きめつのやいば ネタバレ202。 【鬼滅の刃203話ネタバレ】炭治郎が鬼化し人間に戻るカギは禰豆子かカナヲ?|ワンピースネタバレ漫画考察

【鬼滅の刃】202話~考察|炭治郎を倒すには、どうしたらいいのか?【きめつのやいば】201話

きめつのやいば ネタバレ202

鬼の王との対決! 前回の話から 無惨に血と力を与えられ 最強の鬼として復活してしまった炭治郎! 鬼の王となり 日の出も克服していました。 そして、周りにいる人物を無差別に襲い始めた炭治郎 それを見た 伊之助が止めに入りますが やはり、 今までの思い出などが頭の中をよぎり 炭治郎を攻撃する事が出来ませんでした。 しかし、やらなければやられてしまう状況の伊之助。 攻撃をしのぐだけの行為でのみ対象していく事でしょう。 また、動けない状況になっている 善逸ですが 炭治郎を止める為に再び動き出してくれるのではないでしょうか? 現在、柱のほとんどは動けない状況で 今辛うじて動ける主力のメンバーと言えば 伊之助・善逸・義勇・禰󠄀豆子となっています。 しかし、禰󠄀豆子以外は全員が致命傷を負っており とても刀を持って戦えるような状況ではなりません。 さらに、禰󠄀豆子は鬼の能力も無くなり 普通の人間に戻ってしまったため戦力にはなりません。 そのため、鬼となった炭治郎と戦う人物は 伊之助・善逸・義勇の3人となる事でしょう。 もしくは、今までサポートしてきた愈史郎ですが 無惨と戦いで大量の薬を使用してきたと思うので この可能性は低いかもしれませんね。 3人の絆! 炭治郎が 最強の鬼として復活してしまい 敵として対処しなくてはいけない状況になった伊之助達! しかし、伊之助も善逸も今まで一緒に旅してきた仲間として 炭治郎に刀で攻撃するという行為が出来ませんでした。 それに構わず無差別に攻撃をしてくる炭治郎。 周りの隊員達も涙を流す事しか出来ません。 誰にでも優しい行為を行ってきた炭治郎 周りの人物は、それを知っているから 炭治郎を敵とみなす事が困難になっていました。 そのため、 伊之助と 善逸、 義勇は 炭治郎の攻撃をしのぎながら 鬼となった炭治郎に励ますように声をかけていくのだと思います。 「炭治郎戻ってこい!」 「無惨に負けるな!」 「家族で帰るんだろ!?」 と言った、想いのこもった言葉で 炭治郎に声をかけていく事でしょう。 そして、炭治郎も周りの声に反応を見せてくれる事でしょう。 禰󠄀豆子の涙! 鬼となった炭治郎は 今まで共に 旅してきた仲間 そして、今までサポートしてくれた 隊員達 鬼殺隊に入るきっかけをくれた 義勇 この仲間達にも攻撃を仕掛けてしまう程、自我を失っていました。 次々と仲間を攻撃し始める炭治郎 これを見た禰󠄀豆子は、 悲しい表情で炭治郎を見つめます! そして、禰󠄀豆子は危険をかえりみず 鬼となった炭治郎の目の前に出てくると思います。 今まで旅をしてきた記憶を持っている禰󠄀豆子は 鬼になった炭治郎に声をかける事でしょう。 「お兄ちゃん!」 「鬼なんかに支配されない、お兄ちゃんは強い。 」 「人間に戻って!」 こういった言葉を言い、炭治郎に人間に戻るように声掛けをすると思います。 自分の唯一の家族である禰󠄀豆子が涙を流し泣いていたら 鬼の姿となった炭治郎も周りを攻撃する行為を止めてくれるのではないでしょうか? まとめ 今回の話では、 炭治郎の周りにいる 伊之助や 善逸達が 炭治郎が人間に戻るために何度も声をかけていくのだと思います。 炭治郎自身が鬼になった事で倒さなくてはいけないという状況になりましたが 人間に戻るという可能性もあると思います! 禰󠄀豆子も 鬼から人間にもどった人物の1人なので 同じ血を持つ炭治郎も愈史郎や珠世が作った薬により 人間に戻るという可能性もゼロでは無いでしょう! そして、今までは炭治郎が禰󠄀豆子を人間に戻す為に 守りながら旅を続けてきました。 そんな炭治郎が無惨により鬼にされたいま 今度は、禰󠄀豆子が炭治郎を人間に戻す為に全力で動いてくれることでしょう! 今まで、唯一の家族である禰󠄀豆子を守り続けた炭治郎 なので、自分の家族である愛する妹である禰󠄀豆子を攻撃するという事は無いと思います。 鬼となった炭治郎も禰󠄀豆子が目の前に現れると 何か違う変化を起こしてくれることでしょう! 主人公が 最後の敵の想いを受け継ぐという 衝撃的な展開となりましたが きっと人間に戻り平和をもたらしてくれる事でしょう! 最終回の結末が分からないくらいに 色んな展開が繰り広げられていますが 最後までしっかりと考察していきたいと思います!.

