国家総動員法ブログ。 がんばれ「国家総動員法」

国家総動員法を施行せよ!

国家総動員法ブログ

「施設入所中の80歳の方で昨日少し食事のときむせこみました。 今日から発熱、痰がでるようになってます。 」 みたいなエピソードで救急搬送されてきます。 新型コロナウイルスが流行する前であれば、こんな症例 「あー、はいはい。 どうぞー」 と、 どこの病院でも受け入れていたと思います。 一旦禁食・抗生物質の点滴・加湿と痰吸入の指示出して 徐々に食事再開。 細菌性・誤嚥性の肺炎だったら、抗生物質がよく効きます。 呼吸状態も悪くもなさそうだし、研修医でも担当につけとくか ってな感じです。 退院も元の施設に戻れば良いだけだし、1-2週間の短期入院で 病院も潤う。 焦げ付きの心配もない。 (急性期病院の長期入院は病院が損するシステムになっています) 病院にとっては、オイシイ症例だったわけです。 新型コロナウイルス流行中の肺炎対応 介護施設内での新型コロナウイルスクラスター感染 の可能性もある昨今、 肺炎を受け入れる病院は非常に少なくなっています。 受け入れ拒否の理由としては、• 当院は新型コロナ対策に対する方針が、まだ策定中です。 肺炎は見ない方針となりました• 新型コロナウイルス用の個室が埋まっています。 (院内発症用に確保してある) といった理由です。 まあ、当直医師としては 断る理由があれば、断るのが楽です。 普段から、救急車の受け入れは医師の良心に任されています。 働いても給料がもらえるわけでないし なにかと理由をつけて、救急車を全く受けないクソ野郎も たまにいますが 今回はおおっぴらに断れるわけです。 病院は病院を守る 病院は、経営者があって従業員がいます。 このご時世で、医療従事者を 神格化する方もいるかもしれませんが、 病院は利潤を追求します。 (今どきでは大学病院もそうです。 ) 大学病院やいくつかの総合病院の新型コロナ対策を 目にしましたが、 いずれも共通して言えるのは、 「外来、入院患者から新型コロナ感染者を排除する」 方法が検討されています。 ボククボの病院でも 「入院適応の判断に際しては、細心の注意を払ってください」 「より慎重な判断が求められます。 」 っていう、 日本的な指示がありました。 総合病院には、 抗がん剤治療をされる方や手術を予定している方 関節リウマチなどで免疫抑制剤を使っている方 透析している方 など多くいますので、院内クラスター化するとすべての治療が ストップするので仕方ありません。 肺炎だけが医療じゃないし、病院の完全閉鎖は 避けたい事態なのです。 当たり前ですが、 病院にとって守るのは病院であって、 日本ではありません。 院内発症はもはや避けられないが、、 現在の流行状況をみれば、 病院内にいつ新型コロナウイルスが入ってきても おかしくありません。 都市部ではすべての病院で院内発症例が出るでしょう。 病院上層部もそれは覚悟していますが、 なんとか自分の病院に入ってくるのを遅らせてたい 順番を最後にしたい、と考えています。 遅れれば遅れるほど、その病院への被害は少なくなります。 感染者が少なくなるわけではないので、 他の病院に感染者が行くことになるわけですが、 少なくともその病院は守られます。 基本的には新型コロナウイルスの治療に 特別な治療は不要でしょうが、 感染のリスクがある状態というのはストレスですし 感染するのが前提のような状態です。 しかも、たまたま医局の派遣で勤務している医師などは 「たまたま、4月から感染症指定病院に回された」 「運が悪かった。。 」 といった気持ちもありますし、 新型コロナウイルス患者に限らず、 肺炎疑いがあれば、 周辺病院は診察すらしないので、 次々と指定病院に搬送されます。 「なんで俺ばっかり、、、」 という気持ちが常にあるでしょう。 感染による、自宅待機医師もでており、 一部の未感染医師の負担も激増します。 医師総動員でないと難しい? 労働力の偏在 正直、ボククボの病院は現在かなり暇です。 仕事がありません。 手術は緊急性の高いものだけに絞っていますし、 外来の数も減っています。 不要な受診も減りました。 内科医も、入院患者が減って時間はありそうです。 ICUで人工呼吸器管理を得意とする麻酔科医も 手術がなくて自宅待機しています。 大学病院も、新型コロナウイルス患者も基本的には 排除していますが、 感染症内科専門医が何人もいます。 臨時感染症指定病院化? 都市部では、人口に対して 感染症指定病院が足りていません。 ホテル借り上げと同様に、 現在活動をほぼ休止している ICUや中小規模病院を借り上げ、 強烈なニンジン(お金)作戦で短期派遣医師を募集してはどうだろうか? 経営が苦しい病院の首脳陣も検討を始めるだろう。 医師派遣の中止でバイト先を失った医師だとか 怖いもの知らず独身医師など 集まりそうなものだが、、、 まとめ• 医者はいるところにはいるし、多くの医師が今暇• 感染症指定病院が足りない 以上です。 よろしければコメント、SNSで拡散お願いします。

