錻力 の アーチスト 甲子園 編。 野球漫画しか連載してない雑誌があったとして

野球漫画しか連載してない雑誌があったとして

錻力 の アーチスト 甲子園 編

4 2 kid もったいない!もっと続いて欲しかったです。 野球漫画が多い中、主人公や各キャラクターの個性が強く、この先、このキャラやこの学校はどうなっていくんだろう?ってワクワクしました。 リアルな野球を追求するよりもキャラの強さが物語りを引っ張る感じです。 ですが限りなく5に近いです。 本当にもっと続きが読みたかったです。 2017-08-21 740787 0 1 f3Fm-a-v2 xsyj-kid-v2 5 0 konono この作者さんの前作にはまり、こちらにも流れてきました。 シュガーレス同様、熱い男たちの熱い野球漫画。 完結しました。 野球も野球漫画も好きですが、この野球漫画はかなり異色です。 リアルさを求める方向きではないです。 個性的というかかなり濃いキャラがたくさん出てきます。 初めはそこまで乗り切れず読んでいましたが、4,5巻辺りのキャラの濃さに、「この漫画はこう楽しめばいいんだ 笑 !」とふっきれてその後一気読みしました。 前作以上にはまりました。 前作と違い女性は出てきますが、普通の野球漫画の扱いとは違う…主人公の野球部の女子マネの扱いがこんな漫画は中々ないのでは・・むしろ男同士の関係が色々熱すぎて 笑。 腐女子的妄想のナナメ上いってるというか…ほんと笑えます。 最後駆け足なところもありますが、この作者さんの世界を楽しむことができました。 完結してしまいましたが、もっと続きが読みたかったです。 2016-10-08 214088 0 0 b5pF-a-v2 bx22-konono-v2.

次の

【細川雅巳】 錻力のアーチスト 9【チャンピオン】

錻力 の アーチスト 甲子園 編

45 ID:bVRiK7JP. net ドカベンは今のドリームトーナメントが終わったら完結だし、 後継枠としてプロ野球編を描いて欲しい。 15 ID:ZMcvhu36. 15 ID:Aj3OxYob. 51 ID:D8dYTSA3. 48 ID:p75TJA4J. 69 ID:v7FeHTiM. 20 ID:NMj7E5Lp. 83 ID:sHhpZDb2. 28 ID:v2y7DQaV. 24 ID:9d6YlxaT. 18 ID:CH2WIELO. 13 ID:EH9PsnpE. net 甲子園編の告知がnever comesで明らかに野球しそうにないキャラデザ。 清作と工の恋の行方なんてフラグを立てなかった上にチアリーダー姿の工. 色々と不満と無念をぶつけたオマケページだった。 95 ID:G94SDrd1. 41 ID:CH2WIELO. 74 ID:6PaWm7vH. 25 ID:wPP6X9mU. 80 ID:ZSAkWvUQ. 36 ID:Gr7VKrTL. 75 ID:tGVThTji. 29 ID:gTiiJSjj. 61 ID:WCvs6R77. 62 ID:aGGk2QYt. 58 ID:aGGk2QYt. 97 ID:cdqjem53. 47 ID:b9FnZPOd. 24 ID:hUj8Ge9Z. 93 ID:LBy7sdB9. 82 ID:FIO3zZrb. 47 ID:VkQtEzx3. 89 ID:hk4Vpe7b. 35 ID:v3eLUklz. 44 ID:E1w07UAo. 20 ID:sq9naOjH. 04 ID:JO8mV0aG. 35 ID:ICAVzASJ. 71 ID:N8fpN6ky. 60 ID:0fmHrm2p. 12 ID:MgSBC8KJ. 03 ID:MZnjjvr2. 16 ID:HJhWWV3i. 74 ID:Wy77sTrq. 13 ID:vpHlFAm0. 41 ID:C0XQm9dJ. 13 ID:qNahu4z2. 43 ID:jqd8b9pG. 69 ID:QgK2Oh5m. net この漫画に限らんが、そんなホムホムも全国レベルに出るとボコられてるんだよな。 64 ID:QsMUw4bX. 36 ID:zby5RqYC. net 暇だから錻力版ドラフト評価でもやってみるか 【神奈川県】 蓬莱豊 蔡理 特A 独特のセンスを持つ天才バッター。 弐織義壱 港南学院 A 全国区の怪物。 どちらかと言えば努力型の秀才。 上根敦士 港南学院 A 走攻守三拍子揃った外野手。 野球センスも抜群。 蛮堂睦 蔡理 B 球威のあるストレートとスプリットが武器の剛腕だがコントロールに難あり。 打者としても非凡。 池田ホセマリア 港南学院 D 恵まれた体格のパワーヒッター。 打撃は粗い。 オノーレ。 之路拓人 桐湘 D 150km近い速球は球威もあるが単調な投球。 変化球は使いものにならない。 プロでは厳しいか。 93 ID:7LjaQOcD. 39 ID:ITnIdcHW. : 'e' :. 79 ID:Ztd32OAo. 48 ID:B3xvHfvE. 33 ID:wHt4VzkP. net dvffvvnm 総レス数 405 86 KB.

