俺ガイル ss 警察。 【俺ガイル】八幡「葉山がウザい」|エレファント速報:SSまとめブログ

【俺ガイル】一色いろは・八色おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

俺ガイル ss 警察

雪乃「起きなさい、比企谷くん」 八幡「……」スー、スー 雪乃「……寝顔は意外とまともなのよね」 八幡「……」スー、スー 雪乃「はあ。 ……起きなさい、比企谷君。 朝よ」ペシン 八幡「……ん?んう」 雪乃「起きたかしら?」 八幡「……お前今デコピンした?」ボー 雪乃「ええ。 あなたがあまりに起きないから。 もう九時よ」 八幡「おう。 ……なあ、俺、三限の日は十二時まで寝てたいって前に言わなかったか?」 雪乃「言ったわね。 そしてそれは即却下したわ」 八幡「だったけか」 雪乃「ええ」 八幡「……おはよう、雪ノ下」 雪乃「おはよう、比企谷くん」 八幡「顔洗ってくる」テクテク 雪乃「はい」 シャー、ジャバジャバ 八幡「……」フキフキ 八幡(。 彼女とこんなのような生活を続けて、もう一年近くになる 八幡(同じ大学の別の学部に入学した俺達 八幡(大学ってのは、同じキャンパスであっても、学部学科が違えば、なかなか知り合いと顔を合わさないもんだ 八幡(ただ、俺と雪ノ下は住んでるアパートが隣同士だった。 まあ、雪ノ下のはアパートというよりマンションだが 八幡(そこで入学してしばらく経ったある日、事件が起きた 八幡(雪ノ下にストーカーが出たんだ 八幡(少し遅れて気づいた俺は、何かを考える前に走って、雪ノ下の家に向かった 八幡(インターホンを鳴らして。 玄関越しに聞こえたのは、とても怯えて憔悴しきった声だった 八幡(そして問題解決に向けて、俺は動き出した 八幡(その時に取ったいくつかの対策の一つとして、雪ノ下が俺の家に。 俺が雪ノ下の家に泊まった。 俺が現行犯で捕まえるために 八幡(以来、犯人を警察に突き出し、事件が解決した後も。 雪ノ下はなにかとうちに来るようになった 八幡(どうにも恩返しがしたかったようなので。 雪ノ下が満足するまでの間、しばらくは放っておこうと決めたのだが 雪乃「比企谷くん。 いつまで顔を洗っているの。 二人ともこたつに入ってコーヒーをすすりながら 八幡「お前、今日何限だったっけ」 雪乃「三限と、五限」 八幡「ふうん。 お前って講義と講義の間の時間、何してんの」 雪乃「読書とか、自習よ。 高校の時と変わらないわ」 八幡「相変わらずだな」 雪乃「あなたも似たようなものでしょう」 八幡「まあ、否定はしない。 でも今はたまに男とつるんでるよ」 八幡(男と言っても、親交があるのは一人だけだけど 雪乃「へえ」 八幡「何その顔」 雪乃「人間が心底驚いた時、きっとこんな顔よ」 八幡「お前な……。 俺だって、一人の時間の方が好きってだけで、別に友だち嫌いってわけじゃないからな」 雪乃「ええ、その友達ができなかっただけなのよね。 だから余計に驚いてるのよ」 八幡「あっそ。 お前、自分の言葉が結構ひどいこと知ってる?」 雪乃「さあ。 ……でも、よかったわね」 八幡(そう言ってほほ笑む雪ノ下は、意外とほんとうに嬉しそうだった 八幡「まあな。 あ、そうだ雪ノ下。 俺今日晩飯いらねえ」 雪乃「え?……いえ、別に今日も作るなんて言ってないでしょうまだ」 八幡「でも言っとかないと後から文句言われそうだしな」 雪乃「それで、理由は?」 八幡「明日、ゼミの発表でな。 