ビットコイン fx 取引所。 【2019年】ビットコインFXを追証なしで使える取引所おすすめ5選 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

Lightning FX (ビットコイン FX)とは

ビットコイン fx 取引所

仮想通貨ビットコインFXとはこういうもの 仮想通貨FX・ビットコインFXを一言で説明すると、 仮想通貨ビットコインを用いた証拠金取引 レバレッジ取引 です。 外国為替のFXと同じく証拠金を担保に大きな額の取引ができるのが魅力ですが、ビットコインFXのボラティリティは為替FXよりも大きく、より ハイリスク・ハイリターンな金融商品となっています。 為替FXやバイナリーオプション、株先物など色んな金融商品がありますが、 仮想通貨ビットコインFXのトレードは他の銘柄に比べて勝ちやすいといわれています。 その理由を以下で説明します。 ビットコインFXには勝ち易い理由がある なぜなら、仮想通貨市場はまだ黎明期 一つのバブルは終わりましたが で時価総額は上昇していく傾向があるからです。 ビットコインFXと一般的なFXの違い ビットコインFX FX 為替・商品先物 24時間いつでも取引可 土日祝日は取引不可 成長市場 成熟市場 値動きが大きい 比較的小さい 為替FXと同じ感覚でトレードをすれば、リスクを取りすぎてしまう傾向にあるので、経験者は気をつけましょう。 ビットコインFXに限らず、信用取引に関する正しい知識を身に着けておけば安全なトレードをすることができますが、あまり理解しないまま突っ込むと相場の カモになるだけです。 相場で生き残れる人は 3割もいないと言われています。 無知のまま飛び込んで軍資金を溶かす人が多数だからだと私は思っています。 ビットコインFXは少額からでも始められる ビットコインFXの最低取引金額は取引所によって違いはありますが、オススメの取引所はどこも100円単位の少額からトレードすることができます。 ビットコインFXのトレード方法に慣れるまで少額の資金でローリスクに練習することができるので安心して挑戦できますね。 正しくトレードの知識を身に着ければ、損を最小限に抑え利益を確保することができます。 当ブログを読んでいただければ充分勝てるようになります。 ビットコインFXと現物取引との違い ビットコイン現物というのは、文字通り仮想通貨ビットコインのことです。 BTCと略します。 ビットコイン現物は実際に支払いに使うこともできますし、手軽に送金したりできます。 1BTCの価値は変動しますが、 保有しているビットコインの数量は変わることはありません。 ビットコイン現物であれば、例えば20%価値が下落しても数量に変化がありません。 1BTCは1BTCのまま それに対して、 ビットコインFXは実際には持っていないビットコインを売買するので、価格変動によって数量に変化があるのが大きな違いです。 口座に預けている証拠金を担保にして、ビットコインFX取引所で仮のビットコインを、実際に持っている資産より多くの数量でも売買することができます。 ビットコインFXは、チャートが上昇した場合にレバレッジがかかっている保有ポジションの分大きく稼ぐことができますが、 仮に大きく下落した場合、レバレッジがかかっている金額に対しての価値損失分が証拠金から引かれ、ある一定の割合証拠金がなくなると ロスカットとなり強制決済されます。 ビットコインFXに関わらず、レバレッジ取引でよく使う用語を挙げておきます。 ロングポジション 買い玉・買い建て を持っている、というのはビットコイン価格が上がることを期待して「買い」からエントリーしているということです。 空売りとも言います。 ビットコインFX特有の売買方法ですね。 ショートポジション 売り玉・売り建て を持っている、というのはビットコイン価格が下がることを期待しており、いずれは「買い」という形で決済することになります。 読み方に注意です。 なぜロングとショートと呼ぶの?所説あるみたいですが、ロングというのは相場の世界で長期保有するもの 投資的 、 ショートというのは空売り、一時的な価値の下落を狙ったもの 投機的 、 ということで名づけられたみたいです。 和製英語ではなく海外でも使われています。 約定 やくじょう 「やくてい」ではなく「 やくじょう」と読みます。 スワップ手数料 スワップ手数料というのは、証拠金取引 FX 特有の手数料で、長くポジションを保有していると発生する手数料です。 取引所によって徴収形態はそれぞれです。 ビットコインFXは証拠金を担保にしてビットコインを借りているようなものですから、 利息としてこのスワップ手数料が一定時間ごとに支払われます。 ビットコインが暴落するならショートで入ればいいじゃない という言葉があるとか。 永遠に上がり続ける相場はないので、どこかで必ず下落トレンドは発生します。 