万引き。 「万引き」イコール「窃盗犯」 [防犯] All About

万引き家族

万引き

Shoplifting is a crime! 万引きは犯罪! (ショップリフティング イズ ア クライム) 「万引き」(行為と人)という言葉がなにやら軽いイメージがあるのでしょうか、罪悪感がないようです。 では万引き行為を 「窃盗」、万引きをする人を 「窃盗犯」と言ったらどうでしょうか? 人のものを盗むことは 「窃盗の罪」、10年以下の懲役刑なのです。 詳しくはをご覧ください。 《Contents》 ・万引きに線引き?/対応に苦慮/万引きは致命的/万引きは盗癖!…… p. 1 ・万引きの先行き/親の役割/万引き事例ケース1.男子小学生…… ・万引き事例ケース2.女子中学生/親が親なら/ケース3.中年男性…… ・ タレントは万引き体験を軽々しく言うべきではない!/万引きをさせない!/法律ワンポイントチェック…… 万引きに線引き? 安い金額の品であっても、店側からすれば大切な商品です。 品物の値段は単純に仕入れ値だけではありません。 人件費をはじめとする様々な経費がかかっているのです。 定価はそれらに利益を足した金額になるわけですが、商品を盗まれることは店からすれば現金が盗まれたのと同じことです。 「現金」を盗めば「泥棒」です。 商品なら許されるということはありえないのです。 しかしながら、現実問題として安い金額の商品の場合、商品代金を支払ってもらったり、反省文や始末書のようなものを書かせるなどして、店内で処理してしまえば、警察に知らされることはありません。 警察白書などで年間の万引き件数などを知ることができますが、それはあくまでも「警察が認知した件数」であって、実際に起きた件数ではありません。 実際の発生件数は警察が認知した何倍にもなることでしょう。 微細な事件だからと、警察をわずらわせるのも気が引けるものですが、そうして「万引きをしても警察には知らされない」ということになると、むしろ「なめられて」しまい、万引きが減るわけもなく、それどころか「あの店は甘い」という評判が立ってしまい、ますます狙われてしまうでしょう。 対応に苦慮 とはいっても、あまりにも老若男女問わずに、万引き事犯が発生しているので、店側としても対応に苦慮しています。 万引き犯人に気を取られて仕事にならないのも事実です。 非建設的な仕事で、気分も決して楽しいものではなく、犯人に逆恨みをされることに脅えたり、捕まえても後味が悪いものです。 アルバイト店員の中には、見て見ぬふり、知らぬふりをするという責任感のない低い意識の人がいる場合もあるようです。 昨年の東京駅コンビニエンスストアで万引きした犯人を追った店長が、逆に犯人にナイフで刺殺された事件などもあり、難しい点ではあります。 店としては、万引きに対してどのように方針をたてているか、どのような社員教育をするか、といったようなことをはっきりさせておくことが必要でしょう。 万引きは致命的 万引き被害があれば、在庫と帳簿が一致しません。 どのようなお店でもある程度の万引きによる損失を計上しているものですが、本来その商品を売ったときに入るはずの現金が入ってこないのですから、被害が甚大になれば帳簿上は黒字であっても、実際には赤字になることは十分あり得るのです。 「万引き倒産」という言葉が、とくに書店業界ではあるように、その店を破綻させることにもなるのですから、決して小さな犯罪や被害とは言えません。 万引きは盗癖! 代金を支払わずに商品を手に入れてしまえば、お金を支払って商品を買うことがばからしくなってしまうでしょう。 一度やって見つからなければ二度、三度。 そして、さらに盗む技術が向上して、巧妙、悪質化、高額なものになっていくでしょう。 万引きはクセになる…。 万引きは 「盗癖」すなわち「盗みぐせ」なのです。 万一、捕まっても、泣いて許しを請うてみたり、体調だの家庭の事情だの色々な言い訳を言って、許されてしまえば、きっとまたやるでしょう。 店内で処理されれば、警察に通報されなければ、いつかどこかで警察に突き出されても「初犯」ということになってしまいます。 手口や態度を見れば、常習犯であることはわかるものですから、必ず警察に突き出すことです。 もちろん、本当に初めてで捕まったとしても、初期に捕まればその後、再犯の可能性も低くなるかも知れません。 「人のものを盗む」という明らかな犯罪なのです。 お金を盗んだわけじゃないから許されるというものでもないのです。

