エポス カード プラチナ インビテーション。 エポスプラチナはコスパ最強|インビテーションが来たら考えること

エポスプラチナカードを遂にGET!インビが来るまでの経緯と条件とは?

エポス カード プラチナ インビテーション

プラチナカードとしては比較的作成しやすい部類となります。 審査が不安な方でも下位カードで実績を作っていけば取得できる可能性が高いです。 非常にコスパの高いカードとなっていますので、じっくり目指す価値があると言えます。 同じクラスのクレジットカードとしては、「」、「」、「」などが挙げられます。 銀行系のゴールドカードや流通系のプラチナカードが揃っています。 作りやすいプラチナカードを目指すのであれば審査難易度7を目安にすると良いと思います。 属性別おすすめ度• 年齢以外の制限は特に設けられていません。 未成年の方及び学生の方は申し込み不可となっています。 エポスプラチナカードは、ポイント還元率も高くスペックが高い一枚です。 おすすめの層としてはマルイをよく利用する主婦や社会人の方、カードの利用額が大きい30大社会人、経営者の方、シニア層の方となります。 プラチナカードとして平均的な年会費だと思います。 年会費の優遇制度については特徴&強みの項目で詳しく解説しています。 家族カード及びETCカードは永年無料で保有することができます。 家族でカードを使えばよりお得になります。 ポイント還元率 基本ポイント還元率は0. カード利用200円ごとに1Pのエポスポイントが貯まります。 さらに、マルイでの優遇などいくつかのポイントの優遇制度を活用すればより効率的にポイントを貯められます。 非常にコストパフォーマンスの高いプラチナカードだと言えます。 ポイントには有効期限がなく失効を気にすることなくじっくりポイントを貯められます。 エポスポイントはエポスVisaプリペイドカード、Amazonギフト券、マルイ商品券、ANA・JALマイルなどに交換することができます。 交換先が豊富で使い勝手の良いポイントだと言えます。 国際ブランド 選べる国際ブランドはVISAのみです。 VISAは国内外を問わず使えるお店も多く利便性が高い国際ブランドとなっています。 初めてのクレジットカードとしてもおすすめしやすいですね。 まだ、VISAブランドのクレジットカードを持っていない方は要チェックです。 エポスプラチナカードの特徴&強み 優遇制度で年会費10,000円引き 通常年会費は30,000円(税込)となっていますが、年会費の優遇制度を利用すれば20,000円まで引き下げることが可能です。 まず、一つはインビテーションが届いたケースです。 この場合は自動的に年会費が20,000円となります。 もう一つが年間カード利用額が100万円以上となると翌年以降20,000円と優遇されます。 いずれにしても十分狙える優遇制度だと思います。 エポスプラチナカードを作るならぜひ20,000円で所有できるようにしてくださいね。 マルイでお得 マルイでのお買物でいつでもポイント2倍 マルイでのショッピングはいつでもポイントが2倍と優遇されます。 カード利用200円ごとに2Pが貯まりますので、ポイント還元率は1. 秀逸のポイントプログラム エポスプラチナカードは、プラチナカードとして珍しくポイントプログラムが非常に優れています。 これらの優遇制度を活用すればよりお得にクレジットカードを使うことができます。 ぜひチェックしてくださいね。 年間利用金額に応じたボーナスポイント 年間利用金額 ボーナス 還元率 100万円以上 20,000P 2. 還元率が最も高くなるのは年間100万円ちょうど利用した時です。 その場合ボーナスポイントは20,000Pで還元率は2. 通常のショッピングポイント0. 誕生月はポイント2倍 誕生月はポイント付与率が2倍となります。 誕生月にマルイでショッピングをすると還元率は2. 自分へのご褒美の購入がお得ですよ。 ポイントアップショップ登録 指定のポイントアップショップへ登録をすることで最大3倍のポイントを獲得することができます。 最大3つまでお店を選べます。 対象店舗にはスーパー、コンビニ、ドラッグストア、ガソリンスタンド、レストランなど多くのお店が対象となっています。 対象店舗例 スーパー イオン、イトーヨーカドー、ウエルシア薬局など コンビニ セブンイレブンなど 家電量販店 エディオン、ケーズデンキ、ニトリ、ノジマなど ホームセンター ニトリなど ファッション ZARA、AOKI、ABC-MART、ビームス、ユニクロなど 参照外部サイト: たまるマーケットでポイント最大30倍 エポス運営のオンラインモール経由でのオンラインショッピングがオトク!