お墓探し。 故人のお墓探しは探偵に!|恩人、親友、昔の恋人、離婚した妻・夫などのお墓を探している人のための情報

佐世保市(長崎県)の霊園・墓地の一覧

お墓探し

近年話題になっている終活は、自分がどのような最期を迎えるようにするか、または自分の死後についてどのような準備をしていくかにまつわる一連の活動を指します。 そして、終活の中でも不可欠な話題の1つとして取り上げられるのが、 お墓についてどうするかということです。 中には、自分の死後に残される遺族の負担をなるべく軽くしておくために、生前のなるべく早い段階でお墓を購入しておこうという人も増えてきています。 しかし、お墓は自動車やマイホームと同様に人生で経験する買い物の中では安くない品物の部類に入ります。 そのため、お墓の購入に際してはそこにある気を付けるべき注意点についてもよく熟知しておく必要があります。 そこで今回は、 お墓の購入にまつわる注意点についていろいろと見ていきます。 この記事の中心的なポイントとして、• お墓の購入までのプロセスの中に見られる注意点とはどのようなものか?• お墓を購入するタイミングにおける注意点とはどのようなものか?• お墓の値段にまつわる注意点とは?• お墓を建てる霊園や寺院の規則とは?• お墓の立地点についてはどのような点に注意するべきか? の5点を取り上げていきます。 最後までお読みいただけると幸いです。 実際に、全国の霊園を比較してみたいという方は 「終活ねっと」のお墓探しをご利用ください。 全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。 費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。 一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。 お墓を購入するとはいっても、そのためにはいろいろと決めておくべきことがあります。 ここでは、お墓を購入する前に考えておくべきポイントや、お墓の購入の際のポイントなど、 お墓の購入までのプロセスにおける注意点について見ていきましょう。 埋葬の形態を決める お墓の購入に先立って決めておくべき点としてまず挙げられるのが、自分が死後に どのような形態で埋葬されたいのか、という点です。 近年ではお墓や埋葬に関する価値観が多様化してきています。 その流れに合わせて、 埋葬の形態も伝統的なお墓への埋葬や芝生の墓地への埋葬、また納骨堂といった選択肢を選べるようになってきています。 どの選択肢もそれに必要な手続きや管理の方法、費用などが大きく異なってくるため、どのお墓の埋葬の形態を選んでも手続きや管理の方法、費用についてはきちんと決めておくことが大切です。 お墓の場所を決める お墓の場所を決めておくことも重要です。 お墓の場所についても近年では、伝統的な寺院墓地だけでなく、役所が運営する公営墓地や石材店などが運営する民営墓地、さらに永代供養できる施設などの選択肢が選べるようになってきました。 こちらに関しても、お墓を建てる際の土地代といった初期投資の金額や、建てた後に支払う管理に伴う方法や費用が異なってくるので、この点もはっきりさせておくことは重要です。 石材店を決める お墓を実際に建てるのは 石材店であるため、実際にお墓の購入の際には石材店とどのように話を進めていくかが不可欠となります。 よい石材店を選ぶポイントとしては、相談に気軽に乗ってもらえるかや、見積もりが適正なものであるか、お墓を建てるプロセスや墓石の品質、それにかかる費用などについてきちんと説明されているかなどが挙げられます。 もちろん、1つの石材店だけでなく複数の石材店を見て回り、その中からいくつか候補を絞って、最終的に 複数の石材店からどの石材店に依頼するかを決めていくことが重要です。 墓石の形を決める お墓を建てる上では 墓石の形を決めておくことも重要なことです。 というのは、墓石の形によっては、建てられる場所やそこに入れる文字、費用に関して制約を受ける場合も少なくないためです。 墓石の形に関してはそれらの注意点をきちんと理解しつつ決めていくことが大切です。 費用を調べて決める お墓を建てるうえではやはりお金、つまり費用は不可欠な条件ですので、 費用を調べて決める必要があります。 お墓にまつわる費用は、墓地や霊園で使う土地代や墓石の石材費や加工費、工事費用、そしてお墓が建った後の管理費が挙げられますが、いずれも安いものではないことに加え、立地条件や墓石の形、使われる石材などによって大きく変わってきます。 また、管理費などについてもお墓を建ててそこに埋葬された本人よりも、遺族の方が大きく関係してくるため、長期的で視点を持ってお墓を建てるための費用についてはよく調べて決めるようにしましょう。 お墓を購入するタイミングにおける注意点 お墓を購入するタイミングには、大きく分けて 生前購入と死後購入とがあります。 