準備しないといけないから、大学から何時に帰るか分からん」 雪乃「そう。 また明日」 八幡「おう。 ……あ、そうだ雪ノ下」 雪乃「何?」 八幡「朝飯、いつもさんきゅな。 美味いぞ」 雪乃「そ、そう。 じゃあまたね比企谷くんちゃんと講義受けるのよ」スタスタ 八幡「母ちゃんかよお前は。 ほいよ、じゃあまた」 雪乃(自分でも、早口で、顔が赤かったのが分かった。 あの男は、たまに卑怯。 いつも卑怯だけど、ああいうのは本当に卑怯だ スタスタ 雪乃(意図せずに顔が緩むから、できるだけやめてほしい。 ハッチはまだ、例のあの子と付き合ってないの?」 八幡カタカタ 男「そうなんだ。 なんで?」 八幡「んー」カタカタ 男「ハッチ、パソコンの世界に入りすぎ。 今は恋バナしよーぜー」 八幡「お前、先週終わらせたからってうぜえ。 俺は発表明日なんだよ」クル 男「まーまー。 コーヒー入れたからさ。 ちょっと休憩すべき」 八幡「ちゃんと砂糖入れたか?」 男「入れた入れた、たっぷりね」 八幡「っそ」ズズズ 男「それで、例の雪ノ下さんの話」 八幡(目の前でニコニコしている熊みたいな体のこの男は、ゼミの同期 八幡(基本一人でいることの多い奴なのだが、話してみると朗らかで、穏やかな奴だ 八幡(ある意味、俺が初めて獲得した貴重な同性の友人。 だって戸塚は天使で、は知り合いだしな 八幡(ただ、ケーキ作りが趣味で、好きな話は恋バナというのがたまに傷だが 八幡「別に、付き合うとか付き合わないとか、そういう対象じゃない。 だいたい、見たことあんだろ。 釣り合わないんだよ」 八幡(色んな意味で、な。 きっと、雪ノ下もそう思ってるだろう 男「ふうん?でも、はしてる」 八幡「それだって、あいつが義理人情でやってるだけだ。 別に色っぽいことなんか一つもない」 男「ハッチがそう言うなら、本当なんだろうね」 八幡「そうだよ。 勘ぐるな、めんどくさい」 男「はは、ごめんごめん。 面白いから」 八幡「なにがだよ」 男「なんでもないよ」 男 多分君は気づいてないだろうけど、この話をしてる時の君の表情って、たまに照れたように唇を尖らせる 男 それが、面白いんだ。 見てて楽しい 男「まあ、ハッチのそういうところ、結構すきだよって話」 八幡「……お前、ホモじゃねえだろうな。 俺、男は戸塚以外認めねえぞ」 男「違うよー。 僕、彼女いるし」 八幡「けっ、知ってるよ。 そら、休憩おわり。 傍には、読みかけらしい本が置いてある 八幡「いい匂いするな……ああ」 八幡(台所のコンロの上には、とん汁とおでんの入った鍋がそれぞれ置いてあった。 冷蔵庫には書置きが貼ってある 雪乃『準備、お疲れ様です。 とん汁とおでんは温めなおして食べてください。 冷蔵庫にはサラダが入ってます。 食べた食器は流しに置いといてください』 八幡(こいつ、手紙だと敬語になるんだよな…… 八幡(なんだろう。 今、俺が感じているこの気持ち。 これを言葉にしたらなんて言うのか、俺は知ってる 八幡(でもその気持ちは、今までずっと、俺を苦しめるものでしかなかった。 俺のを量産するものでしかなかった 八幡(今回も、そうなのだろうか。 それとも、違うのだろうか 八幡(まあ、どう転ぶのかはまだ分からないが 八幡(いつか、雪ノ下に伝えるときが来るのだろうか。 この気持ちを 八幡(とりあえず今は。 目の前のご飯を頂こう 八幡「……いただきます」 八幡(彼女を起こさないようにそっと声をかけて、俺はコンロに火をかけた 終 元スレ 雪乃「起きなさい、比企谷くん」八幡「……」スー、スー.

