餃子 の 作り方 プロ。 プロと主婦が作る餃子の差はヒダ・水なし!簡単な餃子の包み方!

プロと主婦が作る餃子の差はヒダ・水なし!簡単な餃子の包み方!

餃子 の 作り方 プロ

スポンサーリンク 家庭で作る餃子を作るのは主婦歴18年の松本明子さん プロは家庭用「餃子の皮」シェアナンバーワン・モランボン 株 の餃子認定講師佐藤亜弓さんが、同じ材料、同じ調理道具を使って餃子を作ります。 ラップをして1時間冷蔵庫でねかせる。 注:今回は味付けに「餃子の素」という調味料を使っています。 これが皮が破れる原因。 余分な具を落とすことで水分と脂をフチに塗る感じ。 これでヒダの端までしっとりさせることができる。 作るヒダは5個以上。 これで片面は平ら、片面はヒダがあるので盛り上がる「三日月」状の餃子が出来上がる。 両側にヒダを作ると少ししかタネのない餃子になるが、片面だけだとタネがたくさん入った餃子になる。 わざと多めにタネをのせて、多すぎる分をタネを取り除く時に脂と水分が皮に付き、それが接着剤代わりになる。 いかがでしたでしょうか。 たぶん多くの方が松本さんの作り方で作っていたのではないでしょうか。 餃子のジューシーさって肉汁だけじゃなくて野菜の水分もあったんですね。 肉だけに味付けするのも意外でしたし、ヒダを片側にしか作らないというのも意外でした。 これからはこの作り方で餃子を作って得意料理の一つにできたらいいなと思ってます。

次の

パーフェクトな「餃子の焼き方」、守るべきポイントは5つだけ!

餃子 の 作り方 プロ

INDEX• 次に「ニラ」を細かく刻み、ショウガ・ニンニクをすりおろす。 【問1】 餃子のタネに使う「豚のひき肉」は、「赤っぽいのひき肉」、「白っぽいひき肉」、どっち? 答えは、「白っぽいひき肉」。 「白っぽいひき肉」は 脂身が入っているので、コクが出てジューシーに仕上がる。 続いて「白っぽいひき肉」をボウルに入れて、「ニンニク」「ショウガ」「塩」「コショウ」「酒」「醤油」「ごま油」「鶏ガラスープ」を加える。 さらに、餃子の旨味が増すように「秘密のモノ」を入れる。 【問2】 餃子の旨味を増すために餃子に入れるのは、「砂糖」、「片栗粉」、どっち? 答えは「砂糖」。 「砂糖」は、コクを引き立たせる役割がある。 【問3】 正しい具材の混ぜ方は、「肉・調味料・キャベツ・ニラを一緒によく混ぜる」、「肉・調味料を先に混ぜ、後からキャベツ・ニラを入れ軽く混ぜる」どっち? 答えは「肉・調味料を先に混ぜ、後からキャベツ・ニラを入れ軽く混ぜる」。 長時間キャベツ・ニラを混ぜると水分が出てベチャベチャになるめ。 レギュラーサイズでも大判でも。 タネをのせ、タネの脂を餃子の皮の端に塗ったら・・・ 【手順1】 皮を半分に折る。 【手順2】 親指と人差し指で両端をくっ付ける。 【手順3】 開いている部分を閉じる。 熱する前に餃子を並べることでムラがなくなる。 【問4】 餃子を焼く時の火力は、「強火」「中火」、どっち? 答えは「強火」。 「弱火」や「中火」だと火力が足りず、蒸す時間が長くなり、皮がグチャグチャになるため。 強火で1分間焼き色をつける。 【問5】 蒸し上げる時に入れるのは、「水」、「お湯」、どっち? 答えは「お湯」。 「水」だとフライパンの温度が一気に下がり、蒸し時間が長くなりベチャベチャになるため。 その後、 強火でおよそ3分半蒸す。 なかの水分がなくなったら、 パリパリ感をつけるために油を回しかけ、盛り付けたら完成!.

次の

【この差】プロが教える「家庭で作る美味しい餃子の作り方!正しい手順はどっち?」

餃子 の 作り方 プロ

そうすることで、口当たりもうまみもよくなります。 そのため、野菜は肉を混ぜ切ってから入れるようにしましょう。 【専門店が教えたいハナタカ】ギョウザに入れるキャベツをシャキシャキにするひと手間とは? ギョウザに入れる前に、みじん切りにしたキャベツを塩揉みして、余分な水分を出します。 キャベツから水分を出すことで、シャキシャキ感が違ってきます。 さらに 塩もみしてキャベツから絞った水分は捨てることなく、 お肉と合わせます。 一度抜いた水分をわざわざタネに戻すには、理由がありました。 先にキャベツから水分を抜いておかないと、焼いているときに水分が出てしまいます。 お肉は焼いているときにキャベツからでた 水分を吸わないのですが、 焼く前だと水分を吸うのだとか。 番組では、水分を抜いたキャベツ、ニラ、長ネギを入れました。 お肉に野菜を入れ、 軽く混ぜ合わせます。 ここで混ぜすぎてしまうと、野菜に残っている水分が抜け出てしまうので、注意が必要です。 時間をかけるとせっかく調整した水分が肉や野菜から抜け出てしまいます。 短時間でパッと調理した方がより美味しく仕上がります。 【ギョウザ専門店が教えたいハナタカ】焼く時の差し水は??にかけろ!! お湯はギョウザに直接かけてください。 ギョウザの皮の周りにはでんぷん質が含まれています。 そのでんぷん質を洗い流すことによって、餃子の皮を滑らかに仕上げることができます。 よくフライパンの鍋肌から差し水をしたりするのですが、ギョウザに直接かけないと皮が白く残る場合があり、焼けていないと勘違いして焦がしてしまう原因になってしまうんだそうですよ!.

次の