どんなときもwifi 口コミ。 どんなときもWiFiの評判・口コミ。本当に無制限?繋がらない・遅いという噂もあるけど実際どう?

どんなときもWiFiは本当にお得?口コミ・評判を徹底調査

どんなときもwifi 口コミ

提供エリアが狭い• 回線が不安定で速度遅い• 通信制限に陥ってしまう 私自身、WiMAXを使い続けて5年になりますが、場所によっては速度が遅かったり、動画を見すぎて通信制限に陥ってしまったことが多々あります。 その度にストレスを溜めていたのですが、今回「どんなときもWiFi」が登場し、これらのデメリットが解消されました! どんな場所でも繋がりやすく、どんなエリアでも高速で、完全無制限の仕様となっています。 しかも月額料金は、WiMAXよりも安い! 今回は、新登場したどんなときもWiFiについてスペックをご紹介し、評判や口コミレビューを見ていきます! どんなときもWiFiとは? そもそもどんなときもWiFiとはどんなモバイルルーターなのでしょうか? どんなときもWiFiは2019年3月に開始された新しいサービスです。 従来のポケットWiFiやWiMAXとは違う画期的な特徴を持っており、主な特徴は以下の3つです。 データ制限なし• クラウドSIMを採用• 海外でも使える データ制限なし これがどんなときもWiFiを選ぶ一番の理由になるのではないでしょうか。 スマホやポケットWiFiのように月間のデータ量に制限がなく、WiMAXのようの3日間で10GBまでという制限がありません。 つまり唯一、正真正銘使い放題でネット接続できるモバイルルーターです。 一日何本もの映画や動画を見ても制限なし! 仕事でどんなに重いファイルをやり取りしても速度が遅くならない! ゲーム機で更新ファイルをダウンロードしてもOK! データ量を毎回気にせず、調整しなくても良いのでかなりストレスが軽減されます。 大容量通信によるネットワークの占有、違法ダウンロードを行った場合は制限を受ける可能性がありますが、一般的な利用をしていれば制限がかからないので安心ですね! クラウドSIMを採用 そしてどんなときもWiFiの大きな特徴として、「クラウドSIM」を採用していることです。 クラウドSIMって?SIMカードとどう違うの?と思う方も多いと思います。 クラウドSIMとはSIMカード差し込まなくてもインターネットに接続できる技術です。 クラウドSIMにすることで、どんなときもWiFiを利用している地域で一番最適な回線を自動で選択してくれます。 選択してくれる回線は、(ソフトバンク・ドコモ・au)の大手キャリアのどれかなので、通信も安定しています。 クラウドSIMは幅広いエリアで利用することができ、複数の回線を使い分けることができるので、どのエリアでも使えてデータに制限がないのです。 海外でも使える このどんなときもWiFiは、実は海外へ端末を持っていってもそのまま使うことができます。 これは、従来のポケットWiFiやWiMAXにはできなかった機能です。 利用できる国の数は、なんと107国! 電源を入れるだけで利用することができるので、海外用の特別なプランを申し込みしたり、海外専用のポケットWiFiをレンタルする必要がありません。 帰国してもそのまま国内で使い続けることができるので、面倒な端末の返却等もありません。 海外で利用する場合、別途利用料金が発生しますが、どんなときもWiFiは現地で利用した日数のみの請求です。 一般的なレンタルの場合、端末を借りてから返すまでの日数が請求されることが多いのですが、使った日数だけの請求であれば安心ですね! 料金は、他社のレンタルと比較してもお得です。 他社のレンタルの場合、利用料の他にも端末保障は別途請求されてしまうので、どんなときもWiFiよりも割高になります。 海外旅行へ毎年行く方や、今後新婚旅行で海外へ行く予定のある方は得におすすめです! どんなときもWiFi月額料金プラン どんなときもWiFiは、「データ使い放題、エリア広い、海外で使える」と三拍子揃ったポケットWiFiです。 月額料金は高いのではないかと心配になるかもしれません。 しかしどんなときもWiFiの月額料金は、2年間ずっと月額3,480円で利用できます。 