結婚式 招待状 マナー。 結婚式の招待状【返信マナー&メッセージ文例】|ゼクシィ

結婚式招待状の返信メッセージ<例文・文例とマナーまとめ>

結婚式 招待状 マナー

結婚式は新郎新婦も、式に招待される人も思い出に残る大切なひと時です。 人生の大イベントといっても言い過ぎではありません。 その結婚式の始まりが、「招待状」です。 結婚式の始まりだからこそ、きちんとしたいものです。 そのために招待状を出す方も受け取る方も気をつけたいマナーがあります。 まず、結婚式の招待状を出す際に主催者側の新郎新婦が気をつけたいポイントをまとめました。 招待状を出すタイミングは? 結婚式をすることを知らせる招待状は、いつまでに出すべきなのでしょうか。 まず挙式の4か月くらい前から招待状を出す人を決めていきましょう。 新郎新婦の間で招待状を出す人が決まったら、自分たちだけで決定してしまうのではなく、お互いの両親、場合によっては親戚にも相談に乗ってもらうのがよいでしょう。 招待する人が決まったら、招待客リストを作成し、招待状の手配をしましょう。 結婚式準備は何かと時間がかかるもの。 結婚式場によっては、招待状作成がパックになっているところもあるので上手に利用して、準備も楽しくできるといいですね。 招待する人には、いきなり招待状を送るのではなく、直接会って、会えない場合は電話やメールなどでお願いしてみましょう。 招待状を出す時には、確実に出席してもらえる人に出すことになるのでその後の調整がとてもスムーズになります。 私は、卒業以来会っていない友人から急に招待状が届いた経験があります。 いきなりの招待状で、結婚したことも知らなかったので、大変驚き「私とそんなに仲良かったかな?」「もしかして人数合わせ?」と考えてしまったほどです。 普段疎遠な人ほど、事前に連絡を取って結婚の報告と式への出席をお願いしておきましょう。 できるなら直接会って、難しい場合は電話で直接話して伝えるのがよいでしょう。 招待状は、挙式の2ヶ月前の大安(または友引)の日に送るのが一般的です。 古くから大安の日の午前中にお祝い事はした方が良いといういわれがあります。 ですので、大安の日の午前中に投函すると良いでしょう。 また、手渡しの場合も大安(もしくは友引)の日にアポイントメントを取って渡しに行きましょう。 招待状の返信期限は挙式の1ヶ月前の大安、もしくは友引の日に設定するのが一般的です。 招待状と一緒に送るものは? 招待状と一緒に何を送れば良いのでしょうか?招待状は、封筒に入れて送ります。 出欠席を教えてもらう返信ハガキを同封しましょう。 返信ハガキには、アレルギーなど体調面で当日配慮した方が良いことがある場合は書いてもらうよう記載しておきましょう。 また、返信ハガキには切手を貼っておきます。 寿用の切手があるので、それを使うとよいでしょう。 そして、会場までの地図も同封しましょう。 他には、一部の招待客にだけ挙式に参列してもらう場合には、挙式の時間と場所も伝えるようにしましょう。 また、祝辞や受付などをお願いする場合には、すでに直接伝えてあったとしても「当日後祝辞を賜りたく何卒宜しくお願いします」と記載した紙を同封するのも忘れないようにしましょう。 返信がない場合には、早めに電話やメールなどで確認し、出席人数を確定させるようにしましょう。 以上が、結婚式の招待状を出すまでに気をつけるポイントでした。 結婚式直前に慌てることのないよう、時間に余裕を持って準備するようにしましょう。 次に、結婚式の招待状が届いた時に、ぜひ気をつけてほしいポイントをまとめました。 招待状の返信のタイミングは? 結婚式の招待状が届いたら、スケジュールを確認してすぐに返信を出しましょう。 