ハングアウト インストール不要。 Zoom、ハングアウト、スカイプ ー テレワークに最適なWEB会議ツール3選【中小企業のためのテレワーク入門②】

ハングアウトはアンインストールできないんですか?

ハングアウト インストール不要

Google Meet(旧名Hangouts Meet)とはG Suiteユーザー向けWeb会議サービスです。 複数のユーザー同士でWeb通話ができるので、遠隔地にいる人と会議を行ったり、Webセミナーを開いたり、さまざまな使い方が可能です。 そのほかにも、グループチャット機能や画像・動画の共有機能も付いているので音声通話と、テキストコニュニケーション両方を実現したツールと言えます。 スマートフォンからも利用できるので、Googleユーザー同士であれば外出先でも無料でWeb通話できるところもポイントです。 Google MeetはG Suiteユーザーでなくても参加できる? Google Meetの主催はG Suiteユーザーでないと設定できませんでしたが、2020年4月のアップデートにより無料のGoogleユーザーでも、主催することが可能になりました。 無料ユーザーは60分までの時間制限が設けられていますが、2020年9月30日までは時間無制限で利用が可能です。 また、Googleのアカウントを持っていないユーザーもミーティングコード(URL)などから Google Meetに参加できます。 下記の表も参考にしてみてください。 2020年4月現在、G SuiteユーザーであればHangout MeetもGoogleハングアウトも両方使えるので、少しややこしいと感じている人もいるのではないでしょうか。 そんな2つのビデオ会議ツールですが、今後G SuiteのGoogle ハングアウトはGoogle Meetに完全移行する予定とのこと。 つまり、G SuiteユーザーはGoogle ハングアウト使えなくなるということが予想されます。 移行した後に慌てることがないよう、Google ハングアウトとの具体的な違いや、Google Meetの使い方などを詳しく見ていきましょう。 Google MeetとGoogle ハングアウトの違いを比較! Google MeetとGoogle ハングアウトの特徴 Google MeetとGoogle ハングアウトの違いについては、下記の表を参考にしてみてください。 Meetとハングアウトの違い Google Meet 従来の Google ハングアウト 会議の参加者数• G Suite Basic と G Suite for Education 最多 100 人まで• G Suite Business 最多 150 人まで• G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education — 最多 250 人まで 最多 25 人 ビデオ会議への参加• Google カレンダーからの招待• 会議へのリンク(URL)やコード• Google Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings• Google カレンダーからの招待• ビデオハングアウトからの招待• 会議へのリンク(URL)• Google Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings• 利用開始には管理者の設定が必要です。 詳しくはから 録画は不可 モバイルでのプレゼンテーションの表示 モバイルアプリでの高解像度のコンテンツ、ピンチ操作でのズーム機能 低解像度のコンテンツ このように、はGoogle MeetはGoogleユーザでなくてもWeb会議に参加できたり、会議の録画をできるようになったりなど、より利便性が向上しました。 Google Meetの注意点 2020年3月1 日以降、すべてのG Suiteユーザーに対して Meet が有効になりました。 (以前はMeetの無効化ができましたが、現在はできなくなっています)。 そのことによって、以下のような影響が出ることが考えられます。 