日本 郵便 クリック ポスト と は。 クリックポストの追跡方法|反映にかかる時間や確認すべき番号も解説!

クリックポストのラベルの紙はどうする?貼り方や節約方法もご紹介!

日本 郵便 クリック ポスト と は

クリックポストのラベルの紙は、どうする? クリックポストの ラベルの 紙って、何? 確かに、 日本郵便のクリックポストについての 説明が少々、わかりづらい! というか、 日本郵便の説明では、 「ラベルの手書きが不要!」とか、 「ラベルを印字します!」とか、 書いてますが、 この「ラベル」って何? 専用のラベル用紙があるの? 文房具屋で「ラベルシート」を買うの? なんていう具合に、 色々と、考え込んでしまいますよね? 少なくとも、私は、考えちゃいました。 でも、 ご安心ください! というか、 少なくとも、 日本郵便に専用のラベル用紙が あるわけではなく、 基本的には、何でも良いのです! とは言え、 日本郵便の「クリックポスト」サイトに ログインして、 宛名などの必要事項を記入し、 ラベルを印刷するということは、 パソコンで作業するという流れですので、 自宅などのプリンターで使う紙、 つまり、 コピー用紙は必要となります。 というか、 言い方を変えれば、 クリックポストのラベルの紙は、 普通のコピー用紙でOK!ということです。 クリックポストのラベルの貼り方は? ついでに、 クリックポストの ラベルの 貼り方 については、 こちらも、 難しく考える必要はなく、 所定の大きさの封筒や箱の表面に しっかりと、 糊(のり)で貼り付ければ、 大丈夫です。 もちろん、 セロテープで貼り付けてもOKですが、 その時は、 バーコードの上に貼らないように 気を付けるようにしましょう。 長辺34cm以下、 短辺25cm以下、 厚さ3cm以下、 重さは、1kgまでの荷物を 日本全国一律164円で送付でき、 インターネットで決済でき、 ラベルの手書きが不要で、 郵便ポストから送れて、 送付先の郵便受けに配達され、 しかも、追跡サービスもある! と、 至れり尽くせりのサービスです。 ヤフオクなどで 頻繁に荷物を送ってる人にとっては、 非常に、うれしいサービスですよね。 でも、 もったいない部分があるのも、事実! ラベルの紙は、 コピー用紙でも、 市販されてるラベルシートでも、 何でも、良いわけですが、 A4用紙を印刷しても、 実際に、封筒や箱に貼り付けるのは、 A4用紙の4分の1の大きさ。 つまり、 A4用紙で印刷しても、 4分の3は無駄になってしまうというわけです。 これが、 もったいない! と思うかどうかは、ご自身しだいですが、 コピー用紙ではなく、 ラベルシートを使うなら、 コピー用紙よりも割高でしょうから、 もったいないと思うかもですよね。 ということで、 節約方法は、 A4の用紙を半分に切って、 A5サイズの紙にして、 印刷する時のプリンターの設定を 用紙サイズ:A5 用紙の向き:横 という感じにすれば、 無駄さ加減が改善されます。 4分の3のムダから 4分の1のムダに改善! じゃなく、4分の2の改善、 つまり、A4用紙の半分が無駄に改善! ということになるわけです。 まあ、こんなこと、面倒! だと思うようなら、 A4用紙に印刷して、 ラベル部分だけを切り取って ご使用ください。 ちょっとした節約方法をご紹介しました。 クリックポストのラベルのまとめ クリックポストは、 ヤマト運輸のクロネコメール便なき後は 非常に、便利で割安なサービス! だと言えるかと思います。 頻繁に何かを送る人も、 たまに、何かを送る人も、 郵便局に行く必要なく、 準備ができて、 決済もできて、 そして、郵便ポストに投函! するだけで、OKなサービスですから、 ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか?.

