グローセンス フレーバー。 【衝撃】グローセンスを先行レビュー!吸ってみた感想と使い方解説

【12→10種】グローセンス フレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

グローセンス フレーバー

まず定番のフレーバーから試してみよう! glo グロー 『neo(ネオ)シリーズ』の特徴 neoシリーズはKENTシリーズに比べて、 たばこ感や吸いごたえを重視したフレーバーが多いのが特徴です。 いい意味で味のクセが強く名前もそれぞれクセが強くて世の中の店員さんは心でこう叫んでいます。 クセが強いんじゃー!! ぜひセブンイレブンでneoシリーズを購入される場合は店員さんに優しくしてあげてください。 w フレーバーメンソールと言われるフルーツ系のメンソールの種類も多く、2020年現在10種類あります。 glo グロー 『neo pods ネオポッド シリーズ』の特徴 gloの低温加熱式タバコである「neo sens ネオセンス 」専用のリキッドで、JT 日本たばこ から発売されている「Ploom TECH プルームテック 」と同じように 健康志向の方向けになっています。 低温加熱式のリキッドタイプなので吸いごたえは求めないでください。 水蒸気タバコのようにニオイを楽しむタイプです。 またややこしいことにこちらもneoシリーズなので『glo pro』専用のスティックのneoシリーズと間違って購入すると吸えないので初めて購入する方は必ず確認しましょう! 特徴はスティックの太さが4ミリ太くなり吸いごたえが従来のneoスティックよりUPしました! より吸いごたえを求める人に向けたフレーバーです! 実際に吸ってみた味の感想はこちらの記事をご覧ください! 『glo hyper グローハイパー 専用ケントスティックトゥルーシリーズ』の特徴 こちらも 『glo hyper』専用のたばこスティックです。 たばこ本来の味わいを追求し、 加熱式タバコ独特のクセをなくした吸いやすさ重視のフレーバー。 ネオシリーズよりは吸いごたえはないが万人受けするような味わいになっています。 glo(グロー)人気フレーバー4位は『ネオ フレッシュプラス スティック J』 neoシリーズ『ネオ・フレッシュプラス・スティック・J』は深みのあるメンソールの中に ほんのりチョコの風味を感じられます。 チョコと聞くと甘い味を想像するかもしれませんが冷涼感も強めで吸いごたえもかなりあります。 ただスースーするだけのメンソールとは違い しっかりコクのある味わいです。 1位は『ケント・リッチタバコ・エックス』• 2位は『ケント・スムース・フレッシュ・J』• 3位は『ケント・インテンスリー・フレッシュ・J』• 4位は『ネオ・フレッシュプラス・スティック・J』• 5位は『ケント・ブライト・タバコ・J』• 6位は『ケント・ミントブースト・エックス』• 7位は『ネオ・ダーク・プラス・スティック・J』• 8位は『ネオ・クリーミー・スティック・J』• 9位は『ネオ・ブースト・ルビー・プラス・スティック・J』• 10位は『ケント・ネオスティック・ブースト・ミント・J』 gloの売り上げランキング結果は 定番のレギュラータイプと 定番のメンソールが上位を占めました。 吸いごたえを求めてKENTシリーズより味が濃い目のneoシリーズを買う方が多いと予想していましたがやはり定番のフレーバーには及びませんでした。 neo podsシリーズとglo hyperのneoシリーズは後の方に発売されてまだまだ本体が売れていないのでランキングに入りませんでした。 gloのフレーバー数はどのメーカーより多いのでぜひ色々なフレーバーを試してみて、自分好みのフレーバーを探してみてはいかがでしょうか! gloの本体やおすすめのケースについても別記事で紹介してるのでよろしければこちらの記事もご覧ください。