お墓を購入するタイミングにはどのような注意点があるのかをここでは見ていきましょう。 生前購入の場合 生前購入は、自分の死後のことも考えて、あらかじめお墓を購入しておくことです。 自分が亡くなった後になるべく負担をかけたくないという人や、老後にお墓のことで悩みたくないという人が多くなってきていることから、近年では生前にお墓を購入するという人が増えてきています。 メリットとしては、時間をかけてじっくりとお墓対策ができること、お墓のデザインなどを自由に決めることができること、節税対策になることなどが挙げられます。 メリットが多い生前購入ですが、注意点もあります。 まず、 全国すべての霊園や墓地が生前墓を受け入れているわけではないという点です。 特に公営墓地は、ご遺骨がなければ受け入れてもらえないというケースが少なくありません。 このため、生前墓を建てる際には、その墓地や霊園が受け入れているかどうかについて確認が必要となります。 そして、費用面でも負担を強いられるという点です。 たとえ生前であっても、お墓を持っているということで管理費やそのほかのメンテナンスのための費用が発生してきます。 そのため、生前購入をする際は以上のことも考慮に入れることが大切です。 死後購入の場合 死後購入は文字通り、家族や親族の誰かが亡くなった時点でお墓を建てることを指します。 生前購入の場合に比べて、墓地・霊園で受け入れてもらえる場所が多いことや(特に公営墓地)、状況によっては生前購入に比べて費用を安く抑えられる場合もあることがメリットとして挙げられます。 逆に注意点としては、まず 故人のご遺族の方の負担が増すという点です。 ただでさえ、故人が亡くなった精神的な負担も大きいのに、故人をなるべく早くお墓に納骨するためにお墓探しを始めても、早くて半年ほどの時間が必要です。 それに加えて、お墓の購入という経済的な負担もあります。 そして、お墓を購入するための費用が相続税の対象とされ、 余計な負担がかかるという点も注意点として挙げられます。 お墓の値段に関する注意点 お墓を購入するうえで最も気になる点として挙げられるのは、その費用ではないでしょうか。 ここではお墓の値段についてどのように決まってくるか、また お墓の値段に関する注意点について見ていきます。 墓石の値段 墓石にまつわる値段は大きく分けて、墓石を作るための石材費や、石材の加工費用、そして墓石を建てるための工事費用があります。 このうち、大きな要素を占めてくるのが石材費とその加工費用です。 お墓の石材費は文字通りお墓の材料となる石材にかかってくる費用のことです。 お墓の石材といってもその種類は国産と外国産を含めると100種類以上あり、基本的には外国産の方が安いといわれています。 しかし、外国産の石材でも国産のもの以上に高い場合があるため、外国産をおすすめできるかといえば一概にそうともいえません。 このため、どの石材を使うかは石材店とよく相談しておいた方がよいでしょう。 次に、 お墓の加工費についてですが、墓石のデザインが簡素であるか複雑であるかによって値段も大きく変わってきます。 もちろんのこと、複雑な方が値段が高くなる傾向にあります。 さらに使われる石材の量も多くなるほど、比例して値段が高くなります。 お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。 国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。 土地の値段 お墓は土地がなければ建てることができません。 そこで、土地を建てるには霊園や墓地から敷地の使用権を買う必要が出てきます。 土地にかかる値段であるため、その墓地や霊園の立地する地域の地価が大きく反映されてきます。 このため、都市部であるほど高く、一方で地方へ行くほど安くなる傾向にあります。 また、お墓を建てる敷地の広さや、敷地のある墓地や霊園の種類によっても費用は大きく変わってくるため、こちらも検討すべき課題といえます。 敷地の広さに関しては、お墓を建てるのに必要な石材の量や工事費用とも関係してくるため重要です。 なお、墓地や霊園の敷地でも人気のあるものは早めに売約が成立してしまうため、人気がある墓地や霊園を利用したいのであれば 早い段階で動くことが大切です。 管理費 めでたくお墓が建った後も 管理費が発生してきます。 管理費に関しては、墓地や霊園の種類によって大きく異なってきます。 公営墓地の方が比較的安く設定(4000円から1万円)されており、民営墓地でも高いところは1万5000円ほどになる場合もあります。 また、寺院墓地でも管理している寺院が由緒正しいところは高くなる場合もあります。 このように管理費に関しては墓地の種類から検討していくことが重要です。 