ペロちゃん コジコジ。 さくらももこ劇場 コジコジ 第5話 手紙を書こうのあらすじ・ネタバレ・感想~コジコジも手紙を書く!~

さくらももこ劇場 コジコジ 第5話 手紙を書こうのあらすじ・ネタバレ・感想~コジコジも手紙を書く!~

ペロちゃん コジコジ

タイトル:さくらももこ劇場 コジコジ 第5話 手紙を書こう 放送局:TBS 声優:コジコジ・青木静香 次郎・高乃麗 やかん君・秋山じゅん カメ吉・上別府仁資 ゲラン・西原K太 ルル・宮城満希子 ペロちゃん・大塚智子 テル子・菅原文 トミー・徳永悦子 ムーア・大栗伸慶 うさ子・石田よう子 閲覧したVOD:(2019年1月31日までは視聴可) ゲランは物知りハンドブックをジョニーから貰おうとしますが、貰うことはできませんでした。 そんなゲランの様子を見ていたブヒブヒとスージーは、偽物の物知りハンドブックでゲランを騙してお金を奪おうと企みます。 変装したブヒブヒとスージーは、偽物の物知りハンドブックをゲランに10万円で売りつけることに成功しました。 この後、偽物のハンドブックに化けていたタヌキ君が化けるのをやめて去ってしまったため、ゲランは物知りハンドブックがなくなってしまったと思い、落ち込みます。 この後ブヒブヒとスージーは、再び自分達で作り上げた偽物の物知りハンドブックをゲランに売りつけました。 偽物の物知りハンドブックを読んでいたゲランは、自分が大切に飾っていた高橋留美子先生のサインが偽物であることに気づき、窓から捨てます。 ゲランが捨てた高橋留美子先生のサインは、コジコジの顔にあたりました。 この後コジコジは、ミミズ君に高橋留美子先生のサインをプレゼントしました。 翌日学校で、ゲランは物知りハンドブックが偽物であることに気づき、ショックを受けます。 さらにゲランは、高橋留美子先生のサインを捨ててしまったことも後悔してしまいました。 ~あらすじ~ ー3年インコ組(セキセイ)ー 次郎はコジコジの隣で手紙を書いていた。 「誰も君に書いてるなんて言ってないだろ?」 次郎がこう言ったため、コジコジはオーバーリアクションでショックな表情をする。 この時トミーが現れ、次郎と一緒に神様の妹へ手紙を書いていることをコジコジに教えてあげる。 一方ルルは、神様に手紙を書いていた。 コジコジがルルの元へやって来たため、ルルは神様に対する想いを説明する。 再びコジコジは次郎の元へ戻る。 この状況でやかん君はペロちゃんへの想いを募らせる。 ーーーもしもペロちゃんが神様のことを好きになってしまったら・・・! やかん君はこう思いながら、ペロちゃんが神様に手紙を書いていないことを願っていた。 そんなやかん君の姿をカメ吉とムーアは見つめながら、お茶が沸くのを待っていたが、お茶は沸かなかった。 「コジコジ、頼みがあるんだけど」 やかん君はコジコジの前にこう言いながら現れ、ペロちゃんが神様に手紙を書いているのかどうかを聞いてもらうことにする。 「あのさ、ペロちゃんは神様に手紙書いた?」 コジコジはペロちゃんの元へ行き、こう質問する。 「ううん、書いてないけど、どうして?」 ペロちゃんはこう答え、逆にコジコジに質問するが、コジコジは答えることができなかった。 「書いたほうがいのかしら?」 この時ペロちゃんがこう質問をしたため、コジコジは書くようにすすめ、やかん君の元へ戻る。 コジコジからペロちゃんが神様に手紙を書いていないことを教えてもらったやかん君は、とても喜ぶ。 「だから書くようにすすめてきたよ!」 さらにコジコジはこう伝えたため、やかん君はとてもショックを受け、どんどん冷えてしまう。 「今日も元気に沸騰してくれよ!」 この時カメ吉が現れ、やかん君を勇気づけるが、やかん君は元気がでなかった。 「やかん君の元気な顔が早く見たいね!」 コジコジがこう言ったため、やかん君が冷えてしまった原因がコジコジにあることを次郎は説明するが、コジコジは自分のせいだとは思っていなかった。 さらに次郎は、やかん君がペロちゃんのことを好きだと説明するが、全くコジコジは理解することができない。 ーーー恋ってものを全然分かってないな。 考えているコジコジを見た次郎は、こう思っていた。 一方ペロちゃんとうさ子、テル子もやかん君を見て心配していた。 ーーーペロちゃん、まだやかん君の気持ちに気づいてないのね。 この時テル子はこう思い、ペロちゃんの優しい気持ちがやかん君に伝わるように祈る。 この状況でコジコジは、手紙を出すことにしたため、次郎に誰に出したらいいかと相談する。 