洗濯 機 洗剤 自動 投入。 洗剤を自動投入してくれる洗濯機を使っています【実体験】

家電のプロに聞いた洗剤自動投入機能付き洗濯機、日立とパナソニックのどちらがおススメ?

洗濯 機 洗剤 自動 投入

洗濯乾燥機をパナソニックのに買い替えて3カ月余り。 参考: 購入の決め手のひとつとなった温水洗浄機能は、正直言って使いこなせていません。 トイレで手を洗うときに水が冷たくてしんどいとか、何回も思わなかったからなあ…。 というわけですっかり宝の持ち腐れ状態になっています。 「えー、どうでもいいかな」と思っていた洗剤の自動投入機能についてはどうかと言いますと。 こちらはなんだかんだと毎日使っています。 別にこれまでも「毎回ボトルから洗剤を計量してとか面倒くさいわー」なんてことは考えたこともないのですが、ボタンひとつで洗剤投入とか慣れてみると便利です。 おしゃれ着洗いの洗剤を手動で投入するときに「自分で入れなきゃいけないのか…」と思うようになった程度には便利に使っています。 洗剤の自動投入機能を使って最も「いいね!」と思ったのは、洗剤のボトルが要らなくなったこと。 これが以前の洗濯機上の吊戸棚の中身。 こちらが現在。 柔軟剤のボトルが消えました。 液体洗剤も、キャップのある詰め替えパウチだけで、ボトルはありません。 柔軟剤はタンクに全部入り切るサイズの詰め替え用を買い、一気にタンクに入れてパウチを処分しています。 液体洗剤はたまに手洗いすることもあるのでキャップつきの大きなサイズを買っています。 柔軟剤のボトルはデカくて場所を取っていたので、これは嬉しい変化でした。 ただし、洗剤の自動投入機能はいいことばかりでもないです。 イヤなのは、タンクの洗浄ですね。 3カ月に1度程度タンクを丸洗いすることを推奨されているので、洗剤が切れたときに気が向いたら洗っています。 これがなかなか面倒というか、今までなかった作業なので面喰っています。 タンクそのものは簡単に外せます。 ので、着脱の手間は別にありません。 問題は洗った後。 洗い終わって拭き取ろうにもガラスのコップみたいにつるーんと拭きやすい形状をしているわけでもなく、細かい部分に水分が残ってしまいます。 それを乾かすためにタンクをしばらく放置しなきゃいけなくて、結果的にタンク洗浄から設置までに結構時間がかかるわけですね。 それが面倒でタンクを洗うのに腰が重くなってしまいます。 洗剤のボトルを使っていたときは、数回詰め替えした後はボトルそのものを買い替えていました。 洗うのが面倒だし、ヘタに水分が残ったまま詰め替えて雑菌増殖とかもイヤだし、それなら買い替える方がラクだったのですね。 洗濯機に設置されたタンクは洗剤のボトルのように気軽に次々買い替えられるわけもなく、その点では不自由さを感じています。 ま、どうにもこうにもイヤになったら手動投入に戻せばいいわけですし、そこまで深刻にイヤだと思っているわけでもありませんがね。 次に洗濯乾燥機を買い替えるとき、どの機種にするか迷った場合「こっちは洗剤が自動投入か。 んじゃこっちにしようかな」と考えるんじゃないかな。 と思う程度には気に入った機能です。 もし買い替えに悩まれている方がいれば、一度試す価値はありますよ~と伝えたいです。 まだむサマ 同じく洗濯と掃除が嫌いなので分かります〜。 かといって炊事が好きなわけでもないのですが笑 計量の手間とタンクを洗う手間、どっちが楽かビミョーなところですね。 汚れたら買い替えられる洗剤ボトルの方が気楽な気もしますが、3カ月に一度タンクを洗うくらいならまあ許容…? でも何年も経ったときにタンクを替えられないことにストレスを感じそうです。 水道凍結の心配がある地域では温水洗浄いいと思いますよ! 温暖な名古屋だと、今年はホントに思い出しませんでした笑 温水には洗濯機が勝手にしてくれるっぽいです。 ウチも水栓は水だけです。 ひょっとして騙されてる?笑 小さなお子さんがいる友人は洗濯物の汚れが半端ないので温水コースに興味津々でした。 ワタシみたいな生活にはちとオーバースペックだったかもしれません.