次の

【鬼滅の刃】204話と205話、同時掲載の完結も?四つの可能性を考察【きめつのやいば】最終回

きめつのやいば ネタバレ202

漫画「鬼滅の刃」ネタバレ202話最新確定速報! 漫画「鬼滅の刃」第202話のネタバレ最新情報を入手しました! 隠たちとともに走る禰豆子、ついに前線に登場となるのでしょうか!? そして伊之助は炭治郎の攻撃を避けられるのか…!? 早速確定速報を見ていきたいと思います。 悲しい再会! 大切な仲間である炭治郎に対し、攻撃の手を止めてしまう伊之助。 義勇や善逸もその様子を見ているものの、すぐに行動に移すことができません。 このままみんな、炭治郎にやられてしまうのでしょうか…? とそのとき、待ちに待った 禰豆子の登場です!! 兄の元へ向かう途中、人間に戻ることができた禰豆子。 すでに過去の記憶を取り戻しています。 ようやく人間に戻れたのに、肝心の兄が鬼へと姿を変えてしまっています。 なんとも悲しい再会です…。 呼びかける禰豆子! 禰豆子の目の前では、鬼となった炭治郎が今にも伊之助に噛みつこうとしています。 禰豆子は困惑する気持ちを抑え、 炭治郎を止めようと近づいていきます。 自分が鬼になってしまったせいで、ずっと兄に辛い思いをさせてしまったこと、そして兄だけに責任を負わせてきてしまったこと。 禰豆子の胸の中には、 様々な複雑な感情が湧き上がってきます。 ここで二人の間に飛び込んでいく禰豆子。 そして、そっと兄の体を抱きしめます。 割って入ってきた禰豆子を見るも、炭治郎はそれが自分の妹だとは認識していない様子。 ガブリと禰豆子の体に襲い掛かります…。 それでも禰豆子は、炭治郎から離れようとはしません。 やっと会えた兄・炭治郎に、 うちに帰ろうと呼びかけます。 禰豆子の脳裏には、様々な感情がよぎっているはず。 溢れる涙をこらえながら、どうにか兄の人格を呼び起こそうと必死に言葉を繰り返すものの…。 仲間の涙! 禰豆子に噛みついたことにより、炭治郎の口の中には血の味が広がります。 こうなってしまった以上、炭治郎を亡き者にするしかない。 誰もがそう思っているものの、中々行動に移すことができません。 太陽を克服してしまった炭治郎を止める術はあるのでしょうか。。 禰豆子の必死の呼びかけもむなしく、意識を取り戻すことができない炭治郎。 そこへ善逸も近づいていきます。 なにやってるんだ炭治郎、妹に怪我までさせて、元に戻ってくれ! 伊之助も目に涙を浮かべながら、炭治郎を素手で殴っています。 善逸も伊之助も、そして禰豆子も…、 泣きながら炭治郎を説き伏せようとしていますが…。 炭治郎の攻撃! 依然として人格のない炭治郎、無惨が放っていたのと同様の技を繰り出し、仲間達を吹き飛ばします。 伊之助たちは、衝撃の勢いにより炭治郎の位置から遠ざかってしまいます。。 それでも懸命に炭治郎の元にとどまり耐える禰豆子の健気な姿…。 炭治郎はすでに 体から触手を発生させており、もはや鬼そのものといった形相です。 ここで深手を負っていた義勇が再び炭治郎の近くへ! 邪魔者を排除するかのように、口から 追加の攻撃を繰り出す炭治郎…。 そんな炭治郎を見て、禰豆子は「仲間を殺してはいけない」と叫びます!! その直後、何故か炭治郎の一撃は義勇から外れていきます。 心の葛藤! しがみつく禰豆子を前に、決して食い殺そうとはしない炭治郎。 禰豆子以外の剣士達へと攻撃を放っている状況を見て、 炭治郎の心の葛藤を感じた義勇。 人格が表面化していないものの、実は懸命に 鬼としての意識を抑えようと努力しているのでは…? 義勇へ放った技も、直撃することなく逸れていきました。 仲間を傷つけたくない、そんな思いがまだ残っているかのように…。 まだ「炭治郎」としての意識が完全に無くなったわけではない。 となると、鬼殺隊にもまだ勝機はあるのでは…!? カナヲ登場! 