江ノ島 隠れ 小屋。 地魚が旨い【江ノ島小屋】2階は雰囲気がいい隠れ家バーみたい

知ってる?江ノ島デートで見落としがちな穴場スポット22選

江ノ島 隠れ 小屋

また写真のような、生クリームがたっぷりと使われている エッグスンシングス定番のメニューだけでなく、 江ノ島店限定のメニューも。 しらすを使ったロコモコプレートが提供されています。 おしゃれなプレートのランチは、素敵に江ノ島でのランチタイムを彩ってくれますよ。 また、他店にはない料理が楽しめるのは嬉しいポイントですよね。 人気のお店なので、お昼の時間帯は非常に混雑します。 スムーズに入店したい際は、 予約をしてから足を運ぶことをおすすめします。 また、ディナーは コースも用意されています。 ゆったりと過ごしたいのであればコースメニューを予約することをおすすめ。 くわしい内容は 下の赤いボタンからチェックしてくださいね。 テイクアウトメニューもあり!.

次の

江ノ島:旬魚旬氷 隠れ小屋(公式)

江ノ島 隠れ 小屋

この記事の目次• 2019年6月7日、神奈川県は江ノ島に、海鮮の料理とかき氷がおいしい隠れ家的食事処がオープンしました。 その名も『隠れ小屋』です。 同店は古民家を改装した海鮮料理のお店で、オーナーが釣り上げた新鮮なお魚がおいしいと早くも大人気!さらに、自家製シロップの絶品かき氷が食べられるお店として、かき氷マニアからも熱い視線を集めています。 広報担当の高橋さんに、お店についてお話をうかがってきました。 ノスタルジックな通りの隠れ小屋 お店があるのは、江ノ島の仲見世通りから裏道に入ったところ。 その小道はまるで昭和にタイムスリップしたようなノスタルジックな通りで、まるで映画のワンシーンに登場しそうな景観です。 「はじめてこの物件を見つけたときは感動しましたね。 絶対ここにしよう!と決めたんです。 それから家主さんに交渉して、お店として使えることになったんです。 」 そんな『隠れ小屋』は2階建ての古民家。 席数は1階2階合わせて49席と、広々しています。 テーブルや椅子は木のぬくもりのあるシンプルなもので、これから年数を重ねていくうちにいい風合いが出てきそうです。 」 公式インスタグラムには詳しい地図が掲載されていますので、地図を頼りに探してみてくださいね。 東京湾の金アジは絶品!釣った魚は鮮度が違う 『隠れ小屋』の大きなウリはスタッフが一匹一匹釣り上げた魚を使用した海鮮料理です。 すべての海鮮を釣り上げているわけではありませんが、釣り担当スタッフが毎日魚釣りに出かけて仕入れる魚がメインになっているのだとか。 特に推しているのが東京湾で獲れる金アジ。 年間通してよく釣れる魚なので、グランドメニューとしてさまざまな料理に使用しています。 「釣った魚は網漁で一気に獲る魚と違って傷みにくいんですよ。 だから鮮度が違います。 東京湾の金アジは、脂がのっていて身がふっくらしているので、フライにすると絶品ですよ。 千葉ではこの金アジで行列ができるほどの人気店もある魚なんです。 もっと金アジの良さを伝えていきたいですね。 アジの姿造り、アジフライ、小鉢、味噌汁、ご飯、漬物のセットで1,600円となっています。 自家製シロップのかき氷は氷フワフワ そして、もう一つのウリがかき氷。 氷は薄く削っているのでフワフワ!口の中でさらっと溶けます。 味の決め手となるシロップはなんと自家製です。 フルーツやミルクを煮詰めて味の濃いシロップを手作りしています。 「一番人気はイチゴのかき氷なんですけど、あまおうという品種のイチゴを煮詰めて作っています。 あまおうは味が濃くて色も綺麗に出るんですよ。 どれも素材にはこだわっています。 これに2種類の限定メニューが加わります。 いずれも850円~900円でいただけます。 市販のシロップとは異なる自然の甘さのかき氷。 どんな味か気になりますね。 ちなみに、江ノ島ココ・パインはココナッツとパイナップルの甘さと酸味がミックスした、トロピカルなかき氷。 江ノ島とついているだけあり、観光で訪れた方に特に人気の一杯です。 かき氷と魚釣りが好きで集まったスタッフたち 『隠れ小屋』がなぜ海鮮料理とかき氷の二枚看板なのかというと、その答えはとてもシンプル。 魚釣りが好きなスタッフとかき氷が好きなスタッフとが集まっていたからなのだそう。 魚が沢山釣れた日は海鮮料理も大盤振る舞い!今日もスタッフ一丸となって頑張っています。 「ノスタルジックな雰囲気がうつくしい通りにある隠れ小屋です。 田舎のおばあちゃん家に来たような、懐かしい気持ちになれますよ。 」 江ノ島の裏道にひっそりとたたずむ『隠れ小屋』。 新鮮な金アジや山盛りのかき氷が食べたくなったら、ぜひ探してみてください。 店舗名 隠れ小屋 住所 神奈川県藤沢市江の島1-6-30.

