厚 揚げ こんにゃく 煮物。 ダイエットにおすすめ!糸こんにゃく レシピ20選

こんにゃくの甘辛煮/煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

厚 揚げ こんにゃく 煮物

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の

ダイエットにおすすめ!糸こんにゃく レシピ20選

厚 揚げ こんにゃく 煮物

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の

ダイエットにおすすめ!糸こんにゃく レシピ20選

厚 揚げ こんにゃく 煮物

糸こんにゃくの保存方法について 糸こんにゃくの保存方法は、基本的には冷蔵保存が向いています。 糸こんにゃくの賞味期限はものにもよりますが30~90日ぐらいと言われています。 糸こんにゃくのパックに入っている水は、殺菌作用があり非常に長持ちするため、半年は腐らないと言われています。 とはいえ、賞味期限はチェックしておきましょう。 開封後は糸こんにゃくのパックなどに入っていた水をタッパー等に移してふたをして冷蔵庫に入れておきます。 糸こんにゃくを冷凍すると解凍後水分が抜け出てスポンジ状になり食感もかなり変わってしまいます。 ただこの食感を楽しむ調理法もありますので、様々なアレンジは可能です。 冷凍保存をする場合は、軽く塩もみなどしたあと2分ほど茹でてアク抜きをします。 水を切ったあと冷ましてフリーザーパックなどに入れて保存しましょう。 糸こんにゃくの下ごしらえについて 糸こんにゃくの下ごしらえの仕方をご紹介します。 最初に糸こんにゃくを水洗いし、鍋に入れます。 糸こんにゃくがつかるくらいの水を入れ、強火にかけます。 お湯が沸騰したところで、ざるにあげたら、下ごしらえは完了です。 糸こんにゃくを下ごしらえする理由は、ただ水洗いするだけで使うと、石灰くささが残りにおうため、そのまま調理をすると煮汁に臭いが移って味が落ちてしまいます。 茹で時間が長いと余分な水分をすってしまい、糸こんにゃく自体に水分が多すぎると、味が染み込みにくくなってしまいます。 さっと茹でたら、ザルに上げて、余分な水分を飛ばしましょう。 お料理を美味しく仕上げるために、ちょっとしたひと手間をかけて使用しましょう。 フライパンに油をひき、豚肉を炒め、お好みの大きさに切ったたけのこも加えて炒めます。 更に、だし・めんつゆを加え、味付けします。 人参はいちょう切りにし、こんにゃくは食べやすい長さに切りフライパンに加えます。 人参に火が通ったら、油揚げをいれ蓋をしてひと煮立ちしたら完成です! カロリーの低い食品の代表格と言えばこんにゃくです。 こんにゃくは味や臭いにクセがないため食べやすく、独特の食感が料理を引き立てます。 こんにゃくはこんにゃく芋から作られる食品で、こんにゃく300gのカロリーが約21kcalと低いためダイエットにも適した食材です。 こんにゃくの生産量の第1位が群馬県で、こんにゃく米やこんにゃくラーメンなど、こんにゃくを使ったヘルシー食品も作られています。 こんにゃくは醤油やみりんなどの和食の調味料とよく合いますが、それ以外にもこんにゃくゼリーなどのお菓子も発売されていて、身近な食品として食べられています。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 弾力があり、ぷりぷりとした歯ごたえが特徴のこんにゃく。 こんにゃくは約97%が水分でできています。 含まれている栄養は少ないのですが、低カロリーな食材で100g食べても7キロカロリーです。 こんにゃくは、こんにゃくいもに含まれているコンニャクマナンという水溶性の食物繊維を凝固して作られています。 食物繊維は体内で消化されないため、動脈硬化の原因となるコレステロールを吸着し一緒に排出する作用があります。 コンニャクマナンは体内の水分を吸って膨らむので、腸内環境を整える働きがあります。 満腹感も得られるため、ダイエットにも最適な食材です。 こんにゃくは下茹でをすると臭みが抜け、味が染みやすくなります。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 味にクセがないこんにゃくは、さまざまな味つけができる食材です。 低価格で年中手に入るため、食費を押さえたいときにもぴったり。 カロリーも低いため、ダイエット中の人にもおすすめです。 そんなこんにゃくを使ったレシピはいろいろありますが、炒め物や煮物が一般的です。 冷めてもおいしいため、お弁当のおかずに入れてみるのも良いでしょう。 お弁当に入れる場合は、味付けを濃いめにしておくと傷みを防げるほか、少量でもご飯が進むおかずになります。 また、こんにゃくは弾力があるため、たくさんかんで満腹感がアップする効果もあります。 この記事では、「こんにゃく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の