次の

野球マンガ格言集・球言!『錻力のアーチスト』『砂の栄冠』『風光る 〜甲子園〜』より

錻力 の アーチスト 甲子園 編

シーズン中はニュース番組で必ず結果が知らされるほど、日本に根づいたスポーツ、野球。 野球を題材にした漫画は、他のスポーツ漫画の追随を許さないほどの数が出版されています。 スポ根漫画の元祖と言われる、40年以上続く『ドカベン』、恋愛要素も絡めて人気を博した『タッチ』などなど、挙げたい作品は山のようにありますが、今回は元・野球部の書店員が選んだ「定番」と「おすすめ」、計16作品をご紹介します。 アニメも絶賛放送中の本作は、熱血要素も青春要素も盛り込んだ、王道野球漫画です。 主人公の沢村栄純は中学最後の地区予選で暴投し、一回戦敗退となってしまいます。 高校は地元から甲子園を目指すことを考えていた沢村ですが、彼の素質を見抜いた青道高校のスカウトから勧誘を受け、青道高校に野球留学することに。 しかし、1年生がそう簡単にチームのエースになれるわけがありません。 ライバルは上級生だけでなく、同学年にも。 個性溢れるチームメイトに助けられながら力を磨きつつ、チームの甲子園出場のために控え投手として尽力する沢村ですが、同じ地区には青道以上に個性的な強敵が何校も待ち構えているのでした。 第47巻で「第1部」が完結し、現在はが連載中。 青道高校の戦いはまだまだ続いています。 選手時代、審判を殴った過去がある鳩ケ谷は、野球から離れ、詐欺まがいの営業をするセールスマンとして生活していましたが、恩師の頼みで母校の野球部の監督に就任します。 しかし、野球部は残り1年で廃部が決まっており、存続のために1年間で甲子園を目指すことになります。 地方予選で初戦敗退するようなチームを甲子園に出場させるなど、生半可なことではできません。 さわやか、ひたむき、正々堂々という「高校野球らしさ」を捨て、鳩ケ谷は「勝つ」ために、様々な方策を取り入れていきます。 努力や根性、才能が勝利の要素を占めることが多いスポーツ漫画の中で、論理的な練習や事前の分析こそが勝利への鍵だとする作品です。 試合では選手同士、監督同士の心理戦を深く描いており、現代の「考える野球」に触れることができます。 野球部のキャプテンは、基本的に3年生が引退すれば2年生に引き継がれます。 そして1年を経ると、また上の世代から下の世代へと代替わりしていきます。 本作は、舞台となる墨谷第二中学校野球部のキャプテンを主人公に据えているので、キャプテンが替われば、主人公も替わっていくのです。 キャプテンとしてひたむきに頑張る谷口、熱さでチームを引っ張る丸井、勝つために特訓を行うイガラシ、面倒見のいい近藤と、それぞれのキャプテンの特色がチームに反映されています。 丸井やイガラシ、近藤は、キャプテンになる前は一選手として、前のキャプテンの時代から登場しています。 彼らが一選手からキャプテンとなることで変化していく姿も注目ポイントです。 トップクラスであれば年俸が数億にもなることを考えると、パッとしない年俸です。 しかも彼には、相手打者の年俸によってピッチングの内容が変わってしまうという悪癖があります。 そんな、他の選手の年俸が気になって仕方ない凡田の視点を中心に、プロ野球という華やかな世界のお金にまつわる話など、現実的な側面を垣間見ることができる異色な作品です。 なお、凡田は厳しい世界で戦い抜いた結果、新たなチームに移籍しています。 続編であるも注目です。 校長に呼び出された野球部キャプテンの不屈闘志は、突然「廃部だっ!! 」と告げられます。 そんな逆境展開に対し、不屈が持ちだしたのは「甲子園優勝」。 しかし、言葉だけで校長を納得させられるわけもなく、条件として、10日以内に甲子園ベスト8の強豪校に勝つことを約束します。 先にご紹介したよりも厳しい話になっていますが、これが「逆境」なのです! ありとあらゆる逆境が不屈たちに襲いかかりますが、彼らはそれを様々な手段で乗り越えていきます。 そして、最終的にはやはり「熱血」です。 プロ野球選手の父を持つ吾郎は、リトルリーグから野球人生をスタートさせます。 第1巻の頃は可愛らしかった吾郎が、巻数を経るごとに次第に強気なキャラに成長していきますが、こういう変化を見られるのも、1人のキャラが長く描かれているからこその面白さです。 