フューチャー。 キャプテン・フューチャー

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』タイムパラドックスが抜群にハマる「ジョニー・B・グッド」誕生の瞬間!(CINEMORE)

フューチャー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年2月) キャプテン・フューチャー ジャンル 小説 著者 出版社 スリリング・パブリケーションズ 掲載誌 キャプテン・フューチャー誌 スタートリング・ストーリーズ誌 刊行期間 1940年 - 1951年 アニメ 原作 エドモンド・ハミルトン シリーズディレクター 脚本 、金子武郎、神波史男 他 キャラクターデザイン 野田卓雄 音楽 アニメーション制作 製作 東映動画、 放送局 放送期間 1978年11月7日 - 1979年12月18日 話数 53 - ポータル 、 『 キャプテン・フューチャー』 Captain Future は、主としてにより書かれたのシリーズであり、その主人公であるカーティス・ニュートンの別名である。 また本シリーズが主に掲載された雑誌の名称でもある。 『キャプテン・フューチャー』誌が廃刊となった後に発表されたシリーズ末期の長編および、本編終了後に書かれた番外編的な短編は『』に掲載された。 内容 [ ] 物語ではキャプテン・フューチャーとフューチャーメンと呼ばれる3人の仲間たち(サイモン、グラッグ、オットー)が愛機である宇宙船コメット号を駆って繰り広げる、悪との戦いと冒険が描かれる。 物語の舞台 [ ] 物語の舞台は、執筆されたという時代を反映して内がそのほとんどを占め、各惑星で固有の人類(など)が存在しており、また太陽系のほとんどの惑星、衛星に地球人の植民地が設けられ、各惑星人が混在して生活しているという設定になっている。 ちなみにSFとしてのは登場するが、実在のではない。 年代設定は、「恐怖の宇宙帝王」事件が起きたのがとなっていた。 登場人物 [ ] キャプテン・フューチャー Curtis Newton a. Captain Future 主人公。 最大の科学者にして冒険家、最高の。 本名カーティス・ニュートン。 身長64(1メートル93センチ)。 目は灰色。 日焼けした肌をしている。 左手の指にはめた太陽系の九惑星を象った(内蔵された超小型原子力モーターで、現実の天体の運行と合わせて宝石が動く。 その動きを利用してをかけることもできる(「恐怖の宇宙帝王」事件)。 アニメ版では9つの宝石を嵌め込んだ腕時計状のメダルに変更されている)がキャプテン・フューチャーの証であり、これを提示すれば太陽系内のあらゆる施設・設備はその扉を開く。 普段は飾り気のない灰色(あるいは褐色)の合成絹(シンセシルク)製のジッパースーツを着て、タングスタイト製のベルトのホルスターに使い込んだプロトン・ピストルをさしている。 科学者だった父 ロジャーとその妻 エレーヌは、その研究を悪漢 ヴィクター・コルボに狙われ、のに逃れた。 月まで追ってきたコルボにロジャーとエレーヌは殺害され、惨劇に一歩間に合わなかったフューチャーメンはコルボを倒してその仇をとり、夫妻の遺児カーティスを立派に育て上げることを誓った。 グラッグから並はずれた体力、忍耐力を、オットーから変装術、武道、アクロバティックな体術を、サイモンからは広範な科学知識を学んだ。 成人になったある日、両親の最期についてサイモンから聞かされたカーティスは、キャプテン・フューチャーと名乗り、一生を太陽系と正義のために捧げると誓った。 超人的な能力と特異な生い立ちのため、やや常人と異なる印象を周囲に与えることがある。 しかし、心理面ではユーモラスなふるまいもあれば怒りに我を忘れるところもある普通の青年で、普通の生活をしている同世代の青年達を羨ましく思うこともある。 サイモン・ライト Simon Wright フューチャーメン。 別名「生きている脳」。 元はニュートン夫妻の研究仲間だった高名な科学者。 死期が近づいた際に、を摘出して、漿液(培養液)入りの透明金属のケース(視聴覚センサーと発声回路付き)に収め、以後はそれだけで生存している。 最初は自力移動はできなかったが、「太陽系七つの秘宝」で取り付けられた簡単なタイヤ式の機械仕掛けを経て、「謎の宇宙船強奪団」事件においてカーティスの手で磁力牽引ビームを装備され、自力飛行や物の分解・組み立てが可能となる。 以後行動派に転向、「体」の小ささを生かした隠密行動や潜入工作で活躍する(アニメ版では第一話から飛行可能 )。 カーティスに対しては父親のように接し、彼を「坊や(ラッド)」と呼ぶ。 フューチャーメンの顧問的存在。 グラッグ Grag フューチャーメン。 ロジャーとサイモンの研究成果である「人造生命第一号」。 親水コロイドメタルの頭脳と金属繊維の神経、非伝導性鋼鉄のボディにの目を持つ、身長7(2メートル10センチ)の剛力無双の。 銅を主燃料とする体内の超小型原子炉で動いている。 両手指の先のアタッチメントを交換して、工具(モーターツール)として使用できる。 オットーから誕生日プレゼントとしてアタッチメントのセットをもらったことがある。 オットーを「ゴム人形」と罵り、四六時中喧嘩ばかりしているが、心の底ではオットーをかけがえのない相棒と思っており、オットーの人間そっくりの外見に羨望の念を抱いている。 けっこうセンチメンタルな一面も持つ。 月犬のイイクがペット。 アニメ版では濃灰色の体のロボット然とした無骨な姿で描かれているが、表情が変わる演出がなされている為、親しみやすいキャラクターになっている。 オットー Otho フューチャーメン。 ロジャーとサイモンの研究成果である「人造生命第二号」。 製で、純白の皮膚と緑の目を持ち、まつげも含めて体毛はない。 せっかちで、退屈が大嫌い。 変装の名手で、各種染料や薬品からなる変装キットはベルトのケースに一式が収められている。 人間に似た代謝系を持つが、主食は化学薬品をブレンドしたもの。 もっとも人間の食べ物も問題なく食べられる。 一度、ラジウム・ハイボールを飲み過ぎて泥酔するという失態をやらかし、サイモンにみっちり絞られたこともある。 