そんなとき指をくわえて見ているだけでなく、下げ相場でも儲けられるというのがビットコインFXの大きな長所です。 ビットコイン売買では、当然ですが利益は 「安く買って、高く売ること」で得られます。 つまり、BTCの価格が上がる上昇トレンド時では得をしますが、価格が下がる下降トレンド時には損をすることになりますよね。 ビットコインFXでは 「高く売って、安く買い戻すこと」でも利益を得られるということです。 レバレッジの力で現物資産以上の価値を取引できる レバレッジとは日本語で 「てこ」を表す言葉です。 テコの原理を使って、ビットコインFXでは少ない資本金を証拠金として預けることで預けた金額の何倍ものビットコイン売買を行うことができます。 証拠金以上の損失が出た場合は強制決済 ロスカット となり、 資産が減るリスクもありますが、 レバレッジをつかえば数%の値動きでも資産を倍々に増やすことも可能となります。 日本国内のビットコインFXは規制で最大レバレッジは4倍まで。 証拠金10万円に対して40万円まで 海外ではBitMEXのように最大100倍レバレッジを掛けられる取引所も無数に存在しています。 証拠金10万円に対して1000万円まで ただ、 最大レバレッジを目一杯かけてしまうと、その分ロスカットラインが近くなりリスクは増大するので注意しましょう。 実際に使うレバレッジは3~10倍程度が多いです。 ビットコインFXなら少ない値動きの中で、どんな相場でも大きな利益を得られるということが特徴です。 ビットコインFXの注意点やデメリット ハイリターンだけどハイリスク レバレッジを掛けてビットコインFX取引をするということは、証拠金を担保にしているので、ロスカットが起こった場合に証拠金の大部分を失ってしまいます。 10万円を証拠金として100万円分のビットコイン取引を行った場合、だいたい10%ほどの大きな価格変動が起こった場合ロスカットが発動されます。 もちろん増える方向に相場が動けば、その分資産は2倍になるということですが、 損切りを上手くしなければ短時間で資金を失う可能性があります。 最も気を付けることはロスカット ロスカットが起こると、証拠金がすべて もしくは指定された%分 が吹き飛びます。 レバレッジ倍率が大きければ大きいほど、わずかな価格変動で清算価格になりロスカットが発生してしまいます。 あなたのメールアドレスに 「証拠金維持率が規定より下回ったので強制決済させていただきました」 というようなショッキングなメールが届くことになります。 ビットコインFXのリスクはこれに尽るといっても過言ではありません。 なぜなら、ロスカットさえ起らなければ、ビットコイン価格が戻ってくるまで 価格が回復するまで 待てば良いことだからです。 どれだけ暴落しても、ビットコイン相場はこれまで急回復していきました。 ビットコイン現物を握っていれば、どれだけ暴落しても待ってさえいれば値上がりの恩恵を受けることができます。 しかし、ビットコインFXでは暴落 もしくは暴騰 が起きたときに、ロスカットが起きてしまえば、 そこからどれだけ価格が超回復したところで、空になった口座残高をまえに指を咥えて見ていることしかできません。 これがビットコインFXにおける最大のリスクです。 また、ロスカットが間に合わず追証が発生してしまい、借金だけが残ってしまうという悲劇も。。。 海外取引所BitMEXには追証はありません デメリットに関してはこちらの記事でも詳しく解説しています。 チャートの見方も一通り確認しておきましょう。 ビットコインFX取引所と販売所は違う? ビットコイン現物の取引所と同じように、ビットコインFXを行う場合にも取引所形式と販売所形式が存在します。 ビットコインFX「取引所」 ビットコインFX「取引所」とは、板取引でユーザー同士が売買する形式の取引所です。 A-bookともいいます。 bitFlyer、bitbank 国内 、BitMEX 海外 などがあります。 ビットコインFX板取引方式の取引所一覧 国内 bitFlyer、Zaif、Liquid等 海外 BitMEX、bitfinex、等 取引所というのは、ユーザー同士の売買板 オーダーブック を介しての売買なので、その時の時価でトレードをすることができますが、自分が購入したい価格で希望の数量オーダーが出ていなかった場合、より分が悪い価格での約定となることもあるというデメリットがあります。 しかし、透明性のある取引ができるので胴元に何か操作されるというリスクは販売所より低いです。 ビットコインFX「販売所」 ビットコインFX「販売所」というのは、胴元である取引所からユーザーが購入する形で取引する形式です。 B-bookともいいます。 、、Bit Point 国内 、CryptoGT 海外 などがあります。 