次の

万引きで逮捕されたらどうなるの?逮捕される確率や逮捕後の流れを解説|刑事事件弁護士ナビ

万引き

万引き家族 Shoplifters 監督 脚本 是枝裕和 原案 是枝裕和 製作 出演者 音楽 撮影 編集 是枝裕和 制作会社 製作会社 AOI Pro. 配給 ギャガ 公開 2018年 2018年 2018年 2018年 2018年 2018年 2018年 上映時間 120分 製作国 言語 興行収入 45. 5億円(2019年1月時点) 9700万元(約15. 6億円) 『 万引き家族』(まんびきかぞく、英題: Shoplifters)は、公開の日本映画。 実際にあった、親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の事件をもとに、構想10年近くをかけて作った。 日本国内での公開に当たっては、のレイティング指定がなされている。 において、最高賞であるを獲得した。 日本人監督作品としては、1997年の監督『』以来21年ぶり。 脚本段階では子どもに「お父さん」「お母さん」と呼んでほしいと願う主人公の想いが重点的に描かれており、撮影中につけられていた映画のタイトルは『万引き家族』ではなく『声に出して呼んで』だった。 あらすじ [ ] 東京の下町に暮らす柴田治とその妻信代は、息子の祥太、信代の妹の亜紀、そして治の母の初枝と同居していた。 家族は治と信代の給料に加え、初枝のと、治と祥太が親子で手がけるで生計を立てていた。 しかし初枝は表向きはということになっており、同居人の存在自体が秘密だった。 5人は社会の底辺で暮らしながらも、いつも笑顔が絶えなかった。 ある冬の日、治は近所の団地の1階にあるバルコニー状の外廊下で、ひとりの幼い女の子が震えているのを見つけ、見かねて連れて帰る。 夕食後、「ゆり」と名乗るその少女を家へ帰しに行った治と信代は、家の中から子どもをめぐる諍(いさか)いの声を聞く。 結局「ゆり」は再度柴田家に戻された。 体中の傷跡など「ゆり」にの疑いがあることを見つけた信代は彼女と同居を続けることを決め、「ではないか」という亜紀 に対して「脅迫も身代金の要求もしていないからこれは誘拐ではなく保護だ」と主張、「ゆり」は柴田家の6人目の家族となった。 その矢先、治は職場で負傷して仕事ができなくなる。 あてにしたは下りなかった。 連れ帰ってから2か月経っても「ゆり」に捜索願が出た形跡はなかったが、やがてテレビで失踪事件として報じられるところとなって、柴田家の一同は彼女の本当の名前が「北条じゅり」であることを知る。 一家は発覚を遅らせるべく「ゆり」の髪を切って「りん」という呼び名を与え、祥太の妹ということにした。 回復した治は仕事に戻ることなく、祥太との万引きを「りん」に手伝わせる。 柴田家の面々は表向きは普通の家族として暮らしながら、治と祥太の万引き以外にも、初枝はパチンコ店で他の客のを大胆にネコババし、祥太は「りん」を連れて近所の駄菓子屋で万引きを働き、信代はクリーニング店で衣服のポケットから見つけたアクセサリーなどをこっそり持ち帰るなど、亜紀を除く全員がなんらかの不正や犯罪に手を染めていた。 一方、「りん」と柴田家の絆は次第に深まっていった。 夏を迎える頃、祥太はいつもの駄菓子屋で「りん」に万引きをさせたところ、年老いた店主からお菓子を与えられ「妹にはさせるなよ」という言葉をかけられた。 そんな折、信代は勤め先から自分と同僚のどちらかの退職を迫られ、同僚との話し合いで「行方不明になっている女児(「りん」のこと)を連れているのを見た」と脅されて退職を余儀なくされる。 一方初枝は前夫(作中では故人)が後妻との間にもうけた息子夫婦が住む家を訪れ、前夫のの供養ついでに金銭を受け取っており、それが年金以外の収入「慰謝料」の正体であることがうかがわれた。 そして初枝が義理の娘として同居している亜紀は実はこの息子夫婦の娘であることが明らかになる。 夫婦は亜紀は海外留学中ということにしており、初枝と同居していることは「知らない」こととしていた。 また亜紀には妹がいて、その名前は亜紀の源氏名と同じ「さやか」であることが明らかになる。 その頃、「さやか」として性風俗店で勤務していた亜紀は常連客である「4番さん」とひそかに心を通わせていた。 夏になり、一家は海水浴に出かけ団欒を満喫する。 「家族」の姿を楽しそうに眺める初枝であったが、その言動にはどこかおかしいところがあり病気からくるを思わせた。 ほどなくして初枝は自宅で死去する。 治と信代は自宅敷地内に初枝の遺体を埋め、「最初からいなかった」ことにした。 信代は死亡した初枝の年金を不正に引き出す。 家の中から初枝のを見つけだして大喜びする治と信代を、祥太は無言で見つめていた。 祥太は治から「店の商品は、誰のものでもない(から取っても構わない)」と教えられていた。 だが、治のパチンコ店でのに同行した際に、「これは誰かのものではないの」と尋ね、積極的に手伝おうとしなかった。 