新規、既存を問わず、Googleカレンダーから会議のスケジュールを入れた場合Google Meet が使用されるようになる。 即席の会議では、Google Meet が使用されるようになる。 従来のハングアウトの無効化による影響を受けるのは、Google カレンダーでスケジュールされたWeb会議のみです。 ハングアウトのブラウザやアプリからの直接の通話やチャットはこれまで通り行えます。 Google Meet(旧名:Hangouts Meet)を使ってWeb会議をしてみた MeetのWeb会議に参加できるユーザーは下記になります。 カレンダーの予定に追加されたG Suiteまたは無料のGoogleアカウントがあるユーザー• 会議の開催者と同じ組織内(同一ドメイン)のG Suiteユーザー• 別の組織(別ドメイン)から参加しているユーザー(会議に参加しているユーザーの承認が必要になる場合があります)• Google アカウントを持っていないユーザー(会議に参加しているユーザーの承認が必要になる場合があります) Google MeetからWeb会議を設定する方法は複数あります。 主なやり方は以下の3つ。 Google カレンダーから会議を設定する• Google Meetを直接開いて会議を開催する• Gmailから会議を開始する 詳しいやり方は次から説明していきます。 難しい設定は一切必要なく、使いなれたGoogle カレンダーを利用できるのもポイントですね。 また、Gmailユーザー同士であれば、特別な設定不要で利用できるところも大きなメリットです。 Google Meetを実際に使用した感想としては、ネットワーク環境が安定してさえいればストレスフリーに利用できるという印象でした。 パソコンに内蔵しているとマイクをとスピーカーを使用しましたが、お互いの音声を鮮明に聞き取ることができました。 映像についても相手の表情がしっかりとわかる程度には鮮明です。 通信環境さえ整っていれば大きなトラブルもないので、仕事でも安心して使えるツールだと思います。 Google MeetでWeb会議を録画するにはG Suite Enterprise または G Suite Enterprise for Education エディションに加入する必要がありましたが、2020年9月30日まですべてのG Suiteユーザーが録画機能を利用できるようになりました。 利用開始には管理者の設定が必要です。 まず、管理者が録画機能を有効にする方法を紹介します。 【管理者が録画機能を有効にする方法】• G Suite管理者のアカウントにログインし、管理コンソール()にアクセスする• 管理コンソールから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google Meet と Google Hangouts] に移動する 利用者が多く、世界中で知られているSkype。 無料版のSkypeではWeb会議は最大10人、通話は最大25人が参加可能です。 無料版が有名ですが、ビジネス用に有料の「Skype for Business」というサービスが提供されています。 <特徴>• microsoftが運営する知名度の高いサービス• 無料版とビジネス用の有料版がある• 無料版のWeb会議の人数は最大50人まで• 録画機能あり• 「Skype for Business」の場合は最大250人がWeb会議に参加可能• 格安料金で海外の固定電話や携帯電話と通話できる <料金>• Skype:無料• Zoom Zoomの最大の特徴は参加者であればアカウント作成が不要であるという点です。 管理者から送られてきたリンクをクリックするだけで参加ができ、その手軽さが他社との違いと言えます。 その他、参加者をグループに分けて、それぞれ話し合いができる「ブレークアウトルーム」や、「ホワイトボード」などユニークな機能を持っているサービスです。 <特徴>• 参加だけであればアカウント作成が不要(URLを共有して会議を行う)• Web会議は最大100人まで同時参加可能• 録画機能あり• 無料版の場合は、グループ通話を行う場合40分の時間制限あり(1対1の場合は無制限) <料金>• 無料版と有料版あり。 有料版は下記の通り•