グラッグを「ブリキ人形」と呼んで怒らせるが、やはりグラッグのためなら命を懸けることも厭わず、いざという時には抜群のチームワークを発揮する。 ひそかにグラッグの怪力無双をうらやましく思っている。 けっこう寂しがり屋で純情一途な面もある。 隕石モグラのオーグがペット。 アニメ版ではランニングシャツに船員帽姿の、のような姿に描かれている。 イイクとオーグ グラッグとオットーのペットである小型の宇宙生物。 原作ではイイクが第二作の「暗黒星大接近!」で初登場、オーグは「太陽系七つの秘宝」でオットーに拾われるエピソードがある(アニメでは両者とも第一話から登場)。 四六時中いがみ合っている飼い主2人と違い、とても仲良しだが、アニメ版では主人同士の喧嘩に合わせて小競り合いをするシーンも何度かある。 フューチャーメンが長期の遠征に出かける場合は、チコ・クレーター基地で留守番をしており、自動給餌器があるので飢えることはないとのこと。 イイク Eek グラッグのペット。 月犬(ムーン・パップ。 ムーン・ドッグあるいはムーン・ハウンドと呼ばれる種の幼体)。 主食は鉱物で呼吸はしない。 その食性に適応して、並みの硬度を持つ歯と爪を持つ。 食欲は非常に旺盛で、時々、コメット号の肋材やプロトン・ガンをかじり、トラブルを起こしたりする。 やを食べ過ぎると酔っぱらったようになる。 空気のない月面で進化したことから能力が発達しており、グラッグやカーティスともコミュニケーションでき、彼らの危機を救ったこともある。 アニメ版では イークと表記され、ピンク色の子犬のような姿で描かれている。 オーグ Oog オットーのペット。 隕石モグラ。 別名「物まねモグラ」。 本来は白い短い毛皮を持つ小型の四足獣だが、主要な内臓はすべて小さな核に納められており、肉体の他の部分は細胞組織の配列を自由に変えて何にでも化けることができる(ただし、大きさの限界がある)。 また、化けた物は見た目はそっくりだが、機能は備わっていない。 グラッグをからかうネタをオットーに仕込まれたり、爆弾に化けて相手にハッタリを噛ませるための小道具にされたりする。 アニメ版では オークと表記され、のような甲羅を持つ緑色の毛のないのような姿で描かれている。 ジョオン・ランドール Joan Randall 惑星警察機構第3課の女性諜報員。 カーティスに愛情を抱く。 キャプテン・フューチャーを「カーティス」と呼ぶ数少ない人物。 キャプテン・フューチャーと初めて出会った時点で、惑星警察に入ってから4年ほど経過している。 エズラ・ガーニー Ezra Gurney ベテラン捜査官。 惑星警察機構第4課(通称、惑星パトロール)司令でジョオンの実質的な上司。 口ひげをたくわえているため、時に「キャプテン・フューチャー」の発音が「キャプ・ン・フューチャー」と聞こえることがある。 かつて太陽系随一と畏れられた宇宙海賊ファルコンの実兄。 ジョニー・カーク 「透明惑星危機一髪!」に登場した、フューチャーメンに憧れている地球人の少年。 アニメでは ケン・スコットとしてレギュラーキャラクターとなっている。 ハーク・アンダース 惑星警察機構長官。 ガーニーやジョオンの上司で、惑星警察機構の最高責任者。 フューチャーメンとの付き合いも長いが、他のレギュラーと比べると関わりが薄く、「透明惑星危機一髪!」でカシュー主席から聞くまでフューチャーメンの素性を知らなかった。 「月世界の無法者」では、フューチャーメンへの不信感をあらわにして、無実の罪を着せられた彼らを率先して追及し、事件解決後に深く後悔することになる。 ジェイムズ・カシュー James Carthew 初代太陽系政府主席。 キャプテン・フューチャーを呼び出す、北極の宇宙灯台(チコ・クレーターの研究所から常に監視している)を点灯させる権限を持つ太陽系唯一の人物。 ノース・ボネル 太陽系政府主席秘書官。 後にカシューの後を受け第二代主席。 アニメ版では、女性秘書 アニー・ボネルとなっている。 実直な人物だが、フューチャーメンへの信頼はカシュー主席ほどではなく、前述の冤罪事件ではフューチャーメンを追及する側に回っていた。 ダニエル・クルー 第三代主席。 ボネルの後任。 悪役 [ ] 宇宙帝王 Space Emperor 「恐怖の宇宙帝王」に登場。 黒ずくめの宇宙服に身を固めた主体不明の人物で、古代木星人の再来を称して、木星人の蜂起を先導した。 地球人が猿人や爬虫人に退化する「先祖帰り病」を起こして社会不安を煽った。 また、自らを非実体化することで壁や床を透過したり、プロトン銃による銃撃を無効化したりできる。 ザロ博士 「暗黒星大接近!」に登場。 強力な通信波で太陽系内の全放送に介入して姿を見せた自称・天才科学者。 太陽系外から接近する巨大な暗黒星の存在を指摘し、太陽系内の著名な天文学者達はその接近に気付かなかったために我が身可愛さで逃げ出したと糾弾した上で(実はザロが彼らを誘拐し、人知れず監禁していた)、この危機を回避する方法を知っているのは自分だけであるとして、九惑星全ての統治権を要求した。 破壊王(レッカー、Wrecker) 「挑戦!嵐の海底都市」に登場。 重力等化装置に不可欠なグラヴィウムの独占を目論み、太陽系内のグラヴィウム鉱山を次々に破壊した上で、海王星のグラヴィウム鉱山を独占しようとした。 正体はある鉱山関係者だが、アニメ版ではさらにもう一つの秘密が隠されていた。 生命王(ライフ・ロード) 「脅威!不死密売団」に登場。 飲用した者に一時だけ若さと健康を取り戻す効能をもった「生命水」の密売シンジケートを構築し、太陽系全域に深刻な麻薬禍を引き起こした。 アニメ版では、「不死帝王」という名前に変更されている。 ウル・クォルン Ull Quorn 「太陽系七つの秘宝」で初登場し、「透明惑星危機一髪!」「小惑星要塞撃滅せよ」にも登場したキャプテン・フューチャーの宿敵。 カーティスの両親ニュートン夫妻を殺したヴィクター・コルボの息子でもある。 「火星の魔術師」の異名で呼ばれる天才的犯罪者。 優秀な科学者だったが、とある「恥知らずな実験」(詳細は語られていない)を行なって逮捕され、の衛星にある太陽系重罪犯専用刑務所送りになった。 脱獄後、父を倒したフューチャーメンを仇としてつけ狙い、数度にわたって対決する。 