使い放題にも関わらず、この料金で使えるのはかなりお得です。 他社のWiMAXやポケットWiFiと月額料金を比較してみます。 どんなときもWiFi UQ WiMAX Yahoo! pocket wifi 月額料金 3,480円 4,380円 4,380円 いかがでしょうか。 WiMAXや他社のポケットWiFiよりも、月額が約1,000円安いことがわかります。 2年間だと24,000円も安い計算になります。 WiMAXや他社ポケットWiFiのように、3日で10GB制限がないにも関わらず、これだけ安いのはうれしいですね! 月額料金の安いポケットWiFiを持ちたい方は、どんなときもWiFiがおすすめです。 キャンペーン適用で安い どんなときもWiFiは通常月額4,410円となっていますが、2年割が適用され毎月930円割引されます。 さらに25か月以降もキャンペーンが適用されて月額3,980円で利用できます。 3年目以降もWiMAXやポケットWiFiよりも400円安い月額料金で利用できます。 契約期間は2年 そしてどんなときもWiFiは、とても良心的なモバイルルーターです。 なぜなら契約期間が「2年」に設定されているからです。 先ほど月額料金を比較したWiMAXやポケットWiFiは、契約期間が3年になっています。 契約期間が長いと解約したいときに解約できず、月額料金を1年長く払い続けることになります。 更新月以外で解約した場合は、違約金が必要となるので、できるだけ契約期間に短いルーターを選ぶと安心です。 どんなときもWiFiは契約期間が2年なので、WiMAXや他社ポケットWiFiより安心して契約することができます。 どんなときもWiFiのエリア どんなときもWiFiが利用できるエリアですが、ほぼ日本全国で利用できます。 クラウドSIMのところで少し触れましたが、どんなときもWiFiはクラウドSIMを利用しており、3大キャリア(ソフトバンク・ドコモ・au)の回線から最適なもの選んで接続しています。 すなわち、ソフトバンク・ドコモ・auのエリア内であればどこでも利用できるということです。 また4G LTE回線を利用しているので、地下や高層ビルなどの障害物に囲まれたエリアでも繋がりやすくなっています。 エリアの広さと繋がりやすさを、どんなときもWiFiとWiMAX、他社ポケットWiFiで比較しましたので、参考にしてみてください。 また地下やビルの中に入ってしまうと、電波が通りにくく、通信が安定しません。 ポケットWiFiはソフトバンクの4G LTE回線を使っており、エリアは広く、地下やビルでも電波が通りやすいので比較的使いやすいです。 どんなときもWiFiはソフトバンクに加え、ドコモ・auの回線を利用しているのでエリアはほぼ日本全国です。 また各社の4G LTE回線を利用しているので、地下やビルに入った際には一番安定する回線を選んでくれます。 やはり、この3つのモバイルルーターの中で使いやすいのはどんなときもWiFiです。 初期契約解除制度も利用可能 それでも万が一利用する場所が提供エリアでなかったり、電波が通りにく不安定な場合には、初期契約解除制度を利用することができます。 初期契約解除制度とは、WiMAXや他社ポケットWiFiを契約したときでも使える制度で、クーリング・オフに似た制度です。 どんなときもWiFiを契約して使ってみたけど、思うように速度が出なくて使いづらいと感じたとき、解約金なしで解約できる制度です。 端末を受け取った日から数えて8日以内に電話申告、または書面で申請することが可能です。 万が一、思うように使えなかったという場合には解約することができるので安心して契約することができます。 どんなときもWiFiの速度 「どんなときもWiFiはデータ使い放題で、エリアも広いし料金も安い。 でも速度はどうなの?」 やはり料金が安くても速度が遅いのでは意味がありませんよね! ここからはどんなときもWiFiの速度を見ていきます。 下り最大速度は150Mbpsだが どんなときもWiFiの下り最大速度は下り最大速度150Mbpsとなっており、WiMAXの440Mbpsより劣ります。 しかしWiMAXの場合、速度が安定しにくいため、障害物に囲まれた場所で使うと実測値は10~20Mbpsくらいになります。 