お盆 なす きゅうり 宗派。 お盆のなすときゅうりの精霊馬!宗派や地域での違い、意味を知ろう!

お盆(初盆)のお供え・準備で浄土真宗の正しい方法!なす・きゅうりは?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

お盆 なす きゅうり 宗派

ハスの花が美しい季節。 仏壇には仏教を象徴するハスの花をお供えするのも良いですね。 お盆は旧暦7月15日を中心に、日本全国で行われる行事です。 ご先祖の霊を向かえ、追善供養をする期間といわれ、お盆前になると精霊棚や提灯、おがら、地域によってはほおずきやそうめんなどの準備をはじめます。 しかし、浄土真宗では、基本的にお盆独特の飾りはありません(地域によっての違いはあります)。 迎え火や送り火の習慣もありません。 供物などの準備はしますが、精霊棚もなければ、ナスの牛やキュウリの馬を飾ることもありません。 ご先祖は浄土で仏様となっているので、霊となってあっちの世界やこっちの世界をウロウロしているということはなく、お盆の時期だからといって特別に戻ってくることはない……というのが浄土真宗の考え方。 だからといって、お盆行事をおろそかにしているということではありません。 ご先祖様を尊ぶ気持ちは皆同じ。 命をいただいたご先祖、そして仏様に感謝をするという意味で法要が行われています。 お盆に特別な準備をしないなんて、「例外」のような感じもしますが、実は浄土真宗は日本で一番門信徒数が多い宗派なんですよ。 浄土真宗のお盆Q&A Q: 親戚が盆提灯を送ってくださるというのですが、浄土真宗なのでお断りしたほうがよいのでしょうか? A: 浄土真宗では基本的に盆提灯を飾る習慣はありませんが、だからといって親戚の方の心遣いを無理に断ることもないでしょう。 盆提灯のかわりに、切籠灯籠(きりこどうろう)を吊るすこともあります。 内敷(うちしき)をかけ、華瓶(けびょう)には樒(しきみ・しきび)を飾り、供物は餅、菓子、果物をお供えします。 香炉・ロウソク立て・花立ての三具足(みつぐそく)のセットも忘れずに。 仏教を象徴するハスの花をお供えするのも良いですね。 お盆に限ったことではありませんが、浄土真宗では仏壇にお茶やお水をお供えすることはありません。 ご飯をお仏飯としてお供えします。 お供えしたお仏飯は無駄にせず、お参りをすませたらいただきましょう。 【関連記事】•

次の

お盆に”なす”と”きゅうり”で作る精霊馬がおもしろい!その作り方とは?