最大30倍のポイントを獲得することができます。 参加ショップにはアマゾン、楽天市場、ヤフーショッピング、ベルメゾン、一休、DHC等が挙げられます。 空港ラウンジサービス プライオリティパス プライオリティパスを無料で発行できるのはプラチナカードらしいサービスだと言えますね。 プライオリティパスがあれば世界400以上の都市、900以上のVIP空港ラウンジを無料で利用することができます。 海外旅行や海外出張などで空港を利用することの多い方は必見です。 プライオリティパスの発行には別途申し込みを行う必要があります。 国内及び海外一部空港ラウンジ無料利用 上記のプライオリティパスを発行しなくてもエポスプラチナカードがあれば対象空港を無料で利用できます。 プライオリティパスを作るほどではないという方にとってはありがたいですね。 国内の空港及びホノルル・仁川空港のラウンジを無料で利用することができます。 さらに、同伴者1名様まで無料となりますのでご家族やカップルでの利用にもおすすめです。 手厚い旅行傷害保険付帯 海外旅行傷害保険 家族特約付きの海外旅行傷害保険が付帯されています。 自動付帯となっていますので、カードを持っているだけで保険が適用されます。 なお、家族の補償内容は少し異なります。 ()内に表しています。 死亡後遺障害最高1億円(最高2,000万円)、疾病傷害治療費用最高300万円(最高200万円)、賠償責任最高1億円、携行品損害最高100万円、救援者費用200万円となっています。 疾病傷害治療費用最高300万円は嬉しいですね。 利用頻度の高い保険なので重宝します。 国内旅行傷害保険 国内旅行傷害保険も家族特約となっています。 国内旅行傷害保険については利用付帯となっていますので、公共交通乗用具・宿泊料金・ツアー料金の支払いを行うことで保険が適用となります。 死亡後遺障害最高1億円、入院日額5,000円、手術保険金最高20万円、通院日額3,000円です。 家族特約の死亡後遺障害の補償額は最高2,000万円です。 エポスプラチナカードグルメクーポン 全国100店舗以上の一流レストランでお得なクーポンを受け取ることができます。 プラチナカードクラスのクレジットカードでは定番の付帯サービスです。 二名以上で対象レストランを利用した場合、会員分のコース料金が無料になるクーポンです。 デートや接待等で活用することができます。 Visaプラチナカード会員優待 VISAプラチナカードの優待を利用することができます。 年会費30,000円の割安なエポスプラチナカードで利用できるのはオトクだと言えます。 Visaプラチナ空港宅配 自宅と空港間においてスーツケースの宅配を2つまで500円の優待価格で利用することができます。• Visaゴールド国際線クローク 一つにつき500円で配送してもらうことができます。• Visaプラチナゴルフ 国内及び海外の提携ゴルフ錠のプレー代金が4,000円引きとなります。 エポスプラチナカードは電子マネーとの相性の良いクレジットカードとなっています。 モバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edyにチャージをすることができて満額のポイントを獲得することができます。 ボーナスポイントを獲得するために電子マネーへのチャージを活用することができますね。 また、誕生月2倍の恩恵も受けることができますので、誕生月にまとめてチャージすればよりお得にポイントを貯められます。 エポスプラチナカードのここはマイナス ショッピング保険付帯なし エポスプラチナカードには、ショッピング保険が付帯されていません。 比較的スペックの高いカードですが、ここはカットされてしまっていてデメリットだと言えます。 ショッピング保険は、カードで購入した商品の盗難・紛失・破損等によって損害を被った場合にその損害額が補償される保険です。 多くのゴールドカードやプラチナカードに付帯されています。 このエポスプラチナカードは非常に特殊なカードだと言えます。 ただし、海外旅行保険などと比べると利用する機会はそれほど多くありませんので気にしなくても良いかもしれません。 ステータス性はそこまで高くない プラチナカードとは言え流通系カードということもありステータス性はそこまで高くありません。 