中央アフリカ 国旗。 中央アフリカ共和国:再発した紛争の実態は?

中央アフリカ共和国:子どもたちにとって世界最悪の国

中央アフリカ 国旗

アフリカ地域にある国々(国連加盟国) こちらのページでは下記、アフリカ地域にある国々の中から アフリカ中部に属する国の国旗について記載しております。 他の地域の国旗関してはページ下部のリンクからそれぞれのページをご覧ください。 独立した主権国家として国連に加盟しているアフリカの国々 西アフリカ ガーナ 北アフリカ アルジェリア 南部アフリカ アンゴラ 中部アフリカ ガボン カーボベルデ エジプト エスワティニ カメルーン ガンビア スーダン コモロ コンゴ共和国 ギニア モロッコ ザンビア コンゴ民主共和国 ギニアビサウ チュニジア ジンバブエ サントメ・プリンシペ コートジボワール リビア ナミビア 赤道ギニア シエラレオネ 東アフリカ ウガンダ ボツワナ チャド セネガル ケニア マダガスカル 中央アフリカ共和国 トーゴ エチオピア マラウイ ブルンジ ナイジェリア エリトリア 南アフリカ共和国 ルワンダ ニジェール ジブチ モザンビーク 海外領土 セントヘレナ、 イギリス領インド洋地域、アセンションおよびトリスタンダクーニャ、フランス領南方・南極地域、マヨット、レユニオン ブルキナファソ セーシェル モーリシャス ベナン ソマリア レソト マリ 南スーダン その他 西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国) モーリタニア タンザニア リベリア アフリカ地域にある海外領土は国連に加盟していない(できない)(非加盟国)である。 西サハラに関しては亡命政府の名称は「サハラ・アラブ民主共和国」であり、事実上独立し事実上の国家だが、 非自治地域・係争地であり、モロッコによって実効支配(不法占拠)している状態欧米や日本などの先進諸国はモロッコとの関係上からサハラ・アラブ民主共和国を国家としては承認しておらず、また同国は国際連合にも加盟できていない。 中央アフリカ共和国の国旗は、宗主国であった フランスとアフリカの融合を理想としてデザインされている。 水平(横)方向に上から 青・ 白・ 緑・ 黄 の4本の帯の中心を垂直(たて)方向に 赤い帯が通っている。 青色の帯の左上には 黄色い一つ星が配されている。 この配色は フランスの三色旗のトリコロールカラー「 赤・ 白・ 青」と 汎アフリカ色の 赤・ 黄・ 緑を組み合わせた5色である。 ( 青 白 )フランスと ( 緑・ 黄)アフリカを 赤い縦の線でつないでいる。 これは互いの違いを尊重する構図である。 赤色は「独立を勝ち取り、国を防衛する国民の地」• 青色は「空と自由」• 白色は「平和と尊厳」• 緑色は「希望と誠実」をそれぞれ象徴している ブルンジの国旗の意味とは?.

次の

中央アフリカ国旗の特徴や意味、由来、誕生年、フリーイラストや画像を徹底的に解説します

中央アフリカ 国旗

世界GDP第一位を100年以上維持し続けている大国、アメリカが存在する北アメリカ。 それにプラスして中央アメリカの国旗たちも合わせて紹介しているページです。 中央アメリカには鮮やかな色合いの国旗が多く、国旗好きなら一度は見ておいてほしい旗が目白押しですよ。 北アメリカ(北米)の国旗一覧• 北アメリカに区分される国家はアメリカ・カナダ・メキシコの3つだけ。 それぞれ知名度の高い国家ですから、一度は見たことのある国旗かもしれません。 世界の国旗の中でも特に知名度の高いだろう「」がどのような意味を持つのか知らない方は、ウケの良い雑学として詳しく見てみるのも良いかもですよ。 もちろん他の国旗について見てみるのもありです。 中央アメリカ(中米)の国旗一覧• 中央アメリカの国旗は、 カリブ海と太平洋を表す青色を使った国旗が多いのが特徴的です。 元中央アメリカ連邦だった(エルサルバドル・グアテマラ・コスタリカ・ニカラグア・ホンジュラス)5カ国の国旗はよく似ているので要チェック。