地球人・火星人・金星人の混血で、自身の血統に誇りとコンプレックスの入り混じった複雑な感情を抱いている。 キャプテン・フューチャーに対しては、父の仇であり自分と相容れない敵として憎む一方で、自分と拮抗できる唯一の科学者としての敬意も抱いている。 ヌララ N'rala 火星人。 ウル・クォルンの情婦。 超美人だが、「アタマの中身は宇宙空間なみに空っぽ」(ウル・クォルン談)。 機械人間一号 「謎の宇宙船強奪団」に登場した謎の機械人間たちのリーダー。 単純な知能しか持たない部下の機械人間たちとは違い、謎の黒幕の言葉を伝えている。 水星で建造された新造船を、テスト中に突如パイロットのみを宇宙空間に残して消滅させるという不思議な手口で、次々と強奪。 造船業界をパニックに陥れる。 ジカル Zikal 「時のロストワールド」に登場。 一億年前に存在した太陽系第5惑星カタインの科学者。 カタイン滅亡を前に、火星人の皆殺しと火星への移住、そして自身が新生カタインの主となることを企む。 戦争の回避と太陽系外の移住を主張する科学者ダルムールのグループと対立し、ダルムールの時空通信を受けてタイムトラベルしてきたフューチャーメンと対戦することになる。 ソリックス王 のコアに住む「箒星人」たちの王。 彗星の外にまで手を伸ばし、何十隻もの宇宙船を次々に鹵獲した。 冷たきものども 年老い、冷え切った宇宙に適応するためにつくられた人工。 人間の骸骨のような外観を持ち、宇宙空間の酷寒に生身で耐えられる。 呼吸の必要が無く、テレパシーで意思の疎通をする。 温血のタラスト人を激しく憎み、根絶しようとしている。 ラルスタン王 銀河中心核の大宇宙塵雲の中にある惑星コルの王。 〈物質生成の場〉の秘密の独占を狙う。 ラルセン・キング 悪辣な企業家。 銀河中心核への遠征でフューチャーメンが太陽系を留守にしている間に、月の地下に存在する鉱脈の独占を企み、初代太陽系政府主席ジェイムズ・カシューを暗殺。 その罪をキャプテン・フューチャーになすりつけた。 ゴーマ・ハス スヴァードと呼ばれる種族を操り、銀河系宇宙の征服を企む謎の存在。 キム・イヴァン 元宇宙海賊。 逮捕され、囚人船「ヴァルカン」でケルベルス刑務所に護送される途中、反乱を起こして船を強奪。 警護に当たっていたフューチャーメンやジョオンたちを人質に、太陽系からの脱走を企む。 ハートリー・ブルックス 悪辣な企業家。 人口増加にあえぐ太陽系住民への衣食住の供給を牛耳って暴利をむさぼる。 しかし、キャプテンが提案した「新惑星建設計画」によってその独占を脅かされたため、フューチャーメンの暗殺を部下に命じる。 ルウ・グウル 元放射線学者。 人に望み通りの夢を見せるが、やがて脳をやられて廃人になってしまう「忘却放射線」を密売していたが、キャプテンに追い詰められて太陽系外に逃走。 しかし、いずこかの「無法の星」を根城にしてラジウム盗賊団の主に返り咲き、再びキャプテンと死闘を展開する。 上帝 「X空間」の独裁者。 母恒星が死滅したため、太陽系の侵略をもくろみ、第一目標として最大の敵であるキャプテンの本拠地・月を狙う。 ジザベル彗星人 三千年前に太陽系を征服しようと乗り込んできたが、志を果たせぬまま冥王星の「戦士の谷間」で眠り続けていた異星人の一団。 コメット号 [ ] キャプテン・フューチャーとフューチャーメンの専用宇宙船。 フューチャーメンが独自に設計、製作した。 船体は涙滴型で、隙間に特殊な絶縁体を充填した3枚あわせのイナートロン(架空の金属)で出来ている。 9基の高性能による推進器によって太陽系最速を誇る(通常の燃料は粉末状の)。 通常のエンジン音は「丸鋸を回転させているような特徴的な」音で、他のいかなる宇宙船とも異なるため、すぐに聞き分けることができる。 高効率の噴射機構を備え、水中航行も可能。 後に 振動ドライブを設置したことにより超光速航行が可能となり、銀河間航行をも行い得る高性能を誇る。 また「時のロストワールド」事件においては 航時推進機を搭載して、をも行っている。 固定武装として2門のプロトン砲を装備。 それ以外の特徴的な装備として、船外に荷電粒子をまとってに偽装する「 彗星カモフラージュ装置」、太陽に近接航行可能な「後光(ハロー)装置」、重力を検知する「グラヴィトメーター」、小惑星を検知する「ミティオロメーター」などを装備。 また船内には非常にコンパクトながら充実した研究設備、各種資料、医療設備などを備え、科学者としてのキャプテン・フューチャーの活動を支えている。 惑星警察機構 [ ] 太陽系全域の法と治安を守る組織。 トップはハーク・アンダース長官。 第1から第4課までの4つの部門から形成される。 第1課:ある程度社会基盤が形成済みの惑星における警察業務を行う。 いわゆるやの任務を果たす。 第2課:未開拓の惑星や宇宙空間、開拓途中のフロンティアにおける警察業務と司法業務を担当する。 におけるのような役割を果たす。 第3課:、秘密捜査を主な任務とする。 構成人員やその構成などほとんどが極秘。 ジョオン・ランドールはここに所属している。 第4課:通称、 惑星パトロール。 宇宙空間、宇宙航路における治安を担当。 この課の長はエズラ・ガーニー司令(地位的には惑星警察のナンバー2にあたる)。 討伐が初期の重大な任務とされ、ガーニーは常にその最前線に立ち続けることで絶大な信頼とその地位を獲得した。 装備 [ ] 重力等化機(じゅうりょくとうかき、Gravitation Equalizer) 水星、火星、土星、海王星などで産出するグラヴィウム(架空の金属)で作られたは、通電すると近傍の物体の重量を変化させる特性がある。 この効果を利用して、他惑星で活動する者が母星の下と同じ条件で活動できるようにする装置。 人類と各惑星人の生活圏が太陽系全域に広がったこの時代、生活必需品にまでなっている。 なお、重力等化機に使用するグラヴィウムのコイルは、使い続けるとその効力が落ちるため、定期的に交換する必要がある。 発明者は『挑戦!嵐の海底都市』の冒頭部ナレーションによるとマーク・カルー(作中より過去の時代の宇宙探検家)とされているが、「時のロスト・ワールド」で1億年前の古代火星人やカタイン人もこれを使用していた。 テレバイザー Televisor いわゆるで、と公共放送の受像器を兼ねている。 