モク ナシ ゴリ ランダー。 ポケモンカード ソード カード評価

テトリのポケカ・ポケモン育成ブログ

モク ナシ ゴリ ランダー

こんちは、ばんです。 デッキレシピ 画像はスターターVセットの【ゴリランダー】ですが、【ボルテージビート】の代用です。 主要カード ゴリランダー 特性 【ボルテージビート】 自分の番に1回使える。 自分の山札から草エネルギーを2枚まで選び、自分の1匹につける。 その後山札を切る。 草草草無 ぶち 140 草では珍しい特性でエネルギー加速ができるです。 自身のワザは4エネ140点、HPも170と両方ともずば抜けて高いわけではないので、メインアタッカーと言うよりはベンチに展開してエネルギー加速要因になるかと思います。 また、ゴリランダーの特性のお陰で、GXワザ【トロピカルアワーGX】の追加効果発動に必要なエネルギーを楽に付ける事ができるようになりました。 追加効果は、相手バトルに付いているエネルギーを全て山札に戻すと言うもので、相手の妨害も可能です。 また炎弱点なので【レシリザ】が厳しいところですが【ウィークガードエネルギー】をつける事で弱点対策が可能です。 と、今回はこの辺で。 ともやっているので下のリンクから是非フォローとチャンネル登録よろしくお願いします。 それでは、また次回に。

次の

【ジムバトル優勝デッキ】モクロー&アローラナッシーGX/ゴリランダーデッキレシピ 【ポケカ】

モク ナシ ゴリ ランダー

おめでとうございます! 「モクナシが強い。 トキワの森がほしい」とのコメントを頂いております。 優勝コメントは「さるぢえつよい。 」 次の大会は12月16日(月)、18時00分よりジムバトル開催予定です。 「マヒが強かった!」とのコメント。 新環境になっても変わらずの強さ!【ほっぺすりすり】デッキでした!優勝おめでとうございます!! — カードマックス羽曳野店 CardmaxHabikino ポケカジムバトル(スタン) 優勝「ななまる」さん デッキ「ほっぺすりすり」 おめでとうございます! — カードBOXアリオン斐川店@ヤルカ!ポケカ!ポケモンカード強化買取チュウ BOX96112378 「ほっぺすりすりデッキ」に関する記事• — アメニティードリーム京都店 amenitykyoto 【大会結果】 12月14日のポケモンカードゲームジムバトル は参加者10名でした。 優勝は【ハオウ】さんの【ピカゼク】デッキです。 モルペコV こんにちは~ 先程、ポケモンカードジムバトルが終了しました!! 本日の結果は、 優勝:しーと さん おめでとうございます!! 皆様のご参加お待ちしております!! 優勝は「エイト」さん デッキ「モルペコ人形」 ひとこと「モルペコ仕事した!!!」 とのことです。 おめでとうございます🤩 — ラックス奈良柏木店[カードショップ] TCGnk 「モルペコV」に関する記事• おめでとうございます。 レシゼク 第56回板垣ポケカCompseries 終了です。 「明日は、せせらぎ杯でプレマ取ってきます!! 優勝は「三神ザシアン」を使用したサリオンさんです。 おめでとうございます! 優勝コメントは「最後の大会で勝ててよかったです」でした。 ポケカは今日で最後でしたが、それ以外はまだ大会がございます。 皆様のご参加お待ちしております。 13名でした。 優勝は「ゆうたさん」ジムバトルに続いて2連勝です。 おめでとうございます。 デッキ「三神ザシアン」 コメント「スタジアム入れました。 」 お疲れ様でした。 カビゴンVMAX 【】 本日のジムバトル 優勝はコイキングさん おめでとうございます! — トレカ王福岡本店 torekaoh.