次の

Googleハングアウトは無駄がなくシンプルかつ使いやすいメッセンジャーアプリです。

ハングアウト インストール不要

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、採用活動に影響はでていないでしょうか? まだまだ収束の兆しが見えないので、感染のリスクを抑える為に「今は面接を控えておこう」と考える求職者が増加傾向にあります。 オンラインで面接が完結するWeb面接なら、応募者は面接のためにわざわざ来社する必要がありません。 新型コロナウイルスへの感染に不安を覚えることなく選考を進められるため、企業と応募者の双方とってメリットのある方法です。 そこで今回は、編集部が厳選した5つの無料ツールを紹介します。 Web面接(オンライン面接)を始めるための事前準備についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。 今すぐに読む時間がないという方は、以下ページよりWeb面接導入の際の準備や注意点、ツールの詳しい導入方法に関するオリジナルマニュアルがダウンロードできます。 高まるWeb面接(オンライン面接)のニーズ 国内における新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、Web面接(オンライン面接)の導入を進める企業が増加しています。 Web面接・録画面接システムを提供する企業の発表によると、採用選考における対策を実施もしくは検討している企業のうち、対策内容としてもっとも多かったのが「Web面接(オンライン面接)の活用」とのこと。 これまで応募者を来社させる方法でしか面接を行っていなかった企業にも、Web面接(オンライン面接)の利用が広がっているようです。 画像出典: 求職者もWeb面接(オンライン面接)を求めている 一方、求職者においてもWeb面接(オンライン面接)を希望する人が増えているようです。 大手人材サービス会社が行った求職者への意識調査では、約8割の求職者が「Web面接(オンライン面接)を受けても良い」と考えているという結果がでています(2020年2月19日発表)。 画像出典: この調査はアルバイト・パート求職者を対象にしたものではありますが、新型コロナウイルスの感染拡大が叫ばれる中、Web面接(オンライン面接)を望む傾向は求職者全体に広がっています。 実際に、googleトレンドでは「Web面接」の検索数に関して、以下のような変化がありました。 2020年2月から「Web面接」の検索数が急激に上昇していることが分かりますね。 こうした求職者のニーズに対応することこそ、競争の厳しい採用市場で人材獲得を成功させる条件といえるのではないでしょうか。 Web面接(オンライン面接)の準備と注意点 初めてWeb面接(オンライン面接)を導入する企業も多いと思います。 Web面接(オンライン面接)を成功させるために重要なこと。 それは、事前準備です。 ここからは、Web面接(オンライン面接)に必要な基本的な事前準備と注意点をご紹介します。 Web面接ツール(オンライン面接)を導入する まずは、Web面接(オンライン面接)に必要なツールの検討から始めます。 ツールを選ぶ際の一般的な比較ポイントは以下の通りです。 用意されている機能• 画質・音声の品質(接続の安定性)• 使いやすさ• 導入までにかかる時間• 費用 平時であれば優先順位は企業によって異なりますが、新型コロナウイルスのリスク対策としてすぐに導入したい場合は、画質・音声の品質はもちろんのこと、「導入までにかかる時間」「費用」が重要な比較ポイントとして挙げられるでしょう。 編集部おすすめのWeb面接(オンライン面接)ツールは、このあとので紹介しています。 カメラやイヤホンマイクなどの備品を準備する Web面接(オンライン面接)の場合はカメラやイヤホンマイクなどの備品も必要です。 カメラを搭載していないパソコンの場合は外付けのWebカメラを準備しておきましょう。 スピーカーマイクを搭載しているパソコンやスマートフォンもありますが、周りの雑音を拾いやすく声も聞き取りづらい可能性があります。 よりスムーズなコミュニケーションを取るためにも、イヤホンマイクやヘッドセットもあった方が安心です。 求人票内にWeb面接であることをアピールする ツールの導入ができたら、Web面接(オンライン面接)に対応していることを求職者に伝えましょう。 