通常は据え置き型のサイズのものが普及しているが、フューチャーメンは小型のポケット・テレバイザーを愛用している。 〈不可視放射線〉投射装置 カーティスとサイモンが発明した小さな円盤型の装置で、周囲のあらゆる光線を屈曲させる力線を投射することで着用者を透明にすることができる。 弱点は、力線の投射可能時間が10分程度しかないこと、この効果を受けている人物は完全な暗黒に包まれて物が見えなくなること、触感は変えられないので相手に触れば発覚してしまうことである。 「異次元侵攻軍迫る!」の第14章で改良版が登場し「周囲の光を貫通放射線に変換して使用者をすり抜けさせる」が「使用者の目もこの影響を受けるためぼやけるが一応見える」というものになっていた。 ただし透明化も完全ではなくなっており、わずかな部分で反射が見えてしまうようになっている。 作品リスト [ ] 長編 [ ]• 恐怖の宇宙帝王 Captain Future and the Space Emperor• 『キャプテン・フューチャー誌』:冬号• 暗黒星大接近 Calling Captain Future• 『キャプテン・フューチャー誌』:1940年春号• 嵐の海底都市 Captain Future's Challenge• 『キャプテン・フューチャー誌』:1940年夏号• 不死密売団 The Triumph of Captain Future• 『キャプテン・フューチャー誌』:1940年秋号• 太陽系七つの秘宝 Captain Future and the Seven Space Stones• 『キャプテン・フューチャー誌』:冬号• 謎の宇宙船強奪団 Star Trail to Glory• 『キャプテン・フューチャー誌』:1941年春号• 透明惑星危機一髪! The Magician of Mars• 『キャプテン・フューチャー誌』:1941年夏号• 時のロスト・ワールド The Lost World of Time• 『キャプテン・フューチャー誌』:1941年秋号• 輝く星々のかなたへ! The Quest beyond the Stars• 『キャプテン・フューチャー誌』:冬号• 月世界の無法者 Outlaws of The Moon• 『キャプテン・フューチャー誌』:1942年春号• 彗星王の陰謀 The Comet King• 『キャプテン・フューチャー誌』:1942年夏号• 惑星タラスト救出せよ! Planets in Peril• 『キャプテン・フューチャー誌』:1942年秋号• 宇宙囚人船の反乱 The Face of the Deep• 『キャプテン・フューチャー誌』:冬号• 異次元侵攻軍迫る! World to Come• 『キャプテン・フューチャー誌』:1943年春号• 人工進化の秘密! The Star of Dread• 『キャプテン・フューチャー誌』:1943年夏号• 魔法の月の血闘 Magic Moon• 『キャプテン・フューチャー誌』:1943年秋号• フューチャーメン暗殺計画 Days of Creation• 『キャプテン・フューチャー誌』: 春号• 危機をよぶ赤い太陽 Red Sun of Danger• 『』:春号• ラジウム怪盗団現る! Outlaw World• 『スタートリング・ストーリーズ』:1946年冬号• 小惑星要塞を粉砕せよ! The Solar Invasion• 『スタートリング・ストーリーズ』:1946年秋号 短編 [ ]• キャプテン・フューチャーの帰還 Return of Captain Future• 『スタートリング・ストーリーズ』:1月号• 太陽の子供たち Children of the Sun• 『スタートリング・ストーリーズ』:1950年5月号• 衛星チタンの〈歌い鳥〉 The Harpers of Titan• 『スタートリング・ストーリーズ』:1950年9月号• 鉄の神経お許しを Pardon My Iron Nerves• 『スタートリング・ストーリーズ』:1950年11月号• 忘れじの月 Moon of the Unforgotten• 『スタートリング・ストーリーズ』:1月号• もう地球人では…… Earthman No More• 『スタートリング・ストーリーズ』:1951年3月号• 〈物質生成の場〉の秘密 Birthplace of Creation• 『スタートリング・ストーリーズ』:1951年5月号 番外編 [ ]• 風前の灯! 冥王星ドーム都市• 1983年7月臨時増刊号『キャプテン・フューチャー・ハンドブック』 日本語訳 [ ] 1966年から1967年にかけて「太陽系七つの秘宝」「謎の宇宙船強奪団」「時のロスト・ワールド」の3冊が、(いわゆる銀背)より刊行。 1970年より、長編作品がSFより各1冊で刊行(訳書の刊行順は、原著の刊行順と異なっている)。 カバーイラストおよび挿絵は水野良太郎。 1995年に「透明惑星危機一髪!」「挑戦! 嵐の海底都市」「暗黒星大接近」「太陽系七つの秘宝」「謎の宇宙船強奪団」の5冊がハヤカワ文庫SFより復刊。 カバーイラストは水野良太郎が新規に描き起こしたもので、アメコミ風味であった。 2004年より、原著刊行順に沿って、時系列順に長編2編ごとに文庫1冊に収められ、さらにシリーズ短編とCAPTAIN FUTURE誌掲載の掌編を1冊にまとめて最終巻とした『キャプテン・フューチャー全集』全11巻が、より刊行された。 また、2008年6月、のオリジナル作品『風前の灯! 冥王星ドーム都市』が別巻として刊行され(刊行は野田逝去の同月下旬だった)、キャプテンフューチャーシリーズは完結した。 カバーイラストおよび挿絵は。 児童向け版 [ ]• 戦うフューチャーメン(SF世界の名作26、)• 「時のロスト・ワールド」をジュブナイル化したもの。 訳者は。 原作との最大の違いは古代地球人が登場せず、彼らによって古代語を習うのではなく「火星の古代語」を最初から知っていることで古代火星人やカタイン人と会話ができることになっている。 宇宙FBI(SF(科学小説)名作シリーズ14、)• 「謎の宇宙船強奪団」をジュブナイル化したもの。 訳者は。 