男性が好きな人にとる態度。 好きな人の態度!シャイな男性の「あなたを好き」ってサイン4つ♪│coicuru

男性が本当に好きな女性にとる態度とは?

男性が好きな人にとる態度

記事の目次• こんなにある!男性が好きな人にとる態度 男性が好きな人とる態度には特徴があります。 それは好きな人に好意をアピールをするためであることもあれば、無意識であることもあります。 恋愛感情をどう表に出すかは人それぞれで、男性が積極的なタイプなのか、それとも消極的なタイプなのかによっても変わってきます。 今回は、男性が好きな人にとる態度を徹底紹介!男性の気持ちはわかりにくい、と思いがちですが、実はこんなにサインを出しているんです。 きちんと身体を向けて話す 好きな人と話をするときには身体ごと相手の方を向いて話をする男性が多いです。 きちんと身体を向けて話をするということは、それだけ 会話に集中しており、他の作業などと比較しても会話の優先度が高い証拠。 男性は興味のない相手に対しては、ながら聞きをしたり、仕事の進捗によっては「その話は今度にしてくれる?」と口にすることもあるので、身体を向けてまで丁寧に話を聞いてくれる場合は、脈ありの可能性があります。 身を乗り出して話す 好きな人と話す時は、身体を向けるだけでなく、身を乗り出すように話す、話を聞いてくれる男性もいます。 特に仕事中の会話は「ながら聞き」になります。 資料の準備や企画案のアイデア出し、メールのやり取りなど他にやるべき仕事がある中で、隙間の時間を見つけてちょこっと会話をするにすぎないからです。 その点、身を乗り出してまで会話に集中するということは、 身体を向けて話す以上にあなたに大きな興味を持っていると言えます。 オーバーに身振り手振りする 男性は、興味・好意のある相手に自然と自己アピールしてしまうものなので、 好きな女性に対してオーバーリアクションになりがちです。 相手への興味が深まれば深まるほど、恋愛感情が高まれば高まるほど、自然とコミュニケーションが積極的になることが多いです。 以前の会話を覚えていてくれる 以前した会話の内容を覚えていてくれるのは嬉しいですよね。 女性に比べて過去のことを忘れがちな男性ですが、 好きな人なら、相手の好きなものや趣味など、細かいところまで覚えていることもあります。 「それ前に言ってたね」なんて言われたら、脈ありの可能性があるかもしれません。 相手の趣味に話題を合わせる 積極的な男性は、自分の興味・関心をどんどんと発信し、それらに相手を巻き込むような形で場を盛り上げることができます。 一方で消極的な男子は、 相手の趣味にさりげなく話題を合わせることで、相手の興味・関心を引き出して、自然と会話を盛り上げていくことを意識する傾向があります。 そのため、いつも話を合わせてくれている感じがするなら、脈ありの可能性があります。 以前話した好きなものや趣味を覚えていてくれて、それを調べてくれていたりする場合は、あなたのことが好きな可能性がかなり高いでしょう。 積極的に質問をする 相手に興味がない場合には、あまり質問をしようという気にはならないものです。 一方で、何気ない普通の会話でも、 好きな人に対しては積極的に質問をし、会話を深めていこうとする男性が多いです。 どんどんと質問をしてくれて、話をするうちにお互いに自然と笑顔になる。 そんな関係性は、相手が好意を持ってくれている証拠と言えるでしょう。 自慢話をよくする 好きな女性に対して 「良く思われたい」「自分に興味を持って欲しい」と思うがゆえに、自慢話をしたがる男性もいます。 相手の興味・好意をかきたてようとしていることもあれば、無意識でやっていることもあります。 多少の自慢話であれば話を聞いてあげてもいいかもしれませんが、あまりにも長い時間自慢話をされると、嫌な気持ちにもなりますよね。 しかし、それは相手の好意の表れかもしれません。 やたらと自分の自慢話をしてくる人がいたら、もしかしたら自分のことが好きなのかもしれないと思うようにしてください。 褒めてくれる 「髪型素敵だね」「その服装いいね」「仕事頑張ってたね」…。 好きな人に対してはよく褒める男性も多いです。 褒めること自体が好きな人にとる態度であることはもちろん、褒めるということは、 日頃からあなたのことを見ていて、変化や努力に気づいていなければできません。 そのため、脈ありの可能性があります。 