次の

[B!] 信州戦争資料センター on Twitter:

国家総動員法ブログ

総力戦体制に入るため日本は、国のヒト・モノを良いように動かせるようにしてしまったんだったね。 国家総動員法の影響で、一般国民がふつうの生活をするために必要な「食料」や「生活必需品」も国に統制されることになる。 その代表的なものが、 「配給制」「切符制」という制度だ。 詳しく見ていこう。 戦時中の日本って実は・・・ 第一次近衛内閣によって制定された国家総動員法以降、日本は段階的に「計画経済」になっていった。 この「計画経済」って言葉、どっかの国の話で聞いた覚えがない? そう、 ソ連だよ。 社会主義国家だったソ連は、計画経済を採用していた。 世界恐慌の時も、計画経済だったが為に影響を受けずに経済成長できていたんだったよね。 つまり戦時中の日本は、 社会主義に近い状態だったんだ。 (厳密には国家社会主義、なんて呼ばれる) 当時の日本の官僚たちの中には、世界恐慌でノーダメージだったソ連をみて「もしかして計画経済ってめちゃくちゃ良い仕組みなんじゃね!?」と考える人たちがいた。 日中戦争のせいで資金・物資不足になることが予想されたんで、これを機に官僚たちは社会主義的な、計画経済を推し進めていくことになる。 さて、計画経済では、モノやカネの配分が国によって決められる。 日本は、ソ連みたいに 食料から日用品に至るまで、徹底的に統制を始める。 その代表的なものとして 「配給制」「切符制」というものがあるわけだ。 「配給制」「切符制」の違い まず最初に答えから。 配給制と切符制には、• 配給制=「生きていくのに欠かせない 食料(主に米)」• 切符制=「命に直結しない 日用品 (衣類や砂糖、マッチなど)」 という違いがある。 配給制は具体的に言うと、国からもらえる手帳を持っていれば、米やイモなどを 「無料に近い額で」購入することができるという制度。 原則手帳を持っている人には平等に米やイモなどが配られることになっている。 どうしても米が足りない場合は、イモだけ配られたり最悪配給されないこともあった。 一方で切符制はちょっと複雑。 そして、 その切符で決められた点数以内なら欲しいものを選択して買うことができるという制度だ。 切符の期限は一年間。 例をだそうか。 まず、A君が100ポイント分の切符をもらったとしよう。 A君は、「最近服がもうボロボロになってきちゃったから、シャツは欲しいなあ。 靴下もダメになっちゃったし。 ごはんのおかずに味噌も欲しいな」と考えたとしよう。 交換所に行くと、切符で買えるものにそれぞれポイントがついている。 A君が買いたかったシャツは12ポイント、靴下は7ポイント、味噌5ポイントだった。 合計24ポイントだね。 A君はこの3つを全部買うことにした。 するとまず、A君の持ってる100ポイントから今回のポイント24ポイントが引かれる。 残り76ポイント。 で、そのあと シャツ・靴下・味噌の代金を払う。 ここがポイントね!切符でモノと交換できるんじゃなくて、 切符はあくまで「買う権利」だということ。 代金は別途必要になるんだ。 残ったポイントだけど、次また100ポイント新たに配られるのは一年後。 だから A君は残った76ポイントを上手いことやりくりしなくてはいけないよ。 なんで食料品は切符制じゃないの? 配給制と切符制、わざわざ分けているのには理由がある。 前提として、国はあくまで「計画的な」経済をしようとしている。 例えばシャツなら「大体国民が必要とするシャツはこのくらい、だからだいたいその数ぶん生産して無駄をなくそう」とか考えているのね。 切符制で他に選べる味噌とか砂糖とかもこんな感じで大体必要な量を計算している。 だけど切符制で選べる品目の中に米を入れるとどうなるか。 戦時中でいつどこで何があってもおかしくない状況、そんななかで一番必要なモノと言ったら何か。 シャツ?靴下?味噌? いやいや、 どう考えても 食料。 米やイモが欲しいよね。 だからもし米を切符制にすると国民の中には、「食料がなかったら生きていけないじゃん!切符のポイント全部使って米買おう」と思う人も当然出てくる。 買占めが起こりやすくなってしまうんだ。 これでは国としても計画を立てられなくなってしまう。 だから米は切符制ではなく、配給制にしてある程度平等に行きわたるようにしていたんだよ。

