腎臓 病 の 食事 基礎 知識。 日本ペットフード 犬の基礎知識

腎不全

腎臓 病 の 食事 基礎 知識

その1 原因となる生活習慣 慢性腎臓病を防ぐためには、日々の生活習慣の見直しをしましょう。 慢性腎臓病と関係のある生活習慣を調べました。 慢性腎臓病の予防…まずは生活習慣の見直しを! 慢性腎臓病の発症や進行を抑えるためには、まず生活習慣の見直しから始めましょう。 慢性腎臓病と関係する生活習慣について調べたので紹介します。 当てはまる生活習慣はないか、チェックしてください。 慢性腎臓病の原因となる生活習慣• 飲酒 少量から中量のアルコール摂取は尿蛋白を減らし、中量以上のアルコール摂取は蛋白尿を発症させると言われています。 適度な飲酒は良いのですが、過度な飲酒は慢性腎臓病や他の疾患を引き起こす可能性があります。 お酒を飲むときは適量を心がけましょう。 喫煙 喫煙が慢性腎臓病の発症や進行の一因になっていると言われています。 禁煙をすることで慢性腎臓病の発症や進行を抑えられるほか、心血管病など他の疾患を予防することにもつながります。 不起訴な生活 仕事のストレスや残業などの過労、十分な睡眠時間が取れないなど、不規則な生活ばかりしていると慢性腎臓病のリスクが高まります。 できる限り睡眠や休息は十分に取り、健康的な毎日を送ってみましょう。 運動不足 適切な体重を維持していないと、慢性腎臓病だけなく、糖尿病や高血圧などの発症可能性が高まります。 自分の体力や体調を知ったうえで、適度な運動を毎日の生活に取り入れるようにしましょう。 実際の運動量については担当の医師に相談をして、運動能力や活動性など評価してもらったうえで取り入れましょう。 暴飲暴食 慢性腎臓病の方は毎日の食事について、バランス良く適量を食べることが大切です。 暴飲暴食をすると過度なエネルギー摂取となり、栄養バランスの崩れた食事を摂ることになります。 また、暴飲暴食により腎臓の機能が低下していくにつれ、食事管理は厳しくなってきます。 糖尿病もある場合、血糖管理でエネルギー制限が加わることも。 医師や栄養士の指導のもとで食事内容を決めましょう。

次の

腎臓の働きが悪化するのを防ぐ!生活の中で注意することとは?