男性が好きな人にとる態度 〜行動編 9選〜 男性が好きな人にとる態度は、会話以外の部分でも垣間見ることができます。 続いては特徴的な行動について見ていきましょう。 少し遠くから見つめる 興味・好意があっても、相手を遠くから見つめているだけで何もすることができない男性もいます。 こちらが気づいて目が合ってもそらしてしまうことが多いですが、嫌われている訳ではない場合がほとんどなので、気にしないようにしましょう。 また、もし遠くから見つめていることに気づいたのであれば、 こちらから話しかけてあげるのもいいでしょう。 そうすることで相手との距離が縮まる可能性もあります。 単に口下手な男性の場合は、LINEなら素直な好意を示してくれるかもしれないので、そのタイミングで勇気を持って連絡先を交換してみては? 目が合ってもそらさない 遠くから見ることしかできず、目が合っても恥ずかしくてそらしてしまう男性がいる一方で、好きな人に対してはとにかく必死になって目を合わせて好きアピールしてくる男性もいます。 その時は 恥ずかしがらずに微笑み返すくらいの余裕を持ちましょう。 また、相手の好意や恋愛感情が目に現れることもあるので、視線や表情の観察もしてみてください。 相手の気持ちがよりわかるようになるかもしれません。 腕まくりする 好きな人に対して、 仕事ができるアピールや張り切る気持ちが、腕まくりするという形で無意識に現れることがあります。 相手の男性は、自分は仕事がバリバリできるカッコいい男なんだ、だから俺のことを見てほしい、俺と付き合ってほしいと心の奥で考えているのかもしれません。 隣に座る 好きな人のそばにいたい気持ちから、積極的に隣に座る男性は多いです。 そのため、会議やランチ時、飲み会の席などでやたらと隣に座ってくることが多い場合は、脈ありの可能性があります。 気になる男性が隣に座ってきたら、こちらからもたくさん話しかけたりアピールをしたりしてください。 誘いにすぐ乗ってくれる 男性は好きな女性と一緒にいたいという気持ちがあるので、こちらから食事や遊びに誘って断ることはまずありません。 好きな人に対しては、 いつも即答でOKの返事してくれる、他に予定が入っていてもわざわざずらしてくれる、どうしても変更できない時は代替案を提案してくれるといった場合が多いです。 遊びや食事に誘う こちらの誘いに乗ってくれるのはもちろん、好きな人には自分から誘うことも多いです。 お誘いといってもさまざまなシチュエーションがあるので、 お誘いの内容によって脈あり度が判断できるでしょう。 平日のランチ 仕事帰りのディナー 休日のランチ 休日のディナー サシ飲み 映画 お祭りなどのイベント ショッピング テーマパーク イルミネーション・夜景スポット 仕事帰りや日中のお誘いに比べれば、 休日や夜のお誘いの方が脈あり度は高いと言えそうです。 ついでではなく、わざわざあなたを誘ってくるような場合には、脈ありの可能性大です! 気にかけてくれる 男性は好きな人に対して、 疲れている時に声をかけたり、飲み会などで「たべてる?」「もっと飲む?」「なんか頼む?」と気を利かせてくれたりすることも多いです。 事あるごとに気にかけてくれるなと感じる場合は、相手はあなたのことが好きな可能性があります。 さりげない差し入れ 好きな人が疲れていそうだなと思った時に、さりげなく差し入れをしてくれる男性もいます。 単純に相手をねぎらう気持ちからの行動であることもあれば、それをきっかけに相手と近づきたい、会話したい、よく思われたいというアピールの気持ちからの行動であることもあります。 男性によっては、好きな人のお気に入りのお菓子やドリンクまで覚えていたりします。 送っていこうとする 飲み会などで帰りが遅くなってしまった時に、好きな人を送っていこうとする男性もいます。 本当に帰り道が心配で送っていくこともあれば、これを機に距離を縮めたいから送っていくということもあります。 しかしたまに、女性なら誰でもいいから一番酔っていそうな人を送っていく、といった軽い男性もいるので要注意です! 男性が好きな人にとる態度 〜LINE・連絡編 5選〜 すでにLINEなどで連絡を取っているくらい距離が近いなら、その内容や返事の仕方で相手の脈あり度を判断することもできます。 ここからは、連絡する時に男性が好きな人にとる態度を見ていきましょう。 