ビットコインFX販売所方式の取引所一覧 国内 GMOコイン、DMMビットコイン、Bit Point、TAOTAO等 海外 CryptoGT等 取引所とは違い、大きな金額でも即座に指定の金額で売買することができますが、その分 スプレッド手数料というものが加算されます。 簡単に言うと、常に売り買い価格に開き スプレッド があるということですね。 しかもこのスプレッドは、販売所の都合で大きくしたり小さくしたりできるので、 胴元の影響力が強い取引方法だということを覚えておいてください。 スプレッドがあるので、購入した時点ですでにスプレッド分負けている状態からのエントリーとなります。 スプレッドは相場が大きく変動しているときに比例して大きくなる傾向にあり、思わぬ損失を短時間で食らう危険もあるので取引所よりも冷静なトレードが求められます。 取引所と販売所のビットコインFXの違いはDMMビットコインとBitMEXの比較がわかりやすいと思います。 ビットコインFX「販売所」と「取引所」どちらがいいのか? 私は、 安定した勝率を出すにはビットコインFX「取引所」でトレードすることを強くお勧めします。 なぜなら「販売所」はユーザーと胴元が利益相反の関係だからです。 ユーザーが利益を出しすぎるとスプレッド拡大や注文遅延などで胴元の利益を守ろうと操作してきます。 一方、BitMEXのような「取引所」は、ユーザーが取引すればするほど取引手数料で儲かるので、ユーザーに儲けてもらうことでwin-winな関係になっています。 どちらを使う方が利益を出しやすいか明白ですよね。 ボリンジャーバンド ボリンジャーバンドは、標準偏差と正規分布に基づいて、現在のチャートからバンドの中の価格の位置で値動きの幅を予測した指標です。 バンドの上下端に価格が接すると、そこで反発する可能性が高いですが、トレンドの勢いが強いと機能しないこともあります。 MACD MACDは私もよくみているテクニカル指標です。 青線と朱線の2本の移動平均線を用いることで、相場の周期とタイミングを捉え売買タイミングをつかみます。 青線が上なら上昇トレンド、朱線が上なら下降トレンドの可能性が高いです。 一雲均衡表 一雲均衡表は、価格の上下だけでなく、雲 色の付いた範囲 とローソク足の位置関係で価格の動きを見ることもでき、雲の上にあれば強気、下にあれば弱気となります。 雲にぶつかるところや、雲から抜けるところで価格が反発したり大きく変動するのをトレードに利用します。 EMA:指数移動平均線 より直近の価格に基づいた移動平均線です。 他の線と組み合わせてみると、上昇トレンド・下落トレンドの指標となります。 RSI RSIは一定期間における値動きの強弱を数値で表した指標です。 オシレーターの中でも、RSIは最も一般的なチャートで青線と朱線の位置関係でトレンドの転換を判断します。 青線が上なら上げトレンド、朱線が上なら下げトレンドに転換する可能性が高く、価格上昇後、下落後に、どこで反転に転じるかの予測に使います。 70~80を超えてきたポイントで逆張りの売り、30~20を割り込んできたところで逆張りの買いと判断されます。 ビットコインのチャートを分析するなら必須のツール「TradingView」を使えばこのようなインジケーターの他、様々な使い方ができます。

次の

【最新】ビットコインFXのスプレッドを一覧表で徹底比較|最もお得な仮想通貨取引所は? | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

ビットコイン fx 取引所

04% 無料 0. 24時間365日のシステム監視・運用体制 日本語サポートで誰でも使いやすく、ひとつのアプリで現物とレバレッジ取引が可能! 取引ツール 現物とレバレッジを同時に取引できる取引ツールを提供。 注文機能や高機能チャートなどを一画面集約型で、画面レイアウトがカスタマイズ可能! 取引所の信頼度 登録番号|関東財務局長 第00011号 7億6000万円(資本準備金を含む) 株主にZホールディングス 対応サービス 会社名 手数料 取り扱い通貨 セキュリティー 口コミ 取引サービス 取引ツール 82. 8 88. 1 84. 0 82. 0 94. 0 86. 0 73. 0 64. 5 76. 0 76. 0 85. 0 88. 0 87. 3 56. 2 86. 0 86. 0 88. 0 85. 0 83. 3 39. 9 78. 0 78. 0 89. 0 77. 0 75. 6 41. 7 66. 0 53. 3 81. 0 82. 0 42. 5 25. 7 86. 0 86. 0 85. 0 81. 0 41. 3 48. 0 62. 0 62. 0 92. 0 75. 0 51. 9 32. 5 68. 0 68. 0 88. 0 74. 0 53. 9 24. 7 40. 0 40. 0 75. 0 55. 0 採点の詳細は「」に記載しています。 暗号資産取引所の口座開設に必要なモノと流れ• Q投資初心者におすすめの取引所はどこですか? A東証一部上場のGMOグループが運営する「」です。 