求人票にある「選考プロセス」欄はもちろん、他の目立つ場所に「Web面接に対応!」と記載してアピールする方法もあります。 応募者(書類選考通過者)へ、Web面接の方法を説明する 応募者と面接日時の調整を行う際には、必ず面接方法を伝えましょう。 Web面接(オンライン面接)ツールを初めて利用する応募者もいるはずですから、面接の開始方法のほか、ツールによって事前準備が必要な場合は、その手順を分かりやすく伝えることも必要です。 説明用のメールテンプレートを事前に用意しておくと、やりとりの際に便利ですよ。 また当日の急なトラブルに備えて、採用担当者の電話番号やメールアドレスを伝えておくようにしましょう。 Web面接当日は、5分前にスタンバイしておく Web面接(オンライン面接)では、画面を通じて両者が対面するまで相手の状況が分かりません。 参加が遅れると応募者を不安にさせ、悪い印象を与えてしまうことがあります。 また画面に接続できている場合でも、カメラやマイクの設定に不備があれば面接が予定通り進まない可能性も。 そうしたトラブルを未然に防ぐために、5分前には準備を終えておくことが理想です。 特に初めて利用するツールの場合は事前に何度かテストを行って、操作方法や映像・音声の出力を確認しておきましょう。 無料で使えるWeb面接(オンライン面接)ツール5選 すぐにでもWeb面接(オンライン面接)を始めたい方のために、編集部おすすめの5つの無料Web面接(オンライン面接)ツールを紹介します。 スマホ利用ができるものか、手軽に導入できるものなのかなど自社のニーズに合わせてツールを検討してみてください。 各ツールの特徴比較表はこちらです。 Skypeを利用してWeb面接(オンライン面接)を実施している企業も多く、求職者からの知名度は比較的高いでしょう。 会議の音声や映像の録音・録画、画面共有が可能。 無料の通話テスト機能で事前に音声の確認ができるため、安心してWeb面接を始められます。 Skypeはパソコンとスマートフォンどちらでも利用できますが、アカウント登録が必要です(スマートフォンではも)。 また応募者へのコンタクト申請(承認依頼)など、事前準備には多少の工数がかかるため、余裕をもって準備をすることが欠かせません。 当日は応募者のアカウントに対して電話をかけるようなイメージでコンタクトを取り、相手が応答すればWeb面接を開始できます。 Skypeの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。 【おすすめのWeb面接ツール2】Googleハングアウト 画像出典: GoogleハングアウトはGoogleが提供する、無料のテキスト・ビデオチャットツールです。 G Suite(Googleのビジネス用グループウェアツール)を導入している企業では、打合せや会議でよく利用されていることから、こちらも知名度の高い無料Web面接(オンライン面接)ツールといえるでしょう。 Googleハングアウトを利用する場合、採用担当者と応募者両方のGoogleアカウントが必要です。 G Suiteを導入していない企業でも採用担当者が個人でアカウントを作成すれば、すぐにGoogleハングアウトを使ったWeb面接(オンライン面接)の実施が可能。 応募者をミーティングへ招待(URLを送信)し、応募者がそこにアクセスすることでWeb面接(オンライン面接)を開始できます。 Googleハングアウトはパソコンとスマートフォンどちらでも利用できますが、スマートフォンから利用する場合はアプリのインストールが必須です。 なお、パソコンの対応ブラウザは、Google Chrome/Internet Explorer/Safari/Firefoxです。 Googleハングアウトの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。 【おすすめのWeb面接ツール3】Whereby(ウェアバイ) 画像出典: Wherebyは、ノルウェー発のWeb会議システムです。 もともとは「appear. in」という名前で提供されていたサービスで、2019年8月より「Whereby」に名称変更しました。 WherebyはブラウザベースのWeb会議システムのため、パソコンから利用する際はアプリのインストールやアカウント作成の必要がありません(スマートフォンの場合はアプリのインストールが必要です)。 