次の

俺ガイルSS やはり俺の球技大会は間違っている。

俺ガイル ss 警察

48 ID:kmLyvREV0 夜のノリで投稿。 ・初だからシステム面よく分からん。 ・台本形式 ・キャラ崩壊 ・原作6巻まで昔に読んだけど忘れた。 vip2ch. vip2ch. 77 ID:kmLyvREV0 八幡「なんで俺は職員室に呼ばれてるんですかねぇ・」 静「私の出した『高校生活を振り返って』というテーマの作文でお前は何て書いたかな?」 八幡「青春とは楽である。 どんな失敗であろうと青春の1ページとして刻まれ、将来は武勇伝として語れる日々が来る。 例え犯罪を犯そうとも女の子を犯そうとも少年法は我らを守ってくれる。 さあ皆、失敗を恐れずに踏み出そうではないか!といった内容でしたっけ?」 静「もはや犯罪予備軍というか犯罪予告じゃないか。 」 八幡「ジョーク!ジャパニーズジョークってやつっすよ。 そもそも俺ほどの魅力があれば犯罪を犯さずとも、向こうから女の子が何人もやってきますからね。 」 静「過去に恋愛経験は?」 八幡「両手両足使っても数え切れないレベルに。 片思いだけなら、」 静「よし、お前を真っ当な人間に更生するべく部活に入る事を命ずる!」 八幡「それは幾ら何でも無理やりすぎるっしょ!」 静「原作でも無理あるんだから気にするな。 」 八幡「それを言われるとぐうの音も出ないっす。 42 ID:kmLyvREV0 静「入るぞ。 」 雪乃「先生、入るときはノックをお願いしたはずですが、」 静「ノックをしても返事をした試しがないではないか。 」 雪乃「返事をする間もなく先生が入ってくるんですよ。 それで、その隣にいる人は・比企谷君ね、」 八幡「まさかあの天才美少女のゆきのんが俺の名を覚えてくれているなんて・・・大天才冥利に尽きるぜ。 」 雪乃「いつも私の成績の一つ上にいるもの・。 嫌でも覚えるわ。 あとその呼び方は止めなさい。 」 八幡「ゆきのんが天才なら俺は大天才だから仕方ないな。 ハッハッハッ!」 雪乃「」イラッ 静「ろくに授業中スマホばかりやってるのに点だけは取るからタチが悪い。 」 八幡「えっ・・机の下に隠していたのにバレていた・だと・・」 雪乃「それより比企谷君が何の用ですか?平塚先生、」 静「ああ、彼は入部希望者だ。 彼のこの舐め腐った人格を更生して欲しい。 それが私の依頼だ。 」 雪乃「お断りします。 」 八幡「いやん!手厳しい!」 雪乃「」イラッ 静「何故だ?」 雪乃「その男の下卑た目を見ていると身の危険を感じます。 69 ID:kmLyvREV0 静「安心しろ。 彼は言葉だけのセクハラなら数知れずだが刑事罰に問われるような事は断じてしない。 何せチキンだからな。 」 八幡「チキンって言うなー!」 雪乃「前者でも訴えれば罪に問えるとは思うのですが・、チキン・なるほど、」 八幡「ゆきのんも納得しないで!」 雪乃「まあ、先生からの依頼なら無下にはできませんし、承りました。 」 八幡「こうして、俺の何も間違ってない王道ラブコメが始まるのであった。 」 雪乃「貴方とラブコメする気はないのだけれど。 61 ID:kmLyvREV0 静「なら、頼んだぞ!雪ノ下」 八幡「二人きりだよ!ゆきのん!」 雪乃「私に何かしようものならどうなるか分かっているでしょうね?」 八幡「ニブルヘイムでお仕置きですか?」 