マイル旅行券 値段。 航空券のクラスを買う前に知る方法、そもそも航空券のクラスって何?

国際線特典航空券を片道だけ予約できるマイレージプログラム4選

マイル旅行券 値段

未使用の特典航空券のキャンセル・払い戻し ・予約者都合による払い戻しは、国内線特典航空券が すべての区間で未使用の場合に限り、 払戻手数料マイル分を差し引いたうえで、マイルが返還されます。 1名様1予約につき3,000マイルの手数料が必要です。 1区間ずつ予約・発券された場合には、1名様1区間につき 3,000マイルの払戻手数料が必要です。 つまり、 往路・復路それぞれで予約している場合、キャンセルすると6,000マイルの手数料がかかってしまいます! 逆に考えると、わずか3,000マイルでキャンセルできるというのはメリットの一つですね。 その他のルールや上記の詳細については、こちらのANAウェブサイトをご覧ください。 ANA国内線特典航空券 沖縄も北海道も大解放!? ここまで簡単ではありましたが、ANA国内線特典航空券のルールを説明させていただきました。 上記にあるように、直前になると値段が高くなる航空券ですが、特典航空券ですと必要マイル数は直前でも同じです。 私のように時間の変更をしたい場合でも特典航空券なら空きさえあれば手数料はかかりません。 さいごに 急に解放されたANA国内線特典航空券。 何かキャンペーンでもあるのかな~?と検索してみましたが探し出すことは出来ませんでした💦ただ単に、ANAさんから 「皆さんに飛行機に乗って旅行をしてください」というメッセージなんでしょうか? もし私がキャンペーンを見逃していたならごめんなさい🙇 マイルさえあれば特典航空券は直前でもとてもお得に航空券を予約することが出来ます。 まだ7月の4連休でもルートによっては予約可能です。 マイルをお持ちの皆さん、是非検索して特典航空券をゲットしてください!!! 沖縄那覇&離島(石垣島・宮古島)のお得な特典航空券予約方法はこちらをご覧ください。 risoka17.

次の

【あつ森】旅行券・金鉱石・ベル交換掲示板【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

マイル旅行券 値段

「マイル単価」をマスターすべし 航空運賃を目的地までの往復のマイル数で割ると1マイル当たりの単価が計算できます。 以前、というタイトルで「マイル単価」について書いたことがあります。 航空券を漠然と買うのではなく、自分が乗った距離でどのくらいマイルが貯まるのか、貯めたマイレージで無料航空券を使うときもお金を払って乗る場合と比較して、トクなのかソンなのかを判断する基準を明らかにしました。 そこでの結論は• 欧米路線などの長距離路線ではマイルを貯めるべし。 特典航空券はアジア線などの短距離路線で使うべし。 特典航空券はエコノミークラスよりもビジネスクラスやファーストクラスで使ったほうが有料の航空券との比較においてトク。 ということでした。 そこで今回は実際に航空券を買うときにどのくらいマイルが貯まるのか。 路線ごとに検討してみたいと思います。 まずは路線ごとの最安値をチェック比較の基準はでの格安航空券(1月出発の最安値)。 マイレージプログラムは基本的に100%マイルが加算されるアメリカ系の航空会社を利用することにしました。 航空券の料金をマイルで割り、1マイルあたりにいくらのお金をかけているを計算します。 この数値が低ければ低いほど少ないお金でマイルを貯めることができる=トクということになるわけです。 ソウル 17900円 アシアナ航空、コリアンエアー• 香港 28500円 航空会社未定• シンガポール 33500円 ノースウエスト航空、ユナイテッド航空• バリ島 40800円 エバー航空• デリー 61000円 チャイナエアライン• シドニー 48000円 ニューギニア航空(カンタスに加算)• ロンドン 47800円 航空会社未定• ホノルル 38000円 ノースウエスト航空、ユナイテッド航空• ロサンゼルス 31800円 航空会社未定• ニューヨーク 32200円 ノースウエスト航空、コンチネンタル航空• サンパウロ 102200円 エアカナダ• ヨハネスブルク 123400円 マレーシア航空.

次の

ANAとタイ国際航空ファーストクラス航空券をマイルで予約!