炭治郎と対峙する義勇たちの元へ現れたのは、 同期のカナヲです! 隠たちの応急処置により、戦線復帰が可能な状態になったのでしょうか。 鬼となった炭治郎と隊員たちの様子をそばで見ていたカナヲ。 ここでしのぶが作っていた「 鬼を人間に戻す薬」を取り出します。 無惨や禰豆子へ投与した薬は、珠世が作ったものでした。 実はこっそりしのぶも同様の薬を作っていたんですね!! 不測の事態に備えて、薬をカナヲに託していたしのぶ。 ここでカナヲは、決意を固めます…! 花の呼吸発動! すでに前の戦いで片目を失っていたカナヲ。 しかしまだもう一つの目でやるべきことがある。 この技を使えば、もう二度と物を見ることはできなくなるかもしれない。 それでも大切な仲間のために、自分がやるしかない…! 強い意志のもと、カナヲは 禁断の「彼岸朱眼」を繰り出します!! 炭治郎の攻撃をすり抜け、炭治郎の間近まで一気に接近したカナヲ。 しのぶから受け継いだ薬を、炭治郎の体に注入していきます。 そこへ炭治郎の触手が直撃してしまい…! 口からは吐血し、 地面に倒れるカナヲ。 どうにか炭治郎に意識を取り戻してほしい、と切に願いながら…。 ここで炭治郎の様子に異変が!! 脈打つ鼓動の中、うっすらと残る自我が…!? 次話へつづく…! 漫画「鬼滅の刃」ネタバレ202話最新!考察・予想 漫画「鬼滅の刃」前話では、なんと主人公の炭治郎が無惨の血により鬼となってしまいました! 共に戦ってきた仲間達を認識できておらず、次々に攻撃を仕掛けていきます。 この後炭治郎は、無惨のように人格を取り戻すことになるのか、それともこのままの状態がしばらく続くのでしょうか。。 まずは最新202話のネタバレ考察・予想をしていきたいと思います! 残された戦力は? 前話では、心肺停止状態だった炭治郎が「鬼」として蘇るというなんとも悲しい展開となってしまいました! すでに無惨戦によ り戦力を使い果たしてしまった鬼殺隊。 ごくわずかなメンバーしか残されていません。。 ここからどうやって炭治郎戦を乗り切るのか、かなり気になりますよね! 義勇は炭治郎の動きを封じようと前話で奮闘していましたが、すでに大量の出血により強力な攻撃を仕掛けるのは難しいでしょう。 となると、辛うじて戦えそうなのは 「実弥」と「同期の3人」ではないでしょうか!? 実弥は爆睡中でしたが、周囲の異変に目を覚ましていました。 ここから義勇の援護に入ることは十分考えられそうです。 そして今もっとも炭治郎の近くにいるのは「善逸」と「伊之助」です。 彼らも第202話では引き続き 炭治郎を封じ込めるために、覚悟を決めて行動するはず…。 さらに無惨戦の途中から戦線離脱していた「カナヲ」は、他の隊員とは違い致命傷は受けていないと思われます。 したがって、応急処置によりある程度は回復していると考えてよさそうです。 信頼している「炭治郎」の異変をまだ知らない可能性もありますが、情報が入り次第、 現場に駆け付けてくれることを期待したいと思います! 禰豆子が兄と再会? 前々話で炭治郎の息が無いことが判明した際、すぐ近くまで禰豆子が来ているシーンが登場していましたね! 涙を流しながら隠隊員2人に誘導されていた禰豆子。 隠たちの目にも涙が溢れていたことから、すでに禰豆子は兄の死を聞いた可能性が高そうです。 背景には戦場となった町の建物が描かれていたことから、いよいよ 禰豆子が兄・炭治郎と再会すると推察されます。 前話では炭治郎が鬼となり隊員たちを襲っていたものの、まだ禰豆子の姿はありませんでしたね。 まだ数百メートルは離れているという設定だと思われます。 しかしもう残り数分という距離なのではないでしょうか!? 義勇が炭治郎の異変を大声で知らせていましたが、まだ禰豆子の耳に届いているかは定かではありません。 禰豆子が変わり果てた炭治郎と再会した後、どんな行動を取るか非常に気になりますね!!.