少しのち、祥太は「りん」と駄菓子屋に行ったが、「」の紙が貼られ、閉店していた。 その次に入った別のスーパーマーケットにおいて、「りん」が自らの意思で万引きを働こうとしたところ、それを見た祥太は「りん」から注意を逸らすためにわざと目立つようにミカンを万引きして逃走。 店員の追跡をかわそうとするも高所から飛び降りた際に足を負傷、入院する。 一部始終を見届けた「りん」は治たちのもとに急ぐが、柴田家4人は祥太を捨て置き逃げようとしたところを警察に捕まり、これをきっかけにして家族は解体されてしまう。 「りん」は本来の親のもとに戻され、それ以外の3人は取り調べを受けた。 入院中の祥太も警察官に事情を聴取され、その際に他の家族が逃げようとしたことを伝えられる。 取り調べの中で、治と信代は過去に殺人を犯していた こと、治は初枝の実際の息子ではなく前述の事情を抱えた彼を同居人として息子同然に迎え入れていたこと、祥太は治や信代に連れてこられたこと、治・信代・祥太らの名前は本名ではない ことなどが明らかになる(つまり、"柴田家"は全員がにない疑似家族であった)。 信代は一家が抱えた犯罪はすべて自分の犯行として刑に服し、祥太は施設に入り、治は一人暮らしとなった。 かつての自宅を訪れた亜紀は、もぬけの殻となった屋内をしばし眺めていた。 治は信代の依頼で祥太を連れて刑務所に面会に行く。 面会の場で信代は祥太に、治が松戸市にあるパチンコ店の駐車場で車上荒らしをしようとした際に、密閉された車内に置き去りにされてぐったりしていた幼い祥太を助けて連れてきたことをその自動車の情報を交えて伝え、情報を手掛かりに「その気になれば本当の両親に会える」と話す。 その夜、祥太は治の家に泊まり、自分を置いて逃げようとしたことの真偽を治に問うと、治はそれを認めて「おじさんに戻る」と答えた。 翌朝、祥太はバス停での別れ際に「自分はわざと捕まった」と治に話す。 バスを追いかける治を車内から見つめる祥太は、治に向かって何かを呟いた。 一方、本当の両親のもとへ戻された「じゅり」は、再び虐待の被害者になっていた。 ある日、治に発見されたときと同じ外廊下で独り遊びをしていたところ、ふと何かに気付いたように塀から身を乗り出しつつ見入る「じゅり」もまた、何かを呟こうとしていた。 キャスト [ ] 柴田治 演 - 本作の主人公である東京の下町に暮らす日雇い労働者。 柴田信代 演 - 治の年若い妻。 クリーニング店工場のパート従業員。 柴田亜紀 演 - 信代の妹。 JK見学店に勤務し「さやか」という源氏名を使用している。 柴田祥太 演 - 治の息子。 学校には通っておらず治とタッグを組んで万引きをしている。 愛読書は国語の教科書に掲載されている「スイミー」。 ゆり(りん、北条じゅり) 演 - 治が柴田家に連れて帰ってきた少女。 両親からはなどの児童虐待を受けている。 柴田初枝 演 - 治の母。 年金受給者であり、夫とはすでに離婚している。 4番さん 演 - 亜紀が勤務する性風俗店の常連客。 があり亜紀には筆談で意思を伝える。 柴田譲 演 - 亜紀の本当の父親。 初枝の元夫と後妻との間の子。 柴田葉子 演 - 亜紀の本当の母親。 柴田さやか 演 - 亜紀の本当の妹。 高校2年生。 北条保 演 - ゆりの父。 希とゆりに対しを働いている。 北条希 演 - ゆりの母。 保からDVを受ける一方でゆりに対しネグレクトをしている。 JK見学店 店長 演 - 亜紀が勤務する性風俗店の店長。 根岸三都江 演 - 信代が勤務するクリーニング店の同僚。 クリーニング店 店主 演 - 信代が勤務するクリーニング店の店主。 山戸頼次 演 - 柴田家の近隣にある駄菓子屋の店主。 米山 演 -。 日雇い派遣の管理者 演 - 治の日雇い労働の管理者。 正社員。 前園巧 演 - 警察官。 宮部希衣 演 - 警察官。 ニュースキャスター 演 - ニュースキャスター 演 - スタッフ [ ]• 監督・脚本・編集 -• 製作 - 、、• プロデューサー - 松崎薫、代情明彦、• アソシエイトプロデューサー - 大澤恵、小竹里美• 撮影 -• 照明 - 藤井勇• 録音 -• 美術 - 三ツ松けいこ• 装飾 - 松葉明子• 衣装 -• ヘアメイク - 酒井夢月• 音響効果 -• 音楽 -• 助監督 - 森本晶一• キャスティング - 田端利江• 制作担当 - 後藤一郎• ラインプロデューサー - 熊谷悠• 製作 - 、、• 製作プロダクション - AOI Pro. 配給 - ギャガ ロケ地 [ ] 主な舞台はである。 ジョイフル三ノ輪商店街も登場している。 リリー・フランキーによると、柴田家として使用された民家はセットではなく、実在する廃屋である。 海水浴の場面はので撮影された。 