宇宙怪人ザロ博士の秘密(少年少女世界SF文学全集18、)• 「暗黒星大接近!」をジュブナイル化したもの。 訳者は。 イラストは金森達。 コメット号時間作戦(岩崎書店SFこども図書館26、)• 上記「戦うフューチャーメン」の改題版。 「キャプテン・フューチャー」というタイトルのバージョンもある。 キャプテンフューチャー(アニメーション・ノベルス、)• アニメ版「恐怖の宇宙帝王」「時のロストワールド」をノベライズしたもの。 キャプテンフューチャー 謎の宇宙船強奪団(講談社アニメーション・ノベルス、)• アニメ版「謎の宇宙船強奪団」をノベライズしたもの。 SFロマン キャプテンフューチャー 1~3(、1979年)• アニメ版のノベライズ。 1は「恐怖の宇宙帝王」、2は「時のロスト・ワールド」と「謎の宇宙船強奪団」、3は「暗黒星大接近!」を収載。 キャプテン・フューチャーの冒険(岩崎書店冒険ファンタジー名作選8、)• 上記「戦うフューチャーメン」、「コメット号時間作戦」の改題版。 イラストは。 テレビアニメ [ ] により、に続く連続第二弾としてアニメ化され、1978年11月7日から1979年12月18日まで52回にわたり放映された。 表記は「 キャプテンフューチャー」。 制作は。 これは、当時はNHK製作の番組に会社自体が直接関わることが制限されていたためである。 これに伴い、当時の東映動画が制作したテレビアニメにおいて、通常は東映本体のクレジットを単独で出していたが 、東映本体が製作していないテレビ番組であるので、東映動画のクレジットに変更 される措置を取られている。 デザインや演出に、当時、一大ブームが起きていた『』や『』、『』などの影響が見られた。 当時、同じエドモンド・ハミルトンの小説『』を原作とした同タイトルの実写番組も放送されていた。 脚本の辻真先によるとNHKから現代の科学に合うように脚色するよう求められたという。 キャラクターデザインの野田卓雄によると、カーティス・ニュートンのデザインは、映画俳優をモデルにしているという。 キャスト [ ] 詳細は「」を参照。 キャプテン・フューチャー -• ジョーン・ランドール -• グラッグ -• オットー、次回予告ナレーション -• サイモン・ライト教授 -• ケン・スコット -• エズラ・ガーニー -• カシュー主席 -• 秘書アニー -• ナレーション -• その他 - 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、、、他(順不同) スタッフ [ ]• 製作 -• 企画 - 田宮武、栗山富郎• 製作担当 - 吉岡修、武田寛• 設定製作 - 須藤和一• キャラクター設定・チーフアニメーター(総作画監督) - 野田卓雄、森利夫• 美術設定・チーフデザイナー・メカニック設定 - 辻忠直• 背景 - 中野一郎、前美智子、松本健治、襟立智子 他• メカキャラクター設計 - 三山昇• 特殊効果 - 佐藤章二、中島正之• 音楽 -• 選曲 - 原田敦• 録音担当 -• 効果 - 石田秀憲()• 音響制作 -• 撮影監督(撮影担当) - 佐藤隆郎、菅谷英夫、菅谷信行、佐野禎史• 編集 - 花井正明(タバック)• 科学考証 - 石倉八木• 記録 - 黒石陽子• 製作進行 - 吉沢孝男、川端蓮司 他• チーフディレクター -• 制作協力 - 株式会社• 企画・製作 -• 制作 - 東映動画、 主題歌・挿入歌 [ ] 夢の舟乗り 歌手 作詞者 作曲者 編曲者 大野雄二 映像 映像制作者 (ノンクレジット) 初放送月 - その他 『キャプテン・フューチャー』OPテーマ。 オープニングテーマ「夢の舟乗り」• レコーディングはタケカワのバージョンが先に行われていたことが後年明らかになっている。 Bru-rayBOXのライナーノートに収録の田宮武へのインタビューでは、当初タケカワユキヒデの歌唱を予定してレコーディングも済ませていたのが、タケカワ側の契約上の問題からヒデ夕樹が急遽起用され、契約問題が解決したところでタケカワのバージョンに差し替えたという経緯が語られている。 ヒデ夕樹版はTVサイズ音源・レコードサイズ音源それぞれ2種類ずつ存在し、放映では1 - 8話(およびTVSP)と9話以降では別テイクが使用されている。 またレコードサイズ音源2種類のうちオリジナルテイクはマスターテープが廃棄されており、後年発売されたコンピレーションアルバムや本作の復刻版サウンドトラックには別テイク(再レコーディング)のものが収録されている。 なお大野雄二は、ヒデ夕樹版の再レコーディングが行なわれた経緯については記憶がないとしている。 1978年12月に発売されたシングル盤(・SCS-441)は、初回プレス盤はヒデ夕樹のオリジナルテイクが収録されていたが、追加プレス時以降に再レコーディング版に差し替えられたかは不明。 1979年7月に「テレビまんがアクションシリーズ」で本曲と「ポプラ通りの家」に出演者によるセリフや効果音を入れて発売されたコンパクト盤(日本コロムビア・CH-87。 『』からの『誰がために』と『いつの日か』とカップリング)では、ヒデ夕樹の再レコーディング版が使われていた。 2月から3月にかけて、『』でヒデ夕樹版が放送された。 エンディングテーマ「ポプラ通りの家」• 2010年放映のアニメ『』第9話では、挿入歌およびエンディングに(作中のキャラクター「ラウリィ」名義)によるカヴァーバージョンが使用された(編曲 - 菊谷知樹) 挿入歌「OK! キャプテン」• 」 第2話 11月14日 炎の海の牢獄 原田謙一 「実体なき怪人宇宙帝王」 第3話 11月21日 天翔ける砦の奇蹟 佐々木正広 青鉢芳信 下川忠海 「古代メガラ文明の謎とは? 」 第4話 11月28日 衛星ヌーンの決戦 落合正宗 坂本信人 「ついに実体を暴露した宇宙帝王」 『時のロスト・ワールド』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術監督 サブタイトルの後に付いた語句 第5話 1978年 12月5日 SOS1億年前 辻真先 青鉢芳信 坂本信人 「タイムドライブ未知の旅」 第6話 12月12日 聖なる星クウムの謎 勝間田具治 篠田章 原田謙一 「恐竜時代に不時着したコメット号は? 