何 か が 起こる 予感 が し ます。 いい事が起こる予感!?スピリチュアルな出来事とは?

バジリスク絆2 「怪しき気配じゃ」「何かが起こる予感がします」の期待値は?

何 か が 起こる 予感 が し ます

スピリチュアルで見る、いい予感が起こる出来事とは? いい予感が起こりそうな時って、なんだか心が弾む気持ちになりませんか? はっきりとした前兆を感じないまでも、心の奥や頭の片隅ではわかっているのかもしれません。 それは潜在意識がそう感じさせている場合もあります。 そしてそれは幸運が舞い込んでくる、そういった前兆でもあるのです。 その前兆を感じ取り、運気をアップするそのチャンスをものにできるかできないかは、訪れるその予感を理解しているということが大事です。 どういった予感があるのか いい事が起こる予感とは、何も特別なことはありません。 何気ない日常の中でもその幸運なサインは見られるのです。 たとえば虹をみたりするのも幸運のチャンスを表しています。 または、あまり良い気分にはならないかもしれませんが、雷をみた場合の自然現象も、運気をアップしていることにもつながります。 それは人の力では太刀打ちできない自然の力で、その願いがかなえられるかもしれないということです。 ほかには、もう見つからないだろうと諦めていたものが見つかったり、お店のくじをたまたましたら、ちょっといいものが当たったり。 小さなことでもラッキーと思えることが続いていたなら、それは大きな運につながるのかもしれません。 スポンサードリンク まとめ いい予感がする、このワクワクやドキドキする気持ちっていくつになっても大事なことです。 大人になってくると、うれしい事でもなんとなくはしゃいでいるのが恥ずかしくなり、つい喜びも我慢してしまう傾向があります。 ですが、ほんのちょっとしたことでもうれしいと素直に喜びを表現することが、のちに大きないい事を引き寄せてくれるのです。 そして大事なことは、いい事に対して感謝をきちんとすることです。 「こんなことで運を使いたくない」「この後は悪いことが起こる」など、すぐネガティブにとらえてしまっては、せっかくのいい運が舞い込んできているのに、台無しになりかねません。 たしかに人生は波があり、運がいいときもあれば悪い時もあります。 ですが、ちょっとしたことでも素直に喜べる気持ちが、また次にいい事を運んでくれるかもしれません。 どうかその運を大切に、いい事が訪れる日々に感謝の気持ちを持つようにすると、笑顔溢れる日常を送ることができるのではないでしょうか。 スポンサードリンク.

次の

いい事が起こる予感!?スピリチュアルな出来事とは?