LINEがすぐ既読になる 男性は好きな人に嫌われたくない、好きな人からの連絡は早く確認したいという思いから、LINEをやり取りしているときはすぐに既読にする傾向があります。 やり取りのペースも頻繁で、 LINEのコミュニケーションの活発さは、自分への興味・好意を確かめるいいサインとなります。 他愛ないやり取りが続く 男性は、用事もないのにだらだらと雑談をするのも苦手。 そのため、中身のないLINEはそのままスルーしてしまうこともあります。 しかし、 好きな人とはどうにか連絡をし続けたいという思いから、他愛ないやり取りでも続けようと努力してくれることが多いです。 すぐに返事が来る 男性は女性に比べてLINEなどの文字のやり取りが苦手です。 女性のように直感ですぐに返事をすることも苦手で、返信にも時間がかかることも多いです。 そのため、忙しいとどうしても返事が後回しになりがちで、そのまま返信を忘れてしまうことも度々あります。 しかし、 好きな人からの連絡はできるだけ早く返したいと考える男性が多いため、忙しくてもすぐに返事をしてくれることがあります。 長文が返ってくる 文字でのやり取りが苦手な男性が自分の気持ちを長文で打つのは本当に大変!それでも、好きな人に対しては自分の気持ちを伝えるために、ある程度長文を送ってくれることがあります。 そのため、男性から長文ラインが来たら、あなたのことが好きである可能性も考えられます。 電話してくれる 文字のやり取りは苦手だけど、 コミュニケーションは取りたい、単純に好きな人の声を聞きたいといった理由で、電話をかけてしまう男性もいます。 業務連絡などではなく、他愛のないプライベートな内容で電話がきた場合は、脈ありの可能性大です。 男性が好きな人にとる態度 〜好き避け編 4選〜 男性は好きな人にとる態度はさまざまですが、相手のことが好きなのにも関わらず、好きな人と話をすることができなかったり、避けてしまったりする男性も多いです。 男性の気持ちを見抜くのが難しいのは、この「好き避け」と呼ばれる行為のせいでもあります。 最後は、男性が好きな人にとる態度の中でも、好き避けの行動を紹介していきます。 目をそらす 好きな人と頑張って目を合わせようとする男性がいる一方で、好きだからこそ目を合わせられない男性もいます。 そのため、 一瞬目が合ってもいつもそらされてしまうからといって、嫌われていると考えるのはまだ早いです。 目をそらす男性でも、遠くから見つめていたりしないか気をつけて見てみましょう。 会話が弾まない いざ好きな人を前にすると緊張で何も話せなくなってしまい、会話が全く弾まないという男性もいます。 会話が弾まないからといって嫌われていると思ったりせずに、まずは相手が答えやすい質問をしてあげたりするといいでしょう。 他の人とばかり仲良くする 他の女性とは仲良くしているのに、好きな人とは仲良くできない男性もいます。 外から見ているとみんなと仲良くしていて明るい男性なのに、 自分とはほとんど関わってくれない、話してくれないといった場合には、好き避けの態度をとられている可能性があります。 みんなの前でコミュニケーションを取らない 他の人がいるところでは話しかけてこないのに、 2人きりになったりLINEをしたりするときはとても距離が近い、仲がいいというのも、男性が好きな人にとる好き避けの態度の特徴です。 好き避けしてしまう心理 男性が好きな人にとる態度で意外と多い「好き避け」。 どうして好きなのに避けるような態度をとってしまうのでしょうか。 好きバレが怖い 男性は好きな人にフラれてしまうことをとても怖いと思っています。 好意を持っている相手であればあるほど、その 好意が実らなかった時のショックも大きいので、ショックを未然に避けようとする心理が働きます。 好きという気持ちが相手に知られてしまえば、望まない結果が出てしまうこともあるため、周囲にも好きな相手にも好きな気持ちがバレないように行動した結果、好き避けのような態度をとることになってしまうのです。 照れ隠し 恋愛経験が無かったり少なかったりする男性は、照れてしまって好きな女性とうまく話をすることができないことがあります。 さらに、 照れていることを相手の女性に悟られたくないと思ってしまい、より好きな女性と話をすることができなくなる悪循環に陥ってしまうのです。 相手が照れていたり、恥ずかしそうな素振りを見せたりする場合は、その態度は好き避けである可能性があります。

