シャーレ ポケモン。 【以心伝心】ポケモン実況者ウルトラタッグバトル「最下位決定戦」が激アツで面白すぎる件wwwww

シャーレとは (シャーレとは) [単語記事]

シャーレ ポケモン

曖昧さ回避• シャーレ…の細菌学者ペトリによって開発された器具。 浅い2枚のの皿。 シャーレ()… の対潜をしている。 記事下部で記述。 シャーレ()とは、シのをしているである。 概要 投稿動画 より、 【】Uと勝ちたいレート 1を。 第4世代の準のうちの1匹「」をこよなくており、においては必ずPT入りしている。 当人のはいのような形をした。 を駆使した 踊るや大会における & 等、界ではしい 技術を使用したOP、で挿入される、後り時に発表される形式でのレート 発表など、 対戦以外での遊び心が多い編集が特徴。 また、「S族統一」や「 のに使用したものに色を付けたもの 」等、変則的なもしている。 では、では、ではと、 をした全てに おいて大会に誘われている ではしている ことからも、実はかなりのもの。 より開催される、 全決定戦に参戦した。 以バレ 他のにべて、「人格破綻者は少ないが、純な強者が多い」に配属される。 「被りが許されない」というがある本大会において、 上の理由からパー、鋼、という汎用性の高いを固定した状態でPTを作成している。 予選では初戦でがを外す等のに見舞われるも、1on1にて なっさけないを出す使いベルンや の中でぎりの人格破綻者キを下し決勝に進出。 初戦では、双方で高い実 とを見せつける氏と対戦。 が勝負所で凍るという と給湯器のが沸くがあるも、最終的には危なげなく。 準決勝では偏者である氏と対戦。 続く3位決定戦ではぎりの時間を誇る氏と対戦。 「選出できなかったを活躍させる」と息巻いて対戦に望むも、結果として初手のに翻弄されることとなってしまった。 全体での結果は4位。 第1戦 動画の進行 基本的に• 軽いPT紹介• レート表示• あとり となっていることが多い。 レート表示は、編の通常回のみ 編は下記特別回しかされていないので、通常回で どうなるかは不明。 後りの際には、「感~」の の変 を言うことが多い。 では選出、初手に据えたの理由は表示されるが、振りなどの細かな調整は軽くしか 表示されない 詳細な説明はまずないが、大会だけは勝敗に直結する為か詳細な数値と根拠が表示される。 これはにおいても同じで、詳しい調整はから計算するしかない。 じゃあ調整がお粗末かというと むしろその逆で、ではそのずば抜けた調整とそれが悉くハマる様 から 「の」という渾名がついた。 はにされた 【】 Uの気まぐれぽーと 1 【臆病】の をしている。 「全ての性格のを使う」というであり、普段のレートとは別のとなるようだ。 並行して通常回がされるかは不明。 対戦 上記の通り、 PTには必ずが入る。 はよく「」 と形容されるのをしているが、それを覆す アタッで運用することが多い。 おかげで「過ぎて使い方の参考にならない」なんても多々。 人物 対戦 窮地に陥った時や緊から取り乱すことがほとんどない。 狽した姿を見せることも多々ある中、状況や選出の不利を踏まえた上で冷静に状況を解説していることが多い 表示からは「この時っていた」という表示があったりもするが、からはあまり動揺が感じられない。 まあ、流石に大会で「7割で勝敗が決する」という時など、分嶺の時には狽えているが。 対戦以外。 では自身の孵化ののなどを結構な頻度で通知していたりと、そのの入れようは対戦に勝るとも劣らない。 使用はの他に、等。 本人く 「中速帯で・耐性がある子は性的に好きで、機物系の子は見た的に好き」らしい。 的にはは6位ぐらいに好きなんだそう(尚、 「~5位は の 5倍が好き 」とのこと)。 他にはやが見た的に好きなのだとか。 上記の通り、競合がめく大でも普段と変わらないであることが多いが、 その実、 対戦相手の心を抉るようなアオの高いをつけていることが多い をしていた対戦相手に 「めんせつかん」 、不順で本土に帰れず予定が狂った対戦相手に「おが」等。 尚、シャーレの由来は番号の0番 の図鑑番号 から。 謎生物 のとなっているのような。 の中ではエンマになってたりになってたり めっちゃいっぱいいたりと、設定は覚束ない。 のく「設定がバ」らしい 本人もでそれを聞いて笑っていたので、多分でバなのだろう。 編最新話ではに合わせて表情が変化するなど、かなりの入った編集をされている。 Uと勝ちたい全決定戦では、とうとう を生身で遊泳可ということが判明した。 い話がとを足したを持つ。 関連動画 編 1発 編1発 関連コミュニティ 本人のが出た為掲載 関連項目 シャーレ•