受賞 [ ] 国内 [ ]• 第10回• 最優秀作品賞• 最優秀女優賞「 」「 」• 第42回• 山路ふみ子女優賞「安藤サクラ」• 第13回• アクター・オブ・ザ・イヤー賞「」• フィルム・ディレクター・オブ・ザ・イヤー賞「」• 第4回 シネマアワード• エル シネマ大賞• 第43回• 助演女優賞「 」• 第36回• 優秀銀賞• 第40回• 主演女優賞「安藤サクラ」• 助演女優賞「松岡茉優 」• 第31回• 作品賞• 主演女優賞「安藤サクラ」• 助演女優賞「樹木希林 」• 最優秀作品賞• 最優秀監督賞「是枝裕和」• 最優秀脚本賞「是枝裕和」• 最優秀主演女優賞「安藤サクラ」• 最優秀助演女優賞「樹木希林 」• 最優秀音楽賞「」• 最優秀撮影賞「」• 最優秀照明賞「」• 優秀主演男優賞「リリー・フランキー」• 優秀助演女優賞「松岡茉優」• 優秀美術賞「」• 優秀録音賞「」• 優秀編集賞「是枝裕和」• 第61回• 助演女優賞「松岡茉優 」• 第43回• 特別賞「万引き家族」製作チーム• 第73回• 日本映画大賞• 女優主演賞「安藤サクラ」• 女優助演賞「樹木希林」• 第28回• 作品賞• 主演男優賞「リリー・フランキー」• 主演女優賞「安藤サクラ」• 助演女優賞「松岡茉優」• 第14回• 日本映画 作品賞ベストテン 第2位• 第92回• 日本映画ベスト・テン 第1位• 主演女優賞「安藤サクラ」• 読者選出 日本映画監督賞「是枝裕和」• 読者選出 日本映画ベスト・テン 第1位• 第23回• 日本映画作品賞 第2位• 日本映画監督賞「是枝裕和」• 日本映画助演女優賞「樹木希林 」• 日本映画ベストインパクト賞「樹木希林 」• 2018年度 全国映連賞• 日本映画作品賞• 監督賞「是枝裕和」• 女優賞「安藤サクラ」• 2018年度• 映画部門「」• 2018年 日本映画ペンクラブ賞• 2018年度ベスト映画 日本映画部門 第1位• 第38回• 藤本賞「是枝裕和」 国外 [ ] 受賞とノミネートの一覧 年 賞 部門 候補者 結果 参照 2018年 受賞 ミュンヘン国際映画祭 アリ・オスラム賞(外国語映画賞) 是枝裕和 受賞 アンタルヤ国際映画祭 監督賞 是枝裕和 受賞 バンクーバー国際映画祭 外国長編映画観客賞 是枝裕和 受賞 最優秀長編映画賞 松崎薫、代情明彦、田口聖 受賞 監督賞 是枝裕和 ノミネート 脚本賞 ノミネート 外国インディペンデント映画賞 是枝裕和 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 受賞 ニューメキシコ映画批評家協会賞 助演女優賞 安藤サクラ 受賞 『万引き家族』 受賞 『万引き家族』 ノミネート 作品賞 『万引き家族』 次点 『万引き家族』 受賞 主演女優賞 安藤サクラ 次点 アンサンブル・キャスト賞 受賞 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 第3位 作品賞 『万引き家族』 第8位 監督賞 是枝裕和 第7位 外国語映画賞 『万引き家族』 受賞 監督賞 是枝裕和 ノミネート 助演女優賞 安藤サクラ 受賞 2019年 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 作品賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 ノミネート FIPRESCI賞 『万引き家族』 受賞 『万引き家族』 第3位 外国語映画賞 『万引き家族』 受賞 () 作品賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 主演女優賞 安藤サクラ 受賞 助演女優賞 樹木希林 ノミネート オリジナル脚本賞 是枝裕和 ノミネート アンサンブル賞 受賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 受賞 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 作品賞 『万引き家族』 受賞 音楽賞 受賞 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:00 - 23:30 150分 12. 本編ノーカット放送。 番組の冒頭と最後に監督のコメント映像が入り、最新作「真実」が紹介され、メイキング映像が本編終了後に放送された。 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 亜紀だけは初枝により収入を家に入れなくてもよいことになっていた。 後の警察の取り調べでは、治も亜紀と同じ主張をしたと供述している。 もともと治と信代はホステスとその常連客という関係であり、信代は前夫からを受けていたため治と共謀し正当防衛の名のもとにこの前夫を殺害、治は信代をかばって罪を背負い執行猶予つきの実刑判決を受けていた。 警察官は治の本名を「えのきしょうた」、信代の本名を「たなべゆうこ」と述べている。 地上波放送の際の字幕では「榎木祥太」及び「田辺由布子」と表記されている。 亜紀が両親の元に戻ったかどうかは明示されていない。 