反骨精神あふれる吾郎の活躍だけでなく、吾郎を支える人々やライバル達も同じく成長していき、とても魅力的に話を彩ります。 吾郎の物語は『MAJOR』78巻で終わりますが、彼の精神はしっかりと息子に受け継がれています。 その息子・大吾の活躍が読めるは、現在連載中。 それでもマウンドだけは譲りたくないという頑固さを持った、一風変わったキャラです。 そんな彼が入部した野球部は、設立1年目で1年生しかいないにも関わらず、野球に全てを懸けている女性監督・モモカンの指導のもと、本気で甲子園を目指します。 野球理論やスポーツ医学など、論理的要素がストーリーにふんだんに盛り込まれているのも特色で、試合では一打席ごとに投手や捕手、打者の心理が丁寧に描写されており、緊迫した駆け引きが楽しめます。 2度のアニメ化でブレイクし、野球漫画でありながら、女性読者も一気に増やした本作。 三橋をリードする女房役のキャッチャー・阿部をはじめ、ライバル校の選手たちに至るまで、主人公以外の登場人物もそれぞれ個性的で人気があります。 各々の選手の事情はさまざまですが、誰もが野球に対して「まっすぐ」なのが、本作のピュアで熱いところ。 ぜひ読んで、一押しの選手を見つけてみてください。 個性派揃い!「おすすめ」野球漫画9作 続いて、元・野球部員の書店員がおすすめする、最近のイチオシ話題作や、意外と知られていない変化球的作品を9作品ご紹介します。 主人公・清作雄は、シニア時代スラッガーとして鳴らしましたが、協調性がまったくなく、自分のためにホームランを打つ選手でした。 しかし怪我もあってか、希望していた私立の強豪校からスカウトがかからず、公立高校に進学します。 最初の頃はチームの四番になるため、自分の実力をがむしゃらに示そうとしていた清作ですが、四番を争う先輩達との競争を通して、少しずつチームというものを意識するようになっていきます。 清作を含め、「本当に高校生!? 」と疑いたくなるような、アクの強い登場人物ばかりですが、そんな強烈なキャラ達だからこそ、その勝負も激しく熱い! ファンの間では「ポエム」とも呼ばれる、細川先生の独特のセリフ回しが、さらにその熱戦を彩ります。 そんな彼に唯一声をかけてきたのは、まさかの日本球団。 野球を続けるため日本に渡ったレジーですが、アメリカのベースボールと日本の野球の違いに戸惑い、時には怒りを爆発させます。 しかし、次第に日本にも馴染んだレジーは、プロ野球の強敵達と熱戦を繰り広げていきます。 主人公が助っ人外国人選手という、珍しい設定の本作。 原作者のGUY・JEANS先生は、一瞬「何者!? 」と疑いたくなりますが、本名はロバート・ホワイティングという、アメリカ人ジャーナリストです。 日本に精通した外国人作者だからこその視点は、他の作品にはない独自性を発揮しています。 そして作画は、現在を連載中のヒラマツ・ミノル先生。 『REGGIE』では、太い線の迫力あるタッチで、レジー達のパワフルな戦いを描いています。 単純に日本野球を風刺しているだけでなく、野球漫画らしいピッチャーとバッターの戦いもしっかり描かれており、両方の面で楽しめる作品です。 攻撃に特化した練習を行うなど、様々な方策を打っていきます。 中学で結果を残した彼は、高校でもさらに暴れ回ることになりますが、その第2部のタイトルは「くたばれ甲子園の章」! これだけでも、この作品の特異性が伝わるのではないでしょうか? 本作の作者は、先に取り上げたで原作を担当しているコージィ城倉先生(原作者の時のペンネームは「森高夕次」)です。 やはり、ただの野球漫画とは一味違うのですが、熱い要素もしっかりあるので、そのバランスが絶妙な作品と言えます。 現在は続編として、六大学野球を舞台にしたを連載中です。 作者はで知られる甲斐谷忍先生。 ルールの盲点をついた展開など、実力以上に頭脳がモノを言う野球が描かれています。 賭け野球出身の主人公・渡久地東亜は、報酬が1アウトごとに増額、1点取られるごとに減額という「ワンナウツ契約」でプロ野球入りします。 彼は並外れた実力を持ちながらも、その狡猾な頭脳でプロ野球の選手、監督、関係者達を手玉に取っていきます。 その手があったか! と驚かされる駆け引きを、是非お楽しみください。 