雪乃「それはできないけれど、」 八幡「じゃあ問題ない。 」 雪乃「何が問題ないのかさっぱり分からないわね。 」 八幡「で、そもそもここ何部なのよ?」 雪乃「当ててみたら?」 八幡「バスケ部」 雪乃「違うわ」 八幡「サッカー部」 雪乃「違うわ」 八幡「野球部」 雪乃「違うわ」 八幡「テニス部」 雪乃「違うわ」 八幡「配球部」 雪乃「何故バレーボール部と言わなかったのかは分からないけれど違うわ。 」 八幡「ダメだー!他に思いつくものがない!ギブアップだ!」 雪乃「貴方本気で当てる気ないでしょ・。 今私がここでこうしていることが部活動よ。 」 八幡「なるほど、わからん。 51 ID:kmLyvREV0 雪乃「オホン。 とにかく、もう少し年齢を下げなさい。 」 八幡「妹とも今朝話したしクラスメートともさっき話したな。 」 雪乃「えぇ・。 普通に交友関係は出来てるようだけれど。 まあいいわ。 持つものが持たざるものに慈悲の心を以って之を与える。 それを人はボランティアと呼ぶの。 困っている人に救いの手を差し伸べる。 それがこの部の活動よ。 ようこそ奉仕部へ、歓迎するわ。 頼まれた以上責任は果たすわ。 貴方の問題を矯正してあげる。 感謝なさい。 」 八幡「御奉仕部ですか。 ゆきのん真面目そうなのにたまげたな。 」 雪乃「貴方奉仕部のとこしか聞いてないでしょ。 しかも御はいらないし、変な意味じゃないし。 」 静「邪魔するぞ。 更生に手こずってるようだな。 」 雪乃「先生、ノックを・」 八幡 怒ってるよ怒ってるよ。 絶対静ちゃん女の子じゃない発言聞いてたよ! 雪乃「正直この調子だと先が思いやられます。 」 八幡「第一俺は矯正しなくても問題ないし、変わるつもりなど断じてないっつうの!」 雪乃「貴方のそれは逃げでしょ。 」 八幡「変わることも現在からの逃げでしょうが。 」 雪乃「それでは何も悩みは解決しないし、誰も救われないじゃない。 」 八幡「せやろか。 」 静「二人とも落ち着きたまえ。 古来より互いの正義がぶつかったときは勝負によって雌雄を決するのが少年漫画のならわしだ。 」 八幡「確かに!」 雪乃「納得するの・。 」 静「つまり、この部でどっちが人に奉仕できるか勝負だ!勝った方が負けた方になんでも命令できるってのはどうだ?」 八幡「え?今なんでもって、」 雪乃「お断りします。 この男が相手だと身の危険を感じます。 」 静「雪ノ下雪乃といえど恐れるものがあるか、そんなに勝つ自信がないのかね?」 雪乃「いいでしょう。 その安い挑発に乗るのは少しばかり癪ですが、受けて立ちます。 」 八幡「待てい!本当にいいの・・安い挑発に乗って俺に純潔を奪われるかもだよ?俺みたいなイケメンなら良いかもしんないけどでもさぁ・」 雪乃「自分のことをそんな風に言えるなんてある意味感心するわ。 それにしても大した自信ね。 貴方が私に命令されるかもしれないのよ?」 八幡「私にとってはどちらにしてもご褒美ですから。 」 雪乃「やはり止めようかしらこの勝負。 」 静「今更降りさせはしないぞ?雪ノ下。 」 八幡「こうして、俺の奉仕部員としての戦いが始まったのである。 56 ID:VQOySBjDO この段階では「続きが読みたい」と思わせるほど量も中身もない 夜のテンションだけで書いたならまともに完結もしないだろうし止めとけば?.