新郎新婦は、招待状の返信が集まったら、すぐに席次を決めたり、引き出物を検討したりなど準備を始めます。 返信が遅くなると新郎新婦に迷惑をかけてしまうことになりますので、出来るだけ素早く返信しましょう。 招待状が届いてから2〜3日以内、遅くとも1週間以内がマナーです。 私は友達の結婚式の招待状の取りまとめをしたことがあるのですが、早い人はすぐに返事をくれますが遅い人はこちらから連絡をしてやっと返信してくれたということがあります。 お祝い事ですので、喜びの気持ちを伝えるためにも誠意を持って出来るだけ早く返信しましょう。 もしも調整が難航し、スケジュール確定まで時間がかかる場合には、電話やメールでその旨を伝えておくと新郎新婦に迷惑をかけることが減るとおもいます。 また、残念ながら欠席をする場合は、すぐに返信をするのではなく「スケジュールを調整したけれども残念ながら欠席させてください」という気持ちが伝わるよう、招待状が届いてから1週間くらいしてから出すようにしましょう。 もちろん欠席する場合も返信期限は守りましょう。 返信ハガキの書き方のポイント ・万年筆を使おう 招待状の返信を書く際には、黒色の万年筆、もしくは毛筆で書きましょう。 これはご祝儀袋も同じです。 ボールペンでも構いませんが、その場合ははっきり濃く黒色で書きましょう。 グレーは避けましょう。 ・定規を使おう 出席する場合には欠席を消しますが、その際は定規で二重線を綺麗に引っ張って消しましょう。 「御芳名」「御名前」など自分に向けられた敬称も二重線で消しても良いですが、その代わりに「寿」と朱で書いて消す寿消しという方法もあります。 私が受け取った招待状の返信に、出席のところに「喜んで」出席「させて頂きます」と書かれていたことがあり嬉しい気持ちになりました。 言葉を添えるのも良いですね。 ・句読点を打たない 「、」「。 」の句読点は、「区切り」や「終わり」を表すため結婚式にはふさわしくないとされているので、返信ハガキに書くのはやめましょう。 どうしても句読点を打つ必要がある場合には、スペースを入れたり、改行したりするなどしましょう。 ・忌み言葉を使わない 返信ハガキに、新郎新婦にメッセージを書くことがあると思いますが、その際は結婚式という晴れの日にふさわしい慶びの言葉を書きましょう。 「別れ」や「終わり」を連想させるような言葉を書くことはやめましょう。 また「忙しい」という言葉も心を亡くすと書くので、書かないようにしましょう。 「重ね重ね」なども結婚を重ねるという意味に取られるので使わないほうが良いでしょう。 ・もしも書き間違えてしまったら… 書き損じてしまった場合には、修正ペンや修正テープなどを使って書き直すのではなく、二重線を定規で丁寧に引いて書き直しましょう。 そして結婚式当日に祝電を送ったり、結婚式に出席できない分どこかでお祝いをする席を設けたりするなどの気持ちを表すと良いと思います。 私は高校時代の同級生の結婚式に呼ばれたのですが、大事な仕事の立ち上げ日と重なってしまったため、参加できなかったことがあります。 その際、当日祝電を送り、お祝いを別途渡しました。 「参加したかったけれど、どうしても参加できないのがとても残念だ」という気持ちを言葉だけでなくお祝いという形で表しても良いのではないでしょうか。 当日配慮してほしいことをハガキに書く場合 アレルギーで食べられない食材がある、妊娠していて体調に不安があるなど当日配慮してほしいことがある場合には、「申し訳ありませんがお願いがあります」という言葉を添えて伝えておきましょう。 ハガキだけでなく、メールや電話で直接伝えておくとより伝わりやすいと思います。 早めに知らせてもらえると新郎新婦も席次を決めたり、料理内容を決めたりする時に決めやすく助かります。

