浄土宗 墓地。 京都で浄土宗の寺院墓地・納骨・永代供養のできる寺を探します

浄土宗林宗院 墓地のご紹介

浄土宗 墓地

浄土宗とは、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱える仏教の一つで、宗祖は「法然上人」です。 法然上人は幼いうちに父を亡くしたことがきっかけに京都の比叡山で修行をし、やがて浄土宗の教えを悟り浄土宗を開きその考え方を広めていきました。 その歴史は古く鎌倉時代の1175年に開宗されたといわれています。 浄土宗の教えについて 浄土宗の教えは、本尊である阿弥陀佛の慈悲を信じ「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えることに特徴があります。 念仏を唱えることで安らかな日々を送り、人格を高め、社会のために尽くし、亡くなった後に極楽浄土への往生を祈ることを信仰としています。 念仏はどこにいても唱えることができ、また唱えることは容易にできることから人々は容易に救われるとされ、その 念仏の容易さから世間一般に広まっていったとされています。 浄土宗と浄土真宗の違い 浄土宗と浄土真宗の違いがわかりますか。 浄土宗と浄土真宗は名前は似ており、どちらも念仏を唱えることは共通していますが、異なる部分も多いです。 例えば、浄土宗は宗祖が法然上人であるのに対し、浄土真宗は法然上人の弟子である親鸞が宗祖です。 また、浄土宗も浄土真宗もどちらも念仏を唱えますが、念仏に対する考え方は浄土宗は念仏を唱える行為自体に重点を置くのに対し、浄土真宗では念仏を唱える行為ではなく唱えようという気持ちこそが重要であると考えられています。 さらに、浄土真宗においては不祝儀袋は「御霊前」ではなく「御佛前」が正しい記載方法です。 これは、浄土宗においては人は亡くなってかはら霊になり四十九日を経て仏になることから「御霊前」と書くのですが、浄土真宗では亡くなるとすぐに仏になるとされているため「御佛前」と書きます。 加えて、浄土宗では香を額に近づけてお焼香をしますが、浄土真宗では香は額に近づける作法をしません。 また、線香の立て方にも違いがあり、浄土真宗では線香は立てずに横に寝かせるなど浄土宗と浄土真宗とでは 葬儀での作法などにも違いがあります。 浄土宗のお墓の特徴 ここでは、 浄土宗のお墓の特徴を紹介します。 実際に墓石にどのような文字を刻むべきなのか、刻む文字に決まりがあるのか、文字の種類がたくさんあってどれにすべき分からないなどの疑問が生じることも多いかと思います。 実際にお墓を建てる時になって刻むべき文字を知らないとどうしたらいいか困ってしまいますよね。 ここからは一般的なお墓に刻む文字を説明したあとで、 浄土宗においてお墓に刻む文字の特徴やその意味について説明していきます。 また、五輪塔を建てる場合もありますから、五輪塔を建てる場合の文字の特徴についても解説していきます。 お墓に刻む文字 まず、 お墓に刻む文字について説明します。 墓石には2種類あり、縦型の和形墓石と横型の洋型墓石があります。 和形墓石の場合には、お墓の一番上に設置された縦長の石である「竿石」の正面に「〇〇家代々之墓」「〇〇家之墓」「〇〇家」と刻むことが多いです。 また、洋型墓石の場合には横書きで「〇〇家」と和形墓石と同じ文字に加えて、「和」「感謝」などの1文字から4文字の好きな言葉を入れることもできます。 つぎに、浄土宗のお墓の特徴としては、和形墓石で竿石の正面にある「〇〇家之墓」の彫刻に加えてその上部に梵字を刻むことにあります。 梵字とは、古代インド文字を漢字で表現したもので、お墓に刻む梵字は阿弥陀如来を表す「キリーク」を入れます。 「南無阿弥陀仏」とは、亡くなった後に極楽浄土への往生を祈ることを意味します。 そもそも「南無阿弥陀仏」とは「南無」が「帰依する」を意味することから、本尊である阿弥陀仏に帰依することを表します。 阿弥陀仏に帰依することで浄土に導かれ、救済されるというのが「南無阿弥陀仏」の意味であるといえます。 南無阿弥陀仏の文字をお墓にいれることで、故人の極楽浄土への往生を祈る意味があるといえます。 また「倶会一処」とは、浄土教の往生利益の一つとされ、阿弥陀仏の極楽浄土に往生したものが、浄土の仏・菩薩と一処に出会うことができることを意味します。 先に浄土にいる先祖たちと同じ浄土に生まれたいという願望や同じ浄土へ行けるとの喜びを示すものです。 いずれの言葉も浄土宗においての極楽浄土への往生を意味する言葉といえ、浄土宗のお墓の特徴といえます。 以上のことから 浄土宗のお墓に刻む文字の特徴は、以下のいずれかということになります。 「南無阿弥陀佛」• 「俱会一処」 五輪塔の場合は? 五輪塔とは、五つの輪が重なった形の墓石、供養塔のことをいいます。 五輪塔の歴史は古く平安時代から作られ始めたといわれています。 三段式の和形の墓石が江戸時代から普及し始めたと言われていることから、五輪塔の方が歴史が長いといえます。 五輪塔が作られる前はお墓は死者の埋葬地との意味しかありませんでしたが、五輪塔が初めて 極楽への往生を意味するようになったといわれています。 そもそも五輪は「地・水・火・風・空」という宇宙を構成する五大要素を意味し、五輪塔は死者を成仏させ、極楽浄土に往生させることが本来の意味です。 五輪塔に文字を入れる文字については、当初は下から「地・水・火・風・空」を意味する梵字が刻まれていましたが、現在は梵字は刻まずに上から順番に「南無・阿・弥・陀・仏」と区切って文字を刻むことに特徴があります。 浄土宗以外の墓地・霊園に納骨できるのか では、 浄土宗以外の墓地・霊園に納骨はできるのでしょうか? 浄土宗以外の墓地・霊園に納骨する必要がある場合にどうしたらいいか困ってしまいますよね。 例えば、自分の代から新しい宗派にしたい、お墓が遠方にあることから自分の近くの霊園に移したいが同じ宗派ではないなど、違う宗派での納骨を希望する場合があると思います。 納骨については納骨先の墓地・霊園によって宗派の固定がある場合や、宗派の固定がない場合もありますから、納骨予定先の墓地・霊園に問い合わせるなどして宗派に関する規定を確認することをお勧めします。 具体的には、宗派の固定がある場合には、檀家となってお寺を支えるという仕組みになります。 また、 宗派によっては納骨を拒否されるケースもあるので注意が必要です。 例えば、菩提寺があるのに他宗派のお寺で法要を済ませたあと納骨をすることはタブーとされており納骨が拒否される場合があるそうです。 一方で、宗派の固定のない墓地・霊園や自治体・民間の団体によって運営されている公営の霊園の場合には自分の宗派で納骨することが可能です。 霊園・墓地について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください• 浄土宗は念仏を唱えることで極楽浄土へ往生することを祈る仏教である。 浄土宗と浄土真宗は念仏の考え方や葬儀での作法などの違いがある。 五輪塔の場合には上から順番に「南無・阿・弥・陀・仏」と刻む。 浄土宗以外の墓地・霊園に納骨は納骨先の墓地・霊園に納骨が可能かの確認をとること。 宗派によってお墓に刻む文字に違いがあり、その文字にも宗派ごとに意味があったんですね。 普段、墓石の文字の特徴やその意味について考える機会が少ないと思いますから、その特徴や意味を理解することで宗教への考え方も変わるかもしれません。 「終活ねっと」では他にもお墓に関する多数の記事を掲載しております。 ぜひそちらの方もご覧ください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ... カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