」 第7話 12月19日 太陽系創世記 森利夫 坂本信人 「眼前に展開する荘厳な太陽創造のドラマ! 」 第8話 12月26日 遥かなり50億年の旅 秦秀信 「宿命の星カタインの前途は果たして? 」 『謎の宇宙船強奪団』 スペシャル版。 年末特番のため60分番組であった。 放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術監督 サブタイトルの後に付いた語句 1978年 12月31日 華麗なる太陽系レース 辻真先 勝間田具治 野田卓雄 辻忠直 内川文広 原田謙一 「宇宙船が次々に消えるこの奇怪な事件の真相は? 」 『挑戦! 嵐の海底都市』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術監督 サブタイトルの後に付いた語句 第9話 1979年 1月9日 破壊王(レッカー)の陰謀 金子武郎 森下孝三 篠田章 辻忠直 原田謙一 「惑星間の航行に重大な危機迫る! 」 第10話 1月16日 海底の罠 落合正宗 坂本信人 「宿敵破壊王の挑戦をうけた キャプテンフューチャー」 第11話 1月23日 戦慄の海悪魔(シーデビル) 勝間田具治 森利夫 「身の毛もよだつ恐怖の未来科学」 第12話 1月30日 破壊王(レッカー)の謎 森下孝三 秦秀信 「ついに捕われの身となったフューチャーは、 そして破壊王の正体は? 」 『輝く星々のかなたへ! 」 第15話 2月20日 見張りの掟 佐々木正広 青鉢芳信 秦秀信 「神秘のベールに包まれた 物質生成の場をめぐる争い」 第16話 2月27日 甦える惑星 松浦錠平 鈴木康彦 坂本信人 「始まったコル星軍の攻撃、 炎の海から立ち上がるフューチャー! 」 『透明惑星危機一髪! 』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 サブタイトルの後に付いた語句 第17話 1979年 3月6日 ウル・クォルンの挑戦 森下孝三 森利夫 辻忠直 「流刑の星から脱獄した銀河系の 魔術師ウル・クォルン」 第18話 3月13日 暗闇族のすむ地底 松浦錠平 野田卓雄 坂本信人 辻忠直 「ついにウル・クォルンの基地を発見した フューチャーメン」 第19話 3月20日 惑星ただ一人 () 森利夫 内川文広 「小惑星に置きざりにされたフューチャー」 第20話 3月27日 透明惑星の幻人間 () 高山秀樹 篠田章 坂本信人 「宇宙の宝石とは…」 『太陽系七つの秘宝』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 サブタイトルの後に付いた語句 第21話 1979年 4月3日 銀河に眠る神秘の石 金子武郎 横井昭 森利夫 秦秀信 「ウル・クォルン再登場・ 謎を秘めた神秘の石を次々と奪取」 第22話 4月10日 銀河サーカスの死闘! 篠田章 坂本信人 第23話 4月17日 キャプテンフューチャー死す! (横井昭) 高山秀樹 青鉢芳信 内川文広 「暗黒の宇宙に漂う死体、 果たしてフューチャーか? 」 第24話 4月24日 未知のミクロ宇宙 松浦錠平 森利夫 秦秀信 「驚くべき小宇宙のなぞ」 『暗黒星大接近』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 第25話 1979年 5月1日 渦巻く墓標 辻真先 (中津川勲) 勝間田具治 森利夫 辻忠直 第26話 5月8日 吼える大氷流 (中津川勲) 山内重保 坂本信人 第27話 5月15日 怪獣狩人(ビブルハンター)は語る 佐々木正広 原田謙一 第28話 5月22日 幻の星幻の文明 (石黒昇) 高山秀樹 三浦清継 秦秀信 『宇宙囚人船の反乱』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 第29話 1979年 5月29日 囚人船ハイジャックさる! 小野竜之助 (森下孝三) 長谷川康雄 森利夫 坂本信人 第30話 6月5日 銀河からの大脱走 (富田義治) 山内重保 篠田章 辻忠直 第31話 6月12日 ゼロからの出発 (石黒昇) 高山秀樹 森利夫 坂本信人 第32話 6月19日 星くずのスペースマン 松浦錠平 野田卓雄 辻忠直 『魔法の月の決闘』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 第33話 1979年 6月26日 キャプテンフューチャー募集! 金子武郎 森下孝三 落合正宗 秦秀信 第34話 7月3日 恐怖のスペース・ロケーション 小出啓介 鈴木康彦 坂本信人 第35話 7月17日 幻影の惑星 高山秀樹 森利夫 秦秀信 第36話 7月31日 放たれた最終兵器(スーパーウェポン) (森下孝三) 長谷川康雄 菊池城二 坂本信人 『彗星王の陰謀』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 第37話 1979年 8月7日 消えた宇宙船 星山博之 笠井由勝 菊池城二 辻忠直 第38話 8月14日 彗星の支配者 松浦錠平 秦秀信 第39話 8月28日 アルルスの正体 (石黒昇) 山内重保 鈴木康彦 坂本信人 第40話 9月4日 悪夢の世界・四次元 (森下孝三) 長谷川康雄 篠田章 『脅威! 不死密売団』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 第41話 1979年 9月11日 不死密売シンジケート 金子武郎 (富田義治) 高山秀樹 森利夫 辻忠直 第42話 9月25日 不死帝王の挑戦 小出啓介 飯野皓 秦秀信 第43話 10月9日 生と死の幻影 笠井由勝 森利夫 坂本信人 第44話 10月23日 永遠の都の決斗 松浦錠平 飯野皓 辻忠直 伊藤岩光 『惑星タラスト救出せよ! 』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 第45話 1979年 10月30日 よみがえれ伝説の英雄 辻真先 (森下孝三) 山内重保 田辺由憲 坂本信人 第46話 11月6日 グラッグ奪回作戦 高山秀樹 飯野皓 内川文広 第47話 11月13日 ひとりぼっちの地獄刑 山内重保 菊池城二 松本健治 第48話 11月20日 英雄カフールの謎 笠井由勝 飯野皓 坂本信人 『人工進化の秘密! 