『』と合わせての受賞。 『』『 結び』『』と合わせての受賞。 『ちはやふる 結び』『blank13』と合わせての受賞。 『ちはやふる 結び』と合わせての受賞。 出典 [ ]• - 2019年2月11日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年1月29日. 2020年3月14日閲覧。 シネマトゥデイ 2018年1月5日. 2018年2月14日閲覧。 ヒタナカ 2018年6月8日. 2018年8月4日閲覧。 シネマトゥデイ 2018年5月20日. 2018年5月20日閲覧。 Movie Walker 2018年6月7日. 2019年2月11日閲覧。 - とれたてフジテレビ(2018年6月3日・10日)• - The Fashion Post(2018年5月29日)• まんたんウェブ. 2018年10月4日. 2018年10月4日閲覧。 com. 2018年10月23日. 2018年10月23日閲覧。 GQ JAPAN 2018年11月21日. 2019年6月15日閲覧。 ELLE. 2018年11月26日. 2018年11月27日閲覧。 スポーツ報知. 2018年11月28日. 2018年11月28日閲覧。 com. 2018年12月1日. 2018年12月1日閲覧。 ヨコハマ映画祭. 2018年12月1日. 2018年12月1日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年12月4日. 2018年12月4日閲覧。 公式サイト. 日本アカデミー賞協会. 2019年3月2日閲覧。 スポーツ報知. 2019年1月21日. 2019年1月21日閲覧。 まんたんウェブ. 2019年1月21日. 2019年1月21日閲覧。 映画ナタリー. 2019年1月23日. 2019年1月23日閲覧。 映画ナタリー. 2019年1月30日. 2019年1月30日閲覧。 2019年3月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年2月1日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月4日. 2019年2月4日閲覧。 日本インターネット映画大賞ブログ 2019年2月6日. 2019年2月7日閲覧。 日本インターネット映画大賞ブログ 2019年2月5日. 2019年2月7日閲覧。 全国映連. 映画鑑賞団体全国連絡会議 2019年2月18日. 2019年2月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年1月10日. 2019年3月11日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年4月26日. 2019年4月28日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年7月8日. 2018年7月8日閲覧。 映画ナタリー. 2018年10月6日. 2018年10月6日閲覧。 バンクーバー経済新聞. 2018年10月16日. 2018年11月8日閲覧。 2020年1月19日閲覧。 Brown, Mark 2018年10月31日. 2010年1月19日閲覧。 2018年12月3日. 2020年1月19日閲覧。 2018年12月7日. 2020年1月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年12月10日. 2018年12月10日閲覧。 2018年12月7日. 2020年1月19日閲覧。 IMDb. 2020年1月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年12月20日. 2018年12月20日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年12月7日. 2018年12月7日閲覧。 共同通信. 2019年1月13日. 2019年1月13日閲覧。 International Cinephile Society. 2020年1月19日閲覧。 com. 2019年1月11日. 2019年2月12日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年2月24日. 2019年2月24日閲覧。 com. 2019年1月22日. 2019年1月22日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2019年2月25日. 2019年2月25日閲覧。 Avisen. 2020年1月19日閲覧。 フジテレビ. 2019年7月7日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

