河内長野 温泉。 天然温泉 河内長野荘 宿泊予約【楽天トラベル】

大阪 日帰り温泉 立ち寄り湯 河内長野市

河内長野 温泉

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. 【露天風呂の風景】 泉質:ナトリウム,マグネシウム泉。 湯量たっぷりの開放的な露天風呂を お楽しみください。 【夏の四季会席】 温泉と共に質とボリュームが自慢の和食。 季節ごとに変わるお料理をお部屋でゆっくり召し上がって頂けます。 【正面玄関】 河内長野駅より徒歩8分。 長野公園に隣接しており、 四季折々の自然を満喫できます。 【鱧鍋付会席】 旬の鱧と季節の会席をお楽しみいただけます。 当荘おすすめの一品!.

次の

大阪の天然温泉宿、旅館なら「憩いの宿 河内長野荘」

河内長野 温泉

なお、以下のファイルはすべてノンフィクションであることに留意されたい 長野温泉というものがあるらしい。 場所は汚れの殿堂・大阪府。 長野県ではない。 なんでこんなにマニアックな温泉街を捜査するのかというとですね、ここに 長野新地ってものがあったらしいんですよ。 情報源はいつものようにタレコミだ。 でも、長野新地は伊丹新地や初島新地のように大昔に滅亡した新地だ。 私の興味の対象となるのはセックスが出来る現役の新地あって、過去の遺物になった新地にはさほど興味が無い。 だから、タレコミ人も、よくわからんけど垂れこんだんだということにしてしまい、このタレコミは大量のメールに埋もれて忘れ去られることになる。 それから1年くらいして、河内長野のスーパー銭湯に誘われて、この地を訪問する機会があった。 そのとき長野温泉てのがあることを知ったのだ。 もしかしてと思って調べてみると、やっぱり長野新地は長野温泉のなかにあったのだ。 で、長野温泉はまだ現役で温泉が湧いており、温泉旅館もあるという。 これは・・・。 もしかしたら、今でも旅館の中居があり得ない確率で恋に落ちてくれたり、近辺のスナックで女の斡旋が行われているのではないか・・。 「温泉街には高確率で裏風俗が存在する」 僅かな可能性を検証するために、現場へ行ってみることにした。 報告書を温泉街紀行に入れたのは、たぶん白だからだ。 「長野新地に潜入せよ」というファイルだと、観る者にあらぬ期待を持たせてしまう。 世論は厳しいのだ。 なんだよそれ、スペルマ発射はなかったのかよ!ふざけんな金返せ!て言われるの嫌ですから(無料ですけど) で、やってきました。 河内長野。 駅は南海と近鉄の駅が合体している。 私は南海派です。 川を渡れば新地になるようだ。 「遊郭赤線跡は川のそばにある」マニアなら周知の方程式だ。 これはますます期待が持てるぞ。 向こうに見える赤い橋が長野新地に向かう1本道だったようだ。 橋の入り口。 ブルージーなゲートと奥に廃屋になったバーが2軒ほどあります。 橋の名前は黄金橋 渡ったところは住宅街になっているが、右に曲がると・・ きな臭い匂いがしてきた おお、なにやら香ばしいぞ 雰囲気は凄く残っている。 これまでになかった風俗街の景色だ。 山奥の秘境といったところか。 駅から徒歩5分もかからずにこれだ。 すごいなあ。 でも気配が無い・・。 完全に過去の遺物か・・。 夜は懐中電灯が無いと歩けない感じ。 足を踏み外して川に落ちるか、いや、その前に心霊スポット級に怖い。。 階段が上へと続いている。 なんだよこの廃屋、墓みたいなのもあるぞ・・ 誰かいますか?? 誰もいない。 これから先は怖いので撮影してません。 こんなヘンテコリンなコンクリの建物もあった。 玄関が赤線建築みたいな感じといえば感じだが、たぶん違うな。 なんだろうこれ。 このコンクリビルの前には旅館みたいなお家が建っている。 遊廓建築に見えなくもないが、もともとここは遊廓があったわけではないので、純粋に旅館として建てられていたものを、転用して今は住宅にしてるだけだと思う。 人が住んでいるお家なので画像は載せない。 階段を登りきると河内長野荘に出る。 さらに上に行くと公園になっていた。 一通りみてまわり、帰ることにした。 そして黄金橋の方へ降りてきたそのとき。 前から50歳くらいの化粧をばっちりした女が歩いてきた。 チンコレーダーが反応する。 距離50センチですれ違う際に横目で確認すると、本来は白髪の混じっているであろう髪は綺麗にカラーリングされ、ジェルかスプレーで水商売風に固められている。 服は淡い黄色いブラウスにパンツ姿で、早足に歩いていく。 どこへ行くのだろう。 あの家の人か?いや違う。 通り過ぎた。 八重別館の人か?いや違う、通り過ぎて、左へまがった。 左は階段を上がっていく道だ。 さきほどの写真のところである。 まさか。 ずっと立ち止まって見続けた。 尾行するか?いや、でもさっきから写真撮ったりして白い目で見られてるから、尾行したら本気で怒られるかもしれない。 そう思って見ていると、女の姿はそのまま階段にさしかかり、茂った山林に吸い込まれて見えなくなった。 あれは通いなれた道を歩くように。 ・・・・・・。 まさか。 まさかね。 きっと河内長野荘で働いている人だ。 これから仕事なんだろう。 化粧が濃いのはたまたまだろう。 接客業ならよくあることだ。 それに階段途中の建物はすべて廃屋だったじゃないか・・。 そう自分に言い聞かせて、黄金橋へ向かった。 いったい長野新地とは何だったのか。 河内長野の図書館で調べてみた。 河内長野市史をみたりするが、いまいちわからない。 どうも温泉街としての歴史は複雑に入り組んでいるようだ。 京都や奈良の地面を掘ると必ず遺跡が出るが、はたしてそれは何時代のものなのか・・てのと同じですね。 「都市計画法に基づくもので、用途地域として『住宅・商業・工業・遊園』の4地区に分けられカフェ歓楽街長野新地としてデビューした」「店の数は30件、女給・仲居さんの常備が150人、花見時や松茸狩り時の非常時編成が300〜400人であった」「昭和30年ころ風俗営業的なものは、僅かに0. 温泉旅館は河内長野荘が1軒だけある 参考・引用 河内長野都市計画調査資料 河内長野市史 長野温泉小誌(河内長野文化研究会 s49) 温泉地として栄えたり廃れたりを繰り返しているみたい。 長野遊園地の跡は、現在の河内長野荘とその隣の長野公園のあたりと思う。 なんだかんだあって、どうやら昭和8年からは本格的なエロ路線を走っている様子。 33年の売防法の後もそっちの方面の営業もしていたということだろう。 そしてだんだん寂れてきて、自然消滅したんじゃなかろうか。 ネットでは下記のような情報が得られた。 事実どうかはわからないけど。 ・平成6年に地上げにあうまで営業していた ・赤線指定はうけておらず、青線だった ・893の事務所が90年代まであった ・近くのバーは連れ出しスナックで、旅館は仲居が相手をした もう一度、違う日に現場へ行ってみた。 これが極楽寺か・・。 でかい大仏様がいる。 古い案内板があった。 今は住宅になっているところにスタンド・・と書かれている。 スタンドというのは、絶対女を買えるところだったんだ。 いわゆる売春宿じゃないのか。 南翆荘のところは今はマンションになっている。 マンションの竣工が2005年だからそれ以前の地図だけど、いったい何年前の地図なんだろう。 この地図のころはまだ遊べたんだろうな。 長野公園の売店のババアに聞いた方がいいかもしれない。 それか、八重別館に宿泊して直接聞き込みをするかだ。 でも、そこまでして調べる気は起こらない。 なぜなら、セックスが行われていたのは、どう見積もっても20年以上前だからだ。 過去のセックスには興味はない。 私が興味のあるのは、今現在非合法なセックスができるかどうかなのだ。 利用したことがある人はいるのだろうか。 情報をもっている人がいたら教えていただきたい。 温泉データ 長野温泉 開湯:S35年(再開発) 源泉温度:- 湧出量:- PH値:- 泉質: ナトリウム・マグネシウム塩化物泉 アクセス:近鉄・南海「河内長野」下車徒歩10分くらい 捜査報告書:もう商売やめたんですわ //.