「知らねぇよ、自分で考えろよ」 次郎はコジコジにこう言い放つ。 ー道端ー コジコジはゲランと歩いていた。 この時ゲランは、高橋留美子先生に手紙を書いたことを説明する。 「コジコジも誰かに出したいな~」 コジコジはこう言った後、ゲランに手紙を出そうとする。 「何て書いてくれるんだい?」 ゲランがこう質問したため、コジコジは手紙の内容を答えるが、手紙で知らせるほどの内容ではないと言われてしまう。 この時、コジコジとゲランの横を知らない家族が通る。 この後ゲランと別れたコジコジは、1人で歩いていた。 ーーーお父さん、お母さん、お父さん、お母さん・・・。 コジコジは繰り返し、心の中でお父さんとお母さんを呼んでいた。 そして崖の上にたどり着いたコジコジは、夕日を眺めていた。 ー郵便局ー 「お父さんとお母さんに手紙を出すにはどうすればいいの?」 コジコジは窓口で、こう質問する。 この時コジコジは住所を聞かれるが、そもそも住所が何なのか分からなかったため、住所について説明される。 「知らない、会ったことないよ」 住所の説明を聞いた後、コジコジはこう答えたため、届けられないと告げられてしまう。 ー道端ー コジコジは郵便局を出た後、手紙を持って歩いていた。 この時コジコジは立ち止まり、自分が書いた手紙を読む。 突然風が吹き、コジコジの手紙は風で飛ばされてしまう。 「あーあ、どっか行っちゃった」 コジコジはこう言いながら、しばらくその場に立っていた。 「コジコジ」 「コジコジ」 この時コジコジを呼ぶ声が聞こえ続ける。 そしてコジコジは、光の粒に包まれる。 「「お父さんとお母さんは、いつもコジコジと一緒にいます」」 手紙のお礼の後、さらにこう声が聞こえる。 「「水の中にも、土の中にも、木の中にも、草の中にも、音の中にも、風の中にも、空の中にも、光と闇の中にも」」 「それは、あなたは宇宙の子だから」 さらにこう声が聞こえる。 この状況でコジコジは空を見上げる。 「星が、いち、に、さん・・・」 コジコジは星を数えた後、宇宙とは誰だろうと考えていた。 この時流れ星が流れる。 ー3年インコ組(セキセイ)ー コジコジは、昨日手紙を出したことを次郎に報告する。 「お父さんとお母さん」 誰に出したのかと次郎に質問されたコジコジは、こう答える。 この時コジコジは、次郎に両親の名前を質問される。 「うの付く名前なんだ・・・」 コジコジはこう言いながら、頑張って両親の名前を思い出そうとする。 次郎は自分が思いつく名前を口にするが、なかなかしっくりこない。 「宇野千代!」 コジコジと考えていた次郎は、こう答える。 「あ!そうかも!」 コジコジも納得してこう答える。 驚きながら次郎は、今度は父親の名前について質問する。 コジコジは父親の名前を思い出そうとする。 この時次郎も、コジコジと一緒に父親の名前を考える。 「ひょっとして、新井注!?」 次郎はこう言いながら驚いた後、コジコジが個性的であることに対し、納得する。 一方コジコジは、宇野千代と荒井注がどんな人なのかを次郎に質問するが、次郎はうまく答えることができなかった。 ~感想~ 今回は、コジコジのお父さんとお母さんについて触れられている内容でした。 郵便局でコジコジがお父さんとお母さんに手紙を出そうとしたものの、結局出すことができなかったという展開は、しんみりしましたね・・・。 いつもは陽気なコジコジですが、この時だけは孤独なコジコジという感じがして、何だか可哀想でした。 郵便局でのやり取りをしていたコジコジと、その後道端を歩いていたコジコジは、何だか本当に切なかったです。 この後コジコジのお父さんとお母さんの声が聞こえ、コジコジに語りかけるのですが、この時コジコジは、自分は独りではないということに気づけたので本当に良かったです。 このように、宇宙の子という壮大なテーマで結論付けられた今回の展開は、ある意味とても深いものがありましたよね! いつもの調子で淡々とストーリが展開される中で、このような展開が出てくるとは、さくらももこ先生、さすがです! 翌日、コジコジは次郎にお父さんとお母さんに手紙を書いたことを報告しましたが、お父さんとお母さんの名前を思い出すことができず、次郎と一緒に考えます。 この時次郎が導き出したコジコジの両親の名前が、とても大物で驚きましたね(笑) 本当なのかどうかという部分では、恐らく本当ではないと思いますが、まだはっきりとコジコジというアニメの中では結論が出ていないので、これから先の展開が楽しみですね!.

