水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と。 ペットボトルが凹む現象

ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ?

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

部屋の湿度を下げる方法の前に… 部屋の湿度を下げる方法の前に、少しだけ湿度についてお話しますね。 湿度とは…空気中に含まれる水分の割合で、空気中に含まれる水分が多いほど「湿度が高い」となります。 そして空気中の水分を取る方法ですが、身近なものだと、「 結露」があげられます。 ・寒い冬に部屋で暖められた空気が窓に触れて水滴になるように ・暑い夏に氷水の入ったグラスの周りに水滴がつくように こんな感じで空気は急激に冷やされると、その中に含んでいた水分を失ってしまうので、その事を利用して湿度を下げることができます。 実はエアコンの除湿機能も、空気を急激に冷やして温度差を利用して結露をおこし、空気中の水分を取っているのですよ。 【関連記事】 2018-04-12 22:09 なので、原理がわかれば、エアコンを使わなくても、自分で結露をおこすことで、湿度を下げることができます。 そしてその方法ですがとっても簡単!扇風機とペットボトルだけで出来ちゃいます。 さっそく紹介していきますね。 部屋の湿度を下げる方法 先程も書きましたが、空気は急激な温度差で冷やされると、その中に含まれていた水分を失います。 使うものは扇風機とペットボトルだけ。 やり方は、まずペットボトルに水を入れて凍らせておきます。 一本でも効果がありますが、より高い効果を期待したいのであれば、複数本凍らしておきましょう。 そして、ペットボトルが凍ったのであれば、あとはそれを扇風機の前において、扇風機をスイッチオンするだけ。 そうすると、温かい空気がペットボトルのの周りを通り抜けるときに急激に冷やされることによって、ペットボトルに水滴が付きますよね。 この水滴が湿度の正体なんです。 もちろん扇風機を使わずにそのままでも水滴を発生させて湿度を下げることは出来るのですが、より効果を高めるためには扇風機で風を送ったほうがいいですね。 もちろんペットボトルを通過した風は若干冷やされますが、エアコンほど寒いわけでもなく、また、扇風機の首を調節することで風の向きも調節できますので、その結果あまり寒く感じることはありません。 そしてペットボトルに水滴がついてきたら定期的に拭き取ってやるだけ。 ペットボトルをフローリングなどに直置きするとすぐ濡れてしまいますので、新聞紙やタオルなど、水分が染み込むものをペットボトルの下のおいておくのを忘れずにしておいてくださいね。 これで部屋の湿度を下げることができます。 また、この方法は、梅雨の時期や夏だけでなく、冬にも使うことができますよ~。 冬の場合、暖房をつけるとどうしても温かい空気が上に逃げていきますよね。 そんな中で空気を循環させて温かい空気を再利用するのに扇風機はとても有効ですし、扇風機で室内の空気を循環させるのであれば、凍らせたペットボトルをおいておけば、湿気も取れて一石二鳥ですね。 部屋の湿度を下げる方法、もっとないの? ペットボトルと扇風機を使った簡単な湿気を取る方法を紹介しましたが、湿度を下げる方法を調べたところ、この他にもいくつかありました。 例えば、炭を使って湿度を下げる方法ですが、 炭には小さな穴が空いていて、その穴が空気中の水分や匂いの成分を吸収してくれます。 冷蔵庫や下駄箱の臭い取りに炭を使った商品もありますよね。 その原理を利用するのであれば、部屋の中に炭をおいておくことで室内の湿気を取ることができます。 湿気を含んだ炭は晴れた日に干しておくことで水分が飛んでいきますので、何度も繰り返し使うことができます。 ですが、炭を持つと手が汚れたりしますので、あまりオススメできない方法ですね。 手を汚さない方法であれば、「 新聞紙を丸めて部屋においておく」というのもネットで見かけました。 新聞紙が室内の湿気を吸い込んでくれるから…と。 たしかに新聞紙は室内の湿気をある程度は吸い込んでくれるとは思うのですが…例えば先ほど紹介した扇風機とペットボトルを使ってできた水分を新聞紙で拭き取ったとして、新聞紙はベタベタになってしまいますよね。 でも逆に、「新聞紙を置いておくだけ」ではそんなに高いベタベタになるほどの効果は見込めないのはあきらか。 なので、この方法は効率が悪いと言えるでしょう。 そして、 「塩」や「重曹」を使った方法ですが、あのような粉末のものは湿気を吸い込むと固くなってしまいますよね。 なので湿度を下げる効果はあるのですが、やはりペットボトルに付いた水滴ほどではないと思います。 いろいろと調べてみたのですが、やはり扇風機とペットボトルが一番湿度を下げるのにいいのではないでしょうか? まとめ いかがでしたか? 長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみますね。 ペットボトルを凍らせる• 扇風機の前に凍らせたペットボトルを置いておく• 扇風機のスイッチをオン• ペットボトルに水滴がつくので、定期的に拭き取ってやる と、これだけ。 簡単で効果抜群ですので、是非試してみてください! 本日の記事は以上です。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

次の

大気圧の説明についてどうしても納得いきません!ペットボトルの中の空気を抜...