投資初心者にも操作が分かり易い取引ツールとスマホアプリを提供しており、顧客サポートもチャット対応があります。 また暗号資産の送付手数料や即時入金手数料、そしてレバレッジ取引の取引手数料も無料となっています。 取引スタイルも、現物取引、販売所、レバレッジ取引、暗号資産FXと4つの取引方法を用意。 レバレッジ取引と暗号資産FXでは最大4倍のレバレッジを効かせた取引ができます。 Q暗号資産とは何ですか? A暗号資産(仮想通貨ともいう)とは、暗号技術を活用してつくられた電子通貨のことを言い、その種類は数千以上存在します。 主に「送金」、「価値の保管」、「決済」の3つの用途がありますが、通貨価値を持つために米ドルや日本円のように投資対象となっています。 パソコンやスマートフォンなどの端末があれば誰でも利用することができます。 Qビットコインは最低いくらから購入できますか? Aビットコインが100万円の時に1,000円となります。 ビットコインの最小取引単位は0. 00000001BTCです。 国内のほぼ全ての取引所では0. 01BTCからの購入ができますが、最低取引単位は取引所によって異なります。 Q誰でも口座開設できるのでしょうか? A基本的に誰でも口座開設が可能です。 ただし、反社会的勢力であったり、マネーロンダリングを行うような人はできません。 口座開設には、免許証などの本人確認書類の提出が義務付けられています。 Q取引所・販売所の違いとは何ですか? A交換業者のユーザーとの売買が取引所。 交換業者との売買が、販売所です。 取引所には、板があり株式取引と同じ方式。 販売所方式は、スプレッドと呼ばれる売値と買値の価格差があり、FXと同じ方式です。 Qスマートフォンで取引可能でしょうか。 A可能です。 暗号資産の取引は、口座開設の申し込みから、入金、取引までスマートフォン1台で行うことができます。 Qハッキングされたらお金は戻ってきますか? A個人に非がない場合は戻ってきます。 国内では、コインチェックとザイフでハッキング事件が発生しました。 そのどちらとも、一定の額が被害者に補填されることとなりました。 日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の奥山泰全会長は、テレビ番組で「ハッキング被害は戻ってくる」と明言しています。 Q暗号資産 仮想通貨 投資で得た利益に税金はかかりますか? A掛かります。 サラリーマンやOLの場合は、利益が20万円以上出た場合に確定申告を行う必要があります。 税金区分は雑所得となり、利益に応じて5~45%の税金を支払う必要があります。 例えば、年収400万円の人が暗号資産で100万円の利益をあげたとすると、57万円程度の税金を支払う必要があります。 さらに、課税所得の10%を住民税として支払う必要があります。 暗号資産取引所関連コラム 会社名 取引所トークン 取り扱い通貨数 手数料 レバレッジ取引 レンディング セキュリティー 1日の売買代金 主な言語 拠点 BNB 188種類 Maker:-0. 025 Taker: 0. 5倍 有り A- 約62億2000万円 英語 アメリカ - 252種類 Maker: 0. 一見、同じように見えますが、投資方法や取引の枚数によって大きく投資結果が異なりますので、しっかり押さえておきましょう。 基本的に「 取引所」で売買を行った方が、取引コストが安く、利益を上げやすくなります。 ただし、100BTCなどの 大口の注文であれば「 販売所」を使った方が良いかもしれません。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、『みんなの仮想通貨』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 最新情報は各証券会社の公式サイトにてご確認ください。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 【暗号資産取引におけるリスク】 ビットコインをはじめとする暗号資産の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク等のリスクがあります。 当サイトは情報提供を目的としており、売買推奨は行っておりません。 投資を行う際はご本人様の責任においてお願い致します。 【当サイトについて】 当サイトはネット証券会社に関する情報の提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 株式・FXの口座比較はこちら! 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

仮想通貨・ビットコインFXとは?やり方やおすすめ取引所、勝ち方まで解説!