何 か が 起こる 予感 が し ます

それは、誰が考えても運が悪かったと思うだろう。 いくら週番だからといって、授業で使った教材を職員室に持っていくなど面倒くさいことなのに、 その上、持っていく先が音楽科校舎から遠く離れた普通科の職員室なのだ。 「悪いなあ。 じゃ、頼むよ」と社会科の教師が申し訳無さそうな顔をしたけれど、 素直に「はい」と頷けない。 それどころか、ため息のひとつでもでるところである。 「大丈夫か、月森。 手伝おうか?」 授業が終わって、すぐの昼休み。 自分の背丈ほどもある地図の巻物やら 資料集やらを抱えた俺に内田が気を遣って声をかけてきたが、それは丁重に断った。 それなりのボリュームがある物ばかりだけれど、大の男がひとりでもてない量ではない。 それに頼まれたのは俺なのだし、只でさえ短い昼休みを、こんなくだらないことで つき合わせるのは申し訳なかったからだ。 荷物を両腕に抱えて、教室を後にする。 オフホワイトの制服を着た生徒たちで 溢れかえっている廊下を、うまく人混みをよけながら歩いていく。 そのまま進んでいくと、やがて風景が一変して、廊下はブラウンの制服が 圧倒的多数になった。 普通科校舎に入ったのだ。 (確か、この先の階段を上がって、右手の方へ進めばいいはずだが……) 頭の中で職員室への道を思い描きながら、滑り落ちそうになる荷物を揺すり上げたのだが。 「あれ?音楽科の人がいるよ」 「珍しいよなあ」 「へえ、あれ、月森じゃねえの?」 まるで珍しい生きものでもみるような、周囲の好奇な視線が、鬱陶しい。 (まったく……なんで、俺が……) それらを避けるように視線を伏せ、自分の運の無さに、顔をしかめながら歩いていくと。 「あれ?月森くんだ」 聞き覚えのある声に、自然に足が止まっていた。 「日野……」 購買で買い物でもしてきたのだろう。 前方に購買の紙袋を片手に立つ 日野の姿が見えた途端、思いがけない出会いに鼓動が跳ねた。 「なぜ、ここに?」と思ったのだが、ここは普通科校舎。 彼女がいても なんら不思議はないことに今更気がついて、自分の馬鹿さかげんに苦笑いが浮かぶ。 「こんなところで、どうしたの?……って、見ればわかるか」 と、いいながらとことこと近寄ってきた日野が、「はい」と片手を差し出した。 「?」 「ひとりじゃ大変でしょ。 荷物持つの、手伝うよ」 「いや、しかし」 「遠慮なんか、しないの」 言いよどむ俺の手から、ひょいと資料集を取り上げた。 「持っていくのは、職員室?それとも、どこかの教室?」 「……職員室なのだが」 「じゃ、あと少しだね」 そう言ってすたすたと歩き出したから、俺は慌ててその後を追った。 「すまない、日野」 「いいって。 好きでやってるんだから、気にしないで。 それに月森くんには いつも色々教えてもらってるんだもの。 これぐらい、当然でしょ」 肩を並べながら恐縮する俺に、日野がにっこりと笑い返した。 「もしかして、月森くんの授業、杉山先生だったの?」 「ああ、そうだが」 「あの先生、人使い、荒いんだよね。 だいぶ前だけど私、やっぱり先生に言われて、 資料を持っていかされたことがあるんだよ。 しかもね、月森くんの教室だったの」 「そうなのか」 「うん。 でね、その時に教室の出入口で、月森くんに会ってたんだよ」 「……知らなかった」 初めて聞く話に、思わず目を瞠る。 急いで記憶を手繰り寄せてみたけれど、 どこにもそんな覚えが無い。 思わず眉を顰める俺を見て、「あ、でもね」と、日野が慌てたように言葉を続けた。 「コンクールが始まる前の話だから。 知らなくて当然だと思うよ」 「……しかし、日野は覚えていたんだろう?コンクールが始まる前だったのに」 コンクールが始まる前のことならば、条件は同じだ。 日野だって俺のことを 知らなかったはずなのに……といぶかしむ俺を 「うん、まあね」 日野が、くすりと笑いながら見上げてきた。 「でも、覚えてたよ、月森くんのこと。 まだ名前も知らなかったけど、ね」 嬉しいような、恥かしいような……。 かろうじて表情こそ変えなかったものの、 なんともいえない感情がわきあがり、その言葉に、向けられた眼差しに、戸惑ってしまう。 そんな俺をよそに、日野の視線が前方に向けられた。 「あ、ちょうど着いたね」 そう言いながら手を伸ばし、ノックを2回。 中からの応答を待つことなく、 「失礼します」という声を共に、日野が職員室の重厚な扉を開け放った。 「先生、持ってきましたよ」 杉山先生の机のところまで行き、日野が声をかけると 「おお、悪いなあ……って、あれ?なんで日野が?」 先生がびっくりした顔で、日野とその後ろに立つ俺の顔とを見比べた。 「コンクール仲間のよしみで、途中で会ったから手伝ったんです。 はい、これ」 どさりという音をたてながら、机の上に資料集を乗せたかと思うと、 「あと、これも」 俺の手から奪い取った巻物も、机の脇に立てかけた。 「じゃ、失礼します」 「ああ、ご苦労さん」 ねぎらいの声を背に職員室を出たところで、俺は日野に「ありがとう」と頭を下げた。 「助かった。 それと……つきあわせて、悪かった」 「ぜんぜん!」 日野がぶんぶんと勢いよく、顔の前で手を振った。 「さっきも言ったけど、こっちが好きで勝手にやったことだし……。 それよりも、 月森くんの方こそ、迷惑じゃなかった?」 「いや、そんなことない」 「そっか」 俺の様子を窺うように見上げていた日野の瞳が、ほっとしたように和む。 「月森くんの姿が見えたから、嬉しくなっちゃって思わず声をかけたんだけど、 その後、かえって迷惑じゃなかったかなって気になってたんだ。 よかった」 無邪気に向けられた笑顔が眩しくて、俺は思わず目を細めた。 こんなふうに手放しで好意を向けられることに慣れてないから、 どう反応したらいいのかわからなくなる。 とっさに目を逸らした俺に、「じゃあね」という日野の声が聞こえてきた。 「またね、月森くん」 「ああ」 ぱたぱたと軽い足音と共に、日野の姿が遠ざかっていく。 視線をあげ、 名残惜しいような、寂しいような、なんともいえないキモチでそれをしばらく見送ったあと、 俺はようやく歩き出した。 日野とは反対方向へ……音楽科校舎に向かって。 周りの喧騒をよそに、教室へと戻りながら俺は考えていた。 日野と一緒にいることで、自分の中に生まれる様々な感情は、いったい何なのだろう……と。 今まで他人に関心をもったこともなかったし、できるだけ人付き合いを避けてきたから、 こんなふうに誰かに心を揺らされることなんて、なかった。 なのに、今は……。 ふう……と思わず、ため息が漏れる。 何かが、起こる予感がする。 それがもたらすものが何なのか、俺は知らない。 自分の上に何が起こるのか、想像すらできない。 けれど、だからといって、日野との関わりを避ける気にならないのは。 (どうしてなのだろうか……?) いくつもの疑問符を抱えながら歩く俺の脳裏に、 ふと先ほどの日野の明るい笑顔が浮かんで、消えた。 なんだか、リハビリでもしているような気持ちです。 うまく自分が書きたかったことが書けたのか、それがうまく伝わったのかどうか、 かーなーりー、不安。 うう、ごめんなさい。 今回の話は無印でもコルダ2でもどちらでも設定は構わないのですが、 2人の関係は、友達(コンクール仲間)以上恋人未満……という感じです。 お互い、好意は抱いているけれど、それ以上にはまだ進めていない状態。 月森に至っては、まだ自分の中の恋心を自覚すらしていません。 ……ぼんやりとは、気づいてますけどね。 というか、あれだけ恋愛に興味も無くて疎かったら、なかなか自分の中の恋心にも 気づかないんじゃないかって思ったので、書いたお話です。 「恋の……」というタイトルがついたお話は、実はこれで3つ目になりました (1つ目は「恋の仕方」、次が「恋の花」)。 シリーズ化……というのも変ですが、あともうひとつは書いてみたいお話がありますので、 またお付き合いくださいませ。 ブラウザを閉じて、お戻りくださいませ。

