エグゼクティブ サマリー と は。 「エグゼクティブ」の意味とは?役職・ホテルなど使い方を解説

スパインのすべて|エグゼクティブサマリー|The Tutelman Site

エグゼクティブ サマリー と は

「サマリー」の意味とは?英語のスペルはどんな感じ? 「サマリー」は英語でスペルは「summary」になり、和訳としては『要約』『概要』『要点』という意味になります。 ビジネス用語として使われる「サマリー」も、一般的には同様に『要約』『概要』などの意味として使われています。 一般的なビジネス用語としての「サマリー」の意味は、以下のように大きく2つに区分されます。 《資料、記事、論文、定例会議》など、それほど大きくないテーマ内容の要約を目的とした「サマリー」• 《企業政策、事業計画、全体会議、事件》など、比較的に大きいテーマ内容の概要を目的とした「サマリー」 また、政府や地方自治体などが公表する政治・経済的な「サマリー」も、内容の要約や重要事項の抜粋などのような意味を持ちます。 たとえば政府が実施する政治・経済的な政策や、国際・国内の会議報告などは、適時に公表され、同時にその「サマリー」も出るのが通常です。 そして「サマリー」には、《医療・介護・看護業界》《金融・証券業界》《IT業界》などのように、一般的な「サマリー」とは少し異なった意味や使い方があります。 その業界独特の意味や使い方については、以下で解説したいと思います。 医療・介護・看護の現場でのサマリーの意味とは? 医療・介護・看護現場での「サマリー」とは、患者の『病状・処置・経過』に『検査記録・介護・看護記録』などを加えた総合的な医療情報の要約になります。 種類としては『退院サマリー』『看護サマリー』などがあり、期間的には『月間サマリー』『週間サマリー』などがあります。 また、介護施設などでケアマネジャーが作成する、『医療・介護連携情報提供書』も「サマリー」の1つになります。 医療・介護・看護業界で「サマリー」を作成する目的は、以下の2つになります。 病院の転院や退院後の外来患者としての診療を円滑に行なうため• 診療記録、介護、看護記録として蓄積していくため そこで疑問になるのが、「カルテ」と「サマリー」の違いですね。 金融・市場ニュースでのサマリーの意味とは? 金融・証券業界の「サマリー」は、為替・株式市場・金融市場などの動向や概況の指標と、それに関連する経済ニュースを要約したものになります。 一般的には「マーケットサマリー」と呼ばれ、証券会社・金融機関・報道機関などから個別に出されています。 国内の代表的なものとしては「東京マーケットサマリー」があり、海外ではニューヨーク・欧州・アジアの「マーケットサマリー」があります。 関連する言葉として「エグゼクティブサマリー」というものがありますね。 これは、企業の「事業計画書」の冒頭で、事業計画の概要を簡潔にまとめた部分のことです。 この「エグゼクティブサマリー」の部分は、投資家や資金提供者への訴求として重要な役割を持っています。 IT業界でのサマリーの意味とは? IT業界で使われるの「サマリー」には、『要約』という意味もありますが、それ以外に『合計・総計』や『集計・分析』という意味で使われる場合もあります。 『要約』という意味での「サマリー」は、インターネットで検索して表示された、Webサイトごとに内容の一部が表示されている数行の部分のことを言います。 この数行の「サマリー」は、記事内容を簡潔に表現したものであり、SEO対策やサイト内への誘導においても重要な役割を持っています。 『合計・総計』という意味での「サマリー」はExcelの関数で、セルのグループ範囲の数値を合計する数式「SUM」を使う場合ですね。 「SUM」は英語で、その意味はいろいろありますが、この場合は『合計・総計』という意味で使われています。 『集計・分析』という意味での「サマリー」は、蓄積あるいは集計したデータを何らかの目的で編集・加工して、分析する場合に使われる言葉です。 また、Webサイトのアクセスログ(接続や操作の履歴)などを集計・分析したもの、あるいは集計する操作のことも「サマリー」と言います。 「サマリー」の正しい使い方を例文で解説 ここからは、「サマリー」の正しい使い方を例文付きで解説していきます。 今回は、以下の2つのシチュエーションを想定して、「サマリー」の使い方を紹介していきます。 つまり企業によっては「サマリー」という言葉を、『要約』と『概要』の2つの意味で使い分けている場合があるわけですね。 ここでは、「サマリー」を『要約』という意味で使っているシチュエーションで解説します。 