マイル旅行券 値段

はじめに 各航空会社は、独自のマイレージプログラムを有しており、JALも同様です。 マイルは基本的に乗れば乗るほど貯まりますし、日常の買い物に支払いをクレジットカードにすることによってもためることができます。 その貯まったマイルを特典航空券に変える際も、知っておかなければ損をすることだってあるのです。 そもそもマイルとは? マイルの本来の単位として使われています。 日本での距離の単位は基本的にkm キロメートル)です。 しかし、航空業界ではマイルが使われています。 大体、 1マイル=1. 6km です。 つまり、マイルを貯める際に、重視されることは目的地までの距離です。 また、上級会員や限定ボーナスマイルといった各々が持つステータスによっても異なります。 マイル単価 1マイルあたりの価値のことです。 大体1マイルあたりの価値は2円ほどだと言われています。 マイルを交換する際は、 マイル単価2円以上になればお得だといえますね。 特典航空券とは? マイレージプログラムによって、貯めたマイルで交換した航空券のことです。 また、2親等以内でしたら、譲渡可能です。 国際線のチケットに交換 誰しもが、貯まったマイルを国際線に変えて海外旅行をしたいと思うでしょう。 学生は、長期休みが長いですし、卒業旅行なんかも考えている人もいるのではないでしょうか。 学生問わず、旅費をなるべく抑えたい、贅沢な旅行をしたい、というのは本音だと思います。 では紹介していきましょう。 特典航空券 国際線 概要 JALの国際線の特典航空券は、最小マイルで交換できる韓国を例に出すと、通常期15,000マイルで交換できます。 ディスカウントマイルは12,000マイルになります。 JALカードを保有していると11,000マイルで交換可能です。 他社運航のコードシェア便の利用は不可。 もちろん片道でも発券可能ですが、ディスカウントマイルは適応されず、純粋に通常期の半分のマイル数で発券することになります。 ビジネスクラス・ファーストクラスは出発の曜日、帰国の曜日、期間が限定されますが、通常より少ないマイル数で交換できます。 こちらのページでどこの国行くのにどのくらいマイルが必要なのかがわかります。 今までは、搭乗日の4日前までに予約しなければいけませんでしたが、 前日までに変更されました。 [例] 10月10日の便を予約する場合 10月3日以前の場合 予約締め切りは10月7日まで 10月4日 変更以降 予約締め切りは10月9日まで キャンセル待ちは下のようになります。 第一区間出発日の330~90日までは国際線第一区間出発の82日前まで。 第一区間出発日の89~8日までは予約後7日、または国際線一区間出発の8日前までです。 第一区間出発日の7日前からはキャンセル不可となります。 変更は日付、便の時間は変更可能です。 未使用の特典に限り払い戻しも可能ですが、手数料は3,100円かかります。 予約がめんどくさい• 燃料サーチャージや税金は個人で負担しなければならない• 空席がない場合が多い(特にハワイなどの人気路線) 空き状況の確認はこちらを参考にしてください。 お得な国際線 特典航空券の使い方• 国内線を組み込む• エコノミーではなくビジネスクラスを予約する• 有償チケットでは高い路線を組み込む 国内線を組み込む 有償チケットですと、日本出発の場合、日本国内の乗り継ぎを含めると1万円ほど値上がりしてしまいます。 また、国内間の乗り継ぎは24時間以内の滞在が可能ですので、無理やり乗り継ぎ時間を増やせば観光することも可能です。 エコノミークラスではなくビジネスクラスの予約をする ビジネスクラスは一般的にエコノミークラスの3〜4倍ほどの値段で推移しています。 しかし、マイルで交換するとなるとYクラスの2倍ほどで予約できます。 [例] ヨーロッパ 往復 エコノミークラス 通常期マイル 2018年ディスカウントマイル 曜日限定マイル エコノミークラス 55,000 50,000 ビジネスクラス 110,000 90,000 ファーストクラス 160,000 140,000 現在(6月12日)に10月でフランクフルトのビジネスクラスをJALのHPで検索した場合 535,170円でした。 運賃自体の値段がちょうど50万円でしたので、 もし、曜日限定の特典航空券で予約した場合のマイル単価は 5. 55円となります。 一方でエコノミークラスの運賃は、130,170円うち運賃は95,000円ですので ディスカウントマイルで交換した場合、マイル単価は 1. 9円となります。 こうしてみるとエコノミークラスはマイル単価的にみるとそこまでお得ではあまりません。 やはり 国際線は燃料サーチャージや、空港使用税など追加でかかる料金のせいでそこまでお得感は強くないですね。 アメリカまでファーストクラス往復となると 100万円は楽に超えてしまいますので、その際はマイル単価は 10円ほどになりますので、 よりクラスが高い方がマイルを交換する際はお得だということになります。 