猪肉 レシピ。 【みんなが作ってる】 しし肉のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ジビエ料理~猪鍋の美味しい作り方

猪肉 レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

ジビエレシピ ―猪―

猪肉 レシピ

やはり血が残っていると臭みの原因になりますからね。 大きいボールに肉のブロックが浸るように水を張り、 3%くらいの濃度になるように塩を入れます。 浸透圧の差で血が染み出してくるので、色が濃くなったら1回塩水を入れ替えると良いでしょう。 ただ、僕がいつもお肉をいただく猟師さんは驚くほど仕事が丁寧な方で、血抜きが要らないくらいお肉のクオリティが高いですね。 猪肉ベーコンを作る! 必要な材料はこちら!• 猪肉ブロック• 塩 猪肉重量の4%• 砂糖 猪肉重量の2%• ブラックペッパー 適当 1 下味をつける。 まずはフォークで猪肉ブロックを メッタ刺しにします。 肉の硬い筋を少しでも柔らかくし、味を滲みやすくするための作業なので、ガンガンやりましょう。 追記:実は、こういう便利道具もあるみたいです! 正直フォークはめちゃ疲れますので、こっちがオススメ。 MEMOある程度塩抜きができたら、肉を少しスライスして、フライパンで焼いて食べてみましょう。 塩気が少し薄いと感じるくらいがベストです。 最終的な出来上がりは必ず塩気が濃くなります。 もっと早く食べたい!というあなたに。 塩漬けをせずに、 ソミュール液というものを使って味付けする方法もあります。 塩と砂糖、さらに香辛料をブレンドして作る調味液です。 ソミュール液に漬け込む方法なら、漬け込みも1日ですみますし、塩抜きの必要もありません。 詳しくはこちらの記事で。 この記事ではカツオを使ってますが、同じソミュール液を猪肉でも実践済みです。 ただ、ソミュール液よりも塩漬けの方が防腐・殺菌効果は高いです。 大量の食材で作るときには、季節によって使い分けるのが良いでしょう。 4 風乾。 これも半日くらいで良いと思います。 風通しのいいところで肉を乾かしましょう。 表面に水分が残っていると、燻製の煙と反応して酸っぱくなってしまいます。 僕は、魚の干物を作ったりするような物干しネットを使って、扇風機で乾かしています。 これなら季節も天気も関係ないですから!.

次の

【レシピ】自家製の面白さが止まらない!猪肉ベーコンの作り方。

猪肉 レシピ

やはり血が残っていると臭みの原因になりますからね。 大きいボールに肉のブロックが浸るように水を張り、 3%くらいの濃度になるように塩を入れます。 浸透圧の差で血が染み出してくるので、色が濃くなったら1回塩水を入れ替えると良いでしょう。 ただ、僕がいつもお肉をいただく猟師さんは驚くほど仕事が丁寧な方で、血抜きが要らないくらいお肉のクオリティが高いですね。 猪肉ベーコンを作る! 必要な材料はこちら!• 猪肉ブロック• 塩 猪肉重量の4%• 砂糖 猪肉重量の2%• ブラックペッパー 適当 1 下味をつける。 まずはフォークで猪肉ブロックを メッタ刺しにします。 肉の硬い筋を少しでも柔らかくし、味を滲みやすくするための作業なので、ガンガンやりましょう。 追記:実は、こういう便利道具もあるみたいです! 正直フォークはめちゃ疲れますので、こっちがオススメ。 MEMOある程度塩抜きができたら、肉を少しスライスして、フライパンで焼いて食べてみましょう。 塩気が少し薄いと感じるくらいがベストです。 最終的な出来上がりは必ず塩気が濃くなります。 もっと早く食べたい!というあなたに。 塩漬けをせずに、 ソミュール液というものを使って味付けする方法もあります。 塩と砂糖、さらに香辛料をブレンドして作る調味液です。 ソミュール液に漬け込む方法なら、漬け込みも1日ですみますし、塩抜きの必要もありません。 詳しくはこちらの記事で。 この記事ではカツオを使ってますが、同じソミュール液を猪肉でも実践済みです。 ただ、ソミュール液よりも塩漬けの方が防腐・殺菌効果は高いです。 大量の食材で作るときには、季節によって使い分けるのが良いでしょう。 4 風乾。 これも半日くらいで良いと思います。 風通しのいいところで肉を乾かしましょう。 表面に水分が残っていると、燻製の煙と反応して酸っぱくなってしまいます。 僕は、魚の干物を作ったりするような物干しネットを使って、扇風機で乾かしています。 これなら季節も天気も関係ないですから!.

次の