万引きは起訴される?逮捕後の流れや、不起訴・起訴猶予の確率に迫る。初犯は不起訴?

万引き

C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. でも、もし選択の自由があったら? 虐待する親と、愛情かけて万引きをやらせる親。 あなたはどちらと一緒に暮らすだろう? 劇中、治(リリー・フランキー)が不憫に思って家に連れ帰る5歳の少女は、虐待する実親の元へ戻らず、治たち家族の一員になる道を選ぶ。 一方、治の息子の祥太(城桧吏)は、治に指南された万引きの正当性に疑問を持ち始めたことから、「この家族と同じ価値観を共有していけるだろうか?」と迷うようになる。 大人の不正と、自身の心に芽生えた正義感の間で揺れる祥太の葛藤は、ダルデンヌ兄弟監督の「イゴールの約束」で、違法外国人労働者の売人をする父を手伝う少年イゴールが体験するものに似ている。 イゴールも祥太も、汚れ仕事以外に生きる術を知らない大人の保護下で、自分はどう生きるべきかを自問する。 これは、そんな少年の成長と選択を描く超一級の思春期映画だ。 おそらく是枝裕和監督作品の中では、「誰も知らない」の遺伝子をいちばん多く受け継いでいるだろう。 しかし、児童虐待から独居老人まで、いまどき日本の社会問題を6人の登場人物に背負わせた群像劇でもあるこの映画には、さらなる是枝的要素が混ざり合っている。 子どもたちを愛し、愛される親になろうと奮闘する治と信代(安藤サクラ)の物語は、「そして父になる」の続編だ。 また、法律的な善人が犯す悪(少女の親による虐待)と、法律的な悪人が成す善(治による虐待児の保護)を対比させた点は、「三度目の殺人」の流れを汲んでいる。 まさしく集大成だ。 この映画の創作を思い立ったとき、「犯罪でしかつながれなかった」というキャッチコピーを最初に思い浮かべたという是枝監督は、「この家族が何でつながっているか?」という問いを見る側にも投げかける。 私に見えた答えは「不安」だ。 6人はそれぞれの不安を埋め合うように肩寄せ合って暮らし、同時に秘密が露見することに対する不安を共有している。 そして、最も幸せな瞬間にもそれは消えることがない。 その心象風景を、寒色で表現した映像が素晴らしい。 (矢崎由紀子) (外部リンク) 2018年6月7日 更新.

次の