次の

ドラム式洗濯機乾燥機の自動洗剤投入機能がオススメな理由

洗濯 機 洗剤 自動 投入

最新のドラム式洗濯乾燥機ってどんなところが進化しているの? 洗濯機に限らず、家電製品は年々進化していて、「えっ?そんな機能もあるの??」とびっくりしてしまうこともあります。 私は家電製品を販売する立場なのですが、毎年進化する家電製品についていくのがやっと(笑)流行に乗り遅れないために、各メーカー主催の研修や商品発表などに頻繁に通っては勉強しています。 特にパナソニックに関しては年に数回の商品研修や、都内の大きな会場で行われる新商品の発表会、修理などの技術講習などさまざまな場面で新しい商品に触れる機会があります。 若干家電・ガジェットオタクなところがあるので、こういった講習会や研修はとっても楽しい場でもあります。 ほとんどの家電製品は毎年マイナーチェンジを繰り返していますが、なかなか画期的な製品というのは出ないものです。 数年に一度でるか?といった感じですね。 その中で、数年前から採用され始めたこの「洗剤自動投入機能」は比較的チャレンジした機能だと思います。 ドラム式洗濯乾燥機の進化というと、節水や乾燥機能の強化に目が行くところですが、今回はパナソニック等のドラム式洗濯機に搭載されている「 自動洗剤投入機能」についてお話していきたいと思います。 洗剤・柔軟剤を自動投入 「自動洗剤投入機能」はパナソニック製のドラム式洗濯乾燥機に最初に搭載され、後に日立製のドラム洗と縦型洗濯機にも搭載されました(2019年12月現在)。 簡単に言うと、ある程度の量の洗剤と柔軟剤をあらかじめ洗濯機内にあるタンクに入れておいて、そこから毎回の洗濯ごとに自動で適量の洗剤・柔軟剤を投入してくれる機能です。 パナソニック製の現行機「NA-VX800A」においては、液体合成洗剤は約870ml、柔軟剤は約580ml入るようになっています。 詰め替え用パウチの中身をまとめて入れられるちょうどいいサイズですね(大容量を買う方は何度かに分けて入れるようです)。 リンク 自動投入のメリット 大きく分けると3つのメリットがあります。 メリット1.自動計量だから、洗剤の量で失敗しない 衣類の量に応じて液体合成洗剤や柔軟剤の量を自動で調整して投入してくれます。 最近の機種では洗剤の量を自動で表示してくれるものもありますが、それに対して洗剤の量をキャップなどで測るときに多すぎたり少なすぎたりしてしまうことがあります。 洗剤の使いすぎは衣類によくありませんし洗濯機自体の故障を引き起こしてしまう可能性があります。 洗剤自動投入タイプなら最初にタンクに入れておけば後は勝手にやってくれます。 メリット2.手間を省いてスムーズな洗濯ができる 洗剤や柔軟剤の計量って毎回やるの正直面倒くさいという方もいると思います。 洗濯物を入れて、洗濯機が計量して、表示された量の洗剤を測って入れる…この行程がなくなるだけでも結構楽になります。 あと、結構私もやりがちなのですが、急いでいるときに洗剤の量をキャップで測るとこぼしてしまったりします(笑)こぼしちゃうと洗剤や柔軟剤ってにおいが床についちゃうし周りに衣類やタオルなんか置いてあると大惨事になっちゃいます…。 無駄がなくなるし、洗濯物を入れたらすぐにスタートできるので手間を省くことができますね。 メリット3.お手入れがラクで周りがスッキリします 洗剤や柔軟剤をこぼしたりして床や手を汚すことも無いので、お掃除の負担を軽減してくれます。 洗剤の投入口ってけっこう汚れや洗剤の残りで汚れがちなんですが、そこも綺麗に保てます。 また、洗剤や柔軟剤を入れておくタンクにちょうどいい容量の詰め替えパウチを使用できれば、洗濯機の周りに洗剤などのボトルを置くことがなくなります。 余計なものをおく必要が無いのでおのずとサニタリー空間が綺麗になりますね。 以上、最新のドラム式洗濯乾燥機に搭載されている「自動洗剤投入機能」についてメリットをお話させていただきました。

次の

家電のプロに聞いた洗剤自動投入機能付き洗濯機、日立とパナソニックのどちらがおススメ?