どんなときもWiFiは回線が安定しているので、障害物のある場所でもある程度速度を保つことができます。 下り速度43. 6Mbpsというかなり速い速度が出たケースもあるので、速度については心配しなくて良いでしょう。 端末のスペック 製品名 U2s 重量 151g サイズ W127 x H65. 7 x W14. 2 mm 連続使用可能時間 12時間 バッテリー容量 3,500 mAh 最大通信速度 下り最大:150Mbps 上り最大:50Mbps Wi-Fi規格 IEEE802. ディスプレイ表示がなく、操作も電源をONとOFFに切り替えるだけのシンプル設計となっています。 しかし、3,500 mAhの大容量をバッテリーを搭載しているため、長時間インターネットに接続することができます。 仕事で使うサラリーマンやノマドワーカー、ゲームや動画を長時間楽しむ方におすすめです。 また端末の大きさもWiMAXで一番新しい「W06」とほぼ同じ大きさです。 ストラップもつけることができるので、持ち運び易い仕様になっています。 どんなときもWiFiの評判・口コミ どんなときもWiFiは2019年3月に発売されたモバイルルーターですが、すでに評判や口コミがでていたのでチェックしてみましょう。 最初の評判・口コミはこちらです。 どんなときもWiFiを購入しました。 使ってみると、携帯キャリアの電波が届くとこであれば快適に使用できて、地方に所在し、また地方への出張が多い私にはピッタリです。 携帯キャリアが届くエリアであれば、快適に利用できるので地方に住んでいる方に特におすすめできるモバイルルーターです。 Wimaxからどんなときもwifiに変更しました。 田舎なのでエリアが広がり、今のところ回線速度も申し分ないです。 WiMAXよりも通信速度が速くなったと満足されています。 6Mbpsも下り速度が出ていれば、YouTubeなどの動画視聴でストレスを感じることはないでしょう。 上り速度も23. 5Mbps出ているので、動画をたくさんアップロードするYouTuberの方にもおすすめです。 どんなときもWIFI 使ってみた ダウンロード19. 86mbps アップロード4. 22mbps あとはどれくらい使ったら 通信規制がくるかだな — RINO1610 rino1610 こちらの方は、下り速度約20Mbps出て納得されている様子です。 通信制限を心配されていますが、大容量のファイルをやり取りして回線を占有したり、違法に使わなければ制限がかかることはありません。 一般的な使い方をしていれば、通信制限に陥ることはないので安心して利用できます。 ネガティブな評判や口コミはなかった どんなときもWiFiの評判や口コミを検索した結果、ネガティブなレビューはありませんでした。 3月からサービスが開始されたにも関わらず、これだけレビューが出ているということは、すでにたくさんの方が契約されているのではないでしょうか。 これから評判や口コミが出てきたとしても、月額料金が安く、使い放題でエリアも広いのでネガティブなレビューは出にくいと考えます。 今後どんなときもWiFiの評判や口コミが出てきたら、随時更新していくので参考にしてみてください。 どんなときもWiFi申し込み方法 どんなときもWiFiを申し込みする場合、こちらの公式サイトで申し込みできます。 公式サイトのトップページに入ったら、お申込みボタンをタップしましょう。 申込みフォームに進むので、まず最初に支払い方法を選択します。 クレジットカードもしくは口座振替での支払いが可能です。 口座振替の場合、月額料金は以下のようになります。 クレジットカードでの支払いがお得なので、クレジットカード決済を選択しましょう。 支払い方法を選択したら、料金プランの確認と端末の選択を行います。 料金プランと端末は決まってしまっているので、チェックする項目はありませんが、確認だけしておきましょう。 料金プランと端末を確認したら、端末の色を選び、オプションの選択を行います。 充電器はMicroUSBが付属されており、iphone等のACアダプタに接続して充電できるので必要ありません。 