ステータス性を重視したい方は銀行系カード等を検討すると良いでしょう。 元々はインビテーションでのみ作成できました。 しかし、思うように顧客の獲得ができなかったためか現在ではWEBから直接申し込みができるようになっています。 ステータスを重視される方にはおすすめできず、コスパの高いプラチナカードを探している方向けです。 エポスゴールドカードと比較 プラチナ ゴールド 券面 発行会社 株式会社エポスカード 株式会社エポスカード 申込資格 20歳以上の方 (学生を除く) 20歳以上の方 (学生を除く) 国際ブランド VISA VISA 発行期間 最短即日 最短即日 年会費 30,000円(税込) 5,000円(税込) 年会費優遇 20,000円(税込) 無料 家族カード 永年無料 永年無料 ポイント還元率 0. 申込資格、国際ブランド、発行期間は同じです。 年会費についてはゴールドカードは5,000円とリーズナブルです。 さらに、年間50万円以上利用すると年会費が無料になる優遇制度があります。 エポスゴールドカードもコストパフォーマンスの高いカードだと言えそうです。 基本ポイント還元率はどちらも同じ0. 例えば、誕生月のポイント2倍はプラチナカードだけの優待です。 また、年間利用額に応じたボーナスポイントやファミリーボーナスポイントについてはプラチナの方が優遇されています。 旅行保険についてもプラチナカードが優れていますね。 プライオリティパスの発行、手荷物宅配サービス、プラチナトラベルなどワンランク上のサービスを受けられます。 反対にこれらのサービスに魅力を感じない方はゴールドカードの作成を検討すると良いでしょう。 比較対象のクレジットカード 三菱UFJニコス株式会社発行のプラチナカードです。 銀行系発行で、アメックスとの提携カードでステータス性が非常に高くなっています。 最短3営業日のスピード発行なのも嬉しいですね。 家族特約付きの海外旅行傷害保険やプライオリティパスの発行をすることができます。 この年会費でプライオリティパスが無料なのは評価できます。 さらに、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険付きでコストパフォーマンスの高さは他に例がありません。 ステータス性よりもスペック重視の方必見です。 盗難保険 盗難保険あり。 合わせて読みたい記事一覧 総合クレジットカードランキングを紹介。 また、総合ランキングとは別に審査が甘い、VSIAプロパー、ショッピングなどカテゴリーごとのランキングもまとめています。 人気のカードを知りたいとう方は要チェックです。 300券種以上のクレジットカードの審査難易度ランキングをまとめています。 クレジットカードの取得難易度、ステータスなどを知りたい方必見です。 読み物としてもおもしろいと思います。 様々なカードの特長を比較する 属性と地域でカードを選ぶ 人気の即日発行対応カードをチェック!.

次の

エポスプラチナカードのインビテーションが到着!利用実績や基準を紹介!|わーぷDayz

エポス カード プラチナ インビテーション

この記事を流し読み• エポスプラチナカードを取得する為の条件とは? まず初めにエポスプラチナカードを取得する為には どんな条件があるのか?についてです。 エポスカードでプラチナ会員になる為には 2つの方法があります。 インビテーションでの入会 年会費2万円 一つ目の方法は エポスゴールドカードで年間100万円を利用する事になります。 ゴールドで年間100万円以上利用すれば次年度に プラチナ会員になりませんか?という招待状 インビテーション が送られてきます。 実際に送られてきたインビテーション shunPがインビテーションを貰ったのも年間100万利用した翌年度でしたし、ネットでの情報を見ていても100万以上の利用でインビテーションが来たって意見ばかりでした。 なので 年100万の利用が一つの評価ポイントとなっていることは間違いないですね。 ネットからの申し込みで入会 年会費3万円 2017年9月より インビテーションが不要でプラチナカードへ入会できるようになりました。 それ以前はインビテーションでしか入会できなかったので いつでも申し込めるようになったのはうれしいですね。 ただ、いつでも申し込めるようになったとは言え インビテーションを貰って入会するより年会費が1万円高くなります。 始まりは大学生の時にOIOI マルイ で買い物をしていた時です。 