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

お役立ち 2018. 17 Tsuyopon ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ? 飲み物を買う時、ペットボトルの容器はとても便利ですよね。 すぐに飲めるし、キャップをしめられるので保存も簡単、丈夫で落としたくらいでは割れません。 便利だからこそペットボトルを買う機会は多いのですが、問題は使い終わったペットボトルを処分する時です。 台所に溜まった空きペットボトルを捨てる際、かさばって袋詰めも運ぶのも大変だった経験、ありませんか? でも、その悩みは結構簡単に解決するんですよ。 ずばり、 ペットボトルを潰したり、圧縮したりすれば良いのです。 そこで本記事では、 ペットボトルを潰したり圧縮する様々な方法を、ご紹介します。 どの方法も、ご家庭でできるものとなっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ペットボトルは捨てる時に潰す必要はある? 引用元: さて、さっそくペットボトルを潰す方法をご紹介したいのですが、その前に皆さんに確認してもらいたいことがあります。 それは 「ペットボトルを潰してよいのか?」という事です。 本記事を読んでくださっている方は、ペットボトルを潰す方法を探していると思いますが、 ペットボトルを捨てるにあたり、場合によっては潰してはいけない時があるので注意が必要です。 ペットボトルを潰してはいけない場合 ペットボトルを潰してもよいのか。 その判断は、 皆さんがペットボトルを処分しようとしている方法(回収業者)により、変わってきます。 ペットボトルを処分する方法で、最もメジャーなのは以下の2通りになるでしょう。 例えば、「ラベルをはがす」「キャップを分別する」などは、よくあるルールになりますね。 ここに、「潰してはいけない」というルールがあった場合、注意が必要です。 「潰した方がまとめられるし、出しやすいから…」と個人の都合で潰してしまうと、 最悪の場合、回収してくれない可能性があります。 逆に「ペットボトルは潰しましょう」というルールの場合もありますので、自治体や業者の都合により様々の様ですね。 スーパーなどの資源回収ボックスも同様に、捨てる際のルールがある場合があります。 どちらの場合でも、 回収のルールとしてペットボトルを潰してはいけない場合、潰すのは諦めましょう。 ペットボトルを潰す前に、「自分の処分方法では、ペットボトルを潰してもよいのか」を確認しておく必要がありますね。 それでは、ペットボトルを潰す様々な方法をご紹介していきましょう。 ペットボトルの潰し方1:手・足で潰す まず、ご紹介する方法は、自分の手や足を使って潰す方法です。 いきなり原始的な方法ですみません。 でも、 手や足で潰す方法は、何の道具もいらない最も手軽な方法であることは事実です! これ以降にも様々な方法をご紹介しますが、何かしらの「道具」を使う方法が多いです。 「道具を用意するのが面倒だ」という人にとっては、 結局、自分の手足で潰すのが、最も簡単だったりするのです。 手足でつぶす方法でも、ちょっとしたコツで、簡単に小さく潰すことができます。 それは、 全体を潰した後に、底と上部を横に折りたたむようにすること。 こうすることで、元の形に戻りにくく、コンパクトにもなるんですね。 また、 力に自信のない人でも、足でなら簡単につぶせることが多いですよ。 その場合でも、まずは横から全体を平らに踏み潰し、その後、底を折りたたむようにして踏みつぶしましょう。 では、この方法のメリット・デメリット・おススメの人をまとめます。 メリット:簡単で手軽。 道具が必要ない。 デメリット:ある程度の力が必要。 大きくて固いペットボトルは、さらに力が必要。 たくさんの数を潰すのには時間がかかり疲れる。 おススメの人:力に自信のある人。 少ない数を手軽に潰してしまいたい人。 ペットボトルの潰し方2:水と大気圧を使って潰す 続いても、道具を使わずに、手で潰す方法となります。 