サポートオプションについては、端末を壊してしまいそうな方や、過去にスマホを壊してしまった方は入っておくと良いでしょう。 後から加入することはできませんが、後から解約することは可能なのであらかじめ入っておくのも良いです。 絶対に加入しなければならないものではないので、必要ない方は外してしまって構いません。 オプションの選択が終了したら、お客様情報、クレジットカード情報を入力し、確認ボタンを押しましょう。 確認したら申し込み確定ボタンを押して終了です。 セキュリティ対策はしっかりされているので、個人情報を入力しても安心です。 申し込みにかかる時間は5分程度なので、忙しいサラリーマンや学生の方でも簡単に申し込みできます。 最短で申し込みしたその日に発送され、翌日到着します。 簡単な設定を行えばその日から、インターネットに接続することができます。 まとめ 今回、どんなときもWiFiをご紹介しました。 どんなときもWiFiは、WiMAXよりも安い月額料金で利用でき、データ容量も使い放題の革新的なモバイルルーターです。 クラウドSIMを搭載しており、利用場所に最適な回線を使うので、通信速度も安定します。 エリアも3大キャリアが使える場所であればどこでも利用でき、海外へそのまま持っていくことも可能です。 どんなときもWiFiを利用して、快適なインターネット生活を楽しんでくださいね!.

次の

どんなときもWiFi評判・口コミ~ポケットWiFiキャンペーン比較&おすすめ

どんなときもwifi 口コミ

大規模な通信障害が発生してるわ ずばり、どんなときもWiFiは2年契約だから、完全無制限WiFiが良くて海外利用や長期利用するならおすすめだったけど、いまは大規模な通信障害が発生してる。 また既に契約済みで困ってる人向けに2つの対処法も詳しくおとどけ。 「超おしらせ」 現在、大規模なデータ 通信障害が発生してて 新規受付停止中。 先日、回線休止措置についてご案内させていただきましたが、月額料金の免除期間を拡大する事を決定いたしましたので、お知らせいたします。 詳細は以下URL及び昨日お送りしたメールをご確認下さい。 まずクラウドSIMを使った、ほぼ同じサービスの『クラウドWiFi東京』と比較する。 んで、口座振替えなら『どんなときもWiFi』、縛りなしが良ければ『クラウドWiFi東京』を選ぼう。 通信障害の情報まとめ 最近wifiをどんなときもwifiというのに変えた。 とりあえず内容証明送ります。 — わ kw37229 【拡散希望】 どんなときもwifi、不誠実対応 2月下旬に通信障害の補償に関して、再度連絡するとのメールがくる。 音沙汰なし。 通信ができなさ過ぎて、ネットで検索する。 通信費1ヶ月無料or解約金無料の選択のメールがあった事を知る。 メールフォルダを確認してもそんなメールなし。 マジ、糞会社 — レンタルバナナくん OS87TtGHHEWfqiW 推測ですけど、ぼぼ通信障害でWiFiが使えないとおもうので、対処法としては回線の解約やいつでも解約サポートを使うしかないと思うので、URLを貼っときます。 donnatokimo-wifi. php? このいつでも解約サポートは、もともと申込み後にネット速度やサービスなど何かしら不満があれば、違約金 19,000円 を払わずに解約OKのサポートです。 どんなときもWiFiをご契約いただいたお客様で、万が一通信速度などでご満足いただけなかった場合は違約金負担なしで弊社がご紹介する他のインターネット回線へお乗換えができます!弊社にてどんなときもWiFiの違約金を負担いたします!お申込み前に通信速度や使い心地などで不安であったりお悩みでしたら、ぜひお電話にてご相談ください。 「出典 どんなときもWiFiの公式サイト」 ちなみに乗換え先のネット回線は公開されてないけど、前に聞いたときはこんな感じ。 乗換え先のWiFiサービス(参考まで) Next Mobile Brod WiMAX ソフトバンクエアー ソフトバンク光 auひかり ソネット光• 国内と世界106ヵ国での利用OK(SIMカードの交換不要)• WiFi端末はレンタル扱い、解約時は箱や付属品など返却•

次の

Mugen WiFiの評判からわかるメリットと注意点を徹底検証