ビットコイン fx 取引所

ビットコイン 口座開設におすすめの取引所 大手会社を徹底比較!に関する記事です。 新時代の概念として注目されている 仮想通貨(暗号資産) 仮想通貨で、もっとも活発に取引が行われているのが ビットコイン です。 ビットコインは仮想通貨(暗号資産)の基本中の基本なので、以下記事で詳しく書いています。 ビットコインを購入する際には取引所に口座を作って利用するのが一般的ですが どの取引所を利用するのがいいの? と迷ってしまいます。 今回は、ビットコインを取り扱っている取引所の中で、きちんと 金融庁から仮想通貨交換業の許可をとっている 日本語対応されている大手取引所9社 について徹底的に比較していきます。 また取引所の中から、利用用途に合わせた 「口座開設におすすめの取引所」を紹介していきます。 2017年4月追記) 「みんなのビットコイン」の取引所情報を追加しました。 2017年9月追記 「GMOコイン」の取引所情報を追加しました。 2018年1月追記 「DMMBitcoin」の取引所情報を追加しました。 2018年9月追記 2018年9月現在、zaifはハッキング問題などがあり新規登録者の受付を中止しています。 記事内目次• ビットコインの取引所を選ぶ上で重要なポイント ビットコインの取引所において、最も重要となるポイントは以下5つです。 どういった取引手法が提供されているか• レバレッジは何倍までかけられるか• 取引手数料は安いか• 保有口座 ウォレット のセキュリティは大丈夫か• 会社の安全性は大丈夫か(破産したりしないか) 以下、上記5点の観点から、取引所を比較していきます。 ビットコイン 取引所 比較一覧 取引手法とレバレッジでの比較 ビットコインを購入、売却する会社は「販売所取引」「取引所取引」「信用取引」「先物取引」のどれかを提供しています。 以下、ビットコイン取引所の12社がどの取引を提供しているかの一覧表です。 販売所とは 販売所は、会社自体がビットコインを保有しておりそのビットコインを売買しています。 販売所のビットコインの値段は相場に応じて販売所側が決めています。 販売所が販売を停止しないかぎりはすぐにビットコインを入手できるので、とにかく今すぐビットコインが必要というときには便利です。 ただ、販売所形式の場合、会社が手数料を上乗せしているので、その分次に紹介する 「取引所取引」より手数料が高い傾向があります。 取引所とは 取引所では、ビットコインを売りたい人と買いたい人が相対取引をする場を提供しています。 (取引板というユーザーが見る掲示板を提供) ユーザーが買いたい、または売りたいという値段と数量を提示して、それに応じる人がいると売買が成立します。 取引所取引では、売買してくれるユーザーが見つからない場合は売買が成立しないことがあります。 (最近のビットコインはかなり流通しているので、成り行き取引をすれば大抵売買が成立しますが) 取引所はユーザー同士の個人での売買であり、会社は場を提供するための手数料をとるだけなので、手数料は販売所よりも安くなります。 信用取引・先物取引・FX取引とは 取引所口座(ウォレット)に保有している金額以上の金額を売買に使える取引です。 自分の保有資産以上のお金を取引することは 「レバレッジをかける」と呼ばれています。 短期トレード、特に1日以内で何回も取引を行うようなトレーダーの場合、自分の資産以上のお金をやり取りすることで、トレード毎の収益も大きくなる可能性があるため、保有資産の何倍までトレードできるか(レバレッジが何倍までかけられるか)が取引所を選ぶポイントになります。 信用取引、先物取引、FX取引はどれもレバレッジをかけられるものです。 ただ、取引の手法としては若干違います。 それぞれの簡単な説明を以下に書いておきますが、本記事では「レバレッジをかけられる取引」として同じ枠にしています。 取引時には、取引手数料の他に、借り入れするための借り入れ手数料がかかります。 ビットコインを売買の対象として、買い付けをした時点では買い付け代金を支払わずに、将来の決められた期日まで買い付け代金の支払いが伸ばされている取引です。 信用取引のように、取引所口座(ウォレット)に保有している金額以上に取引することが可能ですが、信用取引のように融資という形はとりません。 取引所取引、信用取引は現在のビットコインの相場価格が適用されて値段が決定しますが、先物取引は先物取引独自の値段相場によって動きます。 FX取引の場合は「その取引所で買ったものはその取引所で売る」ことしかできないようになっています。 (他の取引所に通貨を移動ができない) 手数料での比較 ビットコインの取引所において、発生する手数料には以下のようなものがあります。 口座入金・出金手数料• 取引手数料• スプレッド• 借入手数料(信用・先物取引時のみ) これらの手数料が安い取引所を選ぶほうが取引にてお得に取引ができます。 以下、ビットコイン取引所の手数料を比較した一覧表です。 取引所 入金手数料 出金手数料 取引手数料 借入・証拠金取引手数料 (信用・先物時) 自己負担 324円(税込) 無料 0. 20% ー 自己負担 50万円未満 350円 50万円以上 756円 無料 ー 自己負担 無料 無料 0. 取引手数料は多くの取引所が無料、または少額になっています。 