嫌われ ss 艦これ - 【艦これ・提督SS】加賀「提督の顔色が悪い」

Ss 艦これ 嫌われ 提督「どんな質問にも素直に答えてしまう薬」【艦これSS】

Ss 艦これ 嫌われ 【艦これ・提督SS】加賀「提督の顔色が悪い」

Ss 艦これ 嫌われ 提督「艦娘に嫌われてるドッキリ」

Ss 艦これ 嫌われ 【艦これ】提督「深海棲艦に懐かれてしまった」

Ss 艦これ 嫌われ 艦これ 男の提督は嫌われる!?

提督「艦娘に嫌われてるドッキリ」

Ss 艦これ 嫌われ 【艦これ・提督SS】加賀「提督の顔色が悪い」

提督「艦娘に嫌われてるドッキリ」

Ss 艦これ 嫌われ 艦これ 男の提督は嫌われる!?

Ss 艦これ 嫌われ 【艦これ・提督SS】加賀「提督の顔色が悪い」

艦これ安価ss 提督「オレ嫌われてる気がする」

Ss 艦これ 嫌われ 艦これ 男の提督は嫌われる!?

Ss 艦これ 嫌われ 艦これ 男の提督は嫌われる!?

艦これ安価ss 提督「オレ嫌われてる気がする」

意外と好かれていて嬉しいけど、やっぱり普段のあの子らがいい」 明石「喜んでくれてるようで、作ったかいがあったというものですよ」 提督「喜んでるように見えたか?ちゃんと反省文を書け」 明石「わ、わかってますよ…」 大井「明石さん、頼んでおいた魚雷の開発を…あ」 北上「あ、提督じゃん」 提督「よっ」 北上「演習終わりの疲れてる時に提督に会えるのはラッキーだったねぇ。

  • 」 大淀「私は…提督と一緒に居た「下がれ!」 大淀「……はい。

  • 」 大淀「はい?」ナミダメ 提督「これ。

  • ていうか、それ使うなよ?いいこと起こらないから」 明石「あ、今朝の食事に混ぜちゃいました」 提督「…効力が切れるのは?」 明石「明日の朝です」 提督「…減給に加えて反省文も追加だ。

提督「艦娘に嫌われてるドッキリ」

「まあまあ、そのぐらいにしておきませんか?」 「ーーーーっ!?」 急に入った助け舟に思わず顔を上げる。

  • 一応大本営には連絡を取って遅れると伝えたが、この状況はよろしくない。

  • 最悪命にかかわるって聞くけど」 提督「そういうのがない分前提としてある程度の準備が居るらしい」 川内「ふぅん、じゃあ捕虜とかにはまだ使えないね。

  • 午前の執務を始めるか」 コンコンコン ガチャ 加賀「失礼します。

提督「どんな質問にも素直に答えてしまう薬」【艦これSS】

258• ……勿論先程も言った通り記憶は残ってますので、 余りにもプライベートに突っ込んだ内容だったり品のない質問だと嫌われかねませんから気を付けてください」 提督「あーそうか、普通に知り合いに使うには難しな」 明石「はい。

  • お姉様も榛名も料理は上手ですし、 霧島だってレシピ通りにキチッと作りますから失敗しません。

  • その為の段取りも組まれており、当然横須賀鎮守府の艦娘達も、 そ ・ の ・ つ ・ も ・ り ・ で待っている。

[B!] 【艦これ】提督「俺は山風に嫌われているかもしれない…」 : あやめ速報

121• 提督 「誰に仕掛けようか…」 提督「誰でもいいから来ないかなぁ」 コンコン? 「ここまで運んでくれるなんて、ありがとねぇ〜」 お婆さんの言葉に、俺は笑顔でこう返した。

  • 何か理由があったのではないでしょうか?」 「あ、ああ。

  • まだ早いけど午前分の仕事は終わりだな」 加賀「対潜哨戒任務の子が帰ってきたら昼食にしましょう」 提督「そうだな」 コンコンコン ガチャ 提督「噂をすれば」 曙「クソ提督、対潜哨戒任務が終わったわ」 提督「クソは取れないのな」 加賀「…曙さん、その言葉遣いはいい加減直した方がいいわ。

  • 3 アーカイブ• 後で報告書を出すように」 瑞鶴「サーンキュ!提督さん、大好き!」 提督「お、おう」 加賀「瑞鶴、しっかりやるのよ。

【艦これ】提督「深海棲艦に懐かれてしまった」

爪切ったばっかりで」 提督「飲んだら感想教えてくれ」 比叡「あぁはい。

  • あんま重い話とか聞きたくないしな」 多摩「いつかは言おうと思ってたけどまだ言えてない隠し事、とか」 大淀「あー、それいいですね。

  • 事情を話すならここだ、ありがとう赤城! 「実は…… 「ふんっ! どうだか」 俺の弁明は悲しくも、突如聴こえた新しい声によって掻き消された。

  • 俺ももう大人の仲間入りを果たしたのだ。

【艦これ】提督「深海棲艦に懐かれてしまった」

艦これ ss 提督 少々お待ちくださいね」 間宮「その間、伊良湖ちゃんとのお話をお楽しみください」ウフフ 伊良湖「えっ!?」ビクッ! 下がれ。

  • いつも通りそつなく仕事をこなしてくれてる 加賀「…そろそろ休憩にしましょう」 提督「ん、そうだな」 コンコンコン ガチャ 瑞鶴「失礼します」 提督「お、どうした?」 瑞鶴「提督さん、演習場の使用許可が欲しいんだけど」 提督「加賀、今日の演習場の使用予定は?」 加賀「夕方の水雷戦隊の演習だけです」 提督「よし、じゃあ演習場使用を許可する。

  • この子は確か、加賀と同じ一航戦の…… 「ーーっ赤城さん! ですが、私達もそれ相応の準備をせねばならなく、赤城さんにも負担をかけて……」 準備……おそらく俺を出迎えるための準備だろう。

  • しかし、それも当然なのかもしれない。




2021 cdn.snowboardermag.com