どんなときもwifi 口コミ

この記事でわかること• GMOが提供する「ギガゴリWiFi」を実際に使ってみた感想を紹介する• 無制限プランが「ワールドプラン」としてリニューアルした• 月額3,460円でWi-Fiスポットも使えるポケットWiFiになった 「GMOから発売されたギガゴリWiFiってどうですか?」 ついにGMOから「無制限ポケットWi-Fi」が発売されました。 その名も「」。 発売当初はソフトバンク回線を使用したモバイルルーター「FS030W」にて提供していましたが、先日大幅にリニューアル。 他の無制限Wi-Fiと同じく「U2S」を使用したクラウドWi-Fiに変わりました。 その結果、海外でも使えるようになり利便性が向上。 月額料金は3,460円と他社同等ではあるものの、ポケットWiFiとして歴史の長い安心のGMOということで、人気が出るのは間違いないでしょう。 以下、以前までの無制限プランの内容です。 お気をつけください。 2月7日の17時頃に申し込みをしましたが、13日に届きました。 どうやら想定外の注文数になっているようで、発送が遅れてしまったようです。 人気があるというのは、利用者としては少し安心できますね。 同梱物:ルーターとSIMカードとご案内 ダンボールの中身はルーター本体(個装箱)、ソフトバンクのSIMカード、ご案内が2枚でした。 個装箱にはルーター本体と電池パックが入っています。 下段にはACアダプターと充電用のUSBケーブル。 ただし、ギガゴリWiFiはレンタル品ですので、これらは解約時に返却が必要です。 うっかり壊してしまうと弁済金がかかるので、ACアダプターとUSBケーブルは閉まったままにします。 ダイソーなどの100円均一で買えるので、そっちで賄うようにするのが私流です。 ルーターにSIMカードを入れる ルーター「FS030W」にSIMカードを入れます。 同じルーターを使っているネクストモバイルとやることは同じです。 とっても簡単なので安心してください。 同梱のスタートガイドを見ながら行えば、よっぽどできると思います。 わざわざ見るまでもない方は次の項<>へスキップしてください。 (1)SIMカードを切り取る ルーターに入れるために、サイズを合わせてSIMカードを切り取りましょう。 真ん中のサイズ(いわゆるmicroSIM)に切り取ります。 (2)裏の蓋を外す 続いて、ルーターの裏の蓋を矢印の方向にグイっとずらすように押して開けましょう。 画像の赤枠のところにSIMカードを入れることになります。 (3)カバーを開けてSIMカードを入れる SIMカードカバーを右にずらして開けて、SIMカードを置きます。 向きの注意してください。 SIMカードを抑えたまま、カバーを閉じて左にカチッと音がするまで閉めてください。 (4)電池パックを入れて、蓋をすれば完了 電池パックを入れて蓋を戻せば完了です。 Wi-Fiに接続する 早速Wi-Fiにつなぎましょう。 と、その前に、まずルーターの電源を入れます。 本体真ん中のボタンを長押しするだけですが、起動して1~2分待たないといけません。 アンテナの表示が「LTE」になれば準備OKです。 SSIDとパスワードを確認するために、もう一度真ん中のボタンを押してください。 「プライマルSSID」の下に表示されている「FS」から始まる13桁の英数字が、この端末のSSIDです。 「プライマルKey」の下に表示されている8桁の数字が、この端末の接続パスワードです。 それではお手持ちのスマホやパソコンをWi-Fiに接続しましょう。 iPhoneを例に説明しますが、他の端末でもほとんど同じ手順になります。 詳しくは下記ページをご覧ください。 実効速度を測ってみた まずはWi-Fiの速さを測ってみました。 15時頃の速度はまずまず ギガゴリWiFiの実効速度 日時 下り 上り 2020年2月13日 14:46 20. 5Mbps 14. 8Mbps 15時前ということで、比較的空いてるだろう時間帯でしたが、速度はまずまずといったところでしょうか。 ポケットWiFiでこれだけ出ていれば、普通には使えますね。 17時頃の速度も合格点 ギガゴリWiFiの実効速度 日時 下り 上り 2020年2月13日 14:46 20. 