次の

男性が職場で好きな人にとる態度!無意識のサインの見抜き方

男性が好きな人にとる態度

赤面することがある 女性は好きな人の前だと恥ずかしくなってしまいます。 そのため、ただ話しているだけなのに赤面していることも。 またちょっとした一言が嬉しかったり恥ずかしかったりして顔が赤くなることもあります。 声のトーンが上がる 女性は好きな人と話すとき、ほぼほぼの確率で声のトーンが上がります。 緊張して声が上ずっていることもあれば、かわいこぶってあえて上げいてることもあります。 好きではない相手に声のトーンが上がることはほとんどありません。 ただ、男好きの女性は男性誰に対しても声のトーンが上がることがあるので要注意です。 リアクションが大きくなる 好きな人の言動に対して、ついついリアクションをしてしまい他の人と差が出来てしまうなんてことはよくありますよね。 好きな人のことは興味もあるため反応が大きくなってしまいます。 近くにいることが増える/距離が近くなる 好きな人の近くや隣に行ってしまいがちです。 緊張して近づけない人も中にはいますが、やっぱり好きな人とは仲良くなりたいのでさり気なく距離を縮めようとする人が多くなっています。 また、好きな人に吸い寄せられていくように無意識に近い距離に行ってしまう場合もあります。 SNSのコメントが増える インスタグラムやTwitterなど、SNSの投稿に対してコメントつくことが多くなります。 好きな人の投稿にコメントをすることは、LINEを送るよりも緊張しないため気軽にコミュニケーションをとるツールとしてよく使われています。 「最近よくコメント付くな」と思う相手がいたら、もしかしたら気があるのかもしれません。 相談する 何か相談事が多いなと思ったら、好意があるかもしれません。 女性は「好きな人に頼りたい」「弱いところも見てほしいと」「自分のことを知ってほしい」と思うため気になる相手に相談することが多くなります。 本当は大した悩みでなくても、話すキッカケを作るために相談として話すことも。 よく褒めてくる 好意というものは、相手に伝えたくなるものです。 そのため「かっこいい」「面白い」「それ上手だね」など、よく褒めてくれる女性がいたら気があるのかもしれません。 ただ、男性を褒めることで男性からよく思われたい願望が強いだけの場合もあるため気をつけましょう。 よく褒められて舞い上がっていたら違ったなんてこともある。 「ありがとう」と「ごめんね」の回数が増える 「ありがとう」や「ごめんね」など謝意を伝えることが増えます。 好きな人に対しては少しでも感謝することがあればしっかりと伝えたいし、ちょっとでも不安になることがあればすぐに謝ってしまいます。 「そんなのいちいちいいのにな」と思うことでも、「ありがとう」や「ごめんね」を伝えてくる場合は好意のある確率がとても高いです。 面倒見が良くなる つい好きな人相手だと母性が爆発して面倒見が良くなってしまうことがあります。 お世話をしてしまったり、めんどくさいことも引き受けてしまったり、好きな人じゃなきゃ許されないようなこともしばしば。 他の人がやってたら「げげっ」と思うこともそれが好きな人だと可愛く思えてしまいます。 そのため「よく面倒を見てくれるなぁ」「世話を焼いてくれるなぁ」と思ったら、相手が好意を持っている可能性がとても高いです。 男性が「好きな人」にとる態度22選 続いて、男性の好きな人への態度を紹介します。 