ご祈祷 服装 夏。 伊勢神宮の参拝の服装!男性は?女性は?直接電話で確認した!

神社参拝の服装まとめ!夏服やネクタイ色は?女性の場合も詳しく

ご祈祷 服装 夏

厄払いの疑問色々• これには、 神様に敬意を示すという意味もある。 また厄年を迎えるにあたって、 気を引き締めるという意味でもしっかりした格好がオススメ。 靴下や毛玉に注意 身だしなみのよくある 失敗談に靴下に着いた毛玉がある。 厄払いで拝殿に上がるとき、靴を脱ぐのが一般的。 このとき、靴下に毛玉が付着していると見栄えが非常に悪い。 足元っていうのは、注意が行きわたらないものだからこの失敗談は他人ごとではない。 だから 足元への注意を、疎かにするわけにはいかない。 とにかく清潔に 神様は不浄を嫌うとされている。 だから、神社に行く場合には清潔であることを心がけよう。 まとめ 今回は実際に厄払いを、受ける場合についての マナー記事。 本厄だろうがなんだろうが、関係ないっていう人もいるよね。 でも、少しでも気になるのなら厄払いを受けておいたほうが良いかもね。

次の

神社での厄払い・ご祈祷の服装とは?年祝いにふさわしい格好!

ご祈祷 服装 夏

厄払いの女性と男性の服装の基本的なマナーは? では先ず、厄払いの服装で、最低限押さえておきたい基本的なマナーからご紹介していきましょう。 厄払いはフォーマルな服装が最も無難! 厄払いの服装は、女性、男性を問わず 露出が少ない節度のある装いが好まれます。 また、 派手なデザインやだらしない格好は、神様、仏様の前という事なので、避けるようにしましょう。 具体的な服装としては、 女性なら上品なワンピースやスーツ、 男性もスーツだとどういった場所での厄払いでも、先ずTPOに反する事はなく安心ですよ。 寒い時期の厄払いなら着物もおすすめ! 厄払いはお正月から節分にかけての冬場に受ける方も多いので、 着物でお出でになっても勿論、マナーに即した服装で男性、女性共におすすめです。 女性については、19歳の厄年なら 成人式用の晴れ着でも構いませんし、33歳の本厄なら 色無地や訪問着などの上品な装いも素敵ですよね。 尚、着物は、中にタイツを履くなど防寒対策が意外としっかりできるので、 冷え性の方には特におすすめですよ。 余りラフすぎる格好は避ける方が無難ですが、上の実際のご祈祷の動画でもご覧いただける通り、フォーマルなスーツではない方もたくさんいらっしゃいます。 とはいえ、女性なら 露出度の低い上品な服装、男性も 襟付きのシャツなど、普段着でもある程度きっちりした装いをするのがおすすめです。 尚、厄払いの服装は、 ご祈祷を受ける神社やお住まいの地域によってもとらえ方が異なるため、ご祈祷をして頂く所に直接お尋ねになるのが一番確実ですね。 スポンサードリンク 女性と男性の厄払いの服装の注意点は? では、引き続き女性と男性の厄払いの服装で注意したいポイントについて、具体的にご紹介しておきましょう。 アクセサリーは小ぶりで上品なものをつける! 先に触れた通り、厄払いに派手な服装は雰囲気的にもそぐわないので、 なるべく落ち着いた雰囲気のコーデを心がける事がポイントです。 服装も勿論ですが、特に女性は 派手なアクセサリーをしていると、悪目立ちしてしまう可能性が高いので避けるのがベター。 同じ正装でも結婚式などの服装と厄払いとでは目的が違うため、 華やかなコーデではなくアクセサリーも小ぶりで上品なものが相応しいですね。 帽子やキャップなどの被り物はNG! 