次の

glo sens(グローセンス)をみっちりレビューしてみる|いまいちど.ログ

グローセンス フレーバー

メンソール特化型の実力!• プルームテックプラスの本音に迫る!• メガヒット商品の理由を徹底検証• 全フレーバーを吸い比べ!• 新しい生活様式は喫煙ライフも変える? おはようございます、モクログ管理人のげんちゃんです。 今日は久しぶりにローラーブレードなどをしに公園に行くことになっているので、朝から書き始めています。 子供がね・・・家にいても暇だー!とうるさいんですよ。 私も最近走れていないので、ちょっとした運動だと思って行ってきますよ。 さて、今回のエントリーですが、 11月か ら全国販売と噂される グローセンスで、 定番の 裏技が使えるのかどうかを検証しましたので共有します。 グローセンスに興味を持たれている方は、是非参考にしてください。 この記事の目次• グローセンスのカートリッジ グローセンスのカートリッジを見ると、なんとなく構造は予想出来ます。 まず驚くのが、VAPEのRDAなどと同じように、上から覗くとコイルが丸見えです。 (リビルドは出来ないので見た目の話です) コイルにはウィッグのようなものも確認できますので、まったく同じ構造です。 吸い方にも寄りますが、 15パフで0. 1mlくらいのリキッドが必要だと言われていますので、グローセンスのカートリッジは180パフ分=1. 2mlくらいのリキッドが入っていると予想されます。 見た目的にも結構深さのある構造なので、この下の部分にちょっとしたタンクのようなスペースがあり、そこにリキッドが入っているんでしょう。 ですので、これはRDAというよりはRDTAに近い構造をしているんだと思います。 リキッドの補充は2パターン コイルとウィッグまでが筒抜けなので、 RDAのようにそのままリキッドを垂らして補充するのが一番シンプルで簡単な方法のように思えます。 ですが、逆さまにしたときにリキッドが垂れてこないか心配なので、もう1つの方法についても探ってみました。 それは リキッド充填型ポッドのように、タンクにリキッドを流し込む方法です。 多少分解できれば「ココがリキッド注入口だ!」という場所が見つかると思うので、そっちをメインに紹介します。 フレーバーカラーの底板をはずす グローセンスのカートリッジはプラスチックで全体が造形されているので、外せるところなんて底しかありません。 「底」というのは、フレーバーごとに色がついている板のようなパーツで、よく見ると爪で止めているだけに見えます。 これをマイナスドライバーを使って外してみました。 無理やり引っこ抜こうとすると、爪を引っ掛ける部分が折れますので気をつけてください。 底に注入口発見 底を外すと、中には白地のプラスチックパーツが出てきました。 両脇に穴が空いており、中心部分は通電用の金属製プレートが。 充填型のポッド型VAPEを使ったことがある方ならお解りかと思いますが、この両脇の穴がまさにタンクに繋がる注入口ですね。 薄いシリコンで漏れにくいように加工されていますので、これをめくって出来た穴にリキッドを入れてみました。 溢れないようにゆっくりと入れていき、1mlほど補充したところで、シリコンを戻し、底をはめ込んで完成です。 「カートリッジ再生」成功! リキッドがウィッグに染み込むまで少し置いて吸ってみました。 私が今回再生に使ったのは「MELLOW BLEND」と言ってタバコ味系のフレーバーです。 これに小江戸さんの「セックスオンザビーチ(自作ニコチンソルト入り)」で補充、ちゃんとセックスオンザビーチになってました。 美味い! ちゃんとセックスオンザビーチです! 構造が良いのか、底からはリキッド漏れもないので「カートリッジ再生」はひとまず成功です。 RDAみたいに上から補充 RDAなんかは直接コイルやウィッグにリキッドを垂らしますが、同じようにコイルなどが丸見えなので、これでもイケるのでは?と試してみました。 やり方は簡単で、 ただ上からリキッドを垂らすだけ。 ここで心配なのは、タンク内にうまくリキッドが染み込まず、逆さまにしたらリキッドが垂れてきた・・・という事態。 リキッドを垂らしたあと、5分ほど放置してから逆さまにして置いてみました。 これでもイケるが・・・ 結論から言うと、コレでもカートリッジ再生はいけちゃいました。 全然吸えるので、 面倒なときやちょっと復活させたいときはコレで十分です。 ただし、横にあるキャップを見てください。 やはり補充したリキッドが垂れてきているのは間違いないので、もし上部から補充するのであれば、 たばこポッドを買ったときに付いているキャップを付けておくことをオススメします。 あとがき コイルも見えるし、内部の構造も調べてみたかったのですが、底を外したときに見えた白地のパーツが取り外せなかったんですよ。 でも上手くバラすことができれば、リビルドもできちゃうかも。 それは…、「リキッドの注入量が多過ぎた」ことです。 試しに、白点滅したポットから注射器(プルームテック再生用にAmazonで購入)でリキッドを全量吸い出し、改めて1〜2mlを注入。 試しに吸ってみると、白点滅しなくなりました! ポッドの容量は10〜12ml程度のキャパがあり、今までは漏れるギリギリまでリキッドを入れていました。 ポッド内部がリキッド液で満たされていると、リキッドが気化するためのスペースがなくなっていたからでは?と想像します。 理由は分かりませんが、適量を注入することで白点滅は回避出来そうですネ。