男性は女性以上に相手のことが好きなんだろうなと分かりやすい人が多いですよね。 当てはまる人がいたら、自分に好意があるかもしれません! 目で追う 男性は好きな人をすぐ目で追ってしまいます。 これはもう本能レベルの話なので、見ようと思っていなくても気付くと目で追っています。 授業中だろうが、仕事中だろうが、大人数で遊んでようが、目線を見ればだいたい誰に興味があるのか分かりますよね。 よく視線を感じるなと思ったら好意があると思っていいでしょう。 目が合うと逸らす ただ目でどこまでも追ってしまう反面、目が合うと「バレた!」とドキッとして咄嗟に目をそらしてしまいます。 目が合ってニコッとするなんて、大技中の大技ですのでなかなか出来ません。 目の逸らし方も「やべ」ってもろ顔に出ているので、分かりやすすぎます。 質問をたくさんしてくる これは男性に限らず女性もだと思いますが、好きな人のことってよく知りたいですよね。 そのため、会話をしているときやLINEをしているときなど質問をたくさんしてくる場合は好意がある確率が高いです。 質問をすることで相手とのやり取りも終わりませんし、相手のことをもっと知ることが出来るので恋愛における常套手段となっています。 連絡や電話がよく来る 連絡や電話がよく来る場合は、好意がある可能性が高いです。 プライベートで連絡を取りたいということは、気になる相手であるということです。 男性は連絡がマメじゃない人も多く、好きな人にだけ連絡をします。 ただ個人で連絡をするのは勇気がなく、グループで連絡をよく取ってくる場合もあります。 次の予定も約束する もし、食事やデートの最後に次の予定の日程を約束した場合はかなり気のある確率が高くなっています。 その日の印象が良くなければ、次にもう一度2人で出かけようとは思わないですよね。 最初は「まず相手をもっと知ってみよう」と誘ってみて、「いい感じなら次も」と思っている人が多くなっています。 「また行こう」と言うだけで終わらず、その場で次の約束をした場合は好印象だったということでしょう。 帰りに送ってくれる 女性と食事などデートをした帰り、遅い時間になってしまったときに最寄り駅や家の近くまで送ってくれる場合は、大切にしている証拠です。 ちょっと可愛いと思ってる、下心があるだけではそこまでのことはできません。 特にホテルに誘ったり家に上がろうとはせずにお見送りをしてくれた場合は、本当に好きだからこその行動です。 お昼など早い時間からデートに誘う 相手のことを本気で好きな場合は、食事や飲みだけでなく、お昼など早い時間からデートに誘うことが多いです。 1日中一緒にいられること、そして下心だけでなく本気でデートしたいとおもっていることを伝えられるからです。 ランチや休みの日に1日遊ぶような内容で誘われたら、本気のサインかもしれません。 誕生日や好きなものを覚えている 男性はあまり誕生日など意識していない人も多いです。 特に異性の相手の誕生日や好きなものを覚えているということは、その人に興味がある証拠です。 誕生日にメッセージが来たりプレゼントをくれた場合は好意があるからです。 仕事など手伝ってくれる 仕事など本来自分はやらなくていいようなことでも、好きな人のことはつい手伝ってしまいます。 かっこつけたい気持ちもありますし、相手のためにしてあげたいという純粋な気持ちもあります。 どちらにせよ、好意があるが故の心理ですよね。 職場の男性が仕事を手伝ってくれたときは、好意があると思ってもいいでしょう。