お墓や墓石の費用相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。 お墓を建てる場所の立地条件は、家族が供養していくことやお墓そのものが災害に巻き込まれないようにすることなどを考えても大切な問題といえます。 ここでは お墓の立地条件についてどのような点に注意すればよいのかを見ていきましょう。 家族が訪れやすい場所にすることが大切 お墓の建つ場所はやはり ご家族の方が訪れやすい場所にすることが大切です。 ご家族の方が訪れやすい場所にある場合は、「駅や高速のインターチェンジから来やすい」「駐車場も近くてお参りしやすい」「周りが静か」といったアクセスや周辺環境の良いところに立地していることが重要な条件となります。 逆に、家族が来にくい場所としては、「坂道が多い」「お墓が山の上にある」「周りが騒がしい」といったような負担を強いられかねないところが挙げられます。 お墓の立地に関しては家族にとっての アクセスの良さをよく考えておくことが不可欠です。 災害などの心配はないか 地震や台風など自然災害の多い日本では、いつ大規模な災害に襲われるかがわかりません。 石材でできている以上、お墓も災害の影響で壊れたり破損したりする場合もあります。 このため故人の眠る場所であるお墓を守るためにも、 災害への安全対策がしっかりされていること、墓地や霊園の立地の地盤が安定していること、大雨が降っても水はけがよいかなどが検討すべき課題です。 お墓の購入時の注意点まとめ• お墓の購入までのプロセスにおける注意点としては、埋葬の形態やお墓を建てる場所、実際にお墓を建てる石材店、墓石の形、そしてお墓を建てたり管理するための費用についてをよく決めておくことにある。 お墓を購入するタイミングに関する注意点としては、生前購入であればすべての墓地・霊園で受け入れられるわけではないことと、生前墓でも管理費用が発生するという点が挙げられる。 死後購入であれば、遺族にかかる負担が大きいことと、お墓を購入するための費用が相続税の対象になるという点が挙げられる。 お墓の値段にまつわる注意点としては、墓石については石材や、そこに施されるデザインの内容、さらに使われる石材の量に注意が必要である。 お墓を建てる土地については、墓地・霊園の種類や立地する地域の地価に注目する必要がある点が挙げられる。 そして、お墓が建った後の管理費については、墓地や霊園の種類が主な注意すべき点となる。 お墓を建てる霊園や寺院の定めた規則としては、宗教や宗旨との関係や、永代使用権に関する条項が主な注意項目である。 さらに、墓地や霊園独自に定めている規則やルールも確認しておくことが大切である。 お墓の立地条件としては家族が訪れやすい場所を選ぶことが大切で、そのためアクセスの良さや周辺環境の良さは欠かせない。 また、災害については地盤や水はけの良さや安全対策がされているかが欠かせない。 お墓を購入するとなると、いろいろと検討したり、お金をそろえたりと準備すべきことが多くなります。 一生の買い物の1つに挙げられているお墓を購入するからこそ、お墓を建てる本人や家族にとっても悔いのない結果になるように、お墓を購入する際の注意点はしっかりと押さえておくことが大切です。 今回「終活ねっと」では、「お墓の購入に関する注意点」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ... カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

故人のお墓探しは探偵に!|恩人、親友、昔の恋人、離婚した妻・夫などのお墓を探している人のための情報

お墓探し

問い合わせの時には、 いつ頃亡くなり埋葬されたのかがわかると非常に話が早いです。 というのも、 亡くなってから5年が経過しているかどうかでチェックするポイントが変わるからです。 5年以内に亡くなった方のお墓を探す場合 少なくとも 5年以内に埋葬された方の場合には、 故人の名前(俗名)からお墓の場所を特定することができる確率が非常に高いです。 なぜなら、墓に納骨する際には必ず 埋葬許可証が必要となり、この埋葬許可証は最低5年間の保存が義務付けられているからです。 亡くなられてから5年以上が経過した方のお墓を探す場合 亡くなられてから 5年以上経過した場合には、埋葬許可証が処分されている可能性が高く、故人の名前ではお墓の場所がわからないかもしれません。 その場合は、故人の名前ではなく 墓地を購入した人・現在管理している人の名前を確認したほうが早いです。 大抵は、長男もしくは本家の跡継ぎ名義としていることが多いため、管理事務所で確認してみましょう。 お墓を探し出す見込みがある場合、 実際に探し出すために必要な料金や期間は置かれた状況によって随分と変わりますので、まずはお目当ての探偵事務所に電話またはメールで問い合わせをしてみて、概算料金や調査方法・期間の見込みを確認するのがおすすめです。 