浄土宗林宗院 墓地のご紹介

浄土宗 墓地

墓地のご案内 安心の境内墓地 京都市南区の住宅街にある墓地ですが、明るく落ち着いておりますので、ゆっくりお参りしていただけます。 多くの方にご利用いただく為に、原則、一聖地ずつのご提供をいたしておりますが、その分、一聖地を広く確保いたしております。 ご希望の方はお問い合わせください。 お寺の敷地内(境内墓地)ですので、荒らされることもなく安心し てご利用いただけます。 枯れた花は、定期的に確認撤去をいたしますので、お墓をいつも綺 麗に保つことができます。 利用者の宗派は問いませんが、境内墓地の性質上、西蔵寺以外の僧 侶 が法要を勤める事はできませんのでご了承願います。 2m 600,000円 12,000円 41 2弱 2. 7m) 1,200,000円 18,000円 1 条件あり 2 3. 0m) 1,300,000円 18,000円 3 条件あり 3 4. 0m) 2,000,000円 20,000円 3 条件あり 4 6. 8m) 3,000,000円 20,000円 2 条件あり 西蔵寺取引石材店 …… ・ 無縁合祀墓 無縁になった場合でも、無縁合祀墓にて永代お守りさせていただきます。 無縁合祀墓は、お墓の入り口にありますので、皆さまにお参りしていただけます。 お墓を持たない方が直接無縁合祀墓をご利用することもできます。 一般境内墓地より無縁墓への移 動は原則無料です。 (一般墓地撤去は実費負担願います。 ) 納骨堂のご案内 ロッカー型の納骨堂です。 「お参りはしたいけれど、後を見る者もいないのでお墓は建てられない」といった方にお勧めです。 境内地内の建物の中ですので、安心してお参りすることができます。 個別に鍵が掛かりますのでご安心ください。 無縁になっても32年間(33回忌まで)はそのままお祀りいたします。 宗旨・宗派問いません。 西蔵寺以外の僧侶の方にお越しいただき、法要をしていただくことも可能です。 生前予約も受け付けております。 料金前納の方は、その時点で場所をお選びいただけます。 合祀納骨以後の御遺骨の返却はできませんので、ご了承願いま す。 使用権利料・・・納骨壇の使用権を得る為の料金です。 普通型で1霊分、大型で3霊分の永代納骨料を含んだ金 額です。 但し、大型納骨壇を総骨壷にてご利用の際は、2霊分といたします。 原則、無縁になっても三十三回忌(32年)までは納骨壇にてお祀りいたします。 三十三回忌を迎えた時に無縁の場合は、合祀納骨にてお祀りいたします。 有縁の場合は、合祀 と継続使用を選択していただけます。 継続の際は規定使用料が必要です。 使 用 料・・・年間納入の場合は、納骨壇を利用されている間、毎年4月にご請求いたします。 一括納入の場合は、使用開始時にお支払ください。 一括納入の場合は、途中で料金改定があっ ても追加請求はいたしません。 但し、三十三回忌以後の継続使用に関しては、別途請求いたし ます。 西蔵寺檀信徒(法要のお付き合いがある方)は使用料をいただきません。 新規も含む。 一時預かり・・・通常使用には一切関係ありません。 今後移動が決まっている方、もしくは納骨場所を決めかねている方で、その間、ご自宅にお祀 りすることができない御遺骨を一時的にお預かりするものです。 日割り計算はいたしかねます ので、ご了承願います。 原則10万円を前納いただき、契約解除の際に超過分を返金させていた だきます。