『要約』の意味は、文章や会議などの要点を、わかりやすく簡潔にまとめたものです。 シチュエーション まず最初に、歩行者に向かって飲酒運転の車が突っ込んで、それから〜 使い方の解説 使い方としては、『会社概要』『事業計画の概要』『事件の概要』などと言った使い方です 概要のまとめかたとしては、箇条書き的、見出し的な表現で、簡潔にその全体内容を網羅していきます。 つまり『概要』の目的は、内容の全容を読み手や聞き手と短時間で共有するための、1つの手段と考えていいでしょう。 「サマリー」と似ている言葉・間違いやすい言葉 ビジネス用語としての「サマリー」には、使い方の似ている言葉や間違いやすい言葉があります。 また分野が違うと、少し違う意味合いで使われたり、違う言葉で表現されている場合もあります。 ここでは、それらのいくつかを紹介し、「サマリー」との違いを解説していきます。 「サマリーポケット」は、ユーザーの今は使わない荷物をデータ化して預かり、それをアプリやプラウザで管理できる収納サービスです。 サービス機能としては、荷物の保管・返送、必要なものを指定しての取出し、クリーニングサービス、また不要な物の販売代行などがあります。 「サマリー」と「アジェンダ」の違いとは? 「サマリー」はビジネス用語として『要約・概要』などの意味で使いますが、「アジェンダ(agenda)」は『議事日程』や『議題』などの意味で使います。 「アジェンダ」は会議やプレゼンの前に、事前資料として作成し参加者と共有することで、会議への事前準備や会議進行の効率化を図るのが目的です。 また政府の公的機関などの「アジェンダ」は、『実施すべき計画』や『行動計画』という意味で使われています。 したがって、これらの公表される「アジェンダ」は、政治的に公約される「マニュフェスト」と違って、実施や実現を約束したものではありません。 「サマリー」と「アウトライン」の違いとは? 一般的な「アウトライン(outline)」の意味は、『枠組』『骨子』『概略』であり、「サマリー」の『概要』に近い意味として使われます。 「アウトライン」は会議や業務のやるべき内容を明確にし、その進捗を円滑にするのが目的です。 具体的には『概要』『目次』『章立て』『見出し』などのタイトルで、内容が簡潔に表現され、事前に資料として配布されるか、もしくは事前の説明があります。 一方、IT用語としての「アウトライン」は、Excelの集計機能であったり、グラフィックにおいては輪郭線を意味する言葉として使用されていますね。 Excelの「アウトライン」機能は、ワークシートの「行」や「列」をグループ化して、表示と非表示を切り替えることで、表をたたんだり展開したりすることができます。 企業によっては呼称を、「レジメ」と日本語的に発音するところもあります。 「レジュメ」は講演会・研究会・セミナーなど、発表者が聞き手に一方的に話す場合において、事前によく配布される資料になります。 また最近では、履歴書や職務経歴書のことを「レジュメ」と呼ぶ企業も見られます。 「サマリー」と「シノプシス」の違いとは? 「シノプシス(synopsis)」の元はギリシャ語からきている英語になりますが、意味としては『概要』や『あらすじ』になります。 ビジネス用語の「サマリー」との違いは、その使われる分野が比較的に限定されていることです。 「シノプシス」を難しい日本語にあてはめると、『梗概(こうがい)』という言葉になりますが、これは小説・演劇・映画や論文などの分野の内容を要約したものです。 また学術的な論文においては、筆者が客観的にその研究内容の目的・方法・結論などを、本文とは別に要約したものを「シノプシス」と呼んでいます。 サマリーの書き方とは?作り方を徹底解説! 一般的なビジネス文書としてのサマリーの書き方は、量的にはA4の用紙に1枚が基本です。 「サマリー」の作成には、作成者がその対象となる内容を正しく正確に理解していることが前提になります。 したがって、まずは「サマリー」の対象になる事柄を、以下の項目に箇条書きで分類することが最初の作業になります。 そして、その内容をわかりやすい文章に編集していきます。 簡潔にまとめるには、二重表現や不必要な美辞麗句・感嘆詞・助詞・助動詞・接尾語などはすべて削除してください。 まとめ 「サマリー」を上手く作成するには、重要な要点をピックアップして、それを簡潔にまとめる能力が必要になります。 これはビジネスマンにとって重要な能力であり、一般的に有能なビジネスマンほど「サマリー」の作り方が上手いですね。 この能力は持って生まれた資質もありますが、訓練によって短期間で十分に備わってきますので、日頃から意識して取組んでください。

