の食事をちょっと豪華にする• 日頃なかなか買わないお取り寄せ品を購入する• 家電をまとめ買いする• 購入な家具を購入する• ローンの返済にあてる• 子供の教育費にあてる などの使い方もありました。 ローンや教育費は貯金と意味合いが同じですが、他は、日ごろできない 贅沢を楽しむための使い方が多いようです。 みんなのボーナスの使い方を見てきましたが、理想的なボーナスの配分をご紹介したいと思います。 ボーナスを何に使うかの最適な配分は、• 目的のある貯金50%• 目的のない貯金30%• 投資10%• 自分へのご褒美10% という割合です。 「貯金」か「消費」という2種類でお金を考えることが多いかもしれません。 「貯金」には、 目的が明確な貯金と、 目的がない貯金があります。 「とりあえず貯めておかなきゃ」という貯金が多いと、ストレスから無駄遣いしやすくなりますが、目的のある貯金なら挫折しづらいですよね。 また、お金を使うのにも、 資産運用としての投資の他、勉強などに使うのも将来の 自己投資として有意義な使い方です。 自分へのご褒美もなくては、息が詰まります。 こうした、お金の使い方の意味まで意識して「何に使うか」の割合を決めることで、自分で納得がいくボーナスの使い方ができるでしょう。

次の

ボーナスの使い道って何がある?ボーナスの使い道ランキングを紹介!

ボーナス 使い道

財布がとてもあったか~くなる「ボーナス」の季節ですね。 これまで仕事に頑張った「ごほうび」を心待ちにする人は多いと思いますが、まわりの人がいくらもらっているのか、みんなはボーナスを何に使っているのか、ちょっと気になりませんか? ボーナスの支給額や使い道、上手な活用法について、ご紹介していきたいと思います。 2017年冬のボーナス支給額は約91万円!? 実際のところ、2017年冬のボーナスはいくら支給されるのでしょうか? 2017年11月に公表された経団連(日本経済団体連合会)の調査によると、冬のボーナスの支給平均額は91万6396円。 これは前年比で1. 19%減の金額なのだとか。 減ったと聞くとマイナスな印象を持ちますが、2016年の冬ボーナスは史上最高額の92万7420円。 この2017年の冬ボーナスも非常に高い水準にあります。 数年前から「景気回復とともにボーナスが上昇している」といった言葉がメディアなどで躍っていますが、ただこれはあくまで大企業の話。 中堅・中小企業としては、ボーナスが上昇している実感は乏しく、両者の違いは大きく広がっているといえそうです。 冬のボーナス使い道ランキング「1位は貯金・預金」 では、そんな大切なボーナス、みなさんはどのように使っているのでしょうか? 共通ポイントサービス「Ponta」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングの調査によると、2017年冬のボーナスの使い道として最も多かったのが「貯金・預金」の40. 下記の表を見てもわかるように、他の回答を圧倒しています。 冬のボーナスの使い道ランキング (1)ボーナスの1割は「自分へのごほうびに使おう」 ボーナスは可能なら貯蓄に回したいけれど、それでは一生懸命に働いた見返りがありません。 とはいえ、無計画に使うのも考えもの。 そこで、あらかじめ「ボーナスの1割を自分へのごほうびに使う」と決めるのは良い方法です。 FPがおすすめする使い道としては意外に思われるかもしれませんが、旅行やリッチな食事といった消費は、あなたにとって明日への大切な「活力」になるはずです。 この使い道への割合は、世代や生活環境によって異なりますが、最大で1割は超えないようにしたいところです。 やはり預貯金に余裕があってこそ安心して仕事に励むことができます。 (2)ボーナスの5割は「目的のある貯蓄」、3割は「目的のない貯蓄」に使おう 「今の消費を少しガマンして、将来のために貯蓄に回す」という考え方は、とても大事なことです。 私もその意見に賛同します。 ただ、貯蓄には2種類の意味があり、それを区別しながら貯蓄に励むことをおすすめしたいと考えています。 1つは教育費や住宅購入費、マイカー購入費といった「目的のある貯蓄」です。 もう1つは「目的のない貯蓄」。 これは特に目的を決めていないけれど、何かあった時に使うための貯蓄をいいます。 一般的には「家を買いたい」「子どもの入学資金を貯めたい」といった「目的のある貯蓄」を重視しがちですが、「目的のない貯蓄」にも意識を向けておきましょう。 なぜなら、現段階では想定していなくても、人生には臨時で必要になる出費も多いからです。 突然の病気や介護、退職や失業などに対し、「何にでも使えるような」預貯金を貯めておくことが大切です。 あくまで目安の金額ですが、「目的のある貯蓄」にボーナス支給額の5割を、「目的のない貯蓄」に3割を振り分けます。 「目的のない貯蓄」よりは「目的のある貯蓄」のほうを重視したいところです。 方法としては、銀行口座を別にする、普通預金ではなく定期預金に預け入れるなどして、簡単に引き出せないような工夫をすることが大事です。 (3)ボーナスの残り1割は「投資で増やしてみよう」 ただ、昨今の超低金利の状況では、貯蓄では大きく増えていきません。 そこで、ボーナスの残りの1割で「投資」をしてみることをおすすめします。 特に投資初心者は、投資信託で積立投資を行うとよいでしょう。 運用のプロであるファンドマネジャーに運用をお任せできるのが投資信託。 これに毎月定期的に少額で積立投資することで、値下がりリスクを抑えることができるのです。

次の