逆に、Maker手数料であればマイナス(売買金額より手数料分安くなる)のところもあります。 入金手数料はほとんどの取引所が自己負担になっています。 なので、入金にかかる費用はご自身の銀行口座と取引所の入金用の銀行口座との兼ね合いで値段が異なります。 入金手数料をできるかぎり安くしたいという場合には、自身の銀行口座を住信SBIネット銀行にするのがオススメです。 住信SBIネット銀行はcoincheck、bitFlyer、BITPOINTなどの多くの取引所が振込先として用意しているため、入金手数料が掛からないことが多いです。 また、他銀行への振込に関して、最大で月15回まで無料になるケースもあるので、入金手数料を極力おさえることができます。 以下、用語等の補足説明です。 (取引所の隠れた手数料になっています。 ) スプレッドに関しては明確に提示している取引所はなく、相場の状況によっても変わるためここでは表示しておりません。 (損失が出た場合は、発生しません)。 Maker手数料とは、注文板(マーケット)に指値注文で板に値段を提示するユーザーへの売買手数料のことです。 多くの取引所では、注文板に多くの注文が提示され、ビットコインの流動性を確保したいという狙いからMaker手数料を安くする傾向があります。 (成り行き注文より、指値注文のほうが得になる) セキュリティでの比較 ビットコインでは、インターネット上での取引、口座 ウォレット の管理を行うので、ウォレット内の通貨を他人に盗まれないような強固なセキュリティになっているかどうかは重要です。 以下、それぞれの取引所のセキュリティ面での対応に対しての一覧表です。 コールドウォレット保管や2段階認証はセキュリティの基本となります。 少し前であればまだ対応できてない取引所も多くありましたが、現在は基本すべての取引所が対応しています。 (そうしないと金融庁から許可がおりないので) マルチシグネチャウォレットはより強固なセキュリティ対策を実施している取引所では対応しています。 以下、用語等の補足説明です。 コールドウォレットとは コールドウォレットとは、ネットワークから切り離されたオフラインの状態で安全に保管されているウォレットのことです。 取引所でやりとりされているビットコインの何%をコールドウォレットで保管することで、ハッキングなどにあった場合でも、すべてのビットコインが抜き取られてしまうという事態をふせぐことができます。 マルチシグネチャウォレットとは マルチシグネチャウォレットとは、一つのアドレスに対して複数の秘密鍵が割り当てられているウォレットのことです。 ビットコインの移動時に、パスワードが複数になるので、より強固なセキュリティになるといわれています。 最近のビットコインのウォレットでは、かなり普及が進んでおり、日本の取引所でも導入されています。 2段階認証ログインとは 2段階認証ログインとは、各取引所サイトにログインする際に、二段階以上の認証を必要としている状態のことです。 (仮想通貨特有のセキュリティではなく、あくまでWEBサイトのセキュリティです) ログイン時にID,パスワードで認証した後、携帯電話のSMSに届いた暗証番号の入力が必要だったり、スマートフォンのアプリでワンタイムパスワードが発行され、そのパスワードを入力するといったひと手間が必要になります。 現在の世界の取引所では常識的な方法となっています。 会社の安全性での比較 現状ビットコインの取引所は、大小様々な取引所が存在しています。 そのため懸念されるのが、 取引所が破産するというリスクです。 取引所が破産すると、取引所に預けていたビットコインなどの資産がなくなってしまう可能性があります。 日本ではマウントゴックスの事件が発生して以来、取引所の破綻問題に関しては特に気を付けている投資家が多いです。 現状、取引所の安全性を考慮する指標としては、• 資本金• どの大手会社が出資 株保有等 しているか という部分になります。 (はっきり言って上記だけでは安全性を考える上では全然たりませんが、現状ではこの程度しか安全性を図る指標がないです) (補足) 従来の証券会社やFX会社の取引所の場合、「 自己資本規制比率」という指標が、会社の安全性を判断する材料になるのですが、現状のビットコインの取引所では、自己資本規制比率を提示する義務がないため、どの取引所でも明らかになっていません。 おそらくですが、今後、仮想通貨の法律が整備されていくうえで、取引所に自己資本規制比率の提示が義務付けられるかと思いますので、その際には本記事に追記していきます。 以下、それぞれの取引所の資本金と出資会社の一覧表です。 (分かる範囲で記載しております) 取引所 資本金 出資会社 株主 など 2億9700万円 資本準備金含 不明 170,000千円 株式会社リミックスポイント 不明 不明 1億6000万 FXTF ASSET INVESTMENTS PTE LTD…75% 株式会社FXトレード・フィナンシャル…25% 5,250万円 株式会社フィスコ SEQUEDGE INTERNATIONAL LIMITED 株式会社SJI 12億9000万 不明 不明 不明 8億3,013万円 資本準備金含む 不明 17. 