次の

培養シャーレの実験室

シャーレ ポケモン

曖昧さ回避• シャーレ…の細菌学者ペトリによって開発された器具。 浅い2枚のの皿。 シャーレ()… の対潜をしている。 記事下部で記述。 シャーレ()とは、シのをしているである。 概要 投稿動画 より、 【】Uと勝ちたいレート 1を。 第4世代の準のうちの1匹「」をこよなくており、においては必ずPT入りしている。 当人のはいのような形をした。 を駆使した 踊るや大会における & 等、界ではしい 技術を使用したOP、で挿入される、後り時に発表される形式でのレート 発表など、 対戦以外での遊び心が多い編集が特徴。 また、「S族統一」や「 のに使用したものに色を付けたもの 」等、変則的なもしている。 では、では、ではと、 をした全てに おいて大会に誘われている ではしている ことからも、実はかなりのもの。 より開催される、 全決定戦に参戦した。 以バレ 他のにべて、「人格破綻者は少ないが、純な強者が多い」に配属される。 「被りが許されない」というがある本大会において、 上の理由からパー、鋼、という汎用性の高いを固定した状態でPTを作成している。 予選では初戦でがを外す等のに見舞われるも、1on1にて なっさけないを出す使いベルンや の中でぎりの人格破綻者キを下し決勝に進出。 初戦では、双方で高い実 とを見せつける氏と対戦。 が勝負所で凍るという と給湯器のが沸くがあるも、最終的には危なげなく。 準決勝では偏者である氏と対戦。 続く3位決定戦ではぎりの時間を誇る氏と対戦。 「選出できなかったを活躍させる」と息巻いて対戦に望むも、結果として初手のに翻弄されることとなってしまった。 全体での結果は4位。 第1戦 動画の進行 基本的に• 軽いPT紹介• レート表示• あとり となっていることが多い。 レート表示は、編の通常回のみ 編は下記特別回しかされていないので、通常回で どうなるかは不明。 後りの際には、「感~」の の変 を言うことが多い。 では選出、初手に据えたの理由は表示されるが、振りなどの細かな調整は軽くしか 表示されない 詳細な説明はまずないが、大会だけは勝敗に直結する為か詳細な数値と根拠が表示される。 これはにおいても同じで、詳しい調整はから計算するしかない。 じゃあ調整がお粗末かというと むしろその逆で、ではそのずば抜けた調整とそれが悉くハマる様 から 「の」という渾名がついた。 はにされた 【】 Uの気まぐれぽーと 1 【臆病】の をしている。 「全ての性格のを使う」というであり、普段のレートとは別のとなるようだ。 並行して通常回がされるかは不明。 対戦 上記の通り、 PTには必ずが入る。 はよく「」 と形容されるのをしているが、それを覆す アタッで運用することが多い。 おかげで「過ぎて使い方の参考にならない」なんても多々。 人物 対戦 窮地に陥った時や緊から取り乱すことがほとんどない。 狽した姿を見せることも多々ある中、状況や選出の不利を踏まえた上で冷静に状況を解説していることが多い 表示からは「この時っていた」という表示があったりもするが、からはあまり動揺が感じられない。 まあ、流石に大会で「7割で勝敗が決する」という時など、分嶺の時には狽えているが。 対戦以外。 では自身の孵化ののなどを結構な頻度で通知していたりと、そのの入れようは対戦に勝るとも劣らない。 使用はの他に、等。 本人く 「中速帯で・耐性がある子は性的に好きで、機物系の子は見た的に好き」らしい。 的にはは6位ぐらいに好きなんだそう(尚、 「~5位は の 5倍が好き 」とのこと)。 他にはやが見た的に好きなのだとか。 上記の通り、競合がめく大でも普段と変わらないであることが多いが、 その実、 対戦相手の心を抉るようなアオの高いをつけていることが多い をしていた対戦相手に 「めんせつかん」 、不順で本土に帰れず予定が狂った対戦相手に「おが」等。 尚、シャーレの由来は番号の0番 の図鑑番号 から。 謎生物 のとなっているのような。 の中ではエンマになってたりになってたり めっちゃいっぱいいたりと、設定は覚束ない。 のく「設定がバ」らしい 本人もでそれを聞いて笑っていたので、多分でバなのだろう。 編最新話ではに合わせて表情が変化するなど、かなりの入った編集をされている。 Uと勝ちたい全決定戦では、とうとう を生身で遊泳可ということが判明した。 い話がとを足したを持つ。 関連動画 編 1発 編1発 関連コミュニティ 本人のが出た為掲載 関連項目 シャーレ•

次の

【お疲れ様】ポケモン実況者「ひかな」さん、ポケモン界隈の活動を休止すると発表 実況者大会が最後の動画になるかも?

シャーレ ポケモン

ボール用語解説 ・モンボ…モンスターボールの事です。 ・サファリ…サファリボールの事です。 迷彩柄のボール ・コンペ…コンペボールの事です。 モンボ上部に白いモンボマークが付いているボール ・ドリーム…ドリームボールの事です。 ピンク色で上部が濃いピンクのボール ・ウルトラ…ウルトラボールの事です。 青色で黄色のツメがあるボール ・店売り…スーパーボール、ハイパーボール、プレミアボール、リピートボール、タイマーボール、ネストボール、ネットボール、ダイブボール、ゴージャスボール、ヒールボール、クイックボール、ダークボール、以上12種類のボールの事を示しています。 ・ガンテツ…レベルボール、ルアーボール、ムーンボール、フレンドボール、ラブラブボール、ヘビーボール、スピードボール、以上7種類のボールの事を示しています。 判定終了。 逃すことを推奨します。 判定終了。 判定終了。 要備考確認。 逃すことを推奨します。 逃すことを推奨します。 要備考確認。 判定終了。 判定終了。 要備考確認。 逃すことを推奨します。 逃すことを推奨します。 判定終了。 逃すことを推奨します。 要備考確認。 判定終了。

次の