次の

中央アフリカの国旗

中央アフリカ 国旗

国旗 国名・意味・由来 アルジェリア(アルジェリア民主人民共和国) 緑と白の縦2分割に、赤い三日月と星が中央に配置された国旗。 緑は繁栄、白は純潔、三日月と星はイスラムの象徴を表しています。 アンゴラ(アンゴラ共和国) 赤と黒の横2分割、黄色い星と歯車、ナタが中央に描かれた国旗。 赤は独立の戦いで流れた血、黒は大地、星と歯車、なたは労働者、社会主義の象徴を表しています。 ウガンダ(ウガンダ共和国) 黒・黄・赤・黒・黄・赤のストライプを背景に、中央の城い円に国鳥のホオジロカンムリヅルを配置した国旗。 ストライプの黒は黒人、黄はアフリカの夜明け、赤はアフリカ人の同胞愛、民族愛を表しています。 エジプト(エジプト・アラブ共和国) 赤・白・黒で横に3分割、白地中央には金の国章があしらわれた国旗。 赤・白・黒は汎アラブ色で、赤は革命で流された地、白は明るい未来、黒は過去の辛い時代を表しています。 国章は金色の鷲で、サラディンの鷲とも呼ばれています。 エスワティニ 青地に黄色で縁取られた赤い帯が中央に、帯の上には白黒の盾と黄色い槍、青い羽根のついた笏(しゃく)がある国旗。 青は平和と安定、黄は同国の資源、赤は過去の戦いを、白と黒は白人と黒人の平和的共存を表しています。 エチオピア(エチオピア連邦民主共和国) 緑・黄・赤の横じまを背景に、中央に国章(青い円と黄色い星)が描かれた国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑が使われています。 緑は肥沃な大地、黄は平和と民族・宗教の調和、赤は防衛で流れた血、国章の光線が出ている星は人々の結束と愛国心を表しています。 エリトリア 斜めに区切られた緑・赤・青の3色を背景とし、赤地の上には黄色のオリーブのリースが描かれた国旗。 緑は土地の肥沃さと農業、赤は戦いで流れた血、青は海を表しています。 赤が三角形で右にいくほど細くなっているのは、血を流すことがないようにという願いがこめられています。 ガーナ(ガーナ共和国) 赤・黄・緑の横じまに、黒い星がある国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑が使われています。 赤は独立で流された血、黄は鉱物資源と富、緑は自然の恩恵と森林、黒い星はアフリカの自由を表しています。 カーボベルデ(カーボベルデ共和国) 青地に白と赤の帯が横に走り、黄色い星が円状に並んでいる国旗。 青は空と海、白は平和、赤は努力、10個の星はカーボベルデ諸島の島々を表しています。 ガボン(ガボン共和国) 緑・黄色・水色の横じまの国旗。 緑は国の経済を支える森林、黄色は太陽と赤道(ガボンは赤道上の国)、青はガボンが海洋国家であることを表しています。 カメルーン(カメルーン共和国) 緑・赤・黄の縦じまに、黄色い星を中央の赤地に配置した国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑が使われています。 緑は森林、黄色は太陽、赤は統一を表しています。 ガンビア(ガンビア共和国) 赤・青・緑の横じまで、赤と青、青と緑の間に白い線が入った国旗。 赤はサバンナと太陽、青は国土を流れるガンビア川、緑は森林、白は川の両岸の道と平和を表しています。 ギニア(ギニア共和国) 赤・黄・緑3色の縦じまの国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑が使われています。 赤は独立までに流した血、黄はアフリカの太陽とギニアの金、緑は植物、農業を表しています。 ギニアビサウ(ギニアビサウ共和国) 左側に縦に赤、右上側に黄色、右下側に緑、赤地の上に黒い星がある国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑・黒が使われています。 