次の

エグゼクティブサマリーを書く方法 (画像あり)

エグゼクティブ サマリー と は

英語: エグゼクティブとは、のにやのことである。 英語のは、「がある」「的な」「の」といった意味を表す・である。 エグゼクティブという語は、ときにエグゼクティヴ、またはしてとされることもある。 エグゼクティブという語は使われてはいるが、明確な定義がられている。 エグゼクティブは英語のの意味からし、やなどを指すが、どの以上がエグゼクティブであるとは。 は、に携わっているやなどを指すことが多い。 エグゼクティブのとして、「」「」「」などが挙げられる。 の、「」はは計・を指すが、エグゼクティブという語には明確な定義がため、、、に就く人たちを指すものとして「エグゼクティブ」が用いられるもあると。 新を進めるはエグゼクティブのをる。 このはエグゼクティブだ。 「」は、のやのことである。 に「」が付くと、を表す「チーフエグゼクティブオフィサー(英: ; )」となる。 「エグゼクティブマネージャー」は、のを指す。 エグゼクティブマネージャーの「シニアマネジメント」という語が使われるもある。 「」は、書ビジネスプランの重要をまとめたも。

次の

このエグゼクティブサマリーを参考にすれば事業計画書は作成できる

エグゼクティブ サマリー と は

「サマリー」の意味とは? 「サマリー」とは「要約」「概要」の意味 「サマリー」とは「要約」や「概要」という意味のカタカナ語です。 英語の「summary」が語源で、英語でも同じ意味で使われています。 ただし日本ではビジネス、医療、IT分野などの各分野によって「サマリー」の意味や使い方が変わります。 「サマリー」の分野別の意味 ビジネスでは「要約」と「合計」の意味 ビジネスシーンでは「サマリー」は「要約」の意味で使われていることが多い言葉です。 資料や記事、論文などの要約や重要事項の抜粋、または会議内容まとめた要約を「サマリー」と呼びます。 また商品の売り上げをまとめた表などの「データの合計」や「総計」という意味でも使われているので、広い意味で「サマリー」をとらえるといいでしょう。 金融や証券業界では「市場の動向」の意味 為替や株式などの金融・証券業界では、「サマリー」は「為替や株式の動向」や「市場概況の指標」という意味があります。 さらに「金融・証券市場に関するニュース」という意味もあり、幅広く使われています。 「マーケットサマリー」とは、市場の状況を簡潔にまとめた概況報告という意味で、金融記事を取り扱う新聞や証券会社のウェブサイトなどでよく使われています。 事業計画書のはじめには「エグゼクティブ・サマリー」という項目が設けられていることもあります。 「エグゼクティブ・サマリー」は事業内容の要約がまとめられているので、投資家に事業説明をするときに役立ちます。 医療・看護では「患者の病歴・治療の全記録」の意味 医療や看護の現場では、「サマリー」は「患者の病歴や検査記録、治療の履歴をまとめた文書」のことです。 患者についての総合的な医療情報をまとめたもので、転院や退院後に別施設に移動するときに役立てられます。 「カルテ」は医師によって患者の病状を記録した書面ですが、「サマリー」には病状やその経過内容にとどまらず、検査結果や看護や介護の記録も記載されます。 IT分野では「検索結果の要約文」の意味 IT分野では、「サマリー」は「大規模なデータや長い文章の要約」という意味の他に、「サーチエンジンの検索結果に表示されるサイトの要約文」という意味もあります。 