厄除けというのは、そもそも神社やお寺などで 「どうか災厄が降りかからないよう、お守りください」とお願いをする儀式になります。 なので、当然、神様や仏様への敬意を表する事が何より重要で、 脱帽するのは、厄払いでは基本中の基本のマナーになります。 冬場の厄払いなら寒さ対策、夏場なら紫外線対策、あるいはファッションとして帽子をかぶる方も多いでしょうが、ご祈祷所では必ず帽子やキャップを脱ぐようにしましょう。 マフラーや手袋、イヤーマフなどの防寒具も外す! 厄払いはお正月から節分にかけての寒い時期に受ける方も多いので、 マフラーや手袋などの防寒具もご祈祷の際は外すよう注意が必要です。 また、厄払いを受けるご祈祷所は通常屋内ですから、 コートも着たままではなく脱ぐのが一般的ですね。 尚、時期によっては祈祷所がかなり寒いこともあるので、厄払いの服装は、男性も女性も 外ではなく中に着込むのもポイントですよ。 厄払いでは靴を脱ぐのを想定した足元を! どこで厄払いをされるかにもよりますが、祈祷所は屋内にある事が多いので、 靴を脱ぐことを想定し、きちんと足元にも気を配っておくことも大切です。 いくら服装をピシッときめていても靴下やストッキングが破れていたり、毛玉がついていたりしたら折角のコーデも台無しですよね。 また、暑い時期なら、 サンダルに素足というのもマナーに反しますので、女性はストッキング、男性もきちんと靴下を履いておくようにしましょう。 楽天で購入 女性の厄払いの服装では、スーツまたはワンピースが一番外すことがない無難なチョイスですが、 フォーマルな服は着る機会がないという方も少なくないですよね。 その点、 上の画像のツイード3点スーツならジャケットとスカート、ワンピースのセットなので何通りにもコーデが可能で大変おすすめなんです。 参照元URL: 上の画像のように、ツイード調のジャケットとスカートは、イ ンナーがブラウスならきっちりコーデ、ニットなら程よくカジュアルになりますよね。 厄払いをされる年齢の女性なら、丁度、 お子さんの卒入園、卒入学を控えている方も多いので、幅広くコーデできて様々なシーンで着回しがきくスーツだと重宝しますよ。 参照元URL: また、上の画像のように、 ジャケットとワンピースを合わせてもエレガントな雰囲気で、厄払いの服装にも相応しいですね。 尚、ジャケットはコーデしやすいデザインなので、向かって右側の画像のように、 中のワンピースを変えても印象が変わりおすすめですよ。 上の画像のカシュクール美ラインワンピースは、しっとり柔らかな生地を使用した日本製のワンピで、きれいなドレープ感がとても魅力的なんです。 参照元URL: 幅広い年齢層の女性におすすめのワンピースは、 黒、紺、グレー、茶の4色展開で、細かい部分までこだわった美しいシルエットが素敵ですよね。 厄払いのコーデなら、画像のように、 知的で上品な印象のグレーのワンピに小ぶりのネックレスを合わせ、洗練されたコーデにするのもおすすめです。 参照元URL: また、秋から冬にかけての厄払いなら、上の画像の 温かみのあるブラウンも女性らしくおすすめで、ちょっとしたお出かけの服装でも活用できますよ。 累計11000着以上を売り上げた大人気の大人可愛いワンピは、コスパにも優れたお値打ちの一着となっています。 女性におすすめの厄払いの服装3 楽天で購入 お住まいの地域やご祈祷を受ける場所によっては、厄払いでも余りフォーマルな服装をしない事もありますが、 程よくきっちり感のあるコーデはしたいですよね。 