エクセル ロック を かける。 Excel ブック/シートにパスワードをかける方法

【Excel】資料にパスワードをかけて閲覧・編集を制限したい!エクセルで特定の人以外に見られては困る資料を共有するテク

エクセル ロック を かける

エクセルのデータを他人に見せたくないとか、個人情報を含まれているとか、エクセルのファイルにパスワードロックをかけることがあります。 顧客情報などの大切なファイルには、パスワードロックをかけておくと安心です。 ロックがかかっているエクセル ファイルの解除をどのようにしたら良いのでしょうか。 うっかりパスワードを忘れてしまったときには、どうやってエクセル パスワードを解除できるのかも併せて説明します。 windows 10 パソコンでエクセル パスワードを解除する• パスワードを覚えている場合にエクセル パスワードを解除する Excel ファイルの情報が漏れないよう、ファイルにパスワードをかけています。 パスワードが必要ない時には、ロックされたエクセル ファイルをどうやって解除すればよいでしょうか。 エクセル パスワードを覚えているなら、ロックをかけたexcelファイルのパスワード解除の2種類の方法を紹介します。 情報の「ブックの保護」からエクセルパスワードを解除する エクセルのブックに設定したパスワードを、瞬時に解除するにはどうしたら良いでしょうか。 ステップ1:ロックされているブックのファイルを開きます。 ステップ2:校閲タブの中のブックの保護をクリックします。 ステップ3:ウィンドウにブック保護の解除というボックスが出てきますので、パスワードを入力して、パスワードに間違いが無ければOKボタンを押します。 ステップ4:これらの操作で瞬時にパスワードの解除が出来ます。 名前をつけて保存するとき、パスワードロックを解除する 名前をつけて保存の際に、パスワード設定したファイルをどのように開けるか説明します。 ステップ1:エクセル ファイルを開こうとするとパスワードダイアログが出てくるため、パスワードを入力してOKボタンを押します。 ステップ2:左上の「ファイル」をクリックします。 ステップ3:「名前を付けて保存」を選び、ファイルを保存したい場所を決めます。 ステップ4:「ツール」をタブして、「全般オプション」を選択します。 ステップ5:パスワードの入力ボックスを空白のままにして保存します。 これで、エクセル パスワードの解除が完了です。 再びエクセル ファイルを開こうとすると、パスワードの入力を不要となります。 パスワードを知らない場合にExcelファイルからパスワードを解除する もしexcelファイルのパスワードを忘れてしまったときには、どうやってロックを解除したら良いですか。 win10のパソコンを使っている人が参考に出来る解除方法について解説します。 は、エクセル ファイル向けの専門的なで、暗号化されたExcelファイルをパスワード保護から安全に解除することが可能です。 わずか3つのステップで、パスワードを見つけられます。 操作が簡単で、パソコン初心者でも簡単にexcelのロック解除ができます。 安全でスピーディに出来るので安心です。 ここで、PassFab for ExcelからExcel パスワードを解読して、excel パスワードロックを解除する方法を解説します。

次の

エクセルシート全体を保護してロック!シートの保護と解除

エクセル ロック を かける

エクセルのデータを他人に見せたくないとか、個人情報を含まれているとか、エクセルのファイルにパスワードロックをかけることがあります。 顧客情報などの大切なファイルには、パスワードロックをかけておくと安心です。 ロックがかかっているエクセル ファイルの解除をどのようにしたら良いのでしょうか。 うっかりパスワードを忘れてしまったときには、どうやってエクセル パスワードを解除できるのかも併せて説明します。 windows 10 パソコンでエクセル パスワードを解除する• パスワードを覚えている場合にエクセル パスワードを解除する Excel ファイルの情報が漏れないよう、ファイルにパスワードをかけています。 パスワードが必要ない時には、ロックされたエクセル ファイルをどうやって解除すればよいでしょうか。 エクセル パスワードを覚えているなら、ロックをかけたexcelファイルのパスワード解除の2種類の方法を紹介します。 情報の「ブックの保護」からエクセルパスワードを解除する エクセルのブックに設定したパスワードを、瞬時に解除するにはどうしたら良いでしょうか。 ステップ1:ロックされているブックのファイルを開きます。 ステップ2:校閲タブの中のブックの保護をクリックします。 ステップ3:ウィンドウにブック保護の解除というボックスが出てきますので、パスワードを入力して、パスワードに間違いが無ければOKボタンを押します。 ステップ4:これらの操作で瞬時にパスワードの解除が出来ます。 名前をつけて保存するとき、パスワードロックを解除する 名前をつけて保存の際に、パスワード設定したファイルをどのように開けるか説明します。 ステップ1:エクセル ファイルを開こうとするとパスワードダイアログが出てくるため、パスワードを入力してOKボタンを押します。 ステップ2:左上の「ファイル」をクリックします。 ステップ3:「名前を付けて保存」を選び、ファイルを保存したい場所を決めます。 ステップ4:「ツール」をタブして、「全般オプション」を選択します。 ステップ5:パスワードの入力ボックスを空白のままにして保存します。 これで、エクセル パスワードの解除が完了です。 再びエクセル ファイルを開こうとすると、パスワードの入力を不要となります。 パスワードを知らない場合にExcelファイルからパスワードを解除する もしexcelファイルのパスワードを忘れてしまったときには、どうやってロックを解除したら良いですか。 win10のパソコンを使っている人が参考に出来る解除方法について解説します。 は、エクセル ファイル向けの専門的なで、暗号化されたExcelファイルをパスワード保護から安全に解除することが可能です。 わずか3つのステップで、パスワードを見つけられます。 操作が簡単で、パソコン初心者でも簡単にexcelのロック解除ができます。 安全でスピーディに出来るので安心です。 ここで、PassFab for ExcelからExcel パスワードを解読して、excel パスワードロックを解除する方法を解説します。