次の

鬼滅の刃/きめつのやいば最新202話ネタバレ&画バレ!203話考察!感想・解説も!【週刊少年ジャンプ20号】

きめつのやいば ネタバレ202

2020年4月13日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌202話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では、無惨によって炭治郎が鬼になってしまいました。 人を食ってしまう前に太陽の光で炭治郎を焼き殺そうとする冨岡ですが、なんと炭治郎は日に当たっても焼けなかったのです。 伊之助は、以前炭治郎が語っていた「誰かが道を踏み外したら正しい道に戻してやろう」という言葉を思い出し、炭治郎に向かうことを決意。 しかし、優しかった炭治郎の笑顔を思い出し、攻撃することが出来ませんでした。 今回は「【鬼滅の刃 きめつのやいば ネタバレ最新話202話本誌確定速報】鬼化した炭治郎を救う新章スタート?」と題し紹介していきます。 202話となり話も転換点となっています。 これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 鬼滅の刃の人気はさらに上がって最新刊19巻は 初版150万部を突破! 売り切れている店舗もあるようですね。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに 無料で読むことができます。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 鬼滅の刃202話ネタバレ KIMETSU NO YAIBA 201. ここからネタバレを含みますので注意してください。 禰豆子到着 伊之助に襲い掛かる炭治郎。 善逸や隠は伊之助が殺されると思ったようですが、なんと禰豆子が到着し、炭治郎を止めてくれたようです。 禰豆子は炭治郎の体を抱きしめ、家に帰ろうと優しく語り掛けました。 それでもなお、炭治郎はうなりながら攻撃をやめようとはしません。 伊之助や隠も炭治郎に飛びつき、炭治郎の攻撃の手を止めようとします。 そんな炭治郎の様子に伊之助は激怒。 妹である禰豆子にケガをさせるようなやつではなかったはずだ、前の優しかった炭治郎へ戻れと言いながら、炭治郎を殴り始めました。 そんな周囲が煩わしいのか、炭治郎は大きく叫んで当たりのを吹き飛ばします。 それでも禰豆子は炭治郎から離れず、炭治郎に攻撃をやめてくれるように懇願するのでした。 なぜ禰豆子を喰わないのか この状況を見た冨岡は、なぜ炭治郎が禰豆子を喰わないのか考えていました。 禰豆子は炭治郎の攻撃を受け、腕から大量の血を流しています。 禰豆子という血の滴る食い物が目の前にあるというのに、禰豆子を喰わない炭治郎。 さらに、先ほどの攻撃が逸れたことから炭治郎自身も抗っているのではないかと冨岡は考えていました。 炭治郎自身が自我を取り戻すことが出来ればどうにかなるものの、そんな奇跡が簡単に起きるはずもありません。 しのぶが残してくれた薬 その頃カナヲは炭治郎にしのぶから託された薬のことを考えていました。 