次の

地魚が旨い【江ノ島小屋】2階は雰囲気がいい隠れ家バーみたい

江ノ島 隠れ 小屋

この記事の目次• 2019年6月7日、神奈川県は江ノ島に、海鮮の料理とかき氷がおいしい隠れ家的食事処がオープンしました。 その名も『隠れ小屋』です。 同店は古民家を改装した海鮮料理のお店で、オーナーが釣り上げた新鮮なお魚がおいしいと早くも大人気!さらに、自家製シロップの絶品かき氷が食べられるお店として、かき氷マニアからも熱い視線を集めています。 広報担当の高橋さんに、お店についてお話をうかがってきました。 ノスタルジックな通りの隠れ小屋 お店があるのは、江ノ島の仲見世通りから裏道に入ったところ。 その小道はまるで昭和にタイムスリップしたようなノスタルジックな通りで、まるで映画のワンシーンに登場しそうな景観です。 「はじめてこの物件を見つけたときは感動しましたね。 絶対ここにしよう!と決めたんです。 それから家主さんに交渉して、お店として使えることになったんです。 」 そんな『隠れ小屋』は2階建ての古民家。 席数は1階2階合わせて49席と、広々しています。 テーブルや椅子は木のぬくもりのあるシンプルなもので、これから年数を重ねていくうちにいい風合いが出てきそうです。 」 公式インスタグラムには詳しい地図が掲載されていますので、地図を頼りに探してみてくださいね。 東京湾の金アジは絶品!釣った魚は鮮度が違う 『隠れ小屋』の大きなウリはスタッフが一匹一匹釣り上げた魚を使用した海鮮料理です。 すべての海鮮を釣り上げているわけではありませんが、釣り担当スタッフが毎日魚釣りに出かけて仕入れる魚がメインになっているのだとか。 特に推しているのが東京湾で獲れる金アジ。 年間通してよく釣れる魚なので、グランドメニューとしてさまざまな料理に使用しています。 「釣った魚は網漁で一気に獲る魚と違って傷みにくいんですよ。 だから鮮度が違います。 東京湾の金アジは、脂がのっていて身がふっくらしているので、フライにすると絶品ですよ。 千葉ではこの金アジで行列ができるほどの人気店もある魚なんです。 もっと金アジの良さを伝えていきたいですね。 アジの姿造り、アジフライ、小鉢、味噌汁、ご飯、漬物のセットで1,600円となっています。 自家製シロップのかき氷は氷フワフワ そして、もう一つのウリがかき氷。 氷は薄く削っているのでフワフワ!口の中でさらっと溶けます。 味の決め手となるシロップはなんと自家製です。 フルーツやミルクを煮詰めて味の濃いシロップを手作りしています。 「一番人気はイチゴのかき氷なんですけど、あまおうという品種のイチゴを煮詰めて作っています。 あまおうは味が濃くて色も綺麗に出るんですよ。 どれも素材にはこだわっています。 これに2種類の限定メニューが加わります。 いずれも850円~900円でいただけます。 市販のシロップとは異なる自然の甘さのかき氷。 どんな味か気になりますね。 ちなみに、江ノ島ココ・パインはココナッツとパイナップルの甘さと酸味がミックスした、トロピカルなかき氷。 江ノ島とついているだけあり、観光で訪れた方に特に人気の一杯です。 かき氷と魚釣りが好きで集まったスタッフたち 『隠れ小屋』がなぜ海鮮料理とかき氷の二枚看板なのかというと、その答えはとてもシンプル。 魚釣りが好きなスタッフとかき氷が好きなスタッフとが集まっていたからなのだそう。 魚が沢山釣れた日は海鮮料理も大盤振る舞い!今日もスタッフ一丸となって頑張っています。 「ノスタルジックな雰囲気がうつくしい通りにある隠れ小屋です。 田舎のおばあちゃん家に来たような、懐かしい気持ちになれますよ。 」 江ノ島の裏道にひっそりとたたずむ『隠れ小屋』。 新鮮な金アジや山盛りのかき氷が食べたくなったら、ぜひ探してみてください。 店舗名 隠れ小屋 住所 神奈川県藤沢市江の島1-6-30.

次の