次の

温泉

河内長野 温泉

飲食、施設設備などバランスのいい銭湯だと思います。 ただ口コミにもありましたが常連らしき人たち5〜6人がダイエット風呂に延々と入っていて時間を測ったらなんと1〜2時間!!これには驚き。 ひとり10分でお願いします!という貼り紙も2カ所ありましたが なんのその。 緩く適温だしよく見ると水流に沿って流されて歩いています。 そりゃ何時間でも入れるわ(笑) 本来のダイエット歩行浴の意味がわかっておられません。 水流に逆らって歩くから負荷がかかり効果がでるのです。 プカプカ流され1時間歩くより逆流で歩く10分の方が効果的です。 10分で体力も尽きて満足できると思います。 正しい使い方を貼り紙にされたらいかがでしょうか。 そうすればご新規さんも皆さん利用できダイエット効果も高まると思うのですが。 たまに利用させていただいてます。 内湯の照明のせいかな? しかし、外に出れば佇まいのよさげな露天風呂。 源泉はしっかり茶褐色で(たまに見た目薄くなりますが)肌に染み入る感じが好きで、落ち着きます。 その傍らにある翡翠風呂は、大きな石をくり抜いた大人が二人ほどしか入れない風呂なんですが、大の男の大人が『次はオレがはいる』と聞こえてきそうな人気っぷりです。 僕も空を見上げながら一人で入るのが好きです。 けど、温泉じゃなかったと思うけど…まっいいか。 これだけゆっくりさせていただいて、料金は500円也!安いです。 今夜、また行きます。

次の