この薬は、以前、禰豆子に使う薬が足りなかった時のためにとしのぶが藤の花から作った薬ですが、珠代が3つも薬を作ってくれたおかげで不要となっていました。 しのぶから託されたこの薬を炭治郎に使おうと考えたカナヲは、両目とも失明しなかったのはこの時のためだったのだと考えていました。 鬼になってすぐの今なら、炭治郎の攻撃をかわして近づくことが出来るはず。 そう考えたカナヲは、残された方の片目で彼岸朱眼を使うのでした。 鬼滅の刃202話ネタバレ考察 鬼滅の刃201 単純にもう悲しすぎた。 伊之助が刃を炭治郎に振らない、い や振れない所も泣けた。 炭治郎、鬼にならないで欲しかった 鬼舞辻無惨本当に恨む。 202話読むのが怖い……. 人を食べる前に太陽の光で焼き殺そうとする冨岡ですが、炭治郎は日の光でも焼けないようです。 伊之助は炭治郎の言葉を思い出し、自分で炭治郎を切ることを決意。 しかし、以前の優しい炭治郎の顔を思い出してしまい、切ることが出来ませんでした。 今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 現状誰が動ける? 悲鳴嶼さん…伊黒さん…甘露寺ちゃん…嘘でしょ? 柱ほぼ全滅?? ってか炭治郎?えっ?? 勝利の代償でかすぎん? ってか無惨ほんとに死んだ?? ほんとに?? 大抵安堵後の執念の復活あるから恐怖でしかないんだけど💦 ってか皆の生死後の大事な人との再会シーン毎回泣く😭 — ぺこ jirokun999 無惨戦の時にその場にいた柱は冨岡、伊黒、甘露寺、不死川、悲鳴嶼の5人です。 このうち悲鳴嶼はすでに亡くなってしまったような描写がありました。 伊黒と甘露寺は意識があり、お互いに会話をしていますが、その内容から長くは持たない様子。 不死川は死の淵から戻ってきたようですが、まだまだ油断はならない状況です。 唯一戦える柱は冨岡でしたが、これまでの戦いにより足元がふらつき、そこを伊之助に助けてもらっていました。 この状況から、戦える柱は誰一人いないと考えられます。 ちなみに無惨戦には伊之助、善逸、カナヲの3人も参加しています。 伊之助は炭治郎との約束を思い出し、自分が炭治郎を正しい道に戻してやらねば!と決意したようですが、やはり切ることが出来ませんでした。 善逸も動ける状態ではありますが、伊之助同様、炭治郎を切ることは出来ないでしょう。 カナヲが鬼化炭治郎に攻撃を仕掛ける? カナヲに関しては、片目を失明しているものの、体力的にはまだ戦えるはず。 にもかかわらず、無惨戦では活躍の場が少なかったのです。 最近は登場もしていなかったですよね? これは鬼化した炭治郎と戦う展開の伏線なのでしょうか? もし炭治郎と戦うことになっても、無惨のすべての血液を注がれた炭治郎は相当強いはず。 カナヲ一人で応戦できるはずはないので、炭治郎が逃げる展開が待っているかもしれません。 自我を失った炭治郎を救うのは? 現在無差別に人を襲っている炭治郎。 まだ禰豆子が鬼のままだったら、禰豆子の血液を与えることで炭治郎は自我を取り戻し、少量の血だけで生きていくことが出来ます。 また血鬼術の爆血でしたら、鬼の血を燃やすことができるので炭治郎の中に流れてしまった無惨の血を燃やして浄化することもできるかもしれません。 