』 話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ) 演出 作画監督 美術監督 第49話 1979年 11月27日 宇宙遺跡の謎 (石黒昇) 山内重保 飯野皓 坂本信人 第50話 12月4日 半獣人の謎 佐々木正広 山口俊和 第51話 12月11日 死都の対決 松浦錠平 松本健治 第52話 12月18日 光と闇の彼方へ 笠井由勝 森利夫 坂本信人 原作との変更点 [ ]• 基本的に原作は太陽系内を舞台とし、太陽系内の地球以外の惑星にそれぞれ人類が存在するという設定であったが、それが無くなり、設定を太陽系外の架空の惑星に置き換える形で、銀河系規模でストーリーが展開する。 原作のコメット号は涙滴型であると設定されていたが、アニメ化にあたって船体デザインが大きく変更されている。 頭部は涙滴型、X型の翼状ユニット(翼端にプロトンガンを装備)を経て細く伸びた胴部をもち、最後端に球形のエンジンを持つ(映画「」のディスカバリー号と、同じく映画「」のという二つの有名宇宙船の特徴を併せたようなデザイン)。 原作にはない小型機(コスモライナー)を搭載している。 「時のロストワールド」事件に際して航時機(タイムドライブ)を装備した(これは原作通り)。 これに伴い、外見上の変更がなされた。 タイムドライブ時はX翼の端部がリング状に接合されるが、通常運航時はリング状パーツは収納される。 この収納スペースのため、翼端の上下に短い翼のようなものが付いた。 原作と順番が入れ替わっているエピソードがあるため、「前回の話」が前提の部位は逆のエピソードに入れられていることがある(宇宙のサルガッソー海から脱出する方法が『暗黒星大接近』と『謎の宇宙船強奪団』で原作と入れ替わっているなど)。 原作では「月世界の無法者」にてジェイムズ・カシュー主席が暗殺されるが、アニメ放映時点では同作が日本語未訳だったために、最後までカシュー主席は生存している。 コミック [ ] キャプテン・フューチャー 恐怖の宇宙帝王(画 - 愛沢ひろし、、1979年) アニメ版「恐怖の宇宙帝王」のコミカライズ。 キャプテン・フューチャー(画 - ) アニメの放送に合わせて1979年ので連載。 アニメ版のストーリーをベースとしつつも独自の物語で展開された。 単行本未収録。 キャプテン・フューチャー(画 - 立山清一) アニメの放送に合わせて1978年11月号から1979年1月号ので連載。 全3回。 単行本未収録。 玩具 [ ] アニメ放送に伴い、から、ポピニカ・フューチャーコメット、ポピニカ・コスモライナー、・グラッグ、プラデラ・フューチャーコメット、プラスチック製のプロトン銃などの玩具が発売された。 なお、日本以外のみの展開として、胴・腕・脚にの型を流用した超合金・キャプテン・フューチャーと、ポピニカ・サイモン・ライト(ミサイル発射、脳発光)が発売された。 日本以外での放送 [ ] アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、台湾、香港、韓国、中東などの欧米、アジア地区やチリなどの南米において放送された。 劇場版 [ ] 「キャプテン・フューチャー」• 、「」内で公開。 1978年12月31日放送のスペシャル「華麗なる太陽系レース」のブロウアップ版。 同時上映は劇場用新作『』・『』・『』と、TVブローアップ作品『』の計4本。 映像ソフト化 [ ] からにかけてBlu-ray BOXが全2巻で発売。 脚注 [ ] []• アニメ第二話では、グラッグとオットーを制作する回想シーンで既に宙に浮かんでおり、ロジャーによって最初から飛行できるよう設計されていた模様。 なお、水野良太郎のイラストではひげがない。 M・W・ウェルマン Manly W. Wellman 作• 作の作品。 この事例も初めてであり、それまで東映動画が制作したテレビアニメは、全て東映本体も製作に関与していた。 『』も東映アニメーションが制作したNHKアニメであるが、こちらは劇場版のみに東映本体が製作に関与している。 NHK製作のは、長年完全自局制作が主体だったが、2019年現在は関連会社のが主導しての制作や、NHKと外部プロダクションの共同制作番組〈と共同制作の『』など〉もみられる。 東映動画が東映アニメーションに社名変更した頃から、「制作協力:東映、制作著作:(テレビ局名)・東映アニメーション」とクレジットされている。 極初期の東映動画制作作品も東映動画のクレジットを使用していたが、東映が大株主ののが製作した作品のため、東映本体が製作に関わっている作品である。 ・たるかす・早川優・山本元樹・原口正宏「第2章 これぞ王道! 知りつつハマる「お約束」の数々 23 『キャプテンフューチャー』で味わう宇宙五十億年の大時間旅行」『懐かしのTVアニメベストエピソード99〈東映動画編〉』、1995年10月25日、、76頁。 WEBアニメスタイル. 2017年9月30日閲覧。 原作「謎の宇宙船強奪団」に元となった歌が登場する。 関連項目 [ ]• - TV番組、本作の影響を受けた。 - の漫画は、キャプテン・フューチャーの作品である。 火星や金星に人類が存在するという設定を現代において作品化するにあたり、技術が存在する異世界を設定している。 (漫画家)- 本作家の短編に『キャプテンパースト』(未来(フューチャー)ではなく、過去(パースト))というパロディ作品がある。 - 作中でアニメ「華麗なる太陽系レース」を視聴するシーンがある他、『キャプテンフューチャー』への言及がある。 またアニメ第九話において、挿入歌とエンディングで「おいらは淋しいスペースマン」が使われている。 (小説家)- 1996年度中長編小説部門受賞作として、自らをキャプテン・フューチャーと思い込んだ男を主役にした『キャプテン・フューチャーの死』がある。 外部リンク [ ]• - (2013年4月27日アーカイブ分)• - (2004年4月29日アーカイブ分)• 火曜19:30枠 前番組 番組名 次番組.