次の

「モクロー&アローラナッシーGX」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ! | ポケカミンV

モク ナシ ゴリ ランダー

はじめまして。 先日行われた愛知チャンピオンズリーグにおいて8勝2敗で44位に入賞することができました。 モクナシゴリランダーを使った人の中では2番目に良い成績を残せたということなので今回記事を書かせていただきます。 初の執筆で読みづらい点もあるかもしれませんが、何か質問や意見等あればTwitterで受け付けますので気軽にDMなりリプライしていただけたらと思います。 tier1:ピカゼク・三神ザシアン・炎軸ミュウミュウ tier2:ルカメタザシアン・超軸ミュウミュウ・モルペコ人形 tier3:モクナシゴリランダー・タチフサグマ・コータスV 自分の使うデッキを考えるにあたり、少なくともtier1,2のデッキに圧倒的に不利をとらず、tier1のデッキ2つ以上に有利なデッキを使うべきだと考えました。 tier1のデッキ3つは上記の条件を満たしているとは思いますが、環境上位故に対策や立ち回りの研究がなされており、ミラーマッチで練度の差が大きく出ると考え、その点で自信がなかったため除外しました。 そこで目を付けたのが《モクロー&アローラナッシーGX》というカードでした。 (略称モクナシ) GXワザのトロピカルアワーを追加効果ありで使用することによって、相手の場のエネルギーを全てデッキに戻すことができます。 さらに新カードの《マリィ》と合わせて使うことができれば、相手は次のターンはトップのドロー含めて5枚で場のエネルギー無しの状態から盤面を復帰させるのは多くのデッキで簡単では無いと考えました。 特に多いであろうと考えていた三神ザシアン相手には、アルティメットレイの返しにトロピカルアワーを使うと、次のターン以降には《メタルソーサー》やザシアンVの特性を使用してエネルギーをつけていくことになるため、有利に試合を進めていくことができると考えました。 また、SMレギュでは多かった炎タイプのアタッカーをメインとしたデッキが大きく数を減らしていたため、弱点をつかれることが減り不利な相手が少ないのも環境的には追い風だと感じ、このモクナシを軸にしたデッキを使うことに決めました。 後攻1ターン目にゴリランダーを立てることができれば、2ターン目から特性のボルテージビートを使用でき、手張りのエネルギーを含めて最速で3ターン目にトロピカルアワーに必要な6エネルギーに到達することができます。 しかし、ここで考えたいのはこの動きは自分が後攻である前提であるということです。 SSレギュでは先攻でサポートが使えなくなったことで、じゃんけんで負けた際に後攻を取られてしまうといったリスクを懸念する必要が出てきました。 このデッキだと先攻1ターン目に行うことができることが、エネルギーの手張りとボールの使用によるポケモンの展開くらいとなってしまいます。 しかし、じゃんけんに勝って後攻を取ってくるような相手は明確に強いプランを後攻で持っている可能性が高く、それだけだとテンポで追いつけない可能性が高いと考えました。 そこでカードをドローすることのできる特性を持つポケモンを採用するということで、先攻でできるだけポケモンを展開することを考えました。 《デデンネGX》は6枚引けて強いのですが、デデンネGXでスタートしてしまうと特性を使用できず、さらにモクナシと入れ替える必要があるためスーパーグロウを撃ちにくくなってしまいます。 さらにサイドを2枚取られてしまい相手のサイドプランを3-2-1とする可能性や、手札にトラッシュしたくないカードを抱えることも多いため不採用になりました。 そこで今回はねがいぼしの《ジラーチ》を採用することにしました。 後攻でこのカードでスタートするとスーパーグロウに到達する要求値が上がる点や、《エスケープボード》もデッキに入れることになるのでデッキのスペースを圧迫するという点や弱点が炎で草タイプのポケモンと被るというようなデメリットが多いためモクナシゴリランダーのデッキでこのカードを採用されている構築は私は見たことが無かったです。 しかし逆に、ポケモンを入れ替えながらアタッカーを複数使って戦うコンセプトを取ることでこのカードを上手く生かすことが出来るのでは無いかと考えてデッキを組みました。 実際にジラーチが逃げられなくてスーパーグロウが使えなかったということは無かったので、この選択は間違って無かったと考えています。 全体的に炎軸のデッキと多く当たってしいましたが、序盤の動きを止めることでなんとか対応することができました。 4試合目は先攻2ターン目にカラミティエッジでモクナシが160ダメージを負ってしまい、それを回復することが出来ずに3ターン目に倒されてしまいました。 なんとかシェイミで前のガブギラを倒したのですが、そこからこちらのアタッカーを育成するのが遅れてしまい、結局あと1体倒せませんでした。 8試合目は1ターン目にスーパーグロウは撃てたのですが、ウィークガードを貼ることができず、先攻2ターン目にレシリザのダブルブレイズで倒されてしまい、為すすべも無く負けてしまいました。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 ここから先は有料とさせていただきます。 有料部分ではデッキレシピとそこに至った理由。 そして採用しなかったカードや採用しておいた方が良かったと感じたカードの解説。 そして上記にあげたデッキに対しての基本的な立ち回りを説明しています。

次の