ちなみに探偵事務所にもそれぞれ得意・不得意の分野がありますので、お墓探しを探偵に依頼するときは、 お墓探しの実績がある事務所に依頼するのが望ましいです。 費用もかかりませんし、大々的に調査を行ってくれるので、お探しのお墓が見つかる可能性は非常に高いです。 その代わり、 あなたや故人のプロフィールや個人情報などを公開する必要がありますので、事情が複雑だったり人に言えない場合には、この方法は取れないということになります。 お墓探しの成功のポイントは、事前の情報収集にあり。 いずれの場合も、 事前の情報収集が細かくできていればいるほど、お墓を探し出せる確率は上がります。 事前に分かっていると良い情報は以下の通りですが、探偵事務所などのプロに依頼する場合はわからなくても探せることが多いです。 除籍謄本:役所で確認できる除籍謄本には、数代前のご先祖様まで記載されています。 もうすでに管理者が亡くなっているお墓の場合、ご先祖様の名前からお墓のありかを推定することがある程度可能です。 また、親戚や先祖のお墓を探している場合には、故人とあなたとの関係を証明するためにも除籍謄本やあなたの戸籍謄本などがあったほうが良いでしょう。 役所では、埋葬場所の管理までは行っていない 「埋葬に許可まで出しているくらいだから、役所に行ったらどこに埋葬されたかわかるんじゃないの?」という意見もありますが、残念ながらそれはありません。 役所に行っても、お墓の場所はわからないのです。

次の

ソナエ 産経新聞社が運営する安心のお墓・墓地・霊園探しサイト

お墓探し

近年話題になっている終活は、自分がどのような最期を迎えるようにするか、または自分の死後についてどのような準備をしていくかにまつわる一連の活動を指します。 そして、終活の中でも不可欠な話題の1つとして取り上げられるのが、 お墓についてどうするかということです。 中には、自分の死後に残される遺族の負担をなるべく軽くしておくために、生前のなるべく早い段階でお墓を購入しておこうという人も増えてきています。 しかし、お墓は自動車やマイホームと同様に人生で経験する買い物の中では安くない品物の部類に入ります。 そのため、お墓の購入に際してはそこにある気を付けるべき注意点についてもよく熟知しておく必要があります。 そこで今回は、 お墓の購入にまつわる注意点についていろいろと見ていきます。 この記事の中心的なポイントとして、• お墓の購入までのプロセスの中に見られる注意点とはどのようなものか?• お墓を購入するタイミングにおける注意点とはどのようなものか?• お墓の値段にまつわる注意点とは?• お墓を建てる霊園や寺院の規則とは?• お墓の立地点についてはどのような点に注意するべきか? の5点を取り上げていきます。 最後までお読みいただけると幸いです。 実際に、全国の霊園を比較してみたいという方は 「終活ねっと」のお墓探しをご利用ください。 全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。 費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。 一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。 お墓を購入するとはいっても、そのためにはいろいろと決めておくべきことがあります。 ここでは、お墓を購入する前に考えておくべきポイントや、お墓の購入の際のポイントなど、 お墓の購入までのプロセスにおける注意点について見ていきましょう。 埋葬の形態を決める お墓の購入に先立って決めておくべき点としてまず挙げられるのが、自分が死後に どのような形態で埋葬されたいのか、という点です。 近年ではお墓や埋葬に関する価値観が多様化してきています。 その流れに合わせて、 埋葬の形態も伝統的なお墓への埋葬や芝生の墓地への埋葬、また納骨堂といった選択肢を選べるようになってきています。 どの選択肢もそれに必要な手続きや管理の方法、費用などが大きく異なってくるため、どのお墓の埋葬の形態を選んでも手続きや管理の方法、費用についてはきちんと決めておくことが大切です。 お墓の場所を決める お墓の場所を決めておくことも重要です。 お墓の場所についても近年では、伝統的な寺院墓地だけでなく、役所が運営する公営墓地や石材店などが運営する民営墓地、さらに永代供養できる施設などの選択肢が選べるようになってきました。 こちらに関しても、お墓を建てる際の土地代といった初期投資の金額や、建てた後に支払う管理に伴う方法や費用が異なってくるので、この点もはっきりさせておくことは重要です。 石材店を決める お墓を実際に建てるのは 石材店であるため、実際にお墓の購入の際には石材店とどのように話を進めていくかが不可欠となります。 