次の

やかん君 (やかんくん)とは【ピクシブ百科事典】

ペロちゃん コジコジ

さくらももこの代表作である「コジコジ」を、なるせゆうせいが舞台化。 主演で主人公のコジコジを演じるのは乃木坂 46 の向井葉月。 そして今回、その向井葉月扮するコジコジと宮崎理奈扮するペロちゃんのビジ ュアルが公開された。 さらにこれまで発表されているキャストに加え、芦原健介、伊藤小春、才川コージ、足利至の出演も決定。 これで全キャストが出揃った。 そこの住人たちは、半魚鳥の次郎くん、有名人のサインばかり集める太陽の王様ゲラン、謎のブルガリア人ジョニーくん、天使なのに悪者に恋心を抱いてしまう吾作、なぜかメルヘンの国にいる悪魔のブヒブヒ、などなど、一癖も二癖もある変なキャラクターばかり。 そんな面々の中でも特に異彩を放つのは、年齢も性別も不明なコジコジという謎の宇宙生命体だった。 自由気ままでありながら、ときどき哲学的な発言で真理をついたり、かと思えばとんちんかんな言動で級友たちを呆れさせたりと・・。 コジコジと、コジコジをとりまくメルヘンの国のナンセンスファンタジーである。 さくらももこならではのユーモアやシュールさによって、大人の心にぐさっと突き刺さる名言の数々を生み出した本作。 それを「ギャグ漫画日和」や「ハイスクール奇面組」の舞台演出を手がけたなるせゆうせいがどのような舞台に創り上げるのか?!期待が膨らむ。 チケットの一般発売は 6 月 22 日(土)から。 お見逃しなく!!.