赤は独立で流した血と首都のある沿岸地帯、北部は資源や太陽とサバンナ、緑は森林地帯を表しています。 ケニア(ケニア共和国) 黒・赤・緑の横じまで、黒・赤と赤・緑の間に白のラインがあり、中央にはマサイ族の盾と槍がある国旗。 黒はケニア国民、赤は独立までに流れた血、緑は豊かな自然、白は平和と国民の団結を表しています。 マサイ族の盾と槍は独立戦争で勝利したときの誇りも示しています。 コートジボワール(コートジボワール共和国) 左からオレンジ、白、緑の縦じまの国旗。 オレンジは北側のサバンナ地帯、白は平和、緑は南側の森林地帯を表しています。 アイルランドの国旗と左右逆のデザインです。 コモロ(コモロ連合) 黄・白・赤・青の横じまと、左側に三角の緑地に白い三日月と4つの星が縦に並んだ国旗。 黄色はムワリ島、白はマオレ島、赤はンズワニ島、青はンジャジジャ島、左の4つの星も島を表しています。 コンゴ共和国 黄色い帯が斜めに走り、左側に緑、右側に赤の3色の国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑が使われています。 緑は希望と森林資源、黄色は誠実さと誇り、赤は熱意を表しています。 コンゴ民主共和国 水色地に黄色で縁取られた赤の帯が斜めに入り、黄色い星が左上に配置された国旗。 水色は平和、赤は国家のために流された血を、黄は国の富、星は輝く未来を表しています。 サントメ・プリンシペ(サントメ・プリンシペ民主共和国) 緑・黄・緑の横じまに2つの黒い星、赤い三角がある国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑・黒が使われています。 緑は森林、黄色は豊かな国土、赤は独立戦争で流れた血、黒はアフリカの誇り、2つの黒い星はサントメ島とプリンシペ島を表しています。 ザンビア(ザンビア共和国) 緑地の右側に金の鷲と赤・黒・オレンジの縦のストライプが入った国旗。 緑は自然、赤は独立までに流された血、黒は国民、オレンジは銅などの鉱物資源、国鳥の鷲(フィッシュ・イーグル)は国民の力の象徴を表しています。 シエラレオネ(シエラレオネ共和国) 緑・白・青の横じまの国旗。 緑は農業、自然、白は国民の団結と正義、青は大西洋と良港であるシエラレオネの首都フリータウンを表しています。 ジブチ(ジブチ共和国) 水色・緑の横じま、左側に白の三角と赤い星が配置された国旗。 水色は空、緑は国土、白は平和、赤い星はソマリ族の5つの居住地域を表しています。 ジンバブエ(ジンバブエ共和国) 緑・黄・赤・黒・赤・黄・緑の上下対称な色の帯に、黒で縁取られた白い三角が左側に、赤の星と鳥の絵が描かれた国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑・黒が使われています。 緑は農業、黄は天然資源、赤は血、黒はアフリカの伝統と民族、白は平和、赤い星は自由と平和を手にした苦闘を表しています。 鳥はグレート・ジンバブエ遺跡の彫像をモデルにした大ジンバブエ鳥で、栄光のシンボルです。 スーダン(スーダン共和国) 赤・白・黒の横じまに、緑の三角が左側にある国旗。 赤・白・黒・緑の汎アラブ色です。 赤は革命と愛国者、白は平和、黒はアフリカ大陸と国名(スーダンはアラビア語で「黒い人」の意味)、緑はイスラムの象徴を表しています。 セーシェル(セーシェル共和国) 青・黄・赤・白・緑の帯が左下から放射状に並んだ国旗。 青はセーシェルの島の周りにある海、黄色は太陽、赤は未来への決意、白は調和と正義、緑や豊かな自然を、放射状に並んだ帯が未来へ向かう国の力を表しています。 