次の

【クリックポストの配達日数の一覧】土日や北海道、沖縄へ届くまで

日本 郵便 クリック ポスト と は

クリックポストを利用するに当たっての事前手続きはありますか? 次の手続きが必要となります。 1 Yahoo! ウォレットを利用する場合• Yahoo! JAPAN IDの取得 クリックポストWebサイトには、Yahoo! JAPAN IDでログインしていただきます。 Yahoo! ウォレット(クレジットカード払に限ります。 )の利用登録 クリックポストの運賃は、Yahoo! ウォレットによりお支払いいただきます。 Amazonアカウントの取得 クリックポストWebサイトには、Amazonアカウントでログインしていただきます。 Amazon Pay(クレジットカード払に限ります。 )の利用登録 クリックポストの運賃は、Amazon Payによりお支払いいただきます。 送れないものはありますか? 現金、信書、貴金属等の貴重品および爆発物・毒劇物等の危険物等を入れて送付することはできません。 同じお届け先に2個送りたいのですが、1回の申込みで複数枚ラベルを印字することはできますか? 異なるお問い合わせ番号の2枚のラベルが必要になりますので、2件分の申込みを行ってください。 なお、ラベルを複製して差し出すことはできませんのでご注意ください。 ラベルの有効期間を教えてください。 有効期間は、「Yahoo! ウォレット」または「Amazon Pay」で支払手続きが完了した日の翌日から起算して7日間です。 支払方法はどのようなものがありますか? Yahoo! ウォレット(クレジットカード払に限ります。 )またはAmazon Pay(クレジットカード払に限ります。 )によりお支払いください。 運賃が確定するタイミングはいつですか。 「支払手続き」時となります。 運賃の決済処理(課金処理)のタイミングについて教えてください。 運賃の決済処理(課金処理)は、郵便局で引受処理をした時点で行います。 ラベルを印字する前に行う支払手続きの時点では、与信枠の予約(オーソリ)をしているのみで決済処理(課金処理)は行われません。 どのように配達されるのですか? お届け先の郵便受箱へ配達します。 郵便受箱に入らない場合は、不在配達通知書を差し入れた上で、配達を行う郵便局へ持ち戻ります。 配達日数はどの程度ですか? 概ね差出日の翌日から翌々日にお届けします。 お届け先が遠方の場合、離島等の一部地域の場合等は更に数日要する場合があります。 また、差出時刻によっても異なる場合があります。 Yahoo! オークションで取り引きした商品の発送にしか利用できないのですか? Yahoo! オークションでお取り引きされた荷物以外のものでもご利用いただけます。