次の

【コジコジ】名言・名シーン20選!かわいい×毒舌×哲学的なコジコジの発言に注目!【コジコジ】

ペロちゃん コジコジ

タイトル:さくらももこ劇場 コジコジ 第5話 手紙を書こう 放送局:TBS 声優:コジコジ・青木静香 次郎・高乃麗 やかん君・秋山じゅん カメ吉・上別府仁資 ゲラン・西原K太 ルル・宮城満希子 ペロちゃん・大塚智子 テル子・菅原文 トミー・徳永悦子 ムーア・大栗伸慶 うさ子・石田よう子 閲覧したVOD:(2019年1月31日までは視聴可) ゲランは物知りハンドブックをジョニーから貰おうとしますが、貰うことはできませんでした。 そんなゲランの様子を見ていたブヒブヒとスージーは、偽物の物知りハンドブックでゲランを騙してお金を奪おうと企みます。 変装したブヒブヒとスージーは、偽物の物知りハンドブックをゲランに10万円で売りつけることに成功しました。 この後、偽物のハンドブックに化けていたタヌキ君が化けるのをやめて去ってしまったため、ゲランは物知りハンドブックがなくなってしまったと思い、落ち込みます。 この後ブヒブヒとスージーは、再び自分達で作り上げた偽物の物知りハンドブックをゲランに売りつけました。 偽物の物知りハンドブックを読んでいたゲランは、自分が大切に飾っていた高橋留美子先生のサインが偽物であることに気づき、窓から捨てます。 ゲランが捨てた高橋留美子先生のサインは、コジコジの顔にあたりました。 この後コジコジは、ミミズ君に高橋留美子先生のサインをプレゼントしました。 翌日学校で、ゲランは物知りハンドブックが偽物であることに気づき、ショックを受けます。 さらにゲランは、高橋留美子先生のサインを捨ててしまったことも後悔してしまいました。 ~あらすじ~ ー3年インコ組(セキセイ)ー 次郎はコジコジの隣で手紙を書いていた。 「誰も君に書いてるなんて言ってないだろ?」 次郎がこう言ったため、コジコジはオーバーリアクションでショックな表情をする。 この時トミーが現れ、次郎と一緒に神様の妹へ手紙を書いていることをコジコジに教えてあげる。 一方ルルは、神様に手紙を書いていた。 コジコジがルルの元へやって来たため、ルルは神様に対する想いを説明する。 再びコジコジは次郎の元へ戻る。 この状況でやかん君はペロちゃんへの想いを募らせる。 ーーーもしもペロちゃんが神様のことを好きになってしまったら・・・! やかん君はこう思いながら、ペロちゃんが神様に手紙を書いていないことを願っていた。 そんなやかん君の姿をカメ吉とムーアは見つめながら、お茶が沸くのを待っていたが、お茶は沸かなかった。 「コジコジ、頼みがあるんだけど」 やかん君はコジコジの前にこう言いながら現れ、ペロちゃんが神様に手紙を書いているのかどうかを聞いてもらうことにする。 「あのさ、ペロちゃんは神様に手紙書いた?」 コジコジはペロちゃんの元へ行き、こう質問する。 「ううん、書いてないけど、どうして?」 ペロちゃんはこう答え、逆にコジコジに質問するが、コジコジは答えることができなかった。 「書いたほうがいのかしら?」 この時ペロちゃんがこう質問をしたため、コジコジは書くようにすすめ、やかん君の元へ戻る。 コジコジからペロちゃんが神様に手紙を書いていないことを教えてもらったやかん君は、とても喜ぶ。 「だから書くようにすすめてきたよ!」 さらにコジコジはこう伝えたため、やかん君はとてもショックを受け、どんどん冷えてしまう。 「今日も元気に沸騰してくれよ!」 この時カメ吉が現れ、やかん君を勇気づけるが、やかん君は元気がでなかった。 「やかん君の元気な顔が早く見たいね!」 コジコジがこう言ったため、やかん君が冷えてしまった原因がコジコジにあることを次郎は説明するが、コジコジは自分のせいだとは思っていなかった。 さらに次郎は、やかん君がペロちゃんのことを好きだと説明するが、全くコジコジは理解することができない。 ーーー恋ってものを全然分かってないな。 考えているコジコジを見た次郎は、こう思っていた。 一方ペロちゃんとうさ子、テル子もやかん君を見て心配していた。 ーーーペロちゃん、まだやかん君の気持ちに気づいてないのね。 この時テル子はこう思い、ペロちゃんの優しい気持ちがやかん君に伝わるように祈る。 この状況でコジコジは、手紙を出すことにしたため、次郎に誰に出したらいいかと相談する。 「知らねぇよ、自分で考えろよ」 次郎はコジコジにこう言い放つ。 