よい石材店を選ぶポイントとしては、相談に気軽に乗ってもらえるかや、見積もりが適正なものであるか、お墓を建てるプロセスや墓石の品質、それにかかる費用などについてきちんと説明されているかなどが挙げられます。 もちろん、1つの石材店だけでなく複数の石材店を見て回り、その中からいくつか候補を絞って、最終的に 複数の石材店からどの石材店に依頼するかを決めていくことが重要です。 墓石の形を決める お墓を建てる上では 墓石の形を決めておくことも重要なことです。 というのは、墓石の形によっては、建てられる場所やそこに入れる文字、費用に関して制約を受ける場合も少なくないためです。 墓石の形に関してはそれらの注意点をきちんと理解しつつ決めていくことが大切です。 費用を調べて決める お墓を建てるうえではやはりお金、つまり費用は不可欠な条件ですので、 費用を調べて決める必要があります。 お墓にまつわる費用は、墓地や霊園で使う土地代や墓石の石材費や加工費、工事費用、そしてお墓が建った後の管理費が挙げられますが、いずれも安いものではないことに加え、立地条件や墓石の形、使われる石材などによって大きく変わってきます。 また、管理費などについてもお墓を建ててそこに埋葬された本人よりも、遺族の方が大きく関係してくるため、長期的で視点を持ってお墓を建てるための費用についてはよく調べて決めるようにしましょう。 お墓を購入するタイミングにおける注意点 お墓を購入するタイミングには、大きく分けて 生前購入と死後購入とがあります。 お墓を購入するタイミングにはどのような注意点があるのかをここでは見ていきましょう。 生前購入の場合 生前購入は、自分の死後のことも考えて、あらかじめお墓を購入しておくことです。 自分が亡くなった後になるべく負担をかけたくないという人や、老後にお墓のことで悩みたくないという人が多くなってきていることから、近年では生前にお墓を購入するという人が増えてきています。 メリットとしては、時間をかけてじっくりとお墓対策ができること、お墓のデザインなどを自由に決めることができること、節税対策になることなどが挙げられます。 メリットが多い生前購入ですが、注意点もあります。 まず、 全国すべての霊園や墓地が生前墓を受け入れているわけではないという点です。 特に公営墓地は、ご遺骨がなければ受け入れてもらえないというケースが少なくありません。 このため、生前墓を建てる際には、その墓地や霊園が受け入れているかどうかについて確認が必要となります。 そして、費用面でも負担を強いられるという点です。 たとえ生前であっても、お墓を持っているということで管理費やそのほかのメンテナンスのための費用が発生してきます。 そのため、生前購入をする際は以上のことも考慮に入れることが大切です。 死後購入の場合 死後購入は文字通り、家族や親族の誰かが亡くなった時点でお墓を建てることを指します。 生前購入の場合に比べて、墓地・霊園で受け入れてもらえる場所が多いことや(特に公営墓地)、状況によっては生前購入に比べて費用を安く抑えられる場合もあることがメリットとして挙げられます。 逆に注意点としては、まず 故人のご遺族の方の負担が増すという点です。 ただでさえ、故人が亡くなった精神的な負担も大きいのに、故人をなるべく早くお墓に納骨するためにお墓探しを始めても、早くて半年ほどの時間が必要です。 それに加えて、お墓の購入という経済的な負担もあります。 そして、お墓を購入するための費用が相続税の対象とされ、 余計な負担がかかるという点も注意点として挙げられます。 お墓の値段に関する注意点 お墓を購入するうえで最も気になる点として挙げられるのは、その費用ではないでしょうか。 ここではお墓の値段についてどのように決まってくるか、また お墓の値段に関する注意点について見ていきます。 墓石の値段 墓石にまつわる値段は大きく分けて、墓石を作るための石材費や、石材の加工費用、そして墓石を建てるための工事費用があります。 このうち、大きな要素を占めてくるのが石材費とその加工費用です。 お墓の石材費は文字通りお墓の材料となる石材にかかってくる費用のことです。 お墓の石材といってもその種類は国産と外国産を含めると100種類以上あり、基本的には外国産の方が安いといわれています。 しかし、外国産の石材でも国産のもの以上に高い場合があるため、外国産をおすすめできるかといえば一概にそうともいえません。 このため、どの石材を使うかは石材店とよく相談しておいた方がよいでしょう。 次に、 お墓の加工費についてですが、墓石のデザインが簡素であるか複雑であるかによって値段も大きく変わってきます。 もちろんのこと、複雑な方が値段が高くなる傾向にあります。 さらに使われる石材の量も多くなるほど、比例して値段が高くなります。 お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。 国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。 