58億円 GMOインターネット株式会社 GMOクリックホールディングス株式会社 GMOグローバルサイン株式会社 現状、ビットコインに参入している取引所はまだ無名の会社が多いです。 (追記) 最近では「GMOコイン」「bit trade」などのFX会社として実績がある会社の参入が増えてきました。 取引所に関する国の法律が施行されたので、今後もビットコイン取引所を始める大手FX会社がどんどん出てくると予想されています。 東証一部上場会社のGMOグループやDMM. comで有名なDMMグループはやはり資本金としては潤沢にあるイメージです。 各ビットコイン取引所の特徴 上記が取引所を比較するうえで重要になってくるポイントですが、それ以外にも取引所には、独自の特徴をもっているものがあります。 以下、各取引所の特徴に関して私が把握している範囲で書いています。 bitbank こちらの取引所ではレバレッジをかけるような取引はできませんが、ビットコイン以外のリップルやモナコインなどの仮想通貨も扱っています。 手数料が少ないことが有名なので、別の仮想通貨を購入する際にはbitbank. ccを使うのも良いかと思います。 bitpoint bitpointはビットコイン取引にて、現状日本で一番高いレバレッジ 25倍 で取引ができる取引所です。 一番の特徴は、 「MT4」という取引ツールが使えることです。 MT4は、通常のFXで最も使用されている取引ツールです。 元々FXをしている人にとってはなじみのあるツールですし、チャート解析などが非常にやりやすいです。 なので、bitpointはMT4好きのトレーダーに好まれています。 ビットコイン黎明期の取引所はかなりサーバーダウンが多かったようで、サーバーダウンを毛嫌いしている人に好まれています。 (現状の取引所はそこまでサーバーダウンしないですが) また、純日本産の取引所としてはめずらしく、ライトコイン、ドージコインの取引なども可能です。 (追記) BTCBoxでドージコインの取引は2017年2月28日をもって終了となりました。 (現在は既存保有者が送付に使えるだけで新規購入はできない模様) Bit Trade Bit Tradeは元々FX会社であるFXTF(FXトレードフィナンシャル が作った子会社です。 FXTFは、有名なトレーダーなどがセミナーや情報提供をしているのが特徴のFX会社なので、Bit Tradeにおいても、有名なトレーダーが色々な情報提供をおこなってくれることが期待されます。 Fisco Cryptocurrency Exchange Fisco Cryptocurrency Exchangeは、株式会社フィスコが運営している取引所です。 フィスコは、株や先物などの投資家に向けた金融情報の配信会社なので、豊富な投資情報が手に入ることがが期待されています。 (現状は出来たての会社なので、まだ情報は少なめですが) DMMBitcoin DMMBitcoinはビットコインだけでなく、他の暗号資産(アルトコイン)にてレバレッジ取引を行うことができるという特徴があります。 またDMMグループはFX会社の超大手ですし、DMM自体はかなり前からビットコイン決済を導入しており、暗号資産には前向きな姿勢なので、今後の展開にも期待が持てます。 QUOINEX QUOINEXの特徴は世界最高速の取引エンジンを使用している点、日本円・米ドル・ユーロ・香港ドル・シンガポールドル・豪ドル・などの様々な法定通貨で取引できる点です。 また、様々な分析が使えるチャートにも力を入れています。 QUOINEXのサイトでは「デモ画面」というところから、実際の取引に使うチャート機能を見ることができるので、一度使い心地を確かめるのもよいかと思います。 Zaif zaifの特徴としては、ビットコインの積み立て投資ができる点です。 自動引き落としは国内で初) また、取り扱っている仮想通貨も一風変わったものが色々あります。 (日本で知名度が高いモナーコインやNEM、またbitcystalやsatoj coinなどの日本で取り扱いが少ない仮想通貨があったりします) さらに、zaifではかなり奇抜なプロジェクトが多数行われています。 テレビ番組と連動して、仮想通貨でアイドルを応援する「bitgirls」や、独自の仮想通貨「zaif」など、仮想通貨の可能性を感じさせる取り組みがなされています。 また、zaifを運営している「テックビューロ」という会社は、プライベートブロックチェーンプラットフォーム「mijin」などを開発しており、日本初のブロックチェーン開発に定評があります。 GMOコイン GMOコインの特徴としてはまずは何と言っても FX超大手のGMOグループということですね。 FX取引高で世界有数のGMOクリック証券を運営しているグループなので、ビットコイン取引所としても今後色々な施策をうってくるのではないかと期待できます。 以下、これまでの比較を考慮して、私なりにおすすめの取引所を挙げていきます。 初心者におすすめのビットコイン取引所 2018年現在、 「ビットコインを扱うのが初めて」という人におすすめの取引所は「GMOコイン」です。 東証一部上場のGMOグループということで、会社としての安定感があることと、FX会社としての実績もあり、初心者が使いやすいようになっています。 また、手軽にビットコインを買えることを売りにしているので、 最低価格1000円から、非常に簡単に購入手続きができる取引所になっています。 