しかし、禰豆子は人間に戻ってしまいました。 もう禰豆子には鬼の力は残っていないのでしょうか? もし完璧に人間に戻ってしまったのなら、すぐそこまで来ているようですが、今来たところで禰豆子が出来ることは何もありません。 ましてや、人間に戻ってしまった禰豆子は他の隊員に守られ、足手まといになってしまう可能性が…。 今後炭治郎が鬼として順応し、自我を取り戻した場合、自分のしたことを思い返して強い罪悪感に苛まれるでしょう。 そんな炭治郎を人間に戻す新たな物語が始まるかもしれませんね。 201話では無差別に人を襲っていましたが、果たしてこれは炭治郎なのでしょうか? 無惨が炭治郎の体を乗っ取り、暴れまわっていると考えることもできますが、恐らく無惨自体はもう死んでしまったのでしょう。 その証拠に、無惨は炭治郎に血液を注ぐ直前、鬼の王となれと希望を託しています。 このことから、今暴れまわっているのは自我を失った炭治郎ということで間違いないでしょう。 炭治郎の姿をしているだけで、中身は全くの別物ということなのでしょうか? 炭治郎が今どのような状態なのかも、今後明らかになってくるかと思います。 炭治郎は正気に戻る? この時みたいに、鬼化した炭治郎が禰豆子襲撃しかけてボロ泣きしだしたら切ないな 無惨の細胞と必死に体内で戦っててほしい — ㅊㅊ 18hhhr 炭治郎はこのまま無惨の言ったように鬼の王となってしまうのでしょうか? 禰豆子は最初こそ炭治郎を襲いましたが、その後無意識で炭治郎を守りました。 そのことから炭治郎も禰豆子のことを想う気持ちが強かったことから、禰豆子が現れたら、人間を襲うことをやめるのではないでしょうか? その場合はこれから炭治郎と禰豆子の関係が入れ替わって炭治郎を人間に戻す旅に出ることになるかもしれませんね。 青い彼岸花に関してもまだ何もわかっていないのでその点も今後明らかになってくるのではないでしょうか? 202話への感想・予想ツイート 来週発売の「鬼滅の刃」201話を先読み。 鬼滅の今後の展開は炭治郎に無惨が寄生か炭治郎が鬼になって禰豆子が救うと予想する。 なので炭治郎が鬼化して今までの話が実は炭治郎が鬼になる前の長い回想だったってオチだと予想! 妹の禰豆子の鬼化を治したけど自分が鬼になっちゃったって悲しい話。 最後は炭治郎らしく自決かなぁ。 人を襲う前に炭治郎を殺さなければと考えた冨岡は、日の光で炭治郎を焼き殺すことを決意しますが、日の光でも焼けない炭治郎は無差別に人を襲いだしました。 最新話確定速報として202話のネタバレをお届けしました。 鬼化した炭治郎のもとに禰豆子が到着しました。 禰豆子に少しでも鬼の力が残っていればこの危機を脱することが出来るかもと思っていましたが、やはり完全に人間に戻ってしまったようです。 そんなとき、カナヲが登場。 しのぶから託された鬼を人間に戻す薬を使うときだと考え、残った片方の目で彼岸朱眼を使ってしまいました。 その後、炭治郎の中で何かが変わり始めたような描写がありましたが、果たして人間に戻ってくれるのでしょうか? 203話での展開が楽しみですね! 以上、「【鬼滅の刃 きめつのやいば ネタバレ最新話202話本誌確定速報】鬼化した炭治郎を救う新章スタート?」と題しお届けしました。

次の