カードの勧誘を受けたのがきっかけでした。 shunPがインビテーションを貰った時の経緯 プラチナカードになるまでの経緯 2011年 エポスカード入会。 学生だったのでそんなに使わず年10万程度利用。 2012年 前年と変わらず年10万程度利用。 ~社会人になる~ 2013年 ゴールドを意識して使いだす。 年50万ほど使用。 2014年 10月にゴールドのインビテーションが来る。 即ゴールドへ。 2015年 プラチナを意識して年100万以上利用。 2016年 1月にプラチナのインビテーションが来る。 プラチナホルダーへ。 とまぁこんな感じです。 ゴールドカードになってからプラチナまでは1年3ヶ月かかりました。 ただ、 ノーマルカードだった期間は3年あるのでエポスカードを持ってからだと4年となります。 エポスカードの保有期間は関係ない? 恐らくですが、 エポスカードを保有している期間というのはプラチナのインビテーションが来るかどうかには関係ないと思います。 実際ノーマルの時はほとんど使ってなかったですし。 やはり ゴールドでの年間利用額が評価ポイントになるのは、ネット申し込みの場合の年会費の意味合いからも間違いないでしょう。 年間利用額100万円がインビテーションが来るか来ないかの分かれ道くまね! くまさん まずはエポスゴールドカードを目指そう! 兎にも角にも、エポスプラチナカードを目指すには とりあえずゴールドカードを持つ必要があります。 これからエポスカードを発行してプラチナを目指そうと考えている方には長い道のりになると思います。 エポスゴールドもインビテーションでの入会がお得 エポスカードゴールドの インビテーション条件は年間50万円が目安となります。 50万程度なら早ければ半年くらいで利用できる金額ですね。 運が良ければこのタイミングでインビテーションが来ることもあります。 インビテーションからの入会だと年会費が無料になるのでお得にゴールド会員になることができます。 エポスファミリーゴールドでも年会費が無料になる そして、 2018年から登場したサービス『エポスファミリーゴールド』を利用すればインビテーション入会と同様に年会費が無料になります。 こちらのサービスはご家族にエポスゴールドカードを持っている方がいれば その方からの紹介でゴールドに入会できるサービスとなります。 shunPも出張で海外に行くことがあるのでよく使ってます。 フライト前にちょっと何か食べたいな…っていうのにも最適ですよ。 と言うより ビール飲んでおつまみつまんで、最後にサンドイッチ食べるともうお腹いっぱいです 笑 また、無料で使えるWi-Fiも設置されているので出発前のメールチェックや暇つぶしには持って来いです。 同伴者が1名まで無料になる空港もある さらに、国内の主要空港と仁川、ホノルル空港では プラチナカードの提示で同伴者も1名まで無料で利用可能となります。 ゴールドとプラチナの補償内容比較 保険金の種類 ゴールド プラチナ 本人 本人 ご家族 傷害死亡・後遺傷害 最高500万円 最高1億円 最高2,000万円 傷害治療費用 200万円 300万円 200万円 疾病治療費用 270万円 300万円 200万円 賠償責任(免責なし) 2,000万円 1億円 1億円 携行品損害 20万円 100万円 100万円 救援者費用 100万円 200万円 200万円 航空機遅延費用等 なし 2万円 2万円 航空機寄託手荷物遅延等費用 なし 10万円 10万円 家族も補償対象になるのが嬉しいポイント プラチナカードだと金額が増えるだけでなく、家族までも補償対象になります。 また、 航空機遅延や手荷物遅延などのトラブルに対しても補償金が貰えるようになります。 海外でのトラブルは起こらないのが何よりも一番ですが、万が一がありますからね。 いろんなリクエストに応えてくれますよ。 24時間365日のサポート体制 通話料はもちろん無料で24時間365日の対応はうれしいポイントです。 旅行に行きたいけど忙しいし、予約とかするのはめんどくさいな…って方は電話1本で全て解決できるので、めんどくさがりな人には持って来いのサービスですね。 グルメクーポンで高級レストランが1名分無料に! エポスプラチナのグルメクーポンは全国約100店舗の ハイクラスのレストランが2名以上のご利用で1名分が無料になるめちゃくちゃお得な優待特典です! こちらが実際のグルメクーポンです。 かなり分厚いです。 