次の

結婚式の招待状への返信マナーと返信メッセージの例文をご紹介します。

結婚式 招待状 マナー

目次になります• 結婚式招待状の宛名書きは手書きと印刷はどっちがいいの? 宛名は毛筆か筆ペンで書くことがマナーだと言われています。 そして「濃く太い文字で書くとよい」とも言われてます。 その理由として、お祝いごとは「濃く・太く」という縁起担ぎとしての意味があるからです。 そうなると、「太い文字」の反対「細い文字(かすれ文字)」は、縁起が悪くなってしまいます。 ボールペンなどがそれに当たります。 「濃い文字」の反対「薄い文字」は、お通や・葬式で使用する「目覚まし・香典」袋に自分の名前を薄く書くときに使われます。 結婚式の招待状では「薄い文字」もNGです。 参列者の方々は、お二人のためにわざわざ時間を割いて来てくださいます。 その方々に出す招待状ですから 筆文字の手書きで書くことは最低限の礼儀だといえるかもしれません。 結婚式や披露宴に参加される方は「友達」「会社の同僚」「会社の上司」「親戚」など、年齢もさまざまな人たちです。 そのなかで、ご年配者はとくに「手書き」に対しての重みをお持ちなので「格式を重んじる結婚式の招待状」は手書きにすることをオススメします。 あとで小言を言われた…なんて面倒なことも手書きにすることで回避できるのです。 最近では簡単に作成できる印刷サービスも多く存在します。 カラフルな洋風の封筒なので筆ペンじゃなくてサインペンで書いても良いのでは? といった考えで、サインペンや印刷されたパソコン文字でもマナー違反ではありませんが、やはり毛筆・筆ペンで書かれた「手書きの招待状」が断然オススメです。 わたしの個人的な意見ですと「印刷よりも手書きの方が記憶に残るしカッコいい」と考えています。 結婚式招待状の宛名の書き方は? 宛名書きをする封筒は2種類あります。 「縦書き」の「和封筒」と 「横書き」の「洋封筒」です。 最近では、ほとんどが「横書き」の洋封筒で出される方が多いかもしれません。 使い分けとしては、必ずという決まりではないのですが 神社やお寺などで挙式する和装メインでの結婚式なら「縦書きの和封筒」 教会やウエディングドレスを着る場合の挙式なら「横書きの洋封筒」 くらいの、ぼんやりしたイメージで覚えておくと良いでしょう。 縦書き封筒の場合 横書き封筒の場合 縦書き・横書きの書き方のルールもご紹介 封筒のあて名書きに、これだけ礼儀があるなんて知らなかった人も多いと思います。 では書き方についてはどうでしょう。 もちろん、あります。 せっかく手書きの綺麗な文字で書かれている宛名でも 間違った書き方だと、逆に失礼にあたるので注意しましょう。 ルールと言っても、気をつけるポイントさえ把握すればとても簡単です。 文字で説明するより、画像で説明する方が分かりやすいと思いますのでご参照ください。 縦書き封筒の書き方 横書き封筒の書き方 文字の位置や大きさなどのバランスがとても大事だということがお分かりいただけたかと思います。 結婚式招待状の封筒に貼る切手は「慶事用」です これは「書き方」ではありませんが結婚式などの「おめでたい席」で使う封筒に貼る切手は「慶事用」の切手を使ってください。 結婚式招待状の宛名書きを手書きで書くときの注意点6つ 1. かすれ文字にならないよう丁寧に書く 結婚式招待状の宛名書きは「濃く太い文字」で書くと縁起がよいとお伝えしました。 当然「文字がかすれている」などあってはなりません。 招待したい相手の顔を浮かべながら「濃く太い文字」を意識して丁寧に書きましょう。 また、筆文字の色が薄いのもNGです。 先ほどもお伝えしましたが薄い筆文字は「お通や・葬式」の香典袋などに自分の名前を書くときのマナーになります。 自分たちで書いた方がよい? 