5Mbps 14. 8Mbps 17時過ぎということで、少しずつ混みだす時間帯ですが、なんとかまぁ合格点といったところでしょうか。 SNSやYouTubeくらいであれば、余裕で使えます。 3本勝負です。 60Mbps 上り:8. 09Mbps 下り:18. 5Mbps 上り:8. 56Mbps 2回目 下り:19. 0Mbps 上り:6. 70Mbps 下り:10. 1Mbps 上り:9. 08Mbps 3回目 下り:20. 9Mbps 上り:7. 56Mbps 下り:20. 5Mbps 上り:5. 10Mbps 杉本 ギガゴリWiFi みんなの口コミ・評判 ギガゴリWiFiの口コミ・評判を見ておきましょう。 いつもどおり回線速度に厳しいTwitterの方々の声を「」で調べました。 ですが、ワールドプランはまだ発売されたばかりです。 当たり前ですが口コミはありません。 もう少し時間が経ってから再度確認したいと思います。 続いて、詳しい料金プランやスペックについて解説します。 ギガゴリWiFiの料金・スペック 料金・スペックの詳細を確認しておきましょう。 ギガゴリWiFiの料金プラン 冒頭でもお伝えしたとおり、3種類から料金プラン(20GB、30GB、無制限)から好きなものを選ぶことができます。 毎月の使用量に合わせてプランを選択すると良いでしょう。 ルーターは無料になっていますが、壊れてしまった場合は修理代として最大20,000円も必要になります。 スマホの画面を割ることが多い方は、端末補償オプション(安心サポート)に加入したほうが良いでしょう。 20GBや30GBで足りる人ならもっとオトク 何も無理に無制限プランを選ぶ必要はありません。 20GBや30GBで足りるのであれば、プランを落とすことでさらにオトクに使うことができます。 ただし 途中でプラン変更することはできないので、20GB や30GBプランを選ぶのであれば、1ヶ月でどれくらいギガを使うのかを考えてから決めましょう。 ギガゴリWiFiの違約金 契約期間中に解約すると違約金が発生します。 ギガゴリWiFiの違約金 (ワールドプラン) 0~24ヶ月目 9,000円 更新月 0円 26ヶ月目~ 9,000円 ギガゴリWiFiの違約金 (20GB、30GBプラン) 0~12ヶ月目 18,000円 更新月 0円 13ヶ月目~ 8,000円 端末補償オプション(安心サポート) 月額300円の安心サポートに加入することで、端末の破損時に修理代を払う必要がなくなります。 ・使用による劣化や色落ち等。 端末補償オプション(安心サポートワイド) 月額500円の安心サポートワイドに加入することで、水没の場合でも修理代を払う必要がなくなります。 ・使用による劣化や色落ち等。 ルーターの仕様 無料レンタルとなるルーターのスペック(仕様)を確認しておきましょう。 20GBと30GBプランは富士ソフトの「FS030W」、ワールドプランはGLOCALNETの「U2S」です。 2mm 連続使用時間 20時間 12時間 最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps Wi-Fi規格 IEEE 802. 4GHzも5GHzも使用可能) IEEE 802. 4GHzのみ) バッテリー容量 3060mAh 3,500mAh 同時接続台数 15台 5台 メーカー 富士ソフト GLOCALNET 最大速度は150Mbspと少々遅い気がします。 ですが、実行速度は20~40Mbpsていど出るので、ポケットWi-Fiとしては十分です。 ワールドプランの回線はドコモ、au、ソフトバンクのLTE 他のクラウドWi-Fiと同じく、ギガゴリWiFiのワールドプランも、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使用します。 ただし、ほとんどソフトバンク回線にしかつながりません。 このあたりも他のクラウドWi-Fiと同じですね。 20GB、30GBプランの回線はソフトバンクの4G LTE 20GBと30GBプランは、ソフトバンクの4G LTE回線を使用します。 よほどな僻地以外であれば、全国どこでもつながるでしょう。 