腎臓 病 の 食事 基礎 知識

慢性腎臓病の基礎知識 POINT 慢性腎臓病とは 腎臓は両側の腰の辺りに左右1つずつある臓器で、握りこぶしほどの大きさをしています。 腎臓の主な役割は血液を絶え間なくろ過して、老廃物を尿として体外に排出することです。 その他では、体内の水分量や血圧の調整、ミネラルバランスの維持、血液を作るホルモンの分泌、骨を健康に保つなど多くの重要な働きがあります。 腎臓の機能に異常が3か月以上続いている状態を慢性腎臓病(CKD)と呼びます。 高齢者や、生活習慣病を持っている人、腎臓病の家族がいる人、喫煙者などはCKDになりやすいとされています。 CKDの初期には症状はほとんど出ませんが、進行すると疲れやすくなったり、体がむくんだりします。 採血検査や尿検査によって診断が行われ、必要に応じて超音波(エコー)検査、CT検査、MRI検査などの画像検査が追加されます。 特殊な腎臓の病気が考えられる場合には、腎生検を行う場合もあります。 慢性腎臓病が心配な方や治療したい方は内科を受診してください。 内科の中では腎臓内科が特に専門としている病気です。 何らかの原因により腎臓のろ過機能が低下、または尿にタンパク質が出る状態が3か月以上持続した状態• 英語表記Chronic Kidney Diseaseの頭文字をとって、専門的にはCKDと呼ばれている• 腎臓の機能(尿を作る、老廃物を排泄する)が低下しうる全ての病気が原因となる• 主な原因• 代謝性疾患• 感染性疾患• 糸球体疾患• 紫斑病性腎炎• 腫瘍性疾患()• 先天性疾患• 腎形成不全• 血管性疾患• 動脈硬化• 高血圧()• 自己免疫疾患• (GPA)• 尿路閉塞性疾患• 尿路結石• 慢性腎臓病患者は日本に1,300万人ほどいると言われている• 血液透析を定期的に行っている人口は30万人• 透析が必要になる原因で最多のものは。 次いで、、高血圧によるなど 慢性腎臓病の症状• 血液検査:体の中の老廃物が、どの程度排泄されずに残っているかを調べる• Cre(クレアチニン)やeGFRという値が主な指標になる• 尿検査:尿成分を調べる• タンパク尿や 血尿などが主な指標になる• 場合によっては必要な検査:その他の様々な臓器に異常が及ぶことが多いので、総合的な検査を行うことがある。 また、腎臓そのものに対して画像検査を行うことがある• 心電図検査:心臓の動きを支配している電気信号の状態を調べる• 胸部レントゲン( X線)検査:心臓が大きくなっていないかなどを調べる• 心臓超音波( エコー)検査:心臓の動きを調べる• 腹部超音波(エコー)検査:腎臓の形態などを調べる• 腹部CT検査:腎臓やその他の腹部臓器の形態を調べる• 腹部MRI検査:腎臓やその他の腹部臓器の形態を調べる• 腎生検• 特殊な腎臓の病気が疑われる場合に行われる検査• 背中から針を刺して腎臓を一部採取して、顕微鏡で観察する• 入院で行われることが多い 慢性腎臓病の治療法• 基本的な治療方針• 病状を進行させないために、普段からの生活習慣に気をつけることが必要• その他、原因となっている病気に対する治療も行われる• 主な治療• 禁煙、減量など生活習慣の改善• 食事制限(塩分とタンパク質)• 血糖値の管理• 血圧の管理• の管理(薬物治療)• エリスロポエチン製剤• ロキサデュスタット• カルシウムやリンなど ミネラルの管理• カリウム、 アシドーシス(血液の酸性度が高くなりすぎる状態)の管理• 血液中のカリウムが高い場合、経口陽イオン交換樹脂でカリウムの吸収を抑える• 経口吸着剤などによる尿毒素対策• 蛋白尿を減らす治療薬• 悪化した場合• 腎代替療法を検討する• 血液透析• 腹膜 透析• 腎移植• 長期的な経過• 失われた 腎機能が回復することはほとんどなく、悪化すると血液透析などの腎代替療法が必要になる• 自分のがどこまで進行しているかを理解しておくことが必要 慢性腎臓病に関連する治療薬 は初期には無症状ですが、進行すると全身のだるさや、頭がぼーっとするなどの意識障害の原因となります。 健康診断などでが見つかった場合には、検査結果をもって一度内科を受診されることをお勧めします。 一般内科で構いませんが、あえて専門を絞るのであれば腎臓内科が専門の診療科になります。 特に健康診断などを受けておらず、ご自身がでないかどうかを確かめたいといった場合には、血液検査と尿検査が受けられる内科のクリニックであればどこでも問題ありません。 診断がついたらそのまま治療に移れるというわけではなく、様々な合併症(が原因で引き起こされる病気や病状)がないかを確認する必要があるため、一度は総合病院で全身の検査(心電図、心エコー、頸動脈エコー、より詳しい血液検査や尿検査など)を受ける必要があります。 その際には腎臓専門医のいる病院が望ましいでしょう。 慢性腎臓病でお困りの方 の治療は、食事療法、運動療法とともにの原因となっている病気の治療が基本となります。 高血圧、、腎炎、膠原病といった病気がを引き起こします。 それらを行ってもが進行してしまい、腎臓の機能が極めて低下してしまった場合には、透析(血液透析、腹膜透析)と呼ばれる治療が必要となります。 腎臓移植も選択肢の一つではありますが、他の方から腎臓の提供を受けなければならないため、現在の日本では多くの方が受けられる治療ではありません。 血液透析のためには、血管の手術を受ける必要があります。 手術を行っている科は病院ごとに異なりますが、血管外科、泌尿器科、腎臓内科などが手術を行なっています。 総合病院で、外科と腎臓内科が両方あるようなところでは、血管の手術を行えるところが多いでしょう。 一部のクリニックでも日帰り手術で行っているところがあります。 その上で、血液透析が行えるクリニックや病院に週3回(月水金、あるいは火木土)通院するというのが標準的な方法です。 で低下した腎臓の機能は残念ながら回復が見込めないため、週3回、1回3-5時間ほどの通院を生涯続けることになります。 したがって、通院先選びは極めて重要です。 医療機関のスタッフ(医師や医師以外も)が信頼できることに加え、通いやすい立地にあるということも無視できません。 午前午後の2枠で透析を行っているところや、朝昼晩の3枠で行っているところ、近所から送迎バスが出ているところなど様々な条件があります。 ご自身の中で大切にしたい条件を考えた上で、いくつかの箇所を見学に行って決められるのが良いのではないかと思います。 腹膜透析の場合、手術を受けた上で、退院後はご自身で自宅で透析を行うことになります。 正しい手順で行えないと体内に菌が入ったり、手術で挿入したカテーテル(体の内側と外側をつなぐ管)の交換が必要になってしまったりなどのリスクがあるため、身体的にも精神的にも、生活が自立している人でないと行うことができません。 腎臓内科のある医療機関に入院の上で、手術を受けつつ、自宅での透析処理の方法や注意点をしっかりと習得した上で退院となります。 腎臓専門医のいる病院を選択されるのが良いでしょう。 中には腹膜透析に積極的に取り組んでいる病院もあります。