赤道ギニア(赤道ギニア共和国) 緑・白・赤の横じま、左側に青の三角、中央の白地に国章が入った国旗。 緑は天然資源とジャングル、白は平和、赤は苦闘、青は本土と島の間にある海を表しています。 国章には盾の中にマングローブの木、上に6個の六芒星、下に「統一、平和、正義」と書かれたリボンがデザインされています。 セネガル(セネガル共和国) 緑・黄・赤の縦じまに、中央の黄色地に緑の星が置かれた国旗。 汎アフリカ色(ラスタカラー)の赤・黄・緑が使われています。 緑は農業と希望、黄色は富と資源、赤は独立までに流された血、緑の星は自由を表しています。 ソマリア(ソマリア連邦共和国) 青地に白い星が中央に置かれた国旗。 水色は空と海、白い星はソマリ族の5つの居住地域を表しています。 タンザニア(タンザニア連合共和国) 緑と青地に、黄色い縁取りの黒い帯が斜めに配置された国旗。 緑は大地、青は海、黒は国民、黄色は鉱物資源を表しています。 タンガニーカとザンジバルの国旗を合わせてできました。 チャド(チャド共和国) 青・黄・赤の縦じまの国旗。 フランスの国旗の城を黄色に置き換えています。 ルーマニアの国旗もほぼ同じ配色ですが、チャドの方がやや濃い青になっています。 青は空やチャド湖、希望、黄色はサハラ砂漠、太陽、赤は進歩、統一、血を表しています。 中央アフリカ(中央アフリカ共和国) 青・白・緑・黄色の横じまに、中央に赤い縦の帯、左上に黄色い星を配置した国旗。 フランス国旗のトリコロールカラーに、汎アフリカ色が採用されています。 赤は国民の血、青は空と自由、白は平和と尊厳、緑は希望と誠実、黄色は忍耐、星は自由の象徴を表しています。 チュニジア(チュニジア共和国) 赤地の中央に白い円、円の中に赤い月と星がある国旗。 赤はオスマン帝国時代の反抗勢力、月と星はイスラム教の象徴を表しています。 トルコの国旗とデザインが似ています。 トーゴ(トーゴ共和国) 緑と黄色のストライプ、左上は赤地に白い星を配置した国旗。 赤・緑・黄の汎アフリカ色(ラスタカラー)が使われています。 緑と黄色の5つの帯はトーゴの5つの州を、緑は農業と希望、黄色は富と地下資源、赤は国民の忠誠、白い星は自由と独立を表しています。 ナイジェリア(ナイジェリア連邦共和国) 緑・白・緑の縦じまの国旗。 緑は天然資源、農業、白は平和と統合を、国旗の色が3分割されているのはナイジェリアの主要民族であるハウサ族、ヨルバ族、イボ族の3つの民族を表しています。 ナミビア(ナミビア共和国) 白い縁取りの赤い帯が斜めに青と緑の部分を分け、青地に黄色い太陽がある国旗。 国旗に採用されてる青・赤・緑はナミビアの主要民族であるオバンボ族の伝統食です。 青は空、赤は独立までに流された血、緑は豊かな森林、太陽は独立の喜びを表しています。 ニジェール(ニジェール共和国) オレンジ、白、緑の横じま3色に、白地中央にオレンジの円が描かれた国旗。 オレンジはサハラ砂漠の北部、白は平和と純潔、緑は豊かな土地と希望、オレンジの円は太陽、独立の象徴を表しています。 ブルキナファソ 上半分が赤、下半分が緑、中央に黄色い星が置かれた国旗。 赤・黄・緑の汎アフリカ色(ラスタカラー)が使われています。 赤は社会主義、緑は農業、星は革命を導くことを表しています。 ブルンジ(ブルンジ共和国) 赤地と緑地、白の斜め十字、中央の白い円に緑の縁取りの赤い六芒星が3つ並んだ国旗。 赤は独立への苦闘、緑は希望、白は純潔、3つの六芒星は主要民族であるフツ族、トワ族、ツチ族を示すとともに、「統一・労働・進歩」を表しています。 ベナン(ベナン共和国) 左に縦の緑、右上が黄色、右下が赤の3色の国旗。 色の分け方がマダガスカルやギニアビサウと似ており、赤・黄・緑の汎アフリカ色(ラスタカラー)が使われています。 