ただ、2018年現在ではこちらの紙のクーポンが廃止になって WEBサイトからの申し込みになりました。 記念日やデートには持って来いの特典です。 こんなオシャレなレストランで食事が出来たら 彼女や奥様は大満足間違いなしですよ! 年会費が実質無料なプラチナカードってエポスカードの他にはないですよ。 優待が超豪華で文句なし! しかも、実質無料だからと言ってしょぼいサービスという訳ではなく 他社のプラチナと同様の充実した内容なのですから。 個人的には プライオリティパスが付いてくるのが一番良いですね。 普通に申し込むと年会費4万円以上もしますから。 海外旅行や海外出張が多い方には是非ともオススメたいカードです! グルメクーポンがずるいくらいGood! そして、 グルメクーポンも一回利用するだけで年会費分を回収できるくらい強力です! 対象のレストランが東京に集中しているのがネックですが 観光などで訪れた際に利用するのでも全然OKだと思います! 年100万の利用だとゴールドの方が高還元率?! ちなみに、エポスプラチナカードは年会費が2万円です。 年100万の利用だとボーナスポイントを考慮してもエポスゴールドの方が還元率が高くなってしまいます。 なので 優待特典の利用頻度をご自身のライフスタイルと照らし合わせて プラチナにするか、またはプラチナを目指すか決めて頂ければと思います。 長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!それでは今回この辺で。 以上、『 エポスプラチナカードになるまでの経緯と特典について』でした。

次の

エポスゴールドからプラチナカードへのインビテーションがきたけれど普通の会社員がグレードアップするべき?|サラリーマンJINジンの運用のすすめ

エポス カード プラチナ インビテーション

はじめまして。 社会人二年目で、教職に就いています。 学生時代からエポスカードを使っていて、社会人になった昨年、インビテーションがきて無料のゴールドにグレードアップしました。 そして本日、プラチナのインビテーションが郵送されてきました。 ゴールドのときも郵送で、有効期限までにホームページで申し込みましたが、今回も9月末までの有効期限までにホームページで申し込むよう案内がきました。 有効期限を過ぎると、ご意向に添いかねることもありますと書いてありますので、逆に解釈すれば、有効期限までに申し込めば必ず取得できるようです。 いま使っているエポスのゴールドは年会費無料でしたが、今回は2万円です。 いまのゴールドからグレードアップして、2万の価値があるのか、ご意見を伺いたいです。 私は、旅行は好きですが、仕事柄、海外は一年に一回くらいは行けますがしょっちゅうは行けません。 国内旅行は季節ごとにちょこちょこ行きます。 エポスの無料ゴールドはインビテーションがよくいくみたいで、学生時代の友人にもっているひとは多いですが、プラチナはまだもっているひとをしりませんし、インビテーションをもらったひとがまわりにいません。 ですから、ちょっと惹かれています。 申し込み、迷っています。 どうしたら良いと思いますか? 年会費は、カード発行3ヶ月後に請求されるそうです。 ボーナスの時期なので払ってもいい気もしますが、今まで無料だったので2万は大きいです。 おめでとうございます! どんな場合でもインビテーションをもらえるのはとても嬉しいことだと思います。 色々な意見があると思いますが、最終的にはご自身の判断で決定されるのが一番かと思います。 考え方としては以下の2とおりがあるかと思います。 自分に合っているかどうかは今すぐ判断せず、とにかく一年間試してみる。 場合によっては意外と合っていると思うかもしれません。 こればかりは実際に利用してみなければ分かりません。 まだお若いので、これからもチャンスがいくらでもあると思います。 もし、私でしたら色々な価値観が存在する勉強の資料として、プラチナカードを持つのも悪くないかな、と思います。 それによって、良い意味でも悪い意味でも、今までとは違った社会の側面が見えたりするかもしれません。 私なら、インビが来ても申し込みません。 理由はいくつかありますが、今思う所として。 ・エポス 丸井 のプラチナの内容に魅力を感じることが出来ないからです。 そして、30代をすぎると環境や付き合いも色々変わります。 その時に、エポスのプラチナよりも他のクレカを持っていた方が、使い勝手ステイタス的にも納得のいくものと考えられます。 ・もう一つは、親御さまとご本人様が感じていらっしゃるように、2万円の年会費は高いです!! 20代前半で、それを高く感じて頂けないと少し不安です・・。 今後、30代40代になることも考えた上で、ほかのクレカも検討されてみて・・それでも自分は「エポスで行く! 二十代でダイナースですか、ダイナースというと私は年配のおじさまというイメージがあります。 なんとなく男のひとのカードというイメージです。 同じお仕事をされている先輩なんですね、でも海外にそんなに頻繁に行くことができるのですか…想像がつきません。 ここで色々な意見をいただいて、2万円の会費について深く考えることができました、ありがとうございました。 エポスカードは、インビテーションのゴールドを持っているひとも多いですので、プラチナも他のプラチナより取得しやすいと思います、私なんかにインビテーションがきたのですから… 私は、昔から丸井をよく利用していて、丸井以外でもカード払いするときはエポスカードを使ってきましたので、それで招待してもらえたのだと思っています。 せっかくのチャンスですので、試してみたくなりました。 悩んだあとに納得して申し込んで、大事に活用したいと思います。 住信カードというのもあるのですね、カードの種類もあまり知らないので、ここで調べたいと思います。 プラチナを取得したら、色々報告します! ありがとうございました。 お若くしてプラチナインビをもらえるのはうらやましいですね。 私ならPPパス目的で喜んですぐにでも取得です。 まずは、プラチナカードのご招待おめでとうございます。 ご質問の趣旨に沿って実利についてちょっと計算してみました。 エポスゴールドカードの年会費が年間50万円以上の利用で無料になる事から、 還元率だけ考えると、プラチナカードの場合最低年間1百万円強利用して、年会費分が回収されると考えて良さそうです。 また、プラチナカードに付帯するサービスは、付帯保険以外VISA WORLDWIDEの提供する物で、ゴールドカードもプラチナカードも、エポスが提供するサービスは付帯保険のみのようです。 海外旅行の保険については、一回ごとにお支払いするのは手で、ご家族構成がわからないのですが年齢からすると高額である必要がないのではないでしょうか 補足URLで、一回ごとの保険料を出すことが出来ます。 お仕事がら教職とのこと。 そうなると、むしろ無料のゴールドカードを申し込めないでしょうか。 公立学校なら公立学校共済組合 補足URL。 私学なら私学共済の旅行傷害保険付きカード 補足URL が無料で手に入りませんか? つまるところ、VISA WORLDWIDEの提供するサービス 補足URL に2万円をかけるかどうかということになり、経済的には不合理に感じますので、申し込みをお勧めする事が難しく思います。 もしも申し込むというのであれば、 実利というよりは、どんな物か知る為 1年試しに申し込まれると良いのではないでしょうか。 なるほどそうなのですね。 カードは少ない方がお金の出入りを管理しやすくとてもいいです。 あぁ、私も10代の半分以上 馬場下町の学校に通っており、 大隈講堂などは懐かしく思い出しておりました。 さて、エポスカードは、 契約を結ばせるための明らかなテクニックを、 使っておりますので、念のため指摘しておきます。 あなただけへのご招待 特別扱い、インビテーション 2. 入会期限の設定。 当たり前のことですが、2. は「今日までの特売」などでよくつかわれています。 は「あなただけにとっておきの商品を準備しておきました」等とよくつかわれるセールスの常套手段です。 VISA WORLDWIDEのサービスのうちVPCCについては シティセレクトプラチナカードのレヴューにたくさん書いてありますのでご覧ください。 私の場合は嫌気がさして、昨日シティセレクトVISAプラチナカードを解約してしまいました。 これは参考にはしないでくださいね。 私の価値観ですから これらのことを総合して、 さらに使ってみたいという場合は 是非お申し込みになるとよろしいと考えます。 ご健闘をお祈り申し上げます。 細かく色々教えてくださってありがとうございました。 今は両親と私と弟と住んでいます。 海外も国内も、一緒に行くのは友人です 笑 母とはたまに一緒に旅行しますが。。 カードは学生時代にANAとJALのカードなどもありましたが、たくさん持つのが性にあわず、減らしました。 銀行のカード等勧誘は多いのですがもう増やすつもりはありません。 