そんな女性におすすめなのが 上の画像のニットツーピースで、19歳だけでなく33歳、37歳の厄年にも若々しい装いでおすすめですよ。 参照元URL: シンプルなデザインのツーピースは、上の画像のシックな黒の他、清楚なアイボリー、可愛いピンク、落ち着いたベージュの4色展開で厄払いにも相応しい装いですよ。 暖かくて可愛いニット素材のツーピースは、 エレガントな雰囲気で程よくきっちり感もありますが普段使いでも秋冬に幅広く着回しできるおすすめの服装です。 厄払いの服装に合わせる女性の靴は? 楽天で購入 男性の厄払いの服装は、紺やグレーなど、落ち着いた色のスーツが無難なチョイスですが、 普段スーツを着ない方ならこの機会に一着お求めになっておくのもいいですね。 上の画像のスーツは オールシーズン対応のスタンダードなアイテムで、コスパも大変よくおすすめです。 スーツが仕事着でない男性だと何着も必要ないのも事実ですが、 厄払いだけでなく冠婚葬祭の様々なシーンに活用でき、いざという時に慌てなくて済みますよ。 参照元URL: フォーマルな厄払いの服装なら、上の画像のように、 シックで落ち着いた雰囲気のグレーのスーツも素敵ですよね。 黒とグレーの無地と紺と黒のピンストライプの4デザイン展開のスーツは、 ご家庭で洗う事もできる手軽さも人気で、一着あると何かと重宝する逸品です。 男性におすすめの厄払いの服装2 楽天で購入 女性同様、男性も厄払いの時は服装だけでなく足元にも注意が必要ですが、やはり 歩きやすい靴を選ぶことも重要です。 その点、 上の画像のプレイボーイの走れるビジネスシューズなら、革靴の高級感はそのままにスニーカーのような履きやすさと機能性を実現していておすすめですよ。 参照元URL: 撥水機能も搭載したおしゃれな雰囲気のレースアップシューズは、 トラッドスタイルからカジュアルまで汎用性が高く幅広いシーンで履く事ができるんです。 手ごろなお値段で履きやすい上、コーデもしやすいいいとこどりの一足は、厄払いにお出での際の足元にもぴったりですよ。 尚、もしお手持ちの靴で厄払いに行く場合は、 事前に靴をきちんと磨き、きれいにしておくこともお忘れなく。 厄払いの付き添い方の服装は? という事で、厄払いの女性と男性の服装をご案内してきましたが、付き添いの方の服装のマナーについても簡単にご紹介しておきましょう。 厄払いの付き添いの大人の服装! 厄払いは、ご家族でお出でになる事も少なくありませんが、 付き添いの方は厄払いを受けるご本人に合わせた服装をすることもポイントです。 厄払いを受ける方がきちっと正装していても、周りが普段着ではちぐはぐな印象ですし、特に大人の付き添いの場合は TPOに即したコーデが大切ですね。 また逆に、ご本人がカジュアルなのに、周りがきっちりしすぎも良くありませんので、 付き添いの方と事前に服装を打合せしておくといいですね。 厄払いの付き添いの子供の服装! 厄払いは、子供連れのご家族で行く方も少なくありませんが、 子供さんも一応、厄払いに相応しい服装をする方が無難ですね。 もし、 七五三等の時の余所行きの一着があれば厄払いの服装にも活用できますし、フォーマルな服がない場合も余りラフな服装は避ける方がいいでしょう。 尚、就学年齢に達していない小さな子供さんなら余り気にすることはありませんが、 お手持ちの服でもなるべくきちっとした雰囲気の服装を選ぶといいですね。 厄払いは女性も男性も相応しい服装で!.