土地の値段 お墓は土地がなければ建てることができません。 そこで、土地を建てるには霊園や墓地から敷地の使用権を買う必要が出てきます。 土地にかかる値段であるため、その墓地や霊園の立地する地域の地価が大きく反映されてきます。 このため、都市部であるほど高く、一方で地方へ行くほど安くなる傾向にあります。 また、お墓を建てる敷地の広さや、敷地のある墓地や霊園の種類によっても費用は大きく変わってくるため、こちらも検討すべき課題といえます。 敷地の広さに関しては、お墓を建てるのに必要な石材の量や工事費用とも関係してくるため重要です。 なお、墓地や霊園の敷地でも人気のあるものは早めに売約が成立してしまうため、人気がある墓地や霊園を利用したいのであれば 早い段階で動くことが大切です。 管理費 めでたくお墓が建った後も 管理費が発生してきます。 管理費に関しては、墓地や霊園の種類によって大きく異なってきます。 公営墓地の方が比較的安く設定(4000円から1万円)されており、民営墓地でも高いところは1万5000円ほどになる場合もあります。 また、寺院墓地でも管理している寺院が由緒正しいところは高くなる場合もあります。 このように管理費に関しては墓地の種類から検討していくことが重要です。 お墓や墓石の費用相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。 お墓を建てる場所の立地条件は、家族が供養していくことやお墓そのものが災害に巻き込まれないようにすることなどを考えても大切な問題といえます。 ここでは お墓の立地条件についてどのような点に注意すればよいのかを見ていきましょう。 家族が訪れやすい場所にすることが大切 お墓の建つ場所はやはり ご家族の方が訪れやすい場所にすることが大切です。 ご家族の方が訪れやすい場所にある場合は、「駅や高速のインターチェンジから来やすい」「駐車場も近くてお参りしやすい」「周りが静か」といったアクセスや周辺環境の良いところに立地していることが重要な条件となります。 逆に、家族が来にくい場所としては、「坂道が多い」「お墓が山の上にある」「周りが騒がしい」といったような負担を強いられかねないところが挙げられます。 お墓の立地に関しては家族にとっての アクセスの良さをよく考えておくことが不可欠です。 災害などの心配はないか 地震や台風など自然災害の多い日本では、いつ大規模な災害に襲われるかがわかりません。 石材でできている以上、お墓も災害の影響で壊れたり破損したりする場合もあります。 このため故人の眠る場所であるお墓を守るためにも、 災害への安全対策がしっかりされていること、墓地や霊園の立地の地盤が安定していること、大雨が降っても水はけがよいかなどが検討すべき課題です。 お墓の購入時の注意点まとめ• お墓の購入までのプロセスにおける注意点としては、埋葬の形態やお墓を建てる場所、実際にお墓を建てる石材店、墓石の形、そしてお墓を建てたり管理するための費用についてをよく決めておくことにある。 お墓を購入するタイミングに関する注意点としては、生前購入であればすべての墓地・霊園で受け入れられるわけではないことと、生前墓でも管理費用が発生するという点が挙げられる。 死後購入であれば、遺族にかかる負担が大きいことと、お墓を購入するための費用が相続税の対象になるという点が挙げられる。 お墓の値段にまつわる注意点としては、墓石については石材や、そこに施されるデザインの内容、さらに使われる石材の量に注意が必要である。 お墓を建てる土地については、墓地・霊園の種類や立地する地域の地価に注目する必要がある点が挙げられる。 そして、お墓が建った後の管理費については、墓地や霊園の種類が主な注意すべき点となる。 お墓を建てる霊園や寺院の定めた規則としては、宗教や宗旨との関係や、永代使用権に関する条項が主な注意項目である。 さらに、墓地や霊園独自に定めている規則やルールも確認しておくことが大切である。 お墓の立地条件としては家族が訪れやすい場所を選ぶことが大切で、そのためアクセスの良さや周辺環境の良さは欠かせない。 また、災害については地盤や水はけの良さや安全対策がされているかが欠かせない。 お墓を購入するとなると、いろいろと検討したり、お金をそろえたりと準備すべきことが多くなります。 一生の買い物の1つに挙げられているお墓を購入するからこそ、お墓を建てる本人や家族にとっても悔いのない結果になるように、お墓を購入する際の注意点はしっかりと押さえておくことが大切です。 今回「終活ねっと」では、「お墓の購入に関する注意点」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ... カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の