激 おこ ぷんぷん 丸 最 上級。 激おこぷんぷん丸

「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」とは?意味や使い方をご紹介

激 おこ ぷんぷん 丸 最 上級

【目次】• 激おこぷんぷん丸の元ネタ・意味 この言葉はこれといった元ネタはなく、最初に誰が言い出したのかというのはわかっていない。 もともと若い女性、特に ギャル達がメールやTwitterで使い始めた「ギャル語」が広まっていったとされている。 若い女性というとなんでも言葉を縮めるのがお得意だが、最初は 「怒る」「怒っている」「怒った」といった言葉を縮めて「おこ」「 おこだよ!」として使っていた。 そこからさらに「おこ」よりも 激しい怒りを表現する言葉として「 激おこ」あるいは「まじおこ」という言葉へと派生。 そしてさらに怒りが高まった状態が「 激おこプンプン丸」というわけである。 「おこ」はどんどん進化し、怒りの度合いに合わせて 6段階に変化するという。 それが以下のもの。 おこ 「怒った」「怒ってる」を略したもの。 わかる。 わかる。 響きがかわいいのであまり怒っている気がしないが、まぁわかる。 ムカついて怒りに火が付いたということだろう。 まぁ、意味はわかる。 しかし「ムカ着火」をうまいことモジってロシアの「 カムチャッカ半島」とかけている。 カムチャッカ半島は「 火山の博物館」といわれるほど火山の多い半島であり、 非常に秀逸なネーミングであることがわかる。 インフェルノは「 地獄」や「大火」という意味がある。 つまり、「 怒りが大噴火!地獄を見せちゃるけぇのーぉぉぉおおう!!」ということなんだろう、だぶん。 わからん。 と、このように「おこ」から派生して最上級まで6段階の怒りを表現する言葉としてギャルの間でメールやTwitterで使われているというのである。 ネットではニコニコ動画やニコニコ実況などで2013年のはじめあたりから「おこ」「 おこなの?」というコメントを頻繁に見ることができた。 ギャル言葉として広まっていた「おこ」を面白がって使っていたものと思われる。 Twitterや2ch上でもこの「おこ」からの6段階の変化は広まっていき、有名人やアニメ・マンガキャラクターの画像を用いて「おこ」から最上級の「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」までの 6段階の変化を表現した画像が作られるなど流行の兆しを見せている。 もともとはギャル達が使い始めた「ギャル語」であり、この6段階の怒り表現も実際にギャルの間で流行していると言われているのだが、 本当に使われているのだろうか?かつてのギャル語である「KY」や「チョベリバ」のように なんでも略すのが好きなギャル達。 実際「おこ」も「怒った」「怒っている」を略したものであり理にかなっているとも言える。 しかしさすがに「 激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」は長すぎてギャルがいちいち携帯やスマホで打ち込んでいるとは思いがたいし、140文字という制限のあるTwitterで25文字のこのフレーズは使いづらいのではないだろうか。 しかし、この6段階変化については2013年4月4日のフジテレビ系 めざましテレビでもギャル語として紹介されている。 フジテレビが言うんだから間違いないのだろう。 追記:6段階活用からさらに進化し、Lv7とLv8が追加されたもよう。 広がりを見せる激おこぷんぷん丸 ここまでならただの流行り言葉で終わっていたのかもしれないが、あまりに「わけのわからない言葉」として広まったこと、そしてやはり何かのキャラっぽい名前?だったことから、「激おこプンプン丸」は思わぬ広がりを見せることとなる。 Twitterなどで 実際に「激おこプンプン丸」というキャラクターを創りだしてしまったのだ。 その発端となったのが hiromgogoさんが作ったという『 ファミコンソフト 激おこプンプン丸』の画面である。 さらにはこのゲームの 攻略本らしき物まで作ってしまい、いかにも当時こんなゲームがあったかのうような出来栄えであったことから、かつて本当にこんなファミコンソフトがあったのだと勘違いする人も続出。 「 激おこプンプン丸には元ネタがあった!!」なんていうことに。 さらにこの画像がTwitterで広まると他の人もこの流れにのっかり、 ゲームのBGMを作ってしまった人やファミコンソフトの パッケージや カートリッジのデザイン、そしてさらには iPhoneアプリとして本当にゲーム化しようとする人まで現れてしまうのであった。 今後「激おこプンプン丸」はどこまで行ってしまうのであろうか…。 激ねこぷんぷん丸 様々な広がりを見せる激おこぷんぷん丸は言葉そのものがさらに変化して用いられることも。 その一つがこの「激ねこぷんぷん丸」である。 2013年6月、Twitter上で「 激ねこぷんぷん丸」というハッシュタグが登場。 タグとともに 怒ったねこの画像がつぶやかれるというものだったが、これが瞬くまに広がっていき、Twitter上にはこのタグと共に大量のねこ画像が投稿されることに。 中には 特に怒っていないねこ画像も多く、とにかくタグと共にねこの画像が投稿されていくというお祭りとなった。 この「 激ねこぷんぷん丸」というタグは スカパーのプロモーションとして作られハッシュタグだそうだが、スカパーとは関係無しに広まっていったのでプロモーション効果があったのかどうかは謎である。 「激おこぷんぷん丸」は2013年の「 ユーキャン新語・流行語大賞」「 未来検索ブラジル ネット流行語大賞2013」にノミネートされています。