次の

お宮参りでの祖父母の服装は?【夏】の場合も分かりやすく解説!

ご祈祷 服装 夏

妊婦さんも妊娠5ヶ月頃の安定期に入ると、安産祈願にと 戌の日に神社を訪れる人が増えますよね。 でも実際にお参りする際は、どのような 服装で出向くのがよいのでしょうか? 今回は、妊娠5ヶ月に行く戌の日のお参りにふさわしい服装について、女性版・男性版の季節別のおすすめのコーディネートや、お参りの基本・マナーを詳しくご紹介します。 — 目次 —• 戌の日(いぬのひ)とは? 年末年始が近づいてくると、「来年の干支は~」というような話題が増えますよね。 12年に1度のペースで巡ってくるこの干支は、実は日本の暦として 月や日、時間、方位などあらゆるシーンで使われています。 戌の日(いぬのひ)の「戌」は、十二支のひとつである「戌」を意味しており、 12日に一度のペースで訪れます。 戌とは犬のことを表しており、犬はお産が軽く、たくさんの赤ちゃんを産むことから、日本では古くから戌の日に、 神社で安産祈願をしてもらった腹帯(ふくたい)をお腹に巻く「帯祝い」という儀式がおこなわれるようになりました。 こうしたお腹の赤ちゃんの健やかな成長と、ママの安産を祈るためのお参りを神社でおこなうのが戌の日のお参りです。 Q.戌の日のお参りはいつ行くの? 一般的に戌の日のお参りは、 妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日におこないます。 ただ、妊婦さんの体調がすぐれなかったり仕事が忙しくて難しい場合などは、戌の日にこだわらなくても大丈夫。 体調や家族の都合のよいタイミングで安産祈願のお参りに行きましょう。 Q.戌の日のお参りは誰と行くの? 戌の日のお参りは誰と行くか、 必ず守らなくてはいけない決まりは無いので、家庭の事情に合わせて戌の日の安産祈願に行きましょう。 夫婦やそれぞれの両親と一緒に行くケースが多いようです。 戌の日の服装のマナーとは? 戌の日のお参りのためだけに、改めて服を買い揃える必要はありません。 手持ちの服の中で、清潔感のある服装を心掛ければ大丈夫です。 ただ、子供が生まれると、お宮参りや七五三など、きちんとした服装で神社にお参りに行く機会が増えます。 男性なら襟付きのシャツ、女性ならワンピースなど、ふさわしい服をひとつ持っておくと便利ですよ。 ここでは、戌の日の服装のマナーに適した服装と、避けた方がよい服装についておさえておきましょう。 戌の日に適した服装 戌の日の服装に決まりはなく、必ずしもスーツや礼服などフォーマルな服装でなくても大丈夫ですが、 きちんとした印象の服装で戌の日のお参りに行くようにしてください。 妊婦さんは、安定期に入っていても体調が変化しやすいので、ストレスを感じにくいゆとりのある服装を選ぶことも大切。 屋外と室内で気温差があることも考えて、 ストールやカーディガンなど温度調整ができる服装をしてくいくと安心です。 また、神社には階段や砂利道も多く足元が不安定なので、 歩きやすく滑らないぺたんこ靴を選ぶのもポイント。 戌の日に室内でご祈祷をしてもらう場合は、靴を脱いで中に入ることもあるので、 裸足ではなく靴下(またはストッキング、冬であればタイツ)を履いていくと安心ですよ。 戌の日に避けた方がよい服装 戌の日のお参りの目的は、神様に安産のお願いをすることです。 そのため、 露出が多い服装や色が派手すぎる服装、カジュアルすぎる服装は避けるよう意識しましょう。 また、転びやすいハイヒールや目立つようなアクセサリーも避けるようにしましょう。 ジャージ• ビーチサンダル• ダメージデニム• ミニスカート• オフショルダー• ノースリーブ• ハイヒール• 派手なアクセサリー 戌の日の服装 ~春のおすすめコーディネート~ 春の女性の服装 春に戌の日のお参りに行く場合、女性は 「ワンピース+レギンス」という服装がおすすめ。 お腹が大きくなってくる頃なので、ゆったりしたワンピースだと楽ちんですよ。 気温の変化に備えて、 カーディガンやストールを持参しましょう。 寒い日には、薄手のスプリングコートなど、脱ぎ着できるアウターを着ていきましょう。 黒色など暗めの色のワンピースの場合は、綺麗な色のストールを合わせることで、春らしい服装になります。 ワンピース+レギンス+ヒールのないパンプス• チュニック+レギンス+スニーカー• カットソー+マタニティパンツ+ヒールのないパンプス 春の男性の服装 男性は 「襟付きのシャツ+パンツ」という服装がおすすめです。 水色や白のような爽やかな色のシャツを合わせると、春らしい服装になります。 襟付きのシャツがない場合は、カットソーなどでも大丈夫です。 肌寒い日は、ジャケットやカーディガンなどを羽織って調節しましょう。 仕事用のスーツでもかまいません。 また、靴はキレイめのスニーカーやカジュアルシューズなど、歩きやすいものがおすすめです。 ポロシャツ+コットンパンツ+スニーカー• 白シャツ+スラックス+カジュアルシューズ• カットソー+スラックス+カジュアルシューズ 戌の日の服装 ~夏のおすすめコーディネート~ 夏の女性の服装 夏に戌の日のお参りに行く場合、女性は 「半袖ワンピース+七分丈レギンス」という服装がおすすめです。 