次の

エクセルシート全体を保護してロック!シートの保護と解除

エクセル ロック を かける

ここで、「シートとロックされたセルの内容を保護する」をチェックすることでシート保護がかけられます。 また、その下には「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」を設定するチェックボックスがあります。 「シート保護」をするときには、「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」をどう設定するかが重要です。 「このシートのすべてのユーザに許可する操作」の設定 その名のとおり、どの欄にチェックを入れるかで、ユーザに許可する操作を変えられます。 少し前に説明したでは、セルの値を変更できるかどうかの設定しかできませんでした。 一方で、「このシートのすべてのユーザに許可する操作」の設定では、 「セルの値の変更」以外の操作について許可・不許可の設定をすることになります。 よく使う項目の概略を説明します。 セルのロックに「関連した」設定 項目 内容 ロックされたセル範囲の選択 チェックをはずすと、ロックされたセルを選択できなくなります。 単にセルが選択できなくなるだけでなく、 通常、セルを選択した後に行う「すべての操作」ができなくなる、というところが重要です。 (セルをロックした場合の挙動例) 例1: セルをロックすると、セルが選択できないので「セルの書式設定」もできなくなります 例2: ある行のセルすべてをロックすると、その行を選択できなくなるため「行の挿入・削除」の操作ができなくなります ロックされていないセル範囲の選択 「ロックされていないセル」を選択できなくします。 通常、「ロックされていないセル」は選択できないと困るため、この欄のチェックは入れておきましょう セルのロックと「無関係」の設定 項目 内容 セルの書式設定 セルの書式を変更できます 列の書式設定 列幅などを変更できます 行の書式設定 行の高さなどを変更できます 列の挿入 列が挿入できます 行の挿入 行が挿入できます 列の削除 列を削除できます 行の削除 行を削除できます 並べ替え 並べ替え機能が使えます オートフィルターの使用 オートフィルターが使えます 上記設定のうち、2つめの表(=《セルのロックと「無関係」の設定》という表題の表)の設定は、 ロックしていないセルにも適用されることに注意してください。 たとえば、「行の挿入」のチェックをはずすと、 セルのロックがされている・されていないとは無関係に、 すべてのセルで「行の挿入」ができなくなります。 実際にシート保護を設定する それでは、実際にシート保護を設定してみます。 シート保護を設定したエクセルシートは、下記からダウンロードできますので、実際の操作感を試してみてください。 このファイルには、シート名「1」から「5」まで、計5つのシートが入っています。 シート名は、下記のタイトル番号と合わせていますので、実際にシートを操作しながら、下記解説をご覧ください。 ロックするセルの設定は全く同じです。 一方で、「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」のほうは、 行の挿入・削除を許可するように変更しました。 これで、随分、表の使い勝手がよくなります。 1行目~10行目までの行挿入・削除をしたら表が壊れないか? 行の挿入・削除を許可してしまうと、表が壊れてしまわないか不安ですが、今回のケースでは、ほとんどの場合、表が壊れる心配はありません。 なぜなら、現状では、1行目~10行目までは「セルのロック」のせいで、セルが選択できないからです。。 1行目~10行目を選択することができないので、行の挿入・削除機能を許可しても 1行目~10行目に行の挿入・削除をすることはできないのです。 このように、「行の挿入・削除は許可する」代わりに、• 行の挿入をさせたくない行の「全セル」に「セルのロック」をかけて• 「このシートのすべてのユーザに許可する操作」の設定で「ロックされたセル範囲の選択」のチェックをはずす ことで、特定の行だけ、行の挿入・削除を防ぐことができます。 なぜ、反応しないかというと、これらのショートカットキーで移動する移動先のセルが、ロックされていて選択できないからです。 シート保護を解除すると、それぞれのショートカットキーを押すと、下記セルに移動します。 シート3. ウィンドウ枠を固定する そこで、少し工夫をしていきます。 実は、「 Ctrl+ Home」は、ウィンドウ枠の固定をしている場合には、その固定しているセルに移動するという性質があります。 そこで、A11セルでウィンドウ枠を固定します。 表が壊れるリスクが高くなる ただし、使いやすくなった分、表が壊れやすくなってしまいました。 というのは、10行目は列タイトルが入力されているので、10行目を編集可能にすると、列タイトルを上書き入力される可能性が出てきてしまうのです。 また、10行目で行の挿入、削除をしても、簡単にレイアウトが崩れてしまいます。 シート5. VBAでタイトル行を選択不可、次の行で行挿入不可に設定する どうしても、このような表が壊れるのを避けたいという場合には、マクロを併用しましょう。 次のソースコードを、シートモジュールに記入してみてください。 Column. Select 'イベント呼び出し許可 Application. その結果、10行目が選択できなくなり、10行目に対する「値の書き換え」や「行の挿入・削除」もできなくなります。 操作性の良さとシートの壊れにくさのバランスを考えると、このあたりが落としどころだろうと考えています。 ファイルダウンロード 今回、サンプルとして使ったエクセルファイルです。 本文を見ながら、操作してみてください。 まとめ エクセルのシート保護の機能を使うと、思わぬところに影響が出てしまいます。 いろいろな設定を試して、シートの壊れにくさと使いやすさの、ちょうどいいバランスを探ってみてください。

次の