結婚式や披露宴は格式のあるお祝い事です。 自分たちで丁寧に書いた筆文字は相手にも気持ちが伝わります。 自分たちの筆文字>代筆サービス>印刷文字 となりますが「綺麗にかけない」「時間がない」「書くのが苦手だ」という方も多くいらっしゃいます。 家族や親戚に手書きで書いてくれる方がいらっしゃればご依頼されるのをオススメします。 身内に頼むのはチョットね…という方は私どもの「筆耕サービス」を活用してみるのはいかがでしょうか。 結婚式招待状の宛名書き代筆サービスの内容はこちらからご確認ください 3. 郵便番号を書く欄がない封筒の場合は? 最近ではデザイン性を考慮し、郵便番号を書く欄のない封筒があります。 この場合は「住所の上に数字で横書き」するようにしましょう。 宛先の住所が長いときは? 私どもが依頼を受けて宛名書きをする場合も、送る相手の住所が長いことがあります。 封筒全体のバランスを考えて書くようにしましょう。 送る相手の名前や肩書きの間違いがないか? これも細心の注意を払って間違いがないか何度も確認してください。 仲の良い友だちなら「ごめん」で済まされるかもしれません。 結婚式の招待リストを作成するときに、名刺などで集めた情報の肩書きが「昇進」「異動」「転職」などで以前と変わってる場合もあるので「入念に何度も」確認してください。 結婚式当日に肩書きが変わった方がいらっしゃる場合は「主賓で挨拶される方」を除き変更する必要はありません。 変更のあった肩書きを司会者に伝えて紹介してもらうようにしましょう。 使う封筒と招待状の向きは同じか? 送る封筒の向きが縦書きなら招待状の向きも「縦書き」 横向きなら「横書き」で統一しましょう。 あなたの個性を出したいあまりに「あえての変更」をしても年配者にウケが良くないケースもあるので注意です。 相手の立場や敬称を使い分けた書き方をご紹介 結婚式の招待状を送る際に気をつけたいのが「相手の家族構成、お立場、親密度により使い分け」することが必要になります。 それでは良くある事例をもとに実際の封筒に「宛名書き」を「縦書き・横書き」で書いたものを紹介していきますね。 ご夫婦をゲストでご招待する場合の書き方 招待状を手渡しする場合の注意点は? 手渡しする場合は招待状に相手の住所は書かずに「名前のみ」を書きましょう。 手渡しする相手は「友達」や「会社の同僚」「会社の上司」のように日頃から会う機会が多い人になると思います。 招待状に住所が書いてあると、もらった側は「あれ?本来は郵送だったのかな?」なんて思われる可能性も。 「渡す方は切手代も掛からずに安くできた」 「渡された方はわざわざ手渡ししてくれた」 お互い良いハズなのに人の気持ちって難しい… せっかく自分たちの結婚式に招待する大切な相手なので気をつけたいですね。 まとめ 結婚式は格式のある行事になります。 新郎新婦の御二人だけでなく「それぞれのご両家」という家族親戚まで巻き込む行事です。 古くさいかもしれませんが、両家の威厳や格式を保つために、参列者さまに向けて送る招待状は手書きが望ましいと言われてる理由だと私は考えています。 私たち虹耕へのご依頼でも親から「招待状は綺麗な文字で手書きで送って欲しい」と言われた。 そんな経緯でお受けしたこともございます。 そして何より印刷よりも手書きの方が圧倒的に記憶に残りますしカッコいいです。 結婚式や披露宴は一生に一度の晴れ舞台です。 最後になりますが、結婚式の準備は招待状作成だけではありません。 ホテルや結婚式場で宛名書きを依頼するよりも中間マージンがない分お安くなります。 お忙しいお二人のお手伝いができれば幸いです。 長文お付き合い頂きありがとうございました。 ご不明な点は、お気軽にご連絡ください。 今までで多かった質問をまとめてみました。