出身大学のカードは持ち続けたいですが、クラブオンは来年解約し、エポスのみ使うつもりです。 ですので、一年プラチナをつかってみるのもいいかしらと思えてきました。 それは、定番のプライオリティパスや、ハーツクラブNo. 1ゴールドが使えるだけでなく、コンシェルジュデスクのVPCCが使える点に注目です。 VPCCが使えるカードでは、私を知る限り、レクサスカードを凌ぎ、最も最安値のはず。 あと、旅行損害保険が国内外最高で1億円ですが、注目する点は、引受保険会社が、三井住友海上である事。 つまり、年会費52,500円でVPCCの使えない、三井住友プラチナカードより、何と補償額が大きいのです。 これだけの内容で、年会費2万円。 破格のコストパフォーマンス! インビテーションカードであるのも、大変魅力的です。 私は、是非お取りになられる事を、お薦めします。 私もこのカードは登場以来、気になって今更ながら一般カードをとりあえず取得したところです。 EPOSは他社と違ったグルメ特典やたまるマーケットなどがありますので、一般カードでも個性とメリットがあるものと感じてます。 ゴールドになると年会費5千円がかかったりしますが、特典もそれなりに増え、限度額もアップするようなので使い勝手も良くなりそうです。 さらにプラチナになると…、ここが考えどころなのですが、VISAプラチナとしての標準サービスが全てつくようなのですが、EPOSとしての特典アップがやや弱い感じがします。 そこでVISAのプラチナサービスの価値をどう考えるのかが意見の分かれるところです。 正直VPCC等、VISAのサービスの評判は必ずしも良くありません…。 いずれにしても私なら希少性とお試し感覚でプラチナ申込ます。 身分不相応とかいうことは考えなくてもいいと思いますが、2万円の価値を見いだせるかどうかは、個人差があると思います。 ちなみに私が20代のころは年会費3千円のヤングゴールドというカードでも会費が高く感じましたが、それでもゴールドを持ちたくて申し込んだりしました。 プラチナについては私もシティカードでVPCC等サービスの付いたカードを持っていますが、正直PPパス以外は使っていません。 格安旅行を考えたらネット等を駆使すればコンシェルでなくてもいいですよ。 カードを使いこなそうと思うと、ひたすらお金を浪費してしまうので、機会があったら…という程度で十分ではないでしょうか。 そうなんです、エポスカードとしての特典は、ゴールドもプラチナもあまり変わりなく、プラチナにして大きく変わるのは、VISAカードとしてVISAプラチナの特典が豊富になることだと思います。 私は個人的に、手荷物無料サービスやラウンジが使えるプライオリティパスは魅力を感じるのですが、その、VPPCというのがよくわからなくて…使いこなせるのかまたは使うのかと自問自答しています。 海外旅行するにも、利用するのは格安旅行のH. 希少性には惹かれています、まわりにエポスプラチナを持っているひとはいません。 2万を出すのにひと押し足りないところで…でも9月末までの期限付きの招待だから思い切って清水の舞台から飛び降りてみたい気持ちです 笑 こんばんは。 そうなんです、プラチナカードの特典を無理に使いこなそうとするとカードをつかいすぎてしまいそうだから、ほどほどにしたいと思っています。 ゴールドのインビテーションがきたときは無料ゴールドということもあり、かなり嬉しかったですが、今回は、どうしよう、と戸惑いました。 親にも言われましたが、身分不相応なのではないか、プラチナカードになったら無理してカードを使い過ぎることにならないだろうか、という不安がよぎりました。 学生時代に映画館でアルバイトしていましたが、お会計時にカードを投げてくる横柄なお客様がたまにいて、大体がブラックカードでした。 そういうカードを持つと人間性が変わるのかしらね、とお友達と話したりしたものです。 もちろん、それはエポスなんかと格が違うカードでしたが、カードはそれなりの身の丈にあったものでないと踊らされるのでは? とも思っています。 最終的には親と相談しますが、価値を見出だせるかどうか、よく考えてみます、ありがとうございました。 ありがとうございます、エポスプラチナの保有資格ありとカード会社に判断してもらえたんですね、嬉しいです。 ですから、なぜ私なんかにプラチナのインビテーションがきたのか驚いています。 エポスは丸井以外でもいつも使っていますので、それがよかったのでしょうか? 試してみる気になってきました、ありがとうございました。

次の