次の

アイドリング!!! 4th LIVE 何かが起こる予感が…ング!!!とは

何 か が 起こる 予感 が し ます

3月29日俺達の勝負レース G1尼崎7R、10R 常滑準優勝戦10R、11R、12R 今日の予想は全レース本線4点、抑え2点の 6点勝負になる。 絞り目で決めて行く。 尼崎水面特徴 一番の特徴は、2マーク、センターポール、1マークが1直線上に並んでおり、1マークもスタンド側に振っていないことが特徴 インを取った選手は、十分に余裕を持った旋回半径で1マークを回ることができる。 基本的にはインが強い水面だが、風の影響で変わってくる。 冬場は「六甲おろし」、夏場は「甲子園の浜風」で向かい風が吹く。 ダッシュをつけた選手が向かい風の中を力強く出ていく。 「センタープールだからセンターが決まる」と言われるほどだが、追い風が吹くときや、雨で無風の日はインが決まりやすくなる。 もともと湿地帯であった場所を土地改良を行うために作られた人工池(プール)であるため、水質は淡水で癖が少ない水面。 これは以下の理由。 スローと言われる内側の艇は助走距離が短い分スピードを出しづらいわけで、追い風があるとスピードを出す手助けをしてくれる。 波が高くなると、インが逃げにくくなる傾向にある。 波の高さが1cmのときが最もイン逃げ率が高く、8cmくらいまで徐々に下がっている。 8cmを超えると、傾向が不安定になるようだ。

次の