次の

いろは「私の大好きな先輩です…って」 八幡「は?」【俺ガイルss/アニメss】

俺ガイル ss 警察

95 ID:xJe4QpPv0 八幡「なんにせよ、マジで話しかけすぎだぞ。 そのせいでなんかクラスでも変に目立ちつつあるし…」 葉山「別に俺の力じゃなくても、プロムの件で結構目立ってるよ」 八幡「え、そうなの?」 葉山「比企谷主導のイベントだって認識は結構しっかりあるみたいだね。 いろはがなんか言ったのかもしれない」 八幡「げぇー…最後の1年ぐらい静かに生きたいっつうのに…」 葉山「それに、雪ノ下さんの件もね…」 八幡「え!?嘘だろ!?基本誰にも言ってないぞ!?」 葉山「まぁ、プロムを手伝ってくれた連中はなんだかんだ察してるみたいだしな。 32 ID:xJe4QpPv0 姫菜「うっ………!!」 八幡「おい…」 葉山「すまん…」 八幡「だいたいお前はほんとどうしちゃったわけ?前みたいにゴロゴロと取り巻きも作んないし学級委員みたいなお前好みの偉そうな役職も断るし」 葉山「言い方……まぁ、思うところがあってね。 もうちょっとわがままな自分になってみようかなと」 八幡「はぁ?」 葉山「雪乃ちゃんも取られちゃったし」 八幡「馬鹿言ってんじゃねぇよ、お前が好きだったのはアイツじゃなくては……」 葉山「その先は言わなくていい」 八幡「……俺に対する態度が似すぎなんだよ。 97 ID:xJe4QpPv0 葉山「もちろん。 っていうか大きなお世話だよ。 そっちこそ最近どうなんだ?雪ノ下さんと」 八幡「うっせー、お前こそ余計なお世話だよ…」 葉山「彼女が恋愛に現を抜かすっていうのが初めてだしね。 普通にどうなるのか興味あるんだよ」 八幡「お前にはぜってーなんも言わねぇ…」 葉山「おやおや?いいのかな?腐っても幼馴染だし、色々助言できることはあると思うけど?」 八幡「なんだそれ腹立つ……結構です、自分でなんとかできますぅ~」 葉山「2人の間のことは確かにね。 33 ID:xJe4QpPv0 葉山「この先避けては通れないところだと思うよ。 君が選んだのはそういう、めんどくさい女の子なんだから」 八幡「ぐぅ……なんかあったら頼む……」 葉山「もちろん、タダでとは言わないよな?」 八幡「……金なら無いぞ」 葉山「ははは、わかってるよ、そんなもの要求する訳ないだろ?ただ、色々話してくれって事だよ」 八幡「わかったよ、きもちわるいな…あ、そういや最近三浦がよく部室に来てるぞ。 お前の文句を言いに……」 葉山「みたいだね」 八幡「いやいや、みたいだねってお前…ちゃんとケアしとけよ、去年あんだけ都合良く使っといて…これもわがままな自分ってやつの一環か?」 葉山「言い方が悪いな…比企谷には分からないと思うけど、俺にとっても優美子は結構大事な存在なんだよ。 どういう感情かはともかくね。 54 ID:xJe4QpPv0 八幡「はぁ~?なにそれカッコつけちゃってわけわかんなぁ~い?」 葉山「何キャラなんだそれは…というかお前は他の女の子を気にしてる場合じゃないだろ?自分のことだけ気にしてればいいんだよ」 八幡「三浦に刺されて死んじゃえばいいのに…ほれ、そろそろ席戻れ」 葉山「お、もうこんな時間か。 20 ID:xJe4QpPv0 おしまいボンバー コメント一覧 8• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 18:47• 海老名さんが滾ってそうwww• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 19:32• イメケン葉山と総受けメインヒロイン八幡がくっつくのは時間の問題だったはずなのに• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 19:51• また、ささきさんの海老名が聞けるのが嬉しい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月03日 23:17• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 00:53• 結婚しろ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 04:50• 八幡をお嫁さんにする同人誌狂おしいほど好き• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 05:28• このクラスの女子が全員腐るのはもはや時間の問題だなあ…• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月09日 10:11• ほんとにあーしさんに刺されて……ねばいいのに 物語全般を通してみると、何気にあーしさんがキーウーマンだったなあ.

次の