カケラ 湊 かなえ - 『カケラ』(湊かなえ)の感想(215レビュー)

湊 かなえ カケラ 【感想】小説 「カケラ」

湊 かなえ カケラ 湊かなえさん『カケラ』は「自分が幸せになるための美とは? 何度も考えて物語が生まれました」

湊 かなえ カケラ 【感想】小説 「カケラ」

『カケラ』(湊かなえ)の感想(215レビュー)

湊 かなえ カケラ 『カケラ』湊かなえ待望の新作!見た目をテーマに、人間の暗部を炙り出す長編ミステリ

湊 かなえ カケラ 湊かなえ/カケラ

湊 かなえ カケラ 「カケラ」 湊かなえ

湊 かなえ カケラ 『カケラ』(湊かなえ)の感想(215レビュー)

湊 かなえ カケラ 【感想】小説 「カケラ」

湊 かなえ カケラ 「カケラ」(湊かなえ)ネタバレあらすじと感想結末/ドーナツに囲まれて他界した少女を追い詰めたのは

湊 かなえ カケラ 湊かなえ『カケラ』を読んだ感想

湊かなえ『カケラ』を読んだ感想

【感想】小説 「カケラ」 /湊かなえ|霖|note

物語は美容クリニックの医師である橘久乃が7人の登場人物の話を聞いていく形で進んでいくのですが、橘久乃が会話している場面はほとんどなく、登場人物たちの独白で進んでいきます。

  • いや、そうでもないか。

  • 今作は美容整形がテーマとなっていますが、それにとどまらず、個性とは何か、美しいこと、痩せていることが良いことなのか、自分の固定観念を押し通さず柔軟に他人を受け入れる大切さなどいろいろと考えさせられる作品になっていると思います。

  • むしろ、全体の割合から見ると、少ない方です。

湊かなえ『カケラ』あらすじと感想!美醜とは正解のないパズルのピースである

裂けた袋からは、砂が溢れ出す。

  • でも、自分が正しいと疑わない基準を他者に押しつける時、人は悪意をぶつける時よりも、相手への想像力に欠けてしまうのかもしれません」 毎年のように話題作を連発する多作ぶりだが、意外にも、物語の種を書き留める創作ノートは持たないという。

  • メーカーが作るものだと思ってたでしょ。

  • でも、どうしてこの少女はこんなことで死なないといけなかったの? 読み終わったあと、イヤな気持ちになるかもしれません。

「カケラ」 湊かなえ を読んで。

章ごとに語り手が変わります。

  • 幼なじみいわく、八重子には娘がいて、その娘は、高校二年から徐々に学校に行かなくなり、卒業後、ドーナツがばらまかれた部屋で亡くなっているのが見つかったという。

  • 「大量のドーナツに囲まれて自殺した女の子」というパワーワード。

  • 作品紹介・あらすじ 美容クリニックに勤める医師の橘久乃は、久しぶりに訪ねてきた幼なじみから「やせたい」という相談を受ける。

カケラ 湊かなえ

子どもの写真の話、忘れて。

  • だけど、結婚してしばらく経った頃にハッと気付いたの。

  • と思ってしまいました。

  • 今度は腰に手じゃなくて、ヒモみたいなものを巻き付けられた感触があった。

【感想】小説 「カケラ」 /湊かなえ|霖|note

ううん、ナッツやドライフルーツといった体に良さそうな行動食じゃない。

  • 食べてるよ、って答えて、疑う子はいなかった。

  • ウェッジウッドのイチゴの模様のティーセットがあって、フォートナム&メイソンの紅茶をポットで淹れてくれるんだって、どこかの景品のマグカップにティーバッグ入れて、やかんのお湯を注ぎながら教えてくれた。

  • だから、食卓にはいつも、皿がのりきらないほどの料理が並んでいた。

湊かなえさん『カケラ』は「自分が幸せになるための美とは? 何度も考えて物語が生まれました」

正解は巻尺。

  • そして 母親がどんどん痩せていくのをみた娘も怖くなり何も食べれなくなった。

  • ああ、思い出した。

  • 湊かなえさんの作品は「 ブロードキャスト」に続いて22作品目の読了です。




2021 cdn.snowboardermag.com