各地から集められた精鋭たちと共に、いよいよDL学園硬式野球部に入部する笑太郎を待ち受けていたのは、厳しすぎる上下関係と過酷すぎる練習の日々でした。 今時、超が付くほどの体育会部活はあまり見かけなくなりましたよね。 甲子園にかける情熱があれば、どんな理不尽も厭わない…という突っ走り感。 その是非はともかくとして、この漫画で描かれているスポ根すぎる高校球児の姿は、どこか懐かしくもあり、輝かしく感じられます。 いつの時代も、やっぱり「青春」は良いものですね。 また、ただひたすらに突き進むのみ!的な高校野球ではないところも、面白いところです。 というのも、本作の試合のシーンでは、DL学園の考えに考え抜かれた戦略の数々が描かれます。 そしてその戦略のポイントを作中で丁寧に解説してくれるので、野球をあまり知らない読者でも分かりやすく追うことが出来ますよ! やはり強豪が強豪たる所以は、綿密に練り上げられた戦略にあるのか…と感心してしまいます。 もちろん、圧倒的な練習量の基礎があってのことだということは言うまでもないですが。 一口に野球漫画といっても、本作は切り口がとてもユニーク。 高校野球に「お金」というテーマを絡めている、唯一無二の作品です。 甲子園出場まであと一歩のところで敗れた樫野高校野球部。 期待を裏切ってしまったことでOB会からの特別支援が打ち切られ、監督からも見放されてしまいます。 そんな中、次期主将に就任した主人公の七嶋裕之(ななしまひろゆき)。 彼がチームをどう再生すべきか悩んでいたところ、野球部ファンである老人・トクさんから1000万円を預かることに! 七嶋はトクさんから託された1000万円という大金をどう使い、野球部を甲子園へと導くのか…。 高校野球の、青春の汗、といった爽やかな側面よりも、どちらかというと「お金」や「大人の事情」などブラックな側面が多く描かれており、野球漫画として非常に新鮮に読むことが出来ます。 確かに、本気で野球をするだけでもかなりの「お金」がかかることは間違いありません。 爽やかさや綺麗事だけでは甲子園には行けない、というある意味リアルを描いている作品です。 また、チームのコンディションや試合の状況をスキルの問題として語るのではなく、選手のモチベーションやマインドセットの問題として語っているところも面白いポイントです。 その分、主将の七嶋をはじめ部員一人一人の内面が丁寧に描写されています。 野球部の不良たちが幅を利かせる二子玉川学園高校に赴任してきた主人公・川藤幸一(かわとうこういち)。 川藤はいわゆる熱血教師で、周囲の教師たちが恐れをなす不良たちにも真っ正面からぶつかっていきます。 そんな川藤の本気に触れ、徐々に心を開いていく部員たち。 名ばかりだった野球部が本気で甲子園を目指し奮闘してゆく…という青春野球漫画の王道です。 熱血教師と不良生徒という組み合わせは、いつの時代も心を揺さぶる関係性になりますよね。 それに高校野球が掛け合わさったもんだから、もう熱くないわけがありません! 本作では、今まで打ち込むことが何もなかった不良たちが、野球を通して更生してゆく過程が描かれます。 野球という一生懸命になれることを見つけ、やっと彼らの青春が輝きだすわけですが、その輝きの眩しいこと眩しいこと! 漫画のコマを飛び越えて、読者である私たちの心にバシバシと届く眩しさです。 そして本作一番の魅力は、不良たちの本音が少しずつ垣間みえてゆく展開にあると思います。 虚勢を張って、予防線張って、必死に突っ張っている彼らだって、やっぱりまだまだ高校生の青年です。 それぞれに思っていることがあり、その想いが川藤の熱量に触れることで、徐々に表に出てきます。 今まで抑え込んでいた想いが溢れでる瞬間、グッとくるシーンが沢山ありますよ。 また肝心の野球シーンも見どころ満載です。 スキルだけでなく、チームとして、人間として成長していく彼らの勇姿が存分に描かれており、感動します。 泥臭く輝く彼らの青春を、白熱の試合模様を、ぜひ見届けてください! 最後に 野球漫画は本当に数が多く、巻数が多い作品もたくさんありますが、日本シリーズや世界野球プレミア12が終われば、今年のシーズンは終了です。 来年のシーズンを待ちながら、まだ読んだことのない野球漫画に出会ってみてはいかがでしょう? 関連ページ•

次の