洗濯 機 洗剤 自動 投入

日立から、液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を搭載した洗濯乾燥機が登場。 パナソニックも先行してこの機能を搭載したモデルを発売していますが、気になるのは2メーカーの違いです。 そこで、2018年11月17日に発売される日立の新モデルの液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を紹介するとともに、パナソニック製品との相違にも迫ってみました! 日立はドラム式と縦型をラインアップ! を発表してから1年、2018年11月に日立からも同機能を備えた洗濯乾燥機が登場。 しかも、ドラム式洗濯乾燥機だけでなく、縦型洗濯乾燥機にも自動投入機能を完備し、2モデルを同日発売します。 この機能を装備した縦型洗濯乾燥機は業界初だそう。 なお、パナソニック製品はスマートフォンと連携し、遠隔操作も行えますが、日立のこのモデルにはそのような機能は搭載されていません。 洗濯・脱水容量12kg、洗濯〜乾燥・乾燥容量6kgの縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ BW-DX120C」(市場想定価格28万円前後)と、洗濯・脱水容量11kg、洗濯〜乾燥・乾燥容量6kgのドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SX110C」(市場想定価格33万円前後) 自動投入方法はパナソニックと同じだが、タンクにこだわった! 液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能は、あらかじめ洗濯機内のタンクに入れておいた液体洗剤と柔軟剤が、毎回の洗濯時に必要な量の洗剤や柔軟剤が自動で投入されるというもの。 ピストンポンプ式を採用しており、注射器のような要領で、ピストンを押し引きして適量を投入します。 また、洗剤や柔軟剤を投入したあとには経路が水道水で洗浄されるため、洗剤と柔軟剤が混ざる心配もありません。 液体洗剤と柔軟剤を入れるタンクは、縦型洗濯乾燥機「BW-DX120C」の場合、手前側に装備されています ドラム式洗濯乾燥機「BD-SX110C」は、天面左側に液体洗剤と柔軟剤を入れるタンクが搭載されています 自動投入をオンにしておくと、自動投入機能が作動。 洗剤のみ、柔軟剤のみという設定もできます タンクの裏側に自動投入のためのユニットが搭載されており、ピストンポンプで洗剤や柔軟剤を押し出して洗濯槽に投入。 投入を終えるたびに、キレイな水で経路が洗浄されるので、詰まりを防止してくれます(下の動画参照) もちろん、手動で液体洗剤や柔軟剤を入れることもできます 自動投入の基本的な仕組みはパナソニックのドラム式洗濯乾燥機と同じですが、日立がこだわったのがタンク。 市販されている液体洗剤や柔軟剤が丸々1パック入る大きな容量(液体洗剤タンク1,000ml、柔軟剤タンク700ml)とし、かつ、洗濯機から取り外した状態でタンクに洗剤を入れやすい自立構造になっています。 タンクにはハンドルが付いてるので、取り外すのも持ち運びもラクラク 自立するので、この状態で液体洗剤や柔軟剤を入れることができます もちろん、洗濯機にタンクをセットしたまま液体洗剤や柔軟剤を入れることも可能 縦型、ドラム式ともに液体洗剤タンクは1,000ml、柔軟剤タンクは700mlの容量なので、市販されているつめかえタイプの液体洗剤(キャップの付いていないタイプ)や柔軟剤は余裕で1本分入ります また、タンクには残量を検知するセンサーが装備されており、残り2回分となったタイミングで操作部に表示して通知してくれます。 2回分の残量があっても、つめかえタイプの液体洗剤や柔軟剤を1本入れきることができるのがポイント ちなみに、パナソニックのドラム式洗濯乾燥機は液体洗剤タンクが870ml、柔軟剤タンクが580mlの容量となっています 液体洗剤の自動投入にはAI機能が働く! また、今回の日立の新モデルは、先に発表された同様にAI機能を完備。 9つのセンサーで情報を集約し、複合的に最適に洗濯することで省エネとキレイな洗い上がりを実現する「」がウリですが、AI機能は自動投入される洗剤にも効果を発揮するのだそう。 一般的な洗濯機は洗濯物の量から必要な洗剤量を計量しますが(パナソニック製品はこの方法)、AI機能をオンにしておくと、自動投入される洗剤量がより適した量に調節されるといいます。 柔軟剤の量は好みによるところが大きいため、AI機能は適用されません.

次の