暑くても、 ノースリーブやオフショルダー、ショートパンツなど露出が多い服装は避けた方が無難です。 ノースリーブやキャミワンピースでも、半袖のカーディガンなどを羽織ると、戌の日にふさわしい服装になります。 室内でご祈祷する場合は、冷房で肌寒いこともあるので、 カーディガンやストールを持参すると安心です。 サンダルでもかまいませんが、室内でご祈祷することも考えてストッキングを着用するか靴下を持参しましょう。 半袖ワンピース+七分丈レギンス+フラットシューズ• 半袖ブラウス+七分丈パンツ+スニーカー• 半袖カットソー+ロングスカート+フラットシューズ 夏の男性の服装 男性は 「ポロシャツ+コットンパンツ」という服装がおすすめです。 だらしない印象のものでなければ、Tシャツやハーフパンツでもかまいません。 「ランニングシャツ+ショートパンツ+ビーチサンダル」などのラフすぎる服装は避けてください。 半袖ポロシャツ+コットンパンツ+スニーカー• 半袖ポロシャツ+ハーフパンツ+スニーカー 戌の日の服装 ~秋のおすすめコーディネート~ 秋の女性の服装 秋に戌の日のお参りに行く場合、女性は 「ワンピース+カーディガン+レギンス」という服装がおすすめです。 妊娠中は暑さを感じやすいので、 気温の変化や体調に合わせて調整できる服装でお参りに行きましょう。 ワンピース+カーディガン+レギンス+フラットシューズ• ブラウス+ジャケット+スカート+タイツ+フラットシューズ• カットソー+マタニティパンツ+スニーカー 秋の男性の服装 男性は春に近い 「襟付きの長袖シャツ+パンツ」という服装がおすすめです。 秋は気温の変化が激しいので、温度調節がしやすいジャケットや、カーディガンなどを取り入れた服装にしましょう。 ジーパンは禁止ではありませんが、ダメージデニムなどカジュアルすぎる服装は避けた方が無難です。 襟付きシャツ+スラックス+カジュアルシューズ• カットソー+ジャケット+コットンパンツ+カジュアルシューズ• ポロシャツ+カーディガン+コットンパンツ+スニーカー 戌の日の服装 ~冬のおすすめコーディネート~ 冬の女性の服装 冬に戌の日のお参りに行く場合、女性は 「ニット+マタニティパンツ」という服装がおすすめです。 戌の日がとても寒いときは、 温かい靴下やマフラーなどをプラスして、体を冷やさないような服装で行きましょう。 ニット+マタニティパンツ+コート+スニーカー• あたたかいインナー+ワンピース+カーディガン+レギンス+ボアブーツ 冬の男性の服装 男性は 「ニット+パンツ+コート」という服装がおすすめです。 戌の日が冬の場合に注意したいのは、風邪などの感染症です。 体が冷えてしまう服装だと、風邪を引きやすくなります。 あたたかいセーターや厚手のコートなど、寒さ対策をしっかりとした服装で行きましょう。 ニット+スラックス+コート+スニーカー• あたたかいインナー+シャツ+スラックス+コート+カジュアルシューズ 戌の日の安産祈願に腹帯は持参すべき? 安産祈願の当日、腹帯は必ず自宅から持参しなければいけないということはありません。 神社で腹帯を販売している場合や 戌の日の安産祈願のご祈祷の際に、腹帯をもらえる場合もあります。 戌の日のお参りに行くときは、 事前に神社のホームページを確認したり、電話で問い合わせておくことをおすすめします。 もし腹帯を持参する場合は、キレイな状態にして、汚れないように袋に入れて持っていきましょう。 戌の日の服装が決まったらお参りマナーも把握しよう 受付時間・予約 戌の日は、神社で安産祈願のご祈祷をお願いするのが一般的です。 神社によって、ご祈祷の受付時間が異なります。 予約は不要なケースが大半ですが、中には予約が必要な神社もあるため、事前に確認しておきましょう。 また、ご祈祷を行う神社の混み具合も確認しておきましょう。 例えば、 東京都にある水天宮は、戌の日には何時間待ちにもなってしまうことも。 妊婦さんの負担を考慮し事前に確認しておくと安心ですよ。 初穂料(ご祈願料) 戌の日のご祈祷の際には「初穂料(はつほりょう)」を納めます。 初穂料とは、神様へのお礼として渡すお金のことです。 料金は神社により様々ですが、 相場として5,000~10,000円の場合が多いようです。 初穂料に腹帯やお守りの料金が含まれている場合もあります。 一般的に初穂料は、のし袋に入れて渡します。 使用するのし袋は「紅白蝶結び・水引」のものを選んでください。 のし袋の表側に「初穂料」または「祈祷料」と記入し、中にお金を入れて持参しましょう。 ご祈祷の順序• 神社の入り口にある手水舎で手と口を清める• ご祈祷の受付(このときに初穂料を渡す)• 本殿でご祈祷のお祓いを受ける(祝詞奏上やお祓い中は頭を軽く下げる)• 祝詞が終わったら、「二拝、二拍手、一拝」をおこなう 戌の日に適した服装で安産祈願に出掛けよう 赤ちゃんの健やかな成長と、ママが無事にお産できることを願う戌の日の安産祈願。 戌の日のお参りにふさわしい服装で、気持ちよく妊娠中の素敵な思い出づくりに出掛けましょう。

次の