次の

慢性腎臓病との付き合い方~食事内容の改善~

腎臓 病 の 食事 基礎 知識

会員限定!メルマガで新作レシピ先行公開中! 最新のレシピを会員の方に限定で先行公開中です。 登録は無料で簡単! 会員には、レシピの他、メルマガや会報を通じて、腎臓病患者さんの役に立つ情報をお届けします。 是非ご登録ください。 なぜ食事療法が大切か 食事療法の目的は、腎臓病の進行を遅らせることと、体調を良好に保つことにあります。 導入前の保存期の方であれば、食事療法によって腎不全への進行を遅らせることができ、透析導入を遅らせることができます。 また、透析導入後も、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は重要です。 腎臓の機能が低下していくと、健康なときは何の問題もなく排泄されていたものが排泄されにくくなり、体全体に悪い影響を及ぼします。 たとえば、たんぱく質を多く摂り過ぎると、腎臓からしか排泄されない尿素や窒素、等が多くなって身体に大きな負担をかけます。 また、の排泄機能も弱まり、塩分を抑えることも大切になってきます。 だるさや、高血圧などの原因になるからです。 但し、すべてを制限すれば良いというものではありません。 必要な栄養が 不足してしまうと、これも体調不良の原因になります。 日常生活や病気に向き合っていく元気も出ません。 制限すべきは制限し、摂るべきものは摂る。 食事療法の意義と正しい方法を、患者さんご本人や、ご家族、サポートしている方々が、理解し身につけ、実践していくことが大切です。 食事療法は患者さんそれぞれによって内容が大きく異なります。 ここで述べるのは腎臓病のごく初期の基本的な知識とお考えください。 具体的な食事の内容は、必ず主治医や管理栄養士の指導を受けながら、実行していきましょう。 いろいろな数値が出てきたり、聞き慣れない用語もあり、最初は誰しも「できるだろうか」と思いがちです。 でも、かけがえのないご自分の体を守るためには大切なことばかりです。 主治医や管理栄養士をアドバイザーに、腎臓病の方向けの食事作りの本、このサイトなどインターネットも活用し、積極的に学んでいければ、次第にコツもつかめてきます。 食事療法3つのポイント 1. たんぱく質を摂り過ぎない• たんぱく質が含まれない砂糖や油類を上手に使いましょう。 サラダ油、マヨネーズ、ドレッシング等は少量でも高エネルギーです。 食塩を控える 腎臓の機能が低下した状態では、ナトリウム 塩分 の排泄機能が落ちています。 このため、食塩を摂り過ぎると血圧はあがり、身体はむくみ、腎臓に過剰な負担をかけてしまうことになります。 食塩を控えることは大切ですが、誤解されがちなのは「控える」という表現。 人によってまちまちな捉え方をしてしまいますが、食塩を制限するということは、主治医・管理栄養士が指示した食塩摂取量以下にする、という意味です。 およその目安としては、1日の食塩の摂取量は6gまで、できれば3~6gに抑えるのが理想的です。 特に、高血圧の方では、食塩制限がとても大切です。 食塩が食品中に含まれている加工食品(ハム、ソーセージ等)や練り製品(はんぺん、ちくわ、かまぼこ等)は要注意です。 料理の味付けの際は、減塩しょうゆなどを使用し、酢やレモンなどの酸味や香辛料を利用すれば、減塩でもおいしく食べられます。 その他の注意点 このほかに、腎臓の機能が低下すると体内に溜まりやすくなるカリウムやリンの摂取を制限したり、水分のコントロールも必要な場合があります。 必ず主治医・管理栄養士の指示に従ってください。 : 筋肉や神経の正常な活動を助けるミネラルの一種。 腎臓の機能が低下すると余分なカリウムを除去できなくなる。 野菜や果物、豆類などに多く含まれている。 : 健康を保つ上で必要な物質の一つですが、多すぎてもよくありません。 乳製品などに多く含まれている。 治療用特殊食品(高エネルギー食品・低たんぱく質食品・食塩調整食品・低カリウム食品・低リン食品など)を利用しましょう。 バランスのとれた食事内容とするため、を利用することも1つの方法です。 正しく栄養価計算するには食品成分表を利用するのが望ましいです。 糖尿病性腎症の方へ では、糖尿病の食事療法を原則に、腎症によって引き起こされる高血圧やなどに対する食塩制限などを適宜追加していきますが、腎機能の低下が進んだ場合にはやはりたんぱく質を制限していく必要があります。 そのような際は主治医、管理栄養士の指導を受けましょう。 腹膜透析(PD)/血液透析(HD)の方の食事 透析は、本来腎臓が持っている働きを完全に補ってくれるわけではありませんので、より良い状態を保つためには、透析を開始しても、食事に注意をすることはとても大切です。 透析の方法や体の状態によって、食事療法の特徴は異なり、の患者さんでは、毎日透析を行っている、腹膜透析(PD)液中へたんぱくが排泄される、腹膜透析(PD)液にはカリウムが含まれていない、などの理由から、の患者さんと比べると食事制限は比較的緩やかです。 透析療法を開始した段階で患者さん自身の腎臓の働きが未だ残っていて、尿が出ている場合は、尿量や尿の成分によって食事内容も調整していく必要があります。 もちろん、食事療法は患者さん一人ひとりの状態によって大きく異なります。 病院での採血の結果などを参考に、具体的な食事療法については主治医と管理栄養士の指導を受けましょう。

次の