次の

東京ポッド許可局 『激おこぷんぷん丸』論 書き起こし

激 おこ ぷんぷん 丸 最 上級

【目次】• 激おこぷんぷん丸の元ネタ・意味 この言葉はこれといった元ネタはなく、最初に誰が言い出したのかというのはわかっていない。 もともと若い女性、特に ギャル達がメールやTwitterで使い始めた「ギャル語」が広まっていったとされている。 若い女性というとなんでも言葉を縮めるのがお得意だが、最初は 「怒る」「怒っている」「怒った」といった言葉を縮めて「おこ」「 おこだよ!」として使っていた。 そこからさらに「おこ」よりも 激しい怒りを表現する言葉として「 激おこ」あるいは「まじおこ」という言葉へと派生。 そしてさらに怒りが高まった状態が「 激おこプンプン丸」というわけである。 「おこ」はどんどん進化し、怒りの度合いに合わせて 6段階に変化するという。 それが以下のもの。 おこ 「怒った」「怒ってる」を略したもの。 わかる。 わかる。 響きがかわいいのであまり怒っている気がしないが、まぁわかる。 ムカついて怒りに火が付いたということだろう。 まぁ、意味はわかる。 しかし「ムカ着火」をうまいことモジってロシアの「 カムチャッカ半島」とかけている。 カムチャッカ半島は「 火山の博物館」といわれるほど火山の多い半島であり、 非常に秀逸なネーミングであることがわかる。 インフェルノは「 地獄」や「大火」という意味がある。 つまり、「 怒りが大噴火!地獄を見せちゃるけぇのーぉぉぉおおう!!」ということなんだろう、だぶん。 わからん。 と、このように「おこ」から派生して最上級まで6段階の怒りを表現する言葉としてギャルの間でメールやTwitterで使われているというのである。 ネットではニコニコ動画やニコニコ実況などで2013年のはじめあたりから「おこ」「 おこなの?」というコメントを頻繁に見ることができた。 ギャル言葉として広まっていた「おこ」を面白がって使っていたものと思われる。 Twitterや2ch上でもこの「おこ」からの6段階の変化は広まっていき、有名人やアニメ・マンガキャラクターの画像を用いて「おこ」から最上級の「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」までの 6段階の変化を表現した画像が作られるなど流行の兆しを見せている。 もともとはギャル達が使い始めた「ギャル語」であり、この6段階の怒り表現も実際にギャルの間で流行していると言われているのだが、 本当に使われているのだろうか?かつてのギャル語である「KY」や「チョベリバ」のように なんでも略すのが好きなギャル達。 実際「おこ」も「怒った」「怒っている」を略したものであり理にかなっているとも言える。 しかしさすがに「 激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」は長すぎてギャルがいちいち携帯やスマホで打ち込んでいるとは思いがたいし、140文字という制限のあるTwitterで25文字のこのフレーズは使いづらいのではないだろうか。 しかし、この6段階変化については2013年4月4日のフジテレビ系 めざましテレビでもギャル語として紹介されている。 フジテレビが言うんだから間違いないのだろう。 追記:6段階活用からさらに進化し、Lv7とLv8が追加されたもよう。 広がりを見せる激おこぷんぷん丸 ここまでならただの流行り言葉で終わっていたのかもしれないが、あまりに「わけのわからない言葉」として広まったこと、そしてやはり何かのキャラっぽい名前?だったことから、「激おこプンプン丸」は思わぬ広がりを見せることとなる。 Twitterなどで 実際に「激おこプンプン丸」というキャラクターを創りだしてしまったのだ。 その発端となったのが hiromgogoさんが作ったという『 ファミコンソフト 激おこプンプン丸』の画面である。 さらにはこのゲームの 攻略本らしき物まで作ってしまい、いかにも当時こんなゲームがあったかのうような出来栄えであったことから、かつて本当にこんなファミコンソフトがあったのだと勘違いする人も続出。 「 激おこプンプン丸には元ネタがあった!!」なんていうことに。 さらにこの画像がTwitterで広まると他の人もこの流れにのっかり、 ゲームのBGMを作ってしまった人やファミコンソフトの パッケージや カートリッジのデザイン、そしてさらには iPhoneアプリとして本当にゲーム化しようとする人まで現れてしまうのであった。 今後「激おこプンプン丸」はどこまで行ってしまうのであろうか…。 激ねこぷんぷん丸 様々な広がりを見せる激おこぷんぷん丸は言葉そのものがさらに変化して用いられることも。 その一つがこの「激ねこぷんぷん丸」である。 2013年6月、Twitter上で「 激ねこぷんぷん丸」というハッシュタグが登場。 タグとともに 怒ったねこの画像がつぶやかれるというものだったが、これが瞬くまに広がっていき、Twitter上にはこのタグと共に大量のねこ画像が投稿されることに。 中には 特に怒っていないねこ画像も多く、とにかくタグと共にねこの画像が投稿されていくというお祭りとなった。 この「 激ねこぷんぷん丸」というタグは スカパーのプロモーションとして作られハッシュタグだそうだが、スカパーとは関係無しに広まっていったのでプロモーション効果があったのかどうかは謎である。 「激おこぷんぷん丸」は2013年の「 ユーキャン新語・流行語大賞」「 未来検索ブラジル ネット流行語大賞2013」にノミネートされています。