GMOコインには「取引所」形式の売買と「販売所」形式の売買があります。 「取引所」形式では、取引板という掲示板を使っての売買になるのですが、初心者には売買方法がわかりにくいという人も多いです。 逆に「販売所」形式での売買はかなりわかりやすいので、初心者で最初にビットコインを購入するには良いかと思います。 (販売所形式はわかりやすい分、少し手数料が高くなることが懸念されるので、手数料が嫌な場合は取引所形式での売買にチャレンジしてみるとよいかと思います) 他の暗号資産(仮想通貨)も購入したい人におすすめのビットコイン取引所 現在、暗号資産(仮想通貨)と呼ばれる通貨はビットコインのほかにも多数存在します。 ただ、様々な種類が存在する暗号資産(仮想通貨)ですが、取引所ごとに 取り扱っている通貨の種類も数も異なっています。 お目当ての暗号資産(仮想通貨)がある場合には、その通貨を取り扱っている取引所の中から良さそうな取引所を選べばよいですが、できれば色々な通貨に投資できる取引所が便利かと思います。 他の暗号資産(仮想通貨)に投資しやすい取引所としては「DMMBitcoin」がオススメです。 DMMBitcoinでは、イーサリアム、リップル、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックなど、日本で人気が高い主要な暗号資産(仮想通貨)を扱っています。 かなり個人的な意見になりますが、私としては「イーサリアム」、「リップル」、「ネム」の3つの通貨を応援しているので、この3つを扱っている取引所がよいと考えています。 取扱い通貨多さでいうのであれば「Zaif」もおすすめです。 zaifではリップルやライトコインは扱っていませんが、モナコインやカウンターパーティーなどなどマイナーな通貨を多数扱っています。 【zaifで扱っている比較的メジャーな通貨】 【zaifで扱っているマイナーな通貨】 私もよくわかっていない通貨も多いですが、調べてみて、用途に期待がもてるのなら注目してみてもよいかと思います。 (補足) 本気でもっと様々な種類の仮想通貨に投資したいという場合には日本語に対応していない海外の仮想通貨取引所を利用するほうがよいです。 取り扱っている仮想通貨の種類が多い海外取引所としては「Binance」が有名どころです。 ただ、海外の取引所は使い方がわかりづらかったり、いきなり利用停止になるなど不安定なものが多いので注意が必要です。 (日本からの取引は本来、海外の取引所であっても日本の金融庁の許可が必要。 そのためBinanceも許可をとるために動いているとのことですが、現状はまだ許可がとれていません) (私自身も海外取引所はほとんど使わないのでわからないことが多いです) 短期トレーダーにおすすめのビットコイン取引所 短期トレードをする場合に良い取引所というのは、レバレッジや取引手数料、チャートの使いやすさなどの様々な要素が関わってきます。 なので、何を重視するかでランキングが異なってしまうとは思いますが、個人的に自分が重視するのは「安全性」なので、そういう面でオススメなのは「Bitbank Trade」です。 追証とは「追加証拠金」の略で、信用取引をしている際に、自分が保有している資産以上の損失を出してしまった場合に追加で支払わなければならないお金のことです。 レバレッジをかけたトレードをしている場合、一番怖いのが 自分の想定以上の損失を出して借金してしまう ということです。 特にビットコインは値動きが激しいので、いつの間にか想定以上の値動きが発生することがあります。 他の取引所でも、強制ロスカットの制度を設けていますが、異常な荒れ相場の場合はロスカットが間に合わず追証が発生することがあります。 bitbank tradeでは「追証なし」ということを掲げているので、 入金した金額以上の損失は発生しない という安心感があります。 私の場合はビットコインの短期トレードをする場合でも、1日~数日は保有するスタイルなので、目を離したスキに荒れ相場になった場合でも最低限の安心感を確保するためにこの取引所を選んでいます。 また、今までに外国為替FXなどの経験があり、 「MT4」というツールを使ったことがある方なら「bitpoint」もおすすめです。 bitpointで提供されているMT4を使えば、以前からあるFX取引とほぼ同じ画面、操作方法でビットコインの取引が可能です。 また、MT4が使用できれば、技術がある方なら、自動アラートを作れたり、自動売買機能も実装できたりするのでビットコインでのトレードの幅が広がるかと思います。 (私も現在MT4によるビットコインの自動売買を計画中です^^) まとめ 昔はビットコインの取引所といえば海外の取引所ばかりで、口座を開設したり、購入するのもすべて英語のサイトを使用していましたが、現在では日本の取引所も多く、日本人が気軽にビットコインを購入できるようになっています。 取引所がそれぞれ特徴的なサービスを打ち出してきているので、どの取引所がよいかはなかなか判断はつきづらいです。 本サイトでもビットコインの取引所の情報は逐一追いかけて記事を更新していきたいと思います。 以上、ビットコイン 口座開設におすすめの取引所 大手会社を徹底比較!に関しての記事でした。

次の