次の

墓地・納骨堂

浄土宗 墓地

整然とした墓地 こんにゃく閻魔 寺務所 山門 内陣 駐車場 興昭院 こうしょういん について 興昭院は港区虎ノ門にある浄土宗の寺院です。 都心の一等地に位置しながら、背景に愛宕山を配し、四季折々の緑を眺望しながらお墓参りができます。 都心には貴重な木造寄棟瓦葺の本堂があり、厳かな佇まいに歴史を感じます。 山門を入ってすぐの左手に 「こんにゃく閻魔」と呼ばれる石の閻魔様が祀ってあります。 関東大震災の時に火をかぶったためお姿がくずれていますが、体形はしっかりしています。 江戸時代に眼病の方がそっと隠れて願掛けをし、治るとお礼にこんにゃくを副えて、お詣りをする習わしがありました。 現在でも願掛けをしにお越しになる方がおり、港区の指定文化財に選定されています。 智相院、随養院、教受院という3つのお寺が合併して現在に至っています。 下記の年表は現住職が小学校5年生の時の夏休みの宿題に作成したものです。 天文2年 1533 、本寺天徳寺は天地庵といい、紅葉山に創建• 慶長16年 1611 、天徳寺10世俊蓮社獄誉上人行大和尚の時、西窪の現在地に移る。 智相院 興昭院の中心 もできる。 元和1年 1615 2月1日、智相院開山俊蓮社嶽誉上人遷化。 寛永8年 1631 9月1日、随養院 興昭院の一つ 開山、檀蓮社雄誉上人松風霊巌大和尚遷化。 いつできたかわからない。 万治4年 1661 3月3日、教受院 興昭院の一つ 開山、忍蓮社法誉上人分達和尚遷化。 いつできたかわからない。 寛文8年 1668 2月より、教受院の過去帳がある。 寛文8年 1673 1月より、智相院の過去帳がある。 享保7年 1732 1月より、随養院の過去帳がある。 文政1年 1818 1月8日、教受院本堂・蔵・庫裡再建。 天保7年 1836 3月より天保4年 1843 7月まで、教受院、無住宝瑞院預り。 天保4年 1843 8月、教受院、栄閑院預り。 天保4年9月より天保5年 1844 2月まで、不断院預り。 嘉永3年 1850 2月5日、麹町5丁目より出火した火災で類焼。 無住の教受院は再建できず、随養院と合併する。 元治1年 1864 9月8日より2年2月まで、智相院無住。 長元院預り。 明治6年 1883 5月5日、安政以来大破した随養院が再建されたのを記念して、随養院と教受院の両寺名を取って、随教院と変えた。 大正2年 1923 9月1日、関東大震災の時、赤坂新町3丁目から起った火災のため、智相院・随教院とも焼失。 しかし弥陀三尊・不動尊・過去帳は、持ち出したので無事。 大正2年1月9日、智相院の世榊匡純 曽祖父 入。 大正2年1月3日、榊随純 祖父 智相院と随教院との住職になる。 昭和3年 1928 2月6日、智相院と随教院と合併して、智相山随教寺興昭院となる。 昭和8年 1943 6月、本堂上棟式を行なう。 戦争で中断、戦後まもなく完成した。 「虎ノ門ヒルズ駅」「神谷町駅」から徒歩5分以内• 「虎ノ門駅」「御成門駅」から徒歩10分ほど• 港区指定文化財のこんにゃく閻魔• 背景に愛宕山を配した、整然とした墓地• 良心的な永代使用料• 行事や法要の予定を確認の上で墓地のご案内をさせていただきますので、ご見学の際は事前に朋友までご連絡をお願いします。 お問い合わせ.

次の