次の

「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」とは?意味や使い方をご紹介

激 おこ ぷんぷん 丸 最 上級

「激おこぷんぷん丸」の意味とは 激おこぷんぷん丸とは、 激怒している状態という意味です。 激おこぷんぷん丸は、ギャル語で怒っている様子を表すと「おこ」から派生した単語となっています。 怒るという様子や行為には、怒っていることの段階があることからその様子の段階分けの表現のために使われています。 単に怒っていると、激怒しているなど度合いを付けるのと同じ表現です。 その表現の段階を、より詳細に分けたもののうちの1つが「激おこぷんぷん丸」となっています。 具体的には主に6段階あるとされており• おこ(弱め)• まじおこ(普通)• 激おこぷんぷん丸(強め)• ムカ着火ファイヤー(最上級)• カム着火インフェルノォォォォオオウ(爆発)• 激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム(神) です。 またこれを「ギャル語怒りの6段活用」などと称しています。 「GRP AWARD 2013」の「ギャル流行語トップ10」では2位、「ネット流行語大賞2013」では銀賞であったりと非常にこのスラングを盛り上げる背景がありました。 「激おこぷんぷん丸」の語源 激おこぷんぷん丸の語源は、上述の通り「おこ」です。 「おこ」自体は2011年頃からあり、そこから2013年2月頃より派生形として使われ始めました。 主にSNSのTwitterなどで多く使われており、若者言葉の代表と言える立ち位置の単語だったのです。 そうした中であるTwitter利用者が、「ギャルが怒った時に使う言葉」と題したツイートをしたことがキッカケとなり広まりました。 上位の表現は単語の長さなどもあって、使いにくさが目立ったため3番目の当単語が広まったと考えられます。 ちなみに上記の項目で紹介した6段階活用は元ネタのもののため、現在では多少の表記揺れがあるので注意してください。 「激おこぷんぷん丸」の評価 激おこぷんぷん丸は、多くのジャンルで分析のされた単語です。 激おこぷんぷん丸は、特異な表現にも関わらずかなり広く使われるようになりました。 そのため各方面の専門家などによって評価や分析がされた、あまり前例の無い単語でもあるのです。 例えば日経プラスワンや朝日新聞、読売新聞、西日本新聞などの各紙も取り上げたことがあります。 さらには女性セブンやJ-CASTニュースなど多くのメディアで取り上げられました。 分析内容では、• 「怒る表現をあえて茶化して、喧嘩になるのを避ける巧妙な表現」• 「言葉を人名に例えるのは、江戸時代からある言葉遊びの一種」 などと、大学の教授などをはじめ各専門家が分析をした単語なのです。 こうした流れを受けて激おこぷんぷん丸は、単なる若者言葉以上に多くの世代の人に認知された単語となっています。 「激おこぷんぷん丸」の例文・用例 激おこぷんぷん丸を使った例文・用例を紹介します。 私のお菓子を勝手に食べたからもう口きかん! 激おこぷんぷん丸 じゃ。 私は早起きしたのに!寝坊とかありえん! 激おこぷんぷん丸 だわ。 「おこ」から派生していることもあり、そのおこの6段活用にあたる単語の全てが類義語と言えます。 またあまり使われていませんが、おこの15段活用もあるためそちらに分類される単語も類義語と言えるでしょう。 「激おこぷんぷん丸」の対義語・反意語 激おこぷんぷん丸の対義語は、「ガチしょんぼり沈殿丸、まじるんるんご機嫌丸」です。 意味は、落ち込んでいる様子、とても嬉しい様子です。 どちらも激おこぷんぷん丸からの派生であるものの、表している感情が対義となっています。 そのため同じギャル語であるものの、意味としての対義語としてこれらが挙げられるでしょう。

次の