インターネットのサーチエンジンで検索結果のページに、タイトルやウェブページのリンクに続いて表示される掲載文面の一部の文章をサマリーと呼びます。 「サマリー」には「サイト訪問者の記録分析」という意味もあります。 サイトの運営者が訪問者の記録であるアクセスログを分析して、グラフや指標などにまとめたものをサマリーと呼びます。 さらに「サマリー」にはプログラミング言語として「合計」や「総計」という意味もありますので、文脈や状況に応じて意味をとらえるようにしましょう。 「サマリー」の正しい使い方と例文 「サマリーをつける」で要約を追加する 資料などに要約文を追加するという意味合いで、「サマリーをつける」という言い方をします。 「サマリー」は読み手に資料の内容をわかりやすく伝える目的がありますから、重要な部分を中心に、短時間で読めるようにまとめます。 「サマリーを説明する」で概要を説明する 「サマリーを説明する」とは「概要を説明する」という意味です。 起こった出来事を時系列に説明することもあれば、事業プランのサマリーなら事業の内容を簡潔にまとめて説明します。 「サマリー」を使った例文• 「次のミーティングまでにサマリーは読んでおいてください」• 「至急、新プランの概要を知りたいのでサマリーを送ってください」• 「会議はこれで終了です。 サマリーは後ほどお送りします」• 「こちらは先月の売り上げのサマリーになります」 短くして「サマる」という言い方も サマリーをまとめるという意味で「サマる」と短くした使い方もあります。 聞き慣れないとわかりにくい表現なので、知っておくと便利でしょう。 例文:• 「さっきの会議をサマっておいて」• 「データをサマっておいて」 「サマリー」と似ているビジネス用語との違い 「レジュメ」は「サマリー」の類語 「レジュメ」は「サマリー」と同じく「要約」や「概要」の意味です。 「レジュメ」は会議や講演などの内容をまとめた書類で、資料として配布されることがあります。 また企業によっては、履歴書や職務履歴書もレジュメと呼びます。 「アウトライン」とは「概略」のこと 「アウトライン」は「概略」の意味で、物事の大要やあらすじのことを指します。 ビジネスシーンでは「枠組み」や「骨子」などの意味で使われます。 サマリーはアウトラインの一要素と分類されて、アウトラインの内訳にサマリーや見出し、章立てなどがあります。 「アジェンダ」は「計画」や「議案」の意味 「アジェンダ」とは「計画」や「議案」の意味ですが、議会の議案内容と日程をまとめた「議事日程」の意味もあります。 ビジネスシーンではプロジェクトや会議を始める前のやることをまとめた事前資料のことを指します。 「サマリー」と「アジェンダ」は混合されやすいのですが、「サマリー」が「要約」という意味に対して「アジェンダ」は「議題」という意味ですので、意味も使い方も違います。 サマリーの書き方とは? サマリーを書くときのポイントは、読み手にたくさんある資料の内容をわかりやすく書くことです。 また短い時間で読めるようにまとめることも大切です。 要点、問題点、結論などの主旨を1ページにまとめて、それに続くページを読まなくても内容が把握できる程度にまでまとめるのが理想的なサマリーです。 美辞麗句や感嘆詞などは省き、簡潔な言葉遣いを意識して書いてみましょう。 まとめ 「サマリー」とは英語の「summery」が語源で、「要約」や「概要」という意味です。 ただし、ビジネスや金融・証券、医療・看護など分野ごとに意味に違いがあり、またシーンによっても意味が異なりますので、状況や文脈から正しい意味を理解するようにしましょう。

次の