お盆 なす きゅうり 宗派

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。 最近の夏は、暑すぎて日中は外出を控えなければ危ないほどですね。 日本の会社員の夏休みは、他の先進諸国と比べると少ないです。 今は、フレックス制になって夏休みも7~8月のうちいつでも取れるという人が増えましたが、以前は、お墓参りのためなどに「お盆休み」を取る人が多かったです。 お盆になると見られる、割り箸が刺さって四本足で立っているきゅうりとなすを、見たことがありますか? 私は、以前、情報番組で取り上げられているのを見て、すごくおもしろいなと思ったんですよ。 私の住む地方には、あの風習がないのです。 少なくとも、私は実物を、見たことがありません。 昔の人の想いが込められた意味のあるところが素敵だな~と思いました。 今回は、あの、四本足のきゅうりとなすの風習を、紹介しますね。 なすときゅうりの「精霊馬」 きゅうりとなすに割り箸が刺さってるあの形は、4本足の動物みたいに見えますね。 まさにそのとおりで、あれは きゅうりが「馬」、なすが「牛」を表しています。 きゅうりはスラリとしているので「馬」っぽいし、なすはお尻がぷくっとしているので「牛」らしく見えますね。 2つで1対で、合わせて 「精霊馬(しょうりょううま、しょうりょうま)」と呼びます。 この精霊というのは、スピリチュアルなものではなく、 「亡くなった人の魂」を指しています。 「精霊馬」は、お盆にご先祖様が戻ってきて帰る乗り物として作られたものなのです。 「精霊馬」の作り方は、簡単ですよ。 買ってきたきゅうりとなすに、それぞれ4本ずつ足のように、割り箸か串や爪楊枝を刺すだけです。 太めの串は、先がとがっているので、一番簡単にさせます。 「精霊馬」は、お供え物なので、精霊棚を作って置くのが正式です。 スポンサーリンク 「精霊馬」の意味と役割 きゅうりとなすが選ばれた理由は、まず、どちらも 夏野菜だったということです。 どちらも、昔から、お盆の時期に収穫が望める野菜でした。 ご先祖様は、あの世からこの世へきゅうり(馬)に乗って戻り、お盆が終わると、なす(牛)に乗ってあの世へ帰ると考えられていました。 発想が、おもしろいですね。 また、あの世へ帰るときに、供物を持ち帰れるように、力のある牛で帰るといわれる場合もあります。 ただし、地方によっては、反対の意味の場合もあるそうですよ。 つまり、お迎えは、ゆっくり丁寧にしたいから「牛(なす)」で迎えて、急いで帰ってもらうために「馬(きゅうり)」をお供えするという発想です。 精霊馬を作る地域と時期? まず、一般的に「精霊馬」は、作る地域と作らない地域があります。 だから、私は、見たことがないのでしょうね。 一般的に、7月12日が「お盆の入り」とされますね。 ですから、13日を「迎え盆」、15日、16日のどちらかを送り盆とする地域が多いです。 「精霊馬」はお盆にご先祖様を迎えるものなので、作る時期(日)はこのときなのですが、少し地域によって異なります。 精霊馬の処分の仕方 昔は、役目が終わった「精霊馬」は川や海に流していました。 精霊流しのようなものでしょうか。 土に返すという意味で、畑や家の敷地内に埋めて処分する地域もあります。 最近は、「塩」でお清めをした後に、半紙などに包んで可燃ゴミに出すことが多いです 「精霊馬」を食べるのはNGなのだそうです。 おわりに 「精霊馬」は、「精霊流し」や「燈篭流し」のような意味を持つ、お盆の風習だとわかりました。 本来は、古代からの「神式」の風習とも、「禅宗」の風習ともいわれます。 宗教色の強いものなので、浄土真宗のように、教義によって地域を問わず作らない信徒もいます。 私は、もとはきゅうりとなすという食べ物のお供え物なのに、食べずに捨てるというのに驚きました。 神仏へのお供え物は、たいていの場合、お下がりをいただくものと思っていたからです。 精霊を乗せるものなので、食べ物とはいえ「流すもの」と考えるのでしょうか。 いろいろな風習や考え方があって、興味深いです。 本来の意味で作られた「精霊馬」が飾られているのを、見てみたいと思うのでした。 (きゅうりに串を指すだけなら簡単だけど、我が家にはそういう風習がないので、見かけ倒しな感じがしますから。

次の

お盆のなすときゅうりの向きや置き方は?意味・作り方から地域の処分方法まで

お盆 なす きゅうり 宗派

盂蘭盆会(うらぼんえ:お盆)に精霊棚(しょうりょうだな)の飾りの一つがキュウリの馬とナスの牛。 各日本の仏教宗派で行っていますので、それだけではあなたのご実家の宗派は分りません。 一様は仏教行事となっていますが、もとは古代日本人の祖霊信仰とインド仏教の仏説盂蘭盆経が一つになった、日本独特の仏教行事です。 ですから、神様を祀っている神社でも同じ事を行っています。 本来のお盆は7月13日から16日。 ただし、旧暦での事。 この7月は「仏説盂蘭盆経」からきています。 お釈迦さまの弟子の目連(もくれん)が、ある日死んだ母親の姿を観察してみると、餓鬼道に落ちて苦しんでいました。 そこは、すべての食べ物が火になってしまい、なにも食べられない所です。 そこで、目連はお釈迦様に相談をしました。 お釈迦さまは弟子たちの雨期の修行が明ける7月15日に供養するように告げ、言われた通りすると、目連の母親は餓鬼道から抜け出すことができました。 なお、東京付近では新暦になっても7月のお盆を行いますが、地方の場合は一ヶ月遅れの8月のお盆を行います。 新暦での7月のお盆の場合、昔は農家などのお仕事の方にとっては、梅雨時の忙しい時期でした。 その為に、旧暦に近い一ヶ月遅れの8月のお盆にしました。 8月ですと暑さもありますが、農家にとってもひと段落する時期ですので、いわば夏休みを兼ねての行事となります。 本来の旧暦7月15日は、新暦の8月末から9月の頭となります。

次の