有償チケットの値段が高い路線を選ぶ からアジア1やヨーロッパというふうに大きなエリアごとに分けられています。 しかし、当然のことながら有償チケットだと高い路線も存在します。 チケットが高い方を選択する方がお得です。 国内線のチケットに交換 海外旅行をする人だけが飛行機を利用するわけではありません。 沖縄や北海道から上京している学生だって飛行機を使いますし、国内の移動も距離が長くなれば飛行機に乗るのが当たり前です。 そもそも旅行好きの中でも全く海外には興味がないという方だっています。 特典航空券 国内線 概要 通常期は12,000マイルから、ディスカウントマイル期間は10,000マイルから交換できます。 また、片道利用時は通常期6,000マイルから、ディスカウントマイル期間は5,000マイルから交換できます。 国内線は区間の距離に関わらず、必要マイル数が一定ということと、燃料サーチャージなどの追加料金がかからないことが特徴です。 学生の場合 学生の場合、国際線同様、JALカードnaviを所有していると、減額マイルにて特典航空券に変えることができます。 一律、1区間 3,000マイルで交換可能です。 こちらも、同様通常期の半分で交換できることが最大のメリットです。 予約期間は国際線の期間とは違うので注意してください。 クラスJ クラスJとは国際線でいうビジネスクラスに相当するクラスになるのですが、特典航空券で予約する時は片道でプラス2000マイルかかってしまいます。 本来なら片道1,000円で予約できるので、 マイル単価は0. 5円になってしまうので、あまりおすすめしません。 特典航空券 国内線 お得に交換する時のポイント• 距離よりも 有償チケットの値段から判断する• 学生ならスカイメイト料金の値段と比較する• 4日前までの直前の旅行の際に利用する• 乗り換える必要がない路線を選ぶ 距離よりも有償チケットの値段から判断する これは、単に長距離路線を優先した方がお得だということではないということです。 ちなみに、地方空港の場合は値段があまり変動しない分、少し高めの値段設定にされていることがありますので、その時に特典航空券を利用されるといいと思います。 [例] 羽田-那覇線 ウルトラ先得 片道料金 8,890円 これを往復すると、17,780円です。 この時、ディスカウントマイル10,000マイルで交換した時のマイル単価は、 1. 77円となります。 しかも、学生ですとウルトラ先得で予約しても羽田—那覇の往復で得られるマイルが2,000マイルほどですので、もう少しでまた1区間分のマイルをためることができるのです。 航空券は基本的に出発日が近くに連れて高くなって行きます。 4日前ともなると割引運賃はほとんど残っていません。 路線によっては片道3万円近くになることもあり、この時に特典航空券に交換すると、通常期でも マイル単価は5円ほどとなり、大変お得です。 乗り換える必要がない路線を選ぶ 国内線の場合、乗り継ぎという概念がありませんので、乗り継ぐ必要がある場合、その区間分もマイルが必要になってしまいます。 まとめ 結局交換するならどっちがお得? この記事のタイトルの通りマイルを特典航空券にするなら国際線と国内線のどちらにするのがお得なのか…? 私が選ぶ答えは… 私だったら、迷うことなく 国内線です。 理由としては、 国際線は特典航空券でも、燃料サーチャージや税金でエコノミークラスでも1〜3万円ほどかかってしまうんです。 それと、私の場合、現在マイルボーナスなどでもらえるマイルが大きいのです。 国際線は値段だけ見ると国内線に比べて高く感じがちですが、 距離と値段を比べると国内線より圧倒的に安いんです。 マイルは距離が長くなればなるほどたまりやすいので、国際線の場合は私はお金を払ってチケットを買うことが多いです。 これは、 学生の場合、国内線6区間分、一般会員でも3区間分を特典航空券に変えられるマイル数です。 6区間分の国内線は選ぶ路線にもよりますが、10万円ほどの価値はくだらないです。 つまりこの場合、実質約3万円分でフランクフルトに旅行した、ということになります。 では、どういう人が国際線を選ぶべきなのか?国内線を選ぶべきなのか?というと… 国際線を選ぶべき人• 大都市(東京や大阪)出発ではなく地方都市出発で、国内線を組み込みたい人• エコノミークラスよりも、ビジネスクラスやファーストクラスを使いたい人 国内線を選ぶべき人• ステータス持ちの人• 急な旅行をする人• マイル単価を重視する人• あまり悩むまずに予約したい人 今回はあくまで、マイル単価などを例に出しながら、お得に特典航空券を交換することを紹介しました。 しかし、年に1回や数年に1回、特典航空券を使って旅行するという方はあまり気にせず、素直に行きたいところに行くことが一番だと思います。

次の