サービスサイトでアカウントを作成すると専用のURLが発行され、それを応募者に伝えるだけで面接の準備は完了です。 応募者はURLをクリックしてWeb面接に参加します。 なお、パソコンの対応ブラウザは、Google Chrome/Firefox/Operaです。 無料利用の場合、画面共有は20分まで。 ただ、20分経過後に改めて共有し直せば、画面共有を続けることが可能です。 サービスサイトやWeb面接の画面はすべて英語ですが、とてもシンプルで分かりやすいデザインのため、どうしても日本語のサービスが良いという方以外は問題なく使いこなせるでしょう。 Wherebyの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。 【おすすめのWeb面接ツール4】zoom(ズーム) 画像出典: zoomは米国に本社を置くズームビデオコミュニケーションズ社の無料ツールです。 接続の安定性に定評があり、オンラインワークショップでよく利用されるツールとして知られています。 1対1(2人)の接続は無料。 録画や画面共有をはじめ、バーチャル背景というユニークな機能も搭載されています。 ただし、3人以上で同時接続する場合は、40分の時間制限が設けられています。 時間制限のない有料版は、月額2000円〜とお手頃価格です。 パソコンとスマートフォンのどちらでも利用でき、パソコンの対応ブラウザは、Google Chrome/Internet Explorer/Safari/Firefox/Microsoft Edgeです。 応募者はアカウント登録なしにWeb面接(オンライン面接)に参加できますが、スマートフォンから参加する場合は、事前にアプリをインストールしておくことが必要です。 準備が整っていれば、URLをクリックするだけでWeb面接(オンライン面接)を開始できます。 zoomの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。 【おすすめのWeb面接ツール5】BIZMEE(ビズミー) 画像出典: BIZMEEは、日本企業の株式会社grabss様が開発・提供する無料のWeb会議サービスです。 最大の特長は、アプリのインストールやアカウント登録が一切不要で、Web面接(オンライン面接)ができるところ。 で任意のURLを作成し、応募者に共有するだけで準備が完了します。 画面共有や議事録のほか、ホワイトボード(共有した資料に文字やハイライトの入力が可能)など、無料でありながら充実した機能もBIZMEEの魅力です。 さらにWebRTCと呼ばれる技術を採用したシステムにより、高品質通話を実現しています。 BIZMEEはスマートフォンにも対応しており、対応ブラウザは、Google Chrome/FireFox/Safari/ Operaの4つ。 URLを共有するだけのため応募者への案内は容易ですが、応募者がIE(もしくはEdge)ユーザーの場合は、面接までにいずれかのブラウザをインストールするように促すことが必要です。 BIZMEEの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。 まとめ 「Web面接」の検索推移や意識調査の結果からも分かる通り、Web面接に対するニーズは高まりをみせています。 求職者のニーズに応えられる面接方法を導入することは、採用手法の差別化を図るチャンスといえるでしょう。 新型コロナウイルスの感染拡大によって対応が迫られてはいますが、オンライン面接の仕組みを整えておくことは、将来的にも役立つはずです。 これを機にWeb面接を導入し、効率的な面接を進めてみてはいかがでしょうか。 本記事で紹介したツールの詳しい導入方法や、Web面接の注意・準備点に関するオリジナルマニュアルは以下ページからダウンロードできます。 は求人検索エンジンと連携させることが出来るだけではなく、簡単にWeb面接ができるようになっています 有料プランのみ。 応募者に対し、メッセージ一覧から面接日を設定するだけでWeb面接用のURLが自動送信されます。 面接前日・面接当日1時間前には企業と応募者双方に「面接お知らせメール」とリマインドメールをお届けするので面接の予定忘れもありません。 利用時間・回数ともに制限はありませんので、Web面接の導入をを検討している採用担当者様はまずの無料のトライアルプランをお試しください。 関連記事.