ー道端ー コジコジはゲランと歩いていた。 この時ゲランは、高橋留美子先生に手紙を書いたことを説明する。 「コジコジも誰かに出したいな~」 コジコジはこう言った後、ゲランに手紙を出そうとする。 「何て書いてくれるんだい?」 ゲランがこう質問したため、コジコジは手紙の内容を答えるが、手紙で知らせるほどの内容ではないと言われてしまう。 この時、コジコジとゲランの横を知らない家族が通る。 この後ゲランと別れたコジコジは、1人で歩いていた。 ーーーお父さん、お母さん、お父さん、お母さん・・・。 コジコジは繰り返し、心の中でお父さんとお母さんを呼んでいた。 そして崖の上にたどり着いたコジコジは、夕日を眺めていた。 ー郵便局ー 「お父さんとお母さんに手紙を出すにはどうすればいいの?」 コジコジは窓口で、こう質問する。 この時コジコジは住所を聞かれるが、そもそも住所が何なのか分からなかったため、住所について説明される。 「知らない、会ったことないよ」 住所の説明を聞いた後、コジコジはこう答えたため、届けられないと告げられてしまう。 ー道端ー コジコジは郵便局を出た後、手紙を持って歩いていた。 この時コジコジは立ち止まり、自分が書いた手紙を読む。 突然風が吹き、コジコジの手紙は風で飛ばされてしまう。 「あーあ、どっか行っちゃった」 コジコジはこう言いながら、しばらくその場に立っていた。 「コジコジ」 「コジコジ」 この時コジコジを呼ぶ声が聞こえ続ける。 そしてコジコジは、光の粒に包まれる。 「「お父さんとお母さんは、いつもコジコジと一緒にいます」」 手紙のお礼の後、さらにこう声が聞こえる。 「「水の中にも、土の中にも、木の中にも、草の中にも、音の中にも、風の中にも、空の中にも、光と闇の中にも」」 「それは、あなたは宇宙の子だから」 さらにこう声が聞こえる。 この状況でコジコジは空を見上げる。 「星が、いち、に、さん・・・」 コジコジは星を数えた後、宇宙とは誰だろうと考えていた。 この時流れ星が流れる。 ー3年インコ組(セキセイ)ー コジコジは、昨日手紙を出したことを次郎に報告する。 「お父さんとお母さん」 誰に出したのかと次郎に質問されたコジコジは、こう答える。 この時コジコジは、次郎に両親の名前を質問される。 「うの付く名前なんだ・・・」 コジコジはこう言いながら、頑張って両親の名前を思い出そうとする。 次郎は自分が思いつく名前を口にするが、なかなかしっくりこない。 「宇野千代!」 コジコジと考えていた次郎は、こう答える。 「あ!そうかも!」 コジコジも納得してこう答える。 驚きながら次郎は、今度は父親の名前について質問する。 コジコジは父親の名前を思い出そうとする。 この時次郎も、コジコジと一緒に父親の名前を考える。 「ひょっとして、新井注!?」 次郎はこう言いながら驚いた後、コジコジが個性的であることに対し、納得する。 一方コジコジは、宇野千代と荒井注がどんな人なのかを次郎に質問するが、次郎はうまく答えることができなかった。 ~感想~ 今回は、コジコジのお父さんとお母さんについて触れられている内容でした。 郵便局でコジコジがお父さんとお母さんに手紙を出そうとしたものの、結局出すことができなかったという展開は、しんみりしましたね・・・。 いつもは陽気なコジコジですが、この時だけは孤独なコジコジという感じがして、何だか可哀想でした。 郵便局でのやり取りをしていたコジコジと、その後道端を歩いていたコジコジは、何だか本当に切なかったです。 この後コジコジのお父さんとお母さんの声が聞こえ、コジコジに語りかけるのですが、この時コジコジは、自分は独りではないということに気づけたので本当に良かったです。 このように、宇宙の子という壮大なテーマで結論付けられた今回の展開は、ある意味とても深いものがありましたよね! いつもの調子で淡々とストーリが展開される中で、このような展開が出てくるとは、さくらももこ先生、さすがです! 翌日、コジコジは次郎にお父さんとお母さんに手紙を書いたことを報告しましたが、お父さんとお母さんの名前を思い出すことができず、次郎と一緒に考えます。 この時次郎が導き出したコジコジの両親の名前が、とても大物で驚きましたね(笑) 本当なのかどうかという部分では、恐らく本当ではないと思いますが、まだはっきりとコジコジというアニメの中では結論が出ていないので、これから先の展開が楽しみですね!.

次の