次の

【クリックポストの配達日数の一覧】土日や北海道、沖縄へ届くまで

日本 郵便 クリック ポスト と は

日本郵便とyahooが共同で提供しているサービスです。 薄くて軽い郵便物を全国一律の料金で送ることができる配送サービスで、現金や信書、貴金属、郵便法で禁止されている以外のものでサイズ内に収まるものは送ることが可能なのです。 郵便窓口でもポスト投函も可能です。 とにかく早く到着して欲しいという人は、ポストより窓口にだすのが一番早いでしょう。 窓口の場合はその場で受付になるのでポスト投函より受付が早いのです。 郵便局の窓口で送れることのほかに、ポスト投函が出来るのです。 その為、郵便局の窓口時間に間に合わなくてもポストなら24時間送ることが出来ます。 もちろんコンビニの中にあるポスト投函も可能です。 郵便局のポストに出す方が速く届くので急ぎなら注意が必要です。 わざわざ郵便窓口へ行かなくても全国どこにでもある郵便ポストに投函できるのです。 また、送付先では郵便受けに配達され手渡しではないので、もし留守の場合でも問題はないのです。 最近はメルカリを利用している人も多くなりました。 メルカリでの発送方法でクリックポストを利用する人も多いようです。 また、メルカリでは独自のメルカリ便という匿名で発送出来る方法があります。 そのメルカリ便とクリックポストとの比較を書いている記事もありますので、是非参考にしてみてくださいね。 クリックポストの料金は、日本全国一律で185円です。 以前までは164円でしたが料金改定があり、2018年9月1日より一律185円になっています。 yahooウォレットで決済払いなので着払いなどは利用することは出来ないです。 1㎏以内ならOKですがその中でも軽い物を送る場合は、クリックポストより定形外郵便の方がお得なこともあるので、必ず重さを量って定形外とどちらが安いか確認した方が良いのです。 50gまでだと120円、100gまでだと140円で定形外郵便は送れるので重さを量るのは必須ですね。 クリックポストの配達日数 クリックポストの配達日数は、基本的には普通郵便と同じと考えて良いです。 ただし、クリックポストは陸路での配送になるので、距離が遠い場所や海を挟む場合などは普通郵便より日数がかかると思って良いでしょう。 また、年末年始などの繁忙期も配達も重なる上に道路状況によっても遅れが出ることもあるのです。 土日を挟んでも到着は少しずれてしまいます。 例えば、北海道から東北地方だと1~2日、北海道~関東地方だと2~3日、北海道~関西地方だと3~5日、北海道~九州地方は5~7日、北海道~沖縄地方だと最低でも7日はかかるのです。 天候や道路事情によりこれ以上の日数がかかる事も多いので時間は少々かかる配送です。 日本郵便には色々な配送サービスがありますが、細かい違いとかってあまり知らないという人も多いですよね。 ゆうパケットとクリックポストの違いや、配達日数や規定サイズなどを比較している記事がありますので、是非、合わせて参考にしてみて下さいね。 クリックポストを利用するにはyahooIDとyahooウォレットが必要です。 無い人はまずこの登録から始めます。 yahooのホームページから出来るのでまず登録しましょう。 次に日本郵便のクリックポストのサイトを開きます。 この内容が印字されるので入力内容を確認することが必要です。 送付先の住所など必要情報の入力を行います。 入力内容の確認も終了したあとに、yahooウォレット決済画面になりますので手続きを済ませます。 クリックポストの場合は郵便局で支払ったり、切手を貼ったりすることはありません。 ちなみにyahooウォレットはクレジットカード決済になります。 クレジットカード情報を登録するのが必要ですが、人によってはどうしてもクレジットカード情報を入れるのは心配という人もいるでしょう。 なので、デビットカードでも登録することが出来るので心配な方はこちらで登録しましょう。 yahooウォレット決済を済ませると、ラベル印字画面になるので印字します。 ラベルは自宅で印字しますが、プリンターが無い人はPDFで保存してコンビニでの印刷も可能です。 カラー印刷でもモノクロ印刷どちらでも使用可能です。 支払い手続きが完了してから1週間の使用期間があるのですぐに発送しなくても少し余裕があるのです。 A4用紙に4件分まで印字することが出来るのです。 申し込みの時にまとめて申し込みをすると、ラベル印字もまとめて印字することが可能です。 ラベルの印字が出来たら綺麗に切って荷物に貼ります。 貼り方に指定や決まりはありませんので、剥がれないように貼ります。 セロテープでも糊でも可能です。 ただし、ここで注意することは糊付けの時にバーコードにはつけすぎない様にします。 郵便局ではこのバーコード部分を読み取って受付しますので、ここがよれてしまっていると読み込めないので、「専用ラベルに記載されている二次元コードが読み込めません」の理由で戻ってきてしまいますので注意が必要です。 ラベルを貼ったらあとは出すだけです。 郵便窓口かポストに投函します。 コンビニポストより郵便ポストの方が早く受付されますので、急ぎの場合は郵便ポスト又は郵便窓口に出すのがおススメです。 ポストより窓口の方が直接受付になるのでより早いです。 厚さが3cmギリギリの場合は赤い郵便ポストがおススメです。 窓口だと専用の定規で測るので通らないとアウトです。 コンビニ内のポストの場合は入ってもサイズオーバーで戻ってくる可能性が高いです。 赤いポストの幅も3cmですが中身が衣類など柔らかいものだと押し込むと入ります。 赤いポストは通ると配送されるのです。 クリックポストのマイページ画面に入ります。 申し込み一覧が表示されます。 その左から2つ目にお問い合わせ番号が表示されています。 その番号をクリックすると、配達状況詳細、履歴情報が表示されます。 左から状態発生(引受=郵便局での受付時間、到着=送付先最寄の郵便局到着時間、お届け先にお届け済み=送付先ポスト投函時間)を見て、荷物がどこまで行っているのか確認することが出来ます。 投函前だと持ち出し中という文言になります。 ホームページトップ画面内の、追跡サービスをクリックし下にスクロールする。 個別番号検索ボタンがあるのでクリックする。 個別番号検索ページで問い合わせ番号を入力し、追跡スタートをクリックすると現在の状況がわかります。 クリックポストの追跡方法をご紹介しましたが、そもそも追跡番号がわからないという人もいますよね。 クリックポストの追跡番号についてと、追跡方法と反映のタイミングを書いている記事もありますので、是非合わせて参考にして下さいね。 住所間違いは自分が入力情報を間違ってしまったパターンと、住所は間違っていないけれど郵便局側の配送が間違ってしまったパターンがあります。 御配送の場合、対策という対策はありません。 しかし、配達員が普通郵便よりクリックポストの方が覚えている事が多いようです。 その為、発見率は高いようです。 また、一度誤配送があると配達員の人は同じ住所宛てのものはより注意深くなるようです。 ですが、間違わずに配達がされることを願いますね。 長さ、幅、厚さがそれぞれ何センチまでと決まっています。 それを少しでもオーバーしてしまうと差出人に戻されるのです。 投函してその日に戻ってくることはほとんどありません。 集荷され郵便局でサイズを測りオーバーしていたらそこから戻されます。 その為、だいたい翌日に戻ってくることが多いでしょう。 戻ってくるともう一度梱包のし直しや、クリックポストを諦めて普通郵便にするかゆうパックにするかと配送の選択肢を考え直さなければけません。 クリックポストで送付する場合はしっかりとサイズをチェックしてから投函しましょう。 クリックポストは送付物によっては普通郵便よりお得 クリックポストについて、サイズや料金、使い方、配達日数等をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?yahooウォレットを登録済みの人だと、送るものによっては普通郵便よりクリックポストの方がお得だってことも知っていただけたと思います。 これを機に是非活用してみてくださいね。 クリックポストと似ているのがゆうメールです。 ゆうメールはクリックポストと違って窓口から送ると着払いの選択も出来るのです。 着払いで軽い物を送りたい時にはゆうメールがおススメです。 ゆうメールの送り方や配送日数などを解説している記事もありますので、是非参考にして下さいね。

次の