次の

不要なアプリは「無効化」してバッテリーの無駄を減らそう

ハングアウト インストール不要

Googleは2020年にハングアウトを閉鎖する予定です。 しかし、ハングアウトを愛用しているユーザーの皆さま、どうか心配しないでください。 Hangouts Meetやハングアウトチャットという新しいアプリを使ってビデオ通話または音声通話を行うことができます。 関連記事: ビデオ会議や1対1の通話を行っているとき、後でもう一度検討できるように、Googleハングアウトのビデオ通話や音声通話を録画または録音する必要があります。 Googleハングアウトの通話を記録するには、使いやすい方法が二つあります。 どちらでもPCの画面、ウェブカメラに写しているユーザーの顔や音声など、通話中のすべてのものを録画・録音することができます。 Googleハングアウトのビデオ通話・電話を録画・録音する方法 最初の方法はビデオ通話レコーダー、 「」を使用することです。 このレコーダーは、Googleハングアウト(Webバージョン)、Hangouts Meet、その他のハングアウトサービスでのビデオ通話と音声通話の両方の録画および録音に適用できます。 パソコンのスクリーンで行われているすべてのことと通話の参加者の声を録画・録音して、それからMP4、MP3、MOV、AACなどのファイル形式でデータを保存することができます。 ヒント:「FonePaw PC画面録画」を使用して、Facebookビデオ通話、Skype通話を録画・録音することもできます。 Googleハングアウトビデオ通話を録画する方法 ステップ1、 「FonePaw PC画面録画」をWindowsまたはMacにインストールします。 ステップ2、ソフトを起動して 「動画レコーダー」をクリックします。 ステップ3、ハングアウトウィンドウになる録画エリアを選択します。 録画詳細メニューから 「ウィンドロック&録画」をクリックして、 「ハングアウト」ウィンドウを選択してください。 そうすれば、通話中、ドキュメントを開き、Eメールをチェックするなど、ほかのアプリケーションで行われている行動は記録されません。 ご注意: 1. ツールバーが録画画面に表示したくない場合、録画する時に 「録画のツールバーを非表示」にもチェックを入れましょう ステップ4、 「システム音」と「マイク音」のボタンをオンにして、通話中に自分の声と他の人の声を録音します。 ステップ5、ハングアウト通話が開始したら、 「REC」をクリックします。 そしてソフトは通話中のすべてを記録します。 また、タスクスケジュール機能を使用してハングアウトの記録を自動的に開始または停止することもできます。 ハングアウト通話が終了したら、録画したビデオを確認してMP4、MOV、WMAなどの形式で保存できます。 Googleハングアウトの電話を録音する方法 ハングアウト通話をオーディオファイルとして録音したい場合は、 「FonePaw PC画面録画」もお役に立ちます。 ステップ1、ソフトウェアを開きます。 ステップ2、 「音声レコーダー」をクリックします。 「システム音」と「マイク音」をオンにして、音量を必要に応じて調整します。 ステップ3、Googleハングアウトで電話をかけ始めたら、 「Rec」をクリックします。 Googleハングアウトを高品質で録画するためのヒント 通話している時になんらかのトラブルが発生し、録画の邪魔になるかもしれません。 高品質のビデオを録画するには、次のポイントを確認してください。 ・電話を始まる前に、テストで外付けまたは内蔵カメラ、マイクを確認してください。 ・外部の騒音が録音されないように、静かな環境でハングアウト通話を開始してください。 ・通話がスムーズに行われるように、PCの不要なアプリケーションを終了にしてください。 ・実際に電話をかける前に、 「FonePaw PC画面録画」でテスト録音をして、ソフトの操作に慣れてください。 Hangouts Meetで行われている会議を記録する方法 Hangouts Meetを使用するビデオ会議の主催者である場合は、ハングアウトの内蔵ビデオ録画機能を利用することができます。 他のアプリケーションやコンピュータのウィンドウを除いて、通話内容や展示されているドキュメントなどを録画することができます。 ヒント:主催者ではなくても、ハングアウト通話を録音したい場合は、ビデオ通話レコーダーを使用してください。 Hangouts Meetでビデオ会議を録画するには、次の手順に従います。 ステップ2、録画が開始され、他の参加者は会議が記録されているという通知を受け取ります。 記録ファイルはGoogleドライブアカウントに保存されます。 録画する前には許可を取ろう 「FonePaw PC画面録画」のような画面録画ツールを使えば、問題なくGoogleハングアウトを録画できます。 ただし、ハングアウト通話は、参加者の許可なしに録画しないでください。 つまり、通話または会議を録画する前に、会話が録画されることとその目的を参加者全員に知らせる必要があります。 もしここで紹介させていただいた方法がお役に立ちましたら、ぜひご友人たちにも勧めてくださいね。

次の