胸 肉 しっとり。 しっとり柔らか。ストックに便利な「自家製鶏ハム」

しっとり柔らか。ストックに便利な「自家製鶏ハム」

胸 肉 しっとり

鶏むね肉がしっとり!4つの調理法で作る鶏ハム、塩鶏、サラダチキン 鶏むね肉レシピの定番とも言える鶏ハム、塩鶏、サラダチキンなどは、簡単ながらメインメニューとしても楽しめ、料理の具材としても活用できる大活躍メニューです。 シンプルなだけに、いかにジューシーに仕上げるかがおいしさのポイント。 ここでは異なる方法で作る4つのレシピを紹介します。 彩り鮮やかでおもてなしやお持たせの料理におすすめです。 あとは保存袋で味を含ませながら冷めるのを待つだけ。 作り置きしておけば、ラーメンやチャーハン、サラダの具材にも重宝します。 オイルを使った市販のドレッシングに鶏むね肉を漬け込み、保存袋に入れて沸騰したお湯に入れるだけでOK。 ドレッシングを変えれば、色々な味付けが楽しめます。 野菜もたっぷり摂れる!鶏むね肉を使った簡単メニュー 鶏むね肉と一緒に野菜をしっかり摂りたい人向けのレシピ5品です。 ボリューム満点の主菜やスープ煮など、10〜20分で作れる簡単メニューを集めました。 暑い時期には甘酸っぱい味で疲労回復しちゃいましょう。 揚げ上がりの鶏むね肉を熱いうちにじゅっと野菜の入った甘酢タレに漬け込むことでよく味がしみ込みます。 1度取り出し、下味、小麦粉をつけた鶏むね肉を焼きます。 片栗粉、塩、料理酒を揉み込んだ鶏むね肉とざく切りキャベツを水、料理酒、鶏がらスープの素で煮込むだけの手軽さです。

次の

人気のレンジ蒸し鶏。500wで胸肉がしっとりやわらかくなるレシピ

胸 肉 しっとり

しっとりやわらかくて、美味しい鶏ハム! 安価な鶏胸肉がごちそうに大変身すると、話題沸騰中の料理です。 でもいざ作ってみると、なんだかパサパサ。 全然しっとりじゃない! ということで本日は、パサパサしない美味しい「鶏ハム」の作り方を科学的にご紹介したいと思います。 鶏胸肉で簡単にできる! しっとり美味しい「鶏ハム」を作るための科学 《材料 1人分》• 鶏むね肉 2枚(400 g )• 塩 4 g• 砂糖 4 g 科学1: 塩分濃度は1%!? そして砂糖を使用する 理由とは 人間の体内の塩分濃度は 0. 8~ 0. 9%に保たれているそうです。 つまりここで塩の量は1%というのは、 人間が本能的に美味しいと感じる塩分濃度の目安としているからです。 そして、 砂糖を使用することで、保水効果につながり旨味を逃がさない役割を果たしてくれるのです。 《作り方》 1. 鶏むね肉の皮は剥ぐ。 後で巻きやすいように長さを揃えて切り、観音開きにしてフォークで数ヶ所穴を空ける。 ボールなどに入れ、塩と砂糖を手でもみ込んで馴染ませたら、密封袋へ。 空気を完全に抜き、密封した状態で24時間冷蔵庫で寝かせる。 科学2:熟成時間は 24時間 調味料を揉み込んだ鶏胸肉を、24時間ほどを目安として冷蔵庫で寝かせることで、中まで熟成が進み、しっとりと柔らかくなります。 24時間目安の熟成の過程で、肉のたんぱく質の変化により水分や臭味が抜け、旨みやしっとり感、保存効果が増します。 をラップでキャンディー状に巻き付けて両端を輪ゴムでしばり、お湯の中に入れて30分間茹でたら取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で完全に冷めるまで(約2時間)冷やし固める。 温度計を持っていない方は沸騰したお湯の中に入れ蓋をしてお湯が冷めるまで茹でてあげると近い効果が生まれます。 冷えて固まった2. を食べたい分だけ切り分ける。 科学まとめ• 塩分濃度は1%• 熟成時間は24時間を目安に• 明治11年創業の老舗ホテル、富士屋ホテルでの修行を積み退社後、ドラマ、映画、舞台などで俳優活動をしながら調理師免許、 フードコーディネーター認定書を取得。 様々な媒体、 フードイベントで活動しているwebコラムでも話題の次世代料理男子。