電話サポートあり 申込み前の事前相談として電話サポートがあります。 なにか不安が残る方は電話で確認してみると良いでしょう。 8日以内であれば違約金なしで解約OK 商品到着から8日以内であれば違約金なしで解約できる「初期契約解除制度」にももちろん対応しています。 万が一、思ってたような速度が出なかったり、よく使う場所が圏外だった場合は 事務手数料の3,000円だけで解約できるので安心ですね。 返送する際の送料(1,000円程度)は負担することになりますが、高い違約金を払う必要なく解約できるので、よく覚えておきましょう。 初期契約解除の条件 ・契約書もしくは商品到着の遅い日を1日目として8日目以内に返送すること ・備考欄に「初期契約解除」と記入すること 返送先 〒132-0024 東京都江戸川区一之江2丁目11-13 ギガゴリWiFi 初期契約解除窓口宛 ワールドプランは海外でも使える ワールドプランのルーターは、他クラウドWi-Fiと同じく設定も手続きも不要で海外でそのまま使えます。 わざわざ海外旅行用でポケットWi-Fiをレンタルする必要はありません。 アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中で使うことができます。 以上がギガゴリWiFiの料金やスペックの概要です。 最後に、絶対見落とせないギガゴリWiFiの注意点・デメリットを紹介します。 ギガゴリWiFiの注意点・デメリット これだけメリットだらけのギガゴリWiFiですが、いくつか注意点やデメリットもあります。 色々と細かい部分もありますが、 「どんなときもWiFi」と比べることでデメリットがわかりやすくなるでしょう。 「ギガゴリWiFi」と「どんなときもWiFi」との違い まずは「どんなときもWiFi」との違いを確認しておきましょう。 日曜・祝日は発送不可。 クーリングオフ 8日以内 8日以内 いくつか違いがありますので、一つひとつチェックしてみましょう。 (1)ギガゴリWiFiは口座振替に対応していない ギガゴリWiFiはクレジットカード払いでしか申込みができません。 口座振替で無制限プランを利用したい方は「」にするしかないでしょう。 (2)2年間の合計費用はギガゴリWiFiが安い 「ギガゴリWiFi」と「どんなときもWiFi」2年間の合計費用を比較 ギガゴリWiFi どんなときもWiFi 86,040円 86,520円 「ギガゴリWiFi」の方が2年間の合計費用がわずかですが安くなります。 (3)ギガゴリWiFi:違約金が安い 「ギガゴリWiFi」も「どんなときもWiFi」も、どちらも2年契約で自動更新があります。 契約期間中に解約することになった場合の違約金はギガゴリWiFiの方が安いです。 万が一の場合に出ていく余計な費用が少ないに越したことはありませんよね。 違約金の比較 ギガゴリWiFi どんなときもWiFi 0~12ヶ月目 9,000円 19,000円 13~24ヶ月目 9,000円 14,000円 更新月 0円 26ヶ月目~ 9,000円 9,500円 (4)GMOと言えばWiMAXの雄 「ギガゴリWiFi」を運営する「GMO」と言えば、WiMAXのプロバイダとして圧倒的一番人気。 ドコモ光のプロバイダとしてシェア拡大中の大手通信会社です。 できたばかりの会社とは違い、実績と信頼が確立しています。 いざというときに頼りになるのは、やはり大手の会社ではないでしょうか。 杉本 結論:低価格・安心度の高いギガゴリWiFiはおすすめできる 「どんなときもWiFi」の登場により、ポケットWi-Fiは「無制限」「使い放題」が当たり前になってきました。 「1日3GB」や「3日で10GB」といった通信制限のあるポケットWi-Fiを使っている方は、これを機にぜひ乗り換えてみるのもアリだと思いますよ。 ポケットWiFiとしての実績が多い「ギガゴリWiFi」は、人気になること間違いないでしょうね。 しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。 ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。

次の