国歌「新しい日の始まり」によると、緑は希望、黄色は富を、赤は祖先の勇気を表しています。 ボツワナ(ボツワナ共和国) 水色を背景に白で縁取られた黒い帯が横中央に配置された国旗。 水色は雨、黒と白は黒人と白人の融合、国章のシマウマを表しています。 マダガスカル(マダガスカル共和国) 左に縦の白、右上に赤、右下に緑と3色で分けられた国旗。 白と赤はマレー系民族の伝統的な色で、後から加えられた緑はマレー以外の民族を表しています。 一般に白は純潔、赤は愛国、緑は希望と進歩を表します。 マラウイ(マラウイ共和国) 黒、赤、緑の横じまに、黒地の上に赤い太陽が描かれた国旗。 黒はアフリカ国民、赤は独立までに流された血、緑はマラウイの自然、赤い太陽は日の出とアフリカの希望を表しています。 マリ(マリ共和国) 緑、黄色、赤の縦じまの国旗。 赤・黄・緑の汎アフリカ色(ラスタカラー)が使われています。 赤は独立までに流れた血、緑は農業と希望、黄色は富を表します。 ギニアの国旗と左右の色が逆になっています。 南アフリカ(南アフリカ共和国) 左が黒、右上が赤、右下が青、緑のY字型の帯に黄色と白の縁取りがある国旗、レインボーフラッグ。 赤は過去に流された血、青は空と海、緑は農業と自然、黄色は天然資源、黒は国人の国民と他のアフリカの国とのつながり、白は白人国民と平和を表しています。 バヌアツの国旗とデザインが似ています。 南スーダン(南スーダン共和国) 黒・赤・緑の横じまに白のライン、左側に青い三角と黄色(金色)の星を配置した国旗。 黒は南スーダンの国民、赤は自由のために流された血、緑は国土、白は平和、青はナイル川、黄色い星はベツレヘムの星であり、国の団結を表しています。 モザンピーク(モザンピーク共和国) 緑・黒・黄の横じまに白のライン、左側に赤い三角と星の紋章を配置した国旗。 緑は国土の豊かさ、黒はアフリカ大陸、黄色は鉱物資源、赤は独立までの苦闘、紋章の星は国民の連帯と社会主義、小銃は独立までの苦闘、鋤は農業と農民、本は教育を表しています。 モーリシャス(モーリシャス共和国) 赤・青・黄・緑4色の横じまの国旗。 色はモーリシャスの国章が由来になっています。 赤は自由のための戦い、青はインド洋、黄は独立による光、緑は農業を表しています。 モーリタニア(モーリタニア・イスラム共和国) 緑地の上部と下部に赤い帯、緑地に黄色の三日月と星のある国旗。 赤・緑・黄の汎アフリカ色(ラスタカラー)が使われています。 赤は独立のために流された血、緑はイスラム教、黄色はサハラ砂漠の砂、三日月と星はイスラム教の象徴です。 モロッコ(モロッコ王国) 深紅を背景に緑の星が描かれた国旗。 深紅の色は預言者ムハンマド、緑の五芒星はスレイマン(ソロモン)の印章を表しています。 リビア 上部が赤・中央が黒・下部が緑で、黒地部分に白い月と星が配置された国旗。 赤は力、黒はイスラムの戦い、緑は緑地への憧れ、白は国民の行為、緑と月と星はイスラム教の象徴を表しています。 以前の国旗は緑一色でした。 リベリア(リベリア共和国) 赤と白のストライプ、左隅には青地に白い星がある国旗。 赤と白の11本の線はリベリア独立宣言の署名者の数、赤と白は勇気と高いモラル、白い星は自由の象徴を表しています。 アメリカの国旗に似ているデザインなのは、アメリカ解放奴隷の再植民で建国されたことが背景にあります。 ルワンダ(ルワンダ共和国) 水色、黄色、緑の横じま、水色地には黄色い太陽が右上に描かれている国旗。 水色は幸福と平和、黄色は国家の発展、緑は繁栄、24本の光を放つ太陽は国民の結束と啓発を表しています。 レソト(レソト王国) 青・白・緑の横じま、中央に黒の帽子を配置した国旗。 青は雨、白は平和、緑は国土を表しています。 黒い帽子はソト族の帽子のシルエットで、レソトという国名は「ソト語を話す人」を意味します。

次の