次の

国家総動員法とカジノ法

国家総動員法ブログ

総力戦体制に入るため日本は、国のヒト・モノを良いように動かせるようにしてしまったんだったね。 国家総動員法の影響で、一般国民がふつうの生活をするために必要な「食料」や「生活必需品」も国に統制されることになる。 その代表的なものが、 「配給制」「切符制」という制度だ。 詳しく見ていこう。 戦時中の日本って実は・・・ 第一次近衛内閣によって制定された国家総動員法以降、日本は段階的に「計画経済」になっていった。 この「計画経済」って言葉、どっかの国の話で聞いた覚えがない? そう、 ソ連だよ。 社会主義国家だったソ連は、計画経済を採用していた。 世界恐慌の時も、計画経済だったが為に影響を受けずに経済成長できていたんだったよね。 つまり戦時中の日本は、 社会主義に近い状態だったんだ。 (厳密には国家社会主義、なんて呼ばれる) 当時の日本の官僚たちの中には、世界恐慌でノーダメージだったソ連をみて「もしかして計画経済ってめちゃくちゃ良い仕組みなんじゃね!?」と考える人たちがいた。 日中戦争のせいで資金・物資不足になることが予想されたんで、これを機に官僚たちは社会主義的な、計画経済を推し進めていくことになる。 さて、計画経済では、モノやカネの配分が国によって決められる。 日本は、ソ連みたいに 食料から日用品に至るまで、徹底的に統制を始める。 その代表的なものとして 「配給制」「切符制」というものがあるわけだ。 「配給制」「切符制」の違い まず最初に答えから。 配給制と切符制には、• 配給制=「生きていくのに欠かせない 食料(主に米)」• 切符制=「命に直結しない 日用品 (衣類や砂糖、マッチなど)」 という違いがある。 配給制は具体的に言うと、国からもらえる手帳を持っていれば、米やイモなどを 「無料に近い額で」購入することができるという制度。 原則手帳を持っている人には平等に米やイモなどが配られることになっている。 どうしても米が足りない場合は、イモだけ配られたり最悪配給されないこともあった。 一方で切符制はちょっと複雑。 そして、 その切符で決められた点数以内なら欲しいものを選択して買うことができるという制度だ。 切符の期限は一年間。 例をだそうか。 まず、A君が100ポイント分の切符をもらったとしよう。 A君は、「最近服がもうボロボロになってきちゃったから、シャツは欲しいなあ。 靴下もダメになっちゃったし。 ごはんのおかずに味噌も欲しいな」と考えたとしよう。 交換所に行くと、切符で買えるものにそれぞれポイントがついている。 A君が買いたかったシャツは12ポイント、靴下は7ポイント、味噌5ポイントだった。 合計24ポイントだね。 A君はこの3つを全部買うことにした。 するとまず、A君の持ってる100ポイントから今回のポイント24ポイントが引かれる。 残り76ポイント。 で、そのあと シャツ・靴下・味噌の代金を払う。 ここがポイントね!切符でモノと交換できるんじゃなくて、 切符はあくまで「買う権利」だということ。 代金は別途必要になるんだ。 残ったポイントだけど、次また100ポイント新たに配られるのは一年後。 だから A君は残った76ポイントを上手いことやりくりしなくてはいけないよ。 なんで食料品は切符制じゃないの? 配給制と切符制、わざわざ分けているのには理由がある。 前提として、国はあくまで「計画的な」経済をしようとしている。 例えばシャツなら「大体国民が必要とするシャツはこのくらい、だからだいたいその数ぶん生産して無駄をなくそう」とか考えているのね。 切符制で他に選べる味噌とか砂糖とかもこんな感じで大体必要な量を計算している。 だけど切符制で選べる品目の中に米を入れるとどうなるか。 戦時中でいつどこで何があってもおかしくない状況、そんななかで一番必要なモノと言ったら何か。 シャツ?靴下?味噌? いやいや、 どう考えても 食料。 米やイモが欲しいよね。 だからもし米を切符制にすると国民の中には、「食料がなかったら生きていけないじゃん!切符のポイント全部使って米買おう」と思う人も当然出てくる。 買占めが起こりやすくなってしまうんだ。 これでは国としても計画を立てられなくなってしまう。 だから米は切符制ではなく、配給制にしてある程度平等に行きわたるようにしていたんだよ。

次の