次の

加熱式タバコの新顔「グロー・センス」を「プルーム・テック・プラス」ユーザーが吸ってみた

グローセンス フレーバー

gloの値段が大幅値下げ【価格一覧】 これまで、キャンペーンを通じて値下げを行ってきたグローですが、ついに定価を値下げしてきました。 以下に、これまでの価格と値下げ後価格を一覧にします。 デバイス これまでの価格 値下げ後価格 glo pro(グロー・プロ) 4,980円 2,980円 glo nano(グロー・ナノ) 3,980円 1,980円 glo sens(グロー・センス) 4,980円 980円 グロープロとグローナノは、2000円割引。 グローセンスに至っては4000円の割引になります。 ここまで定価を値下げしちゃって大丈夫・・・?と思うほどの大胆な価格変更です。 昨今の加熱式たばこのシェア争いは非常に過熱しておりますが、ここに極まれり。 といった具合の値下げです。 グローセンスの980円とは、もはやいったい、本当に電子機器の価格なのか? グロープロの画像(2020年2月撮影) はじめに、グロープロです。 グロープロはこれまでのグローの中でも一番のハイエンドモデル。 他にはない、「ブーストモード」が搭載されており、同じたばこスティックでも高い満足感を味わうことが可能なモデルです。 グロープロのスペック 過熱時間 通常時:20秒 ブースト時:10秒 使用時間 通常時:4分 ブースト時:3分 充電時間 約90分 連続使用回数 約20回 重量 約98g サイズ 高さ:82mm 横幅:43mm 奥行:21mm 実際にレビューしたところ、フィリップモリスのアイコスに近い、力強い味わいを愉しむことができました。 また、すぐに利用できるブーストモードが非常にグッドな良機体です。 グローナノの画像(2020年2月撮影) 続いて、グロー・ナノです。 グローナノは高温型のグローの中では一番持ち運びに特化したモデルです。 細長い形状なので非常にスタイリッシュ。 外出時にサッと持っていくのにとても適しています。 グローナノのスペック 加熱時間 約40秒 使用時間 3分30秒 充電時間 約60分 連続使用回数 約10回 重量 61g サイズ 高さ:95mm 横幅:32mm 奥行:21mm 実際に利用したところ、そのコンパクトさは格段に良いと感じました。 「グローミニ」という持ち運びモデルもありますが、「グローナノ」の方がよりポケットやカバンの隙間に入りやすいです。 「グローセンス」は「グロープロ」や「グローナノ」とは異なる、低温加熱型のたばこデバイスです。 たばこスティックではなく、リキッドタイプのフレーバーを過熱して愉しむタイプで、ニオイが非常に少ないのが特徴です。 グローセンスのスペック 加熱時間 なし。 5mm 奥行:21. 7mm 実際にレビューしたところ、JTのプルームテックに近い、ニオイ抑えめのタイプでした。 しかし、独自のフュージョンテクノロジーが、グローセンスだけの力強さを発揮していて、この点はかなりグッドです。 レビュー記事でもその驚きが伝えられていると思います。 ここまで、各グロー本体の値下げ情報と、それぞれのスペックなどをあらためて見てきました。 まさか、本体定価価格をここまで値下げするとは思いませんでいた。 3月からこの価格改定でスタートしますが、実はここまでグローはキャンペーンで値下げを何回か行っています。 そういったキャンペーンを、「えい!もうこのまま続けちゃえ!」的なノリでそのままGOしちゃったかのような価格改定かと思います。 競合も、プルームテックが定価の値下げを行っています。 プルームテックプラスが2000円、プルームテックが500円の割引を実施しました。 しかし、まさか定価が3桁台になるとは・・・と、各社も思っていることでしょう。 今回のグローの値下げで、ますます過熱式たばこ市場のシェア争いは熾烈なものになっていくでしょう。 アイコスさんでは引き続き加熱式たばこ情勢をお伝えしていきます。

次の