処理 水 海洋 放出 - 「処理水海洋放出へ 議論は尽くされたか」(時論公論)

海洋 放出 水 処理 中国はなぜ原発処理水の海洋放出に反対するのか、専門家が指摘する5つの理由

海洋 放出 水 処理 原発処理水の海洋放出、海外はどう報じた? 解決へのヒントも

海洋 放出 水 処理 原発処理水の海洋放出、日本経済にどれほどの影響を与えるか?―中国メディア (2021年4月15日)

海洋 放出 水 処理 「処理水海洋放出へ 議論は尽くされたか」(時論公論)

原発処理水の海洋放出、日本経済にどれほどの影響を与えるか?―中国メディア (2021年4月15日)

海洋 放出 水 処理 【詳報】処理水 海洋放出の方針

海洋 放出 水 処理 日本の処理水海洋放出、隣国は反発もドイツ専門家「最良かつ最も安全な方法」―独メディア

中国はなぜ原発処理水の海洋放出に反対するのか、専門家が指摘する5つの理由

海洋 放出 水 処理 「処理水海洋放出へ 議論は尽くされたか」(時論公論)

【詳報】「漁業者の声に耳を」海洋放出、福島で反対の声:朝日新聞デジタル

海洋 放出 水 処理 「原発処理水の海洋放出」に反発する野党は、中国や韓国よりレベルが低い 「事故当時の政権幹部」の無責任さ

福島第一原発の汚染処理水の海洋放出の知られざるリスク「サンデーモーニング」が指摘した“不都合な真実”(水島宏明)

海洋 放出 水 処理 韓国「反日」異常法案提出! 処理水の海洋放出めぐりIAEAに「憂慮」伝達、旭日旗使用で「懲役10年」

海洋 放出 水 処理 なぜ処理水の海洋放出に反対する声があるのか?汚染水との違い、トリチウム以外の問題も

「処理水海洋放出へ 議論は尽くされたか」(時論公論)

また、海洋放出は、設備工事や規制への対応を行い、2年程度のちに開始をする。

  • この10年間、放射能汚染は逃れることの出来ない悪霊のようにまとわりつき、被災地の経済再建プロセスにおける大きな障害となっていた。

  • さらに、「一般国民向けのは一度も開かなかった」と日本政府の対応を批判し、「波紋は続くと予想される」との見通しを伝えた。

  • 02兆から2兆ベクレルとなっています。

原発処理水の海洋放出、日本経済にどれほどの影響を与えるか?―中国メディア (2021年4月15日)

このとき、トリチウムを分離して取り除く技術についても検討されましたが、すぐに実用化できる段階の技術ではないとの結論になりその後の検討には加えられていません。

  • 日本で話題になった「風評被害」とは、信用や利益が世間の噂話によって損なわれることを意味する。

  • 経済参考報が伝えた。

  • 朝日新聞は記事で、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)に触れた冷却水が地下水などと混ざった高濃度の水を「汚染水」、多核種除去設備(ALPS)で処理した後の、そのまま海には放出できない水を「処理済み汚染水」として区別してきた。

「原発処理水の海洋放出」に反発する野党は、中国や韓国よりレベルが低い 「事故当時の政権幹部」の無責任さ

漁業者らは「海洋放出が追い打ちをかける」と心配する。

  • 汚染水:福島第一原発の建屋内の放射性物質に触れた地下水や雨水、燃料デブリを冷却した後に建屋に滞留した水。

  • そこで福島県漁連では試験操業は先月で終了し、この4月からを本格操業への移行期間と位置付け、漁の回数を段階的に増やしていくことを決めたばかり。

  • さらに強く反対していた全漁連の岸会長にも先週、菅総理大臣が面会、政府の検討状況を伝えていた。

原発処理水の海洋放出、日本経済にどれほどの影響を与えるか?―中国メディア (2021年4月15日)

早速週内にも本日決定した基本方針を確実に実行するための新たな閣僚会議を設置する。

  • そして、なぜ海洋放出の方針を決めたのかを漁業者や国民に責任を持って説明すること、また風評被害にどう対処するのか、安全性をどう国内外に説明し担保するのか、さらに福島県をはじめ全国の漁業者が安心して漁業が継続できるための方策を明確に示すことなどを改めて求めています。

  • 一方で、福島第一原発が立地する大熊町や双葉町からはタンクでトリチウムなどを含む処理水を保管し続けることが復興の妨げになっているとして政府に対し、対応策を早急に決定するよう要望が出されていました。

  • 賠償を支払うだけではなく後継者の育成や他業種からの新規参入の促進など、漁業を中核とした地域をどう作っていくかというビジョンも関係者との対話の中から明確にしていくべきだと思う」と話していました。

トリチウムなど含む処理水 薄めて海洋放出の方針決定 政府

「日本の国内外で強い反発が起きそうだ」と論評するなど、関心の高さを示した。

  • 一般的にこの状態を処理水と呼ぶが、前述した朝日新聞の指摘通り、ALPSによって処理された汚染水にも2つのパターンがある。

  • ただ復活の兆しも。

「処理水海洋放出へ 議論は尽くされたか」(時論公論)

汚染水 まず汚染水とは、 高濃度の放射性物質を含んだ水であり、どのような処理もされていない状態を指す。

  • トリチウムの濃度を国内の規制基準の40分の1、WHOの定める飲料水の基準の7分の1まで低下させる。

  • 処理水は吸着剤によってトリチウム以外の大半の放射性物質は除去されている。

  • 丁寧な議論をしているように見えるが、結論が見えているものを早く決めないから時間ばかりむだにかかった」と方針決定に至るまでの対応を厳しく批判しました。




2021 cdn.snowboardermag.com