次の

フューチャーソリューション LX

フューチャー

フィーチャーとは、特色、特質、機能、特徴(づける)、目玉(商品)、(商品の)売り、呼び物(にする)、容貌、特集する、などの意味を持つ英単語。 よく「フューチャー」(future:未来)と取り違える人がいる。 アジャイル開発のフィーチャー ソフトウェアので、利用者の視点から見たソフトウェアやシステムの持つ機能・特徴のことをフィーチャーということがある。 この用法では「特別な」「売り物になる」というニュアンスは無く、利用者から見て必要な機能は等しく列挙される。 フィーチャーを単位として開発工程を組み立てていく反復型の開発手法を「フィーチャー駆動開発」(:Feanture-Driven Development)という。 「ユーザー機能駆動開発」とも訳される。 CADのフィーチャー 3D CADで、多くの物体に共通して現れる特徴的な一部分の形状や、物体の特定の箇所をそのような形状に変形させる操作のことをフィーチャーということがある。 基本的なフィーチャーとして面取り、押し出し、丸み付け、丸穴などが用意されていることが多い。 立体モデルを基本形状とフィーチャーの組み合わせで構成していく手法を「フィーチャーベースモデリング」(feature-based modeling)という。 フィーチャーホン 携帯電話機の歴史的な分類の一つで、日本独自に進化した高機能な携帯電話端末のことを「」(feature phone)ということがある。 音声通話やアドレス帳、といった携帯電話機として最低限の機能の他に何らかの情報処理機能を持ち、かつ、そうした機能やサービス、ソフトウェアなどの仕様が機種やメーカー、ごとに固有であるようなものを指す。 日本で2000年代初頭に広く普及したものを指すことが多く、その要素技術やサービスなどの多くが国内独自、あるいはメーカー独自、キャリア独自の仕様や体系を持ち他社や諸外国には普及しなかったことから、周囲と隔絶した生態系に多くの固有種を持つ南米諸島になぞらえて「」とも呼ばれる。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

フューチャースクールとは

フューチャー

新型コロナウィルスに関する活動情報を集めています。 詳しくは下記の「お知らせ」をご覧ください。 フューチャー・アースは、研究、イノベーション、そして社会との協働によって持続可能な社会を実現できると考えています。 フューチャー・アースは、世界中の何千人もの科学者やイノベーターの経験と知恵を活用し、研究を促進し、ネットワークと共に革新的なアイディアを出しながら知識を行動に変えています。 フューチャー・アースのミッションは、研究とイノベーションを通して、世界中が持続可能な社会へと転換していく流れを加速させることです。 フューチャー・アースは研究コミュニティと社会との連携を目指しています。 グローバルな持続可能性に関する研究において、世界の先駆的な研究拠点と専門家が一つのネットワークとなって協働し、グローバルイノベーションシステムを支えています。 背景と沿革 人間社会の発展には、地球システムの安定が不可欠です。 しかし文明の繁栄を可能にしてきたこの地球システムの安定が今や人類自身の活動により脅かされています。 各国は、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals; SDGs)やパリ協定(Paris Agreement)の採択を通じて行動する必要性を認識しています。 地球と人類の未来をおびやかす深刻な問題を解決するためには、国際協働研究の枠組みが必要不可欠です。 私たちの活動は20のグローバル研究プロジェクト(Global Research Projects)を基盤としています。 これらのネットワークには何十年にも亘りサステナビリティ科学の最前線で研究成果を生み出してきた歴史があります。 グローバル研究プロジェクトは、人間社会を含む地球のすべての要素がどのように相互に連関して作用するかを探求する地球システム科学の形成において、重要な役割を果たしてきました。 また、人為的影響により特徴づけられるという点で地球の地質学的歴史における新しい時代であるとして、人新世(Anthropocene)の定義も導きました。 フューチャー・アースはこのような科学的な経緯と伝統を受け継ぎ、研究とイノベーションを通して持続可能な社会への転換を促進しています。 私たちは、様々な人と共に知識とツールをコ・デザインし共に創り出すことを基盤とした研究を促進する、国際的な機関です。 運営体制 フューチャー・アースは世界中の多くの科学者やイノベーターの経験と知恵を活用するため、多様なネットワークと評議機関および諮問機関により運営されています フューチャー・アースの運営に携わっている主要な機関は以下の通りです。 1)評議会(Governing Council);2)諮問委員会 (Advisory Committee);3)フューチャー・アース国際事務局(事務局長オフィス、グローバルハブ、地域事務所);4)各国の国内組織。 はフューチャー・アースの意思決定機関であり、戦略的な方向を決定し、予算や主要な任務を決定承認します。 事務局や評議会は、科学者および関係者の代表から構成されるによりサポートされています。 フューチャー・アース国際事務局は現在5つのグローバルハブと3つの地域センターおよびオフィスより構成されています。 グローバルハブはカナダ(モントリオール)、フランス(パリ)、日本(東京)、スウェーデン(ストックホルム)、および米国(コロラド)に分散して設置され、フューチャー・アースの国際的な活動(科学プロジェクトの調整、日々の管理業務)をコーディネートしています。 そして、主要な関係者と共に、テーマやプロジェクト、地域および委員会の連携を促進しています。 フューチャー・アースは、20のGlobal Research Projects(グローバル研究プロジェクト)およびKnowledge-Action Networks(知と実践のネットワーク)を事務的また財政的に支援しています。 研究プロジェクトでは、大気、海洋から生物多様性、サステナビリティ政策までの専門分野のテーマについて共同研究しています。 また、知識と実践ネットワークでは、研究者と公的機関、民間企業、市民社会の専門家が連携することにより、海洋から持続可能な都市、人類の健康といった地球規模課題を解決するために必要な知識や方法を構築しています。 フューチャー・アースは、グローバルハブや地域事務所が置かれた国々の様々な政府機関より資金提供を受けており、さらにそれらの国以外からも国家レベルで資金提供を受けています。 また、民間企業と共に、革新的な行動を起こすプロジェクトを推進しています。 詳細は、をご覧ください。

次の