次の

結婚式招待状の返信メッセージ<例文・文例とマナーまとめ>

結婚式 招待状 マナー

出欠を迷う理由がない限り、できるだけ早めに返信するのがマナーです。 s 目安は招待状が届いてから1週間以内 e。 早く返事をすれば、それだけ祝福の気持ちも伝わります。 返信はがきで出欠確認をした後、席次を決めたり料理や引出物の数を確定させたりと、新郎新婦の準備にも関わってくることも覚えておきましょう。 事情があってすぐに決断できない場合は、 s 早めに電話などで連絡を入れ、期日までには必ず返事をする旨を伝えておく e といいでしょう。 欠席する場合はあまり早く返事をすると、「検討すらしてくれなかったのかな」と、がっかりさせてしまうので、少し時間を置く心遣いを。 とはいえ、他に招待したいと思っている人もいるはずなので、その人に声を掛けられるよう、早めに連絡をしましょう。 「御」「御芳」の敬称は二重線で消す はがきには、出欠欄や住所・氏名の記入欄に、 s 「御」「御芳」という敬称が印字されているので、返信するときにはこれらを二重線や「寿」の文字で消す e のがマナーです。 また、表面の返信先の名前の下には s 「行(いき)」という字が入っていますが、こちらも二重線で消し、「様」に直す e ことをお忘れなく。 お祝いのメッセージを書き添える 結婚式の返信はがきは、ただ事務的に返せばいいというものではなく、何かひと言添えたいもの。 s 新郎新婦宛てのメッセージ欄が設けてある場合はそこに、ない場合は丸で囲んだ「出席」の文字の下など、余白にコメントを書く e と、お祝いの気持ちが伝わります。 丸で囲んだ「出席」の文字を引用して添え書きをする人もいますが、 s 引用せずにあらためて書く方が丁寧 e です。 新郎新婦は招待状の返信で出席人数を把握し、料理や引出物の最終手配や席次の調整を行うので、返信がないと困ってしまいます。 また、 s 電話やSNSなどで出欠の連絡をしたので、招待状の返信はがきを送らないというのもNG e。 s お祝いの気持ちを表すように丁寧な文字で書く e ことを心掛けましょう。 また、返信はがきにイラストなどを描く人も増えていますが、必要事項やお祝いの言葉がきちんと読める範囲でのデコレーションにしましょう。 s グレー(薄墨)は弔事のとき、不祝儀袋に文字を書くのに用いる色 e なので、ご祝儀袋では絶対に使わないよう注意しましょう。 招待状に同封されていた場合は忘れずに記入して持参を ゲストカードとは ゲストカードとは、 s 芳名帳に記入する代わりに当日受付に出すカードのこと e です。 以前はなかったものですが、最近は受付の混雑を緩和するためや、記念に残せることから、ゲストカードを使用する新郎新婦も増えています。 送られてきた招待状に同封されていて、「当日このカードをご持参ください」と記載されています。 このカードは事前に記入して、当日まで手元に保管しておき、忘れずに持参しましょう。 ゲストカードに書くこと ゲストカードには、以下のような記入欄が設けられていることが多いです。 <記入欄の例> お名前: ご住所: お電話番号: メールアドレス: 新郎新婦へのメッセージ: 記入の仕方は、返信はがきと同様です。 s 「お」や「御」といった敬称は、1文字なら斜めの二重線か、「寿」といった文字で消します e。 2文字以上なら縦の二重線で消すとよいでしょう。 後日連絡するための住所録も兼ねるため、 s 連絡先ははっきりと読めるよう丁寧に e 書きます。 ゲストカードのメッセージ文例 ゲストカードにも招待状同様にメッセージ欄があることがあります。 メッセージはふたりへの率直なお祝いの言葉でよいです。 結婚式直前の期待を伝えたり、ふたりの輝かしい未来に贈る言葉を添えても素敵です。 ふたりしか見ないからといっても、忌み言葉や重ね言葉は避ける、下品な言葉遣いはしないなど、マナーには気をつけます。 自分が新郎新婦の立場だったらどのようなことが書いてあったらげたら嬉しいか考えましょう。 文例1.

次の