女性 小説 無料。 小説を読もう!

女性に人気の小説を読むなら ベリーズカフェ

女性 小説 無料

船越 圭太は小柄で大人しい性格のためか、中学時代からひどくいじめられていた。 高校入学後も状況は変わらず、今もいじめ集団に囲まれ、トイレで暴行されたり、カツアゲされたり、、、こんな人生嫌だ!もう死のう!! そう思った翌日から、どうも世界がおかしい。 世の中の男が異常に少なくなっている。 学校の生徒も女ばかりで、どうやら僕は知らないうちに異世界に来てしまったようだ。 それでもいじめられキャラは変わらないようで、相変わらずいじめ集団に取り囲まれ様々な嫌がらせが。。 でもこっちの世界のいじめってちょっとエッチな感じなんだけど・・・?どうなる、僕の人生。 しかも必ずしも悪者がバッドエンドを迎えるわけでもありません。 そういう作風が苦手な方はご注意ください。 ちょっとだけヒミツを隠している以外は、至って平凡な女の子だった。 三年前までは。 魔力をほとんど持たない上によびだされたこの世界はおおむね平和。 そうして出逢いから三年たった今、別れの時が迫っていた。 月が満ちる。 本能が溢れ出す。 彼は容易くわたしを手放すだろう。 この世界で恋をしていたのはわたしひとりだった。 全8話にて完結。 その都市を二年間留守にしていた青年イシュムが帰郷する。 彼は評議会商人の一人オーシュムの子息であり、故郷プルトを拠点に新事業を興そうとしていた。 東国イイルタン原産の珍しい原料で作った新銘柄の煙草を売り込もうとしていたのだ。 事業は成功し、巨万の富と権力を得るイシュム。 しかし、プルトを巡る陰謀が、彼を否応なく巻き込んでゆく。 若き煙草王の回りに張り巡らされる姦計。 陰謀の中で体験する数々の性的悦楽。 その行き着く先は、果たして破滅なのか? 砂漠のオアシスを舞台に、淫慾と策謀の熱に彩られた中編官能ファンタジー。

次の

エブリスタで読めるおすすめ書籍化恋愛小説まとめ!切ない大人の女性向け携帯小説

女性 小説 無料

船越 圭太は小柄で大人しい性格のためか、中学時代からひどくいじめられていた。 高校入学後も状況は変わらず、今もいじめ集団に囲まれ、トイレで暴行されたり、カツアゲされたり、、、こんな人生嫌だ!もう死のう!! そう思った翌日から、どうも世界がおかしい。 世の中の男が異常に少なくなっている。 学校の生徒も女ばかりで、どうやら僕は知らないうちに異世界に来てしまったようだ。 それでもいじめられキャラは変わらないようで、相変わらずいじめ集団に取り囲まれ様々な嫌がらせが。。 でもこっちの世界のいじめってちょっとエッチな感じなんだけど・・・?どうなる、僕の人生。 しかも必ずしも悪者がバッドエンドを迎えるわけでもありません。 そういう作風が苦手な方はご注意ください。 ちょっとだけヒミツを隠している以外は、至って平凡な女の子だった。 三年前までは。 魔力をほとんど持たない上によびだされたこの世界はおおむね平和。 そうして出逢いから三年たった今、別れの時が迫っていた。 月が満ちる。 本能が溢れ出す。 彼は容易くわたしを手放すだろう。 この世界で恋をしていたのはわたしひとりだった。 全8話にて完結。 その都市を二年間留守にしていた青年イシュムが帰郷する。 彼は評議会商人の一人オーシュムの子息であり、故郷プルトを拠点に新事業を興そうとしていた。 東国イイルタン原産の珍しい原料で作った新銘柄の煙草を売り込もうとしていたのだ。 事業は成功し、巨万の富と権力を得るイシュム。 しかし、プルトを巡る陰謀が、彼を否応なく巻き込んでゆく。 若き煙草王の回りに張り巡らされる姦計。 陰謀の中で体験する数々の性的悦楽。 その行き着く先は、果たして破滅なのか? 砂漠のオアシスを舞台に、淫慾と策謀の熱に彩られた中編官能ファンタジー。

次の

サイト案内

女性 小説 無料

船越 圭太は小柄で大人しい性格のためか、中学時代からひどくいじめられていた。 高校入学後も状況は変わらず、今もいじめ集団に囲まれ、トイレで暴行されたり、カツアゲされたり、、、こんな人生嫌だ!もう死のう!! そう思った翌日から、どうも世界がおかしい。 世の中の男が異常に少なくなっている。 学校の生徒も女ばかりで、どうやら僕は知らないうちに異世界に来てしまったようだ。 それでもいじめられキャラは変わらないようで、相変わらずいじめ集団に取り囲まれ様々な嫌がらせが。。 でもこっちの世界のいじめってちょっとエッチな感じなんだけど・・・?どうなる、僕の人生。 しかも必ずしも悪者がバッドエンドを迎えるわけでもありません。 そういう作風が苦手な方はご注意ください。 ちょっとだけヒミツを隠している以外は、至って平凡な女の子だった。 三年前までは。 魔力をほとんど持たない上によびだされたこの世界はおおむね平和。 そうして出逢いから三年たった今、別れの時が迫っていた。 月が満ちる。 本能が溢れ出す。 彼は容易くわたしを手放すだろう。 この世界で恋をしていたのはわたしひとりだった。 全8話にて完結。 その都市を二年間留守にしていた青年イシュムが帰郷する。 彼は評議会商人の一人オーシュムの子息であり、故郷プルトを拠点に新事業を興そうとしていた。 東国イイルタン原産の珍しい原料で作った新銘柄の煙草を売り込もうとしていたのだ。 事業は成功し、巨万の富と権力を得るイシュム。 しかし、プルトを巡る陰謀が、彼を否応なく巻き込んでゆく。 若き煙草王の回りに張り巡らされる姦計。 陰謀の中で体験する数々の性的悦楽。 その行き着く先は、果たして破滅なのか? 砂漠のオアシスを舞台に、淫慾と策謀の熱に彩られた中編官能ファンタジー。

次の