次の

一度試したらやめられない! 鶏むね肉がしっとりジューシーになる、魔法の調理法「ブライニング」とは?

胸 肉 しっとり

手頃な価格とヘルシーが魅力の鶏胸肉。 ですが、パサパサするのが難点。 教えてくれるのは、フードコーディネーターの中村美穂さん。 また、調味料もしみこみやすくなる。 3 解凍し、フライパンで焼く 解凍は冷蔵庫に入れるか電子レンジの解凍モード(加熱ムラに注意)、急ぐときは流水で行う。 フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、漬け汁を軽くきった鶏胸肉を皮を下にして入れ(袋の漬け汁は取っておく)、焦げ目がつくまで焼く。 裏返してふたをし、弱火〜中火で10分ほど焼いて火を通す。 4 漬け汁をからめながら色よく仕上げる フライパンに袋の漬け汁を加え、全体にからめながらつやが出るまで焼く。 生肉の漬け汁なのでしっかり加熱すること。 そぎ切りして器に盛り、フライパンに残ったたれをかける。 さらに、肉の向きを変えてそぎ切りにすると肉の繊維を短く断つことができ、やわらかい食感になる。 2 空気を抜くように袋の口を閉じ、金属製のバットにのせて冷凍する(冷凍庫で1ヵ月程度保存可能) 3 解凍し、水気をしっかり拭き取る 解凍は冷蔵庫に入れるか電子レンジの解凍モード(加熱ムラに注意)、急ぐときは流水で行う。 鶏胸肉をペーパータオルに軽く挟んで汁気を拭き、片栗粉を薄くまぶす。 4 少ない油でカラッと揚げる フライパンに深さ1cm程度までサラダ油を入れて中温に熱し、鶏胸肉を入れて両面を返しながらキツネ色になるまで揚げ、余分な油をきって器に盛る。 肉の水分が出て油がはね始めたら揚げ上がり。 揚げ時間が長いとパサつくので注意。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能 3 解凍し、たっぷりの湯で袋ごとゆでる 解凍は冷蔵庫に入れるか電子レンジの解凍モード(加熱ムラに注意)、急ぐときは流水で行う。 肉が冷たい場合は湯が早く冷めてしまうので室温に戻す。 常温の水に浸すと早く戻せるのでおすすめ。 厚手の鍋に水1. 5Lを沸かし、袋ごと鶏胸肉を入れて湯の中に沈め、火を止めてふたをし、そのまま約2時間おく(必ず火からおろす)。 また、余熱でじっくり火を通すことでしっとり仕上がる。 4 氷水で素早く冷まし、汁ごと冷蔵庫で冷やす 鍋から袋ごと鶏胸肉を取り出し、氷水(または流水)で素早く冷ます。 汁ごと冷蔵庫で冷やすと味がしみこみ、しっとり感もアップ。 食べやすくスライスし、器に盛る。 また、そぎ切りにすることで中までしっかり調味料がしみこみ、やわらかさがアップ。 2 空気を抜くように袋の口を閉じ、金属製のバットにのせて冷凍する(冷凍庫で1ヵ月程度保存可能) 3 解凍し、フライパンで焼く 解凍は冷蔵庫に入れるか電子レンジの解凍キー(加熱ムラに注意)、急ぐときは流水で行う。 フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、鶏胸肉をたれごと入れ、両面がこんがり色づくまで焼く。 焦げやすいので火加減に注意。 ふたをすると肉汁が出て硬くなるので、ふたはしない。

次の