ただし、手だけではありません。 この方法では、 「水」を使ってペットボトルを素早く簡単に潰すことができます。 水と大気圧の力を利用することで少ない力で素早く潰せるほか、 洗うことと潰すことが一緒にできるので時短にもなりますね。 詳しいやり方は、コチラの動画をご覧ください。 よって、 飲み口から空気が入ってきてしまうとダメです。 空気が入るより早く、水が勢いよく出ていく間で一気に潰すのがポイントです。 500mlの場合、最初は胴体を一気に潰していきながら、底も早めに潰すとよいでしょう。 また、大きなペットボトルを潰す際は、底から潰していくと成功しやすくなります。 便利な方法ですが、 水が勢いよく出て飛び散りやすいので、狭い洗面所などで行うと悲惨な事になるかもしれません。 最初は、風呂場など広く濡れてもよい場所で試すのをおススメします。 注意点としては、 掃除機はあくまでペットボトルを潰す補助をしている点です。 掃除機が空気を吸いだす力のみでペットボトルを潰す訳ではありませんので、やり方を間違えないようにしましょう。 例えば 掃除機とペットボトルのつなぎ目をテープなどで完全に密着してしまうと、掃除機に大きな負担がかかってしまいます。 万が一、掃除機が壊れなどしてしまったら、大変なことですからね。 しかし、やり方さえ間違えなければ、簡単にペットボトルを潰せることに間違いはありません。 掃除機が既にあって、余計な出費をしたくない場合、おススメの方法ですよ。 メリット:力を必要とせず潰しやすい。 掃除機があれば、新しく道具を買う必要がない。 デメリット:潰したい時に、掃除機を準備しなければならない(特にコードレス掃除機でない場合は面倒)。 やり方を間違えると掃除機に負担がかかる。 おススメの人:ペットボトルを楽に潰したいが、専用の道具は買いたくない人。 コードレスタイプや、ハンディタイプなど、手軽に使える掃除機がある人。 ペットボトルの潰し方4:熱湯を使って潰す 続いての方法は、少し特殊な方法です。 なんと、 「熱湯」を使ってペットボトルを潰す方法なんです。 「熱湯を使う」と聞くと、熱湯で溶かすとか柔らかくするのかな、と思うかもしれません。 しかし、そうではなく、熱湯を利用した「大気圧の力」でペットボトルを潰すのです。 詳しいやり方は、コチラの動画をご覧ください。 実際には一瞬とはいきませんが、自分で力を加えることなく潰せるのはすごいですね。 お湯を捨ててフタを締めた後、すぐに水につけるなどして冷やすと、もっと速く潰すこともできます。 ただ、その場合、火傷や水の飛び散りに十分注意してくださいね。 また、 あまり熱すぎる熱湯を使うと、ペットボトルの種類によっては変形などが起きる可能性があります。 この方法は、お湯さえ準備できれば特別な道具は必要ないですし、仕組みとしては面白いやり方ではあります。 とは言っても この方法、実際に家庭で使えるかというと、かなり機会は限られますよね。 たくさん潰さないといけない場合、時間が限られている場合などに、わざわざお湯を沸かすところから始めていられません。 他で使用したお湯が余っていたりなどすれば、行ってみてもよいかもしれませんね。 しかも、 1000円以下という安さは、この後にご紹介する専用道具の中でも、群を抜いて安いです。 これなら、たとえ壊れてしまっても気軽に買い替えが可能ですね。 ただ、レビューの中には「使いにくい」という意見も見られます。 特に、 「空気を抜いて圧縮しても『吸いまっせ』を外すと元の形に戻ってしまう事がある」という点は、気になる部分です。 実際、パッケージ裏の商品説明にも、潰した後は元の形に戻らないようフタをしめて保管するように書かれています。 しかし家庭で分別する場合、そのまま資源ゴミとして出せるよう、ペットボトルのフタは外して保管している方が多いと思います。 ゴミを出す際に、わざわざ潰したペットボトルを全部出して一つずつフタを取るのは、かなり面倒でしょう。 吸いまっせを使う場合、潰すだけでなく、その後の処理もイメージしておいた方が良さそうですね。

次の

ペットボトルから水を出すとき空気が入るのはなぜ?