次の

男性が本当に好きな女性にとる態度とは?

男性が好きな人にとる態度

自分のテリトリー内に置きたがる 男性というのは、本気の恋愛をした時には自分のテリトリーに置きたがるという行動パターンが見られ、これにはしっかりと理由が存在します。 「自分が本気で惚れ込んだ女性だけに、ライバルがたくさんいるに違いない!」 本気で惚れた女性に対しては、そういった過大評価ともいえる想像を膨らませてしまうので、男性は自分のテリトリー内に常に置いておきたいという心理が働く訳です。 つまり、積極的にデートに誘ったり、休日は少しでも多くの時間を共に過ごしたいという風に男性は思うのです。 支配欲が強くなる これは本気の恋愛だからこそ、支配欲が強くなり、自分のテリトリーに置きたがる、とも言い換えることができますが、支配欲が強くなるということは以下のような態度をとるようになります。 嫉妬する 2. 他の男の気配を探る 3. 自分以外の男に気をつけろと警告する 4. 少しでも自由な時間を奪おうと、電話やlineが多くなる 上記のような態度に見覚えがある場合は、本気の可能性がグッと高まります。 忙しいは絶対に言わない 本気で惚れているのですから、どんなに忙しい日々を送っていても、男性は必ずデートの時間を空けてくれるはずです。 逆に、デートに誘ったにもかかわらず、忙しいとか、セックス後に忙しいから帰るといった態度をとっている場合は、本気の恋愛ではない可能性を疑わなければなりません。 本気で怒ることはない 男性は本気で恋をした相手に対して、本気で怒るといった態度をとることはまずありません。 どれだけ酷いことをされても、怒るよりも悲しみが優先され、傷ついたり涙を流すという態度をとるからです。 嫉妬などで軽い怒りは比較的見られやすいですが、本気で怒鳴ったり言葉使いが荒くなったりすることは、脈ありの可能性が0に近いということを覚えておきましょう。 曖昧な関係は続けない 女性はよく、本気で好きになった男性が体目当てかもしれない…という悩みを抱きますが、本気で惚れた女性に対して男性は曖昧な関係を続けようとはしません。 そうではなく、独占欲が強くなるので、しっかりと自分のものにしようと告白をするはずです。 もしも男性が、体は求めるのに一向に告白をしてくれないという関係に陥っているのであれば、体目当ての可能性を疑わなければいけません。 大げさな心配をする 例えば少しのかすり傷でも、本気の恋愛をしている男性は大げさに心配をします。 傍から見れば全然大丈夫じゃん…と思うような出来事でも、傷薬を買ってくれたり、気遣いをしてくれたりします。 本気の恋愛というのは、こんなにも人の人格を変えてしまい、そして相手に対して最高の優しさを与えようとするのです。 もしも、全く心配してくれなかったり、優しさが伝わりにくい態度をとるときには、脈なしかツンデレ男の可能性を疑うのがいいでしょう。 理由はなしでとにかく会いたがる 当たり前ですが、本気の恋愛をしている時というのは、誰だって理由は関係なしで会いたいと思うものです。 ですから、少しの時間でもいいから一緒にいたいと思ったり、デートの内容はまだ決めていなくても、とにかく会おうという約束を取り付けたがります。 本気の恋をしている人にとっては、会う理由などいらないのです。 ポジティブになる 本気の恋愛をしている時というのは、メッセージのやりとりの一件一件が楽しく思えたり、返事が返ってくるまでの時間が待ち遠しく思っていたりします。 ですから妙にポジティブ思考になったり、テンションが高くなったりするのも、本気の恋をしている人に見られる特徴です。 FBやTwitterなどを確認してみて、連絡を取っている時間帯に幸せであったり、テンションが上がっている書き込みが多く見られれば、本気の可能性を疑ってみてもいいでしょう。 デートに気は抜かない デートでは小さな気遣いなどもそうですが、特に外見上は自分なりに一番自信のある格好で来る可能性が高いので、前日に髪の毛を切っていたり、毎回髪の毛をセットしている、などの傾向が非常に高く見られます。 さらに、言葉使いも1つ1つを丁寧に心がけて発言するので、非常に丁寧な言葉使いが多くなります。 中には勘違いをして、チャラいような言葉を使う男性もいますが、そういった男性は勘違い男である可能性が高いので、女性が引くような態度を平気でとったりもします。 プレゼントをする 男性が本気で恋愛をしている時というのは、特別な日ではなくてもプレゼントをくれたり、または誕生日などの特別な日を覚えてくれています。 ですから、試しに自分の誕生日を事前に伝えている人は、誕生日を覚えているのか聞いてみたり、「サプライズで安い物でもいいからプレゼントしてくれる男性は素敵」、などという発言をSNSでしておいて、プレゼントをしてくれるのか試してみるのもいいでしょう。 本気だからこそ、慎重になります いかがだったでしょうか。 基本的に自分に絶対的な自信を持っている男性以外は、本気の恋愛をすると慎重な行動・言動が目立ちます。 ですからキスを待っているような雰囲気を醸し出しても、ためらってキスをしてくれなかったり、手を繋ぐといった行動に出ない場合も多いです。 積極的になってくれないから脈なしと考えるのではなく、本気の恋愛だからこそより慎重になっていると考える方がいいのではないでしょうか。 また、「 」もセットで読んでみましょう。 男に好かれる女を演じてみることにより、より自分を魅力的に見てもらえることに一歩近づけるということは、言うまでもありません。

次の