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

部屋の湿度を下げる方法の前に… 部屋の湿度を下げる方法の前に、少しだけ湿度についてお話しますね。 湿度とは…空気中に含まれる水分の割合で、空気中に含まれる水分が多いほど「湿度が高い」となります。 そして空気中の水分を取る方法ですが、身近なものだと、「 結露」があげられます。 ・寒い冬に部屋で暖められた空気が窓に触れて水滴になるように ・暑い夏に氷水の入ったグラスの周りに水滴がつくように こんな感じで空気は急激に冷やされると、その中に含んでいた水分を失ってしまうので、その事を利用して湿度を下げることができます。 実はエアコンの除湿機能も、空気を急激に冷やして温度差を利用して結露をおこし、空気中の水分を取っているのですよ。 【関連記事】 2018-04-12 22:09 なので、原理がわかれば、エアコンを使わなくても、自分で結露をおこすことで、湿度を下げることができます。 そしてその方法ですがとっても簡単!扇風機とペットボトルだけで出来ちゃいます。 さっそく紹介していきますね。 部屋の湿度を下げる方法 先程も書きましたが、空気は急激な温度差で冷やされると、その中に含まれていた水分を失います。 使うものは扇風機とペットボトルだけ。 やり方は、まずペットボトルに水を入れて凍らせておきます。 一本でも効果がありますが、より高い効果を期待したいのであれば、複数本凍らしておきましょう。 そして、ペットボトルが凍ったのであれば、あとはそれを扇風機の前において、扇風機をスイッチオンするだけ。 そうすると、温かい空気がペットボトルのの周りを通り抜けるときに急激に冷やされることによって、ペットボトルに水滴が付きますよね。 この水滴が湿度の正体なんです。 もちろん扇風機を使わずにそのままでも水滴を発生させて湿度を下げることは出来るのですが、より効果を高めるためには扇風機で風を送ったほうがいいですね。 もちろんペットボトルを通過した風は若干冷やされますが、エアコンほど寒いわけでもなく、また、扇風機の首を調節することで風の向きも調節できますので、その結果あまり寒く感じることはありません。 そしてペットボトルに水滴がついてきたら定期的に拭き取ってやるだけ。 ペットボトルをフローリングなどに直置きするとすぐ濡れてしまいますので、新聞紙やタオルなど、水分が染み込むものをペットボトルの下のおいておくのを忘れずにしておいてくださいね。 これで部屋の湿度を下げることができます。 また、この方法は、梅雨の時期や夏だけでなく、冬にも使うことができますよ~。 冬の場合、暖房をつけるとどうしても温かい空気が上に逃げていきますよね。 そんな中で空気を循環させて温かい空気を再利用するのに扇風機はとても有効ですし、扇風機で室内の空気を循環させるのであれば、凍らせたペットボトルをおいておけば、湿気も取れて一石二鳥ですね。 部屋の湿度を下げる方法、もっとないの? ペットボトルと扇風機を使った簡単な湿気を取る方法を紹介しましたが、湿度を下げる方法を調べたところ、この他にもいくつかありました。 例えば、炭を使って湿度を下げる方法ですが、 炭には小さな穴が空いていて、その穴が空気中の水分や匂いの成分を吸収してくれます。 冷蔵庫や下駄箱の臭い取りに炭を使った商品もありますよね。 その原理を利用するのであれば、部屋の中に炭をおいておくことで室内の湿気を取ることができます。 湿気を含んだ炭は晴れた日に干しておくことで水分が飛んでいきますので、何度も繰り返し使うことができます。 ですが、炭を持つと手が汚れたりしますので、あまりオススメできない方法ですね。 手を汚さない方法であれば、「 新聞紙を丸めて部屋においておく」というのもネットで見かけました。 新聞紙が室内の湿気を吸い込んでくれるから…と。 たしかに新聞紙は室内の湿気をある程度は吸い込んでくれるとは思うのですが…例えば先ほど紹介した扇風機とペットボトルを使ってできた水分を新聞紙で拭き取ったとして、新聞紙はベタベタになってしまいますよね。 でも逆に、「新聞紙を置いておくだけ」ではそんなに高いベタベタになるほどの効果は見込めないのはあきらか。 なので、この方法は効率が悪いと言えるでしょう。 そして、 「塩」や「重曹」を使った方法ですが、あのような粉末のものは湿気を吸い込むと固くなってしまいますよね。 なので湿度を下げる効果はあるのですが、やはりペットボトルに付いた水滴ほどではないと思います。 いろいろと調べてみたのですが、やはり扇風機とペットボトルが一番湿度を下げるのにいいのではないでしょうか? まとめ いかがでしたか? 長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみますね。 ペットボトルを凍らせる• 扇風機の前に凍らせたペットボトルを置いておく• 扇風機のスイッチをオン• ペットボトルに水滴がつくので、定期的に拭き取ってやる と、これだけ。 簡単で効果抜群ですので、是非試してみてください! 本日の記事は以上です。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

次の