中国 の 無人 探査 機 - 中国の無人探査機が世界で初めて上陸 撮影された月の裏側の様子

探査 中国 の 機 無人 中国の無人探査機からの新たな火星の映像を公開

中国、火星探査機「火星一号」の着陸試験に成功

探査 中国 の 機 無人 中国の無人探査機が世界で初めて上陸 撮影された月の裏側の様子

中国も火星軌道に到着 探査機、5月にも初着陸目指す:時事ドットコム

探査 中国 の 機 無人 中国の無人探査機 火星表面への着陸に成功(日本テレビ系(NNN))

探査 中国 の 機 無人 中国の無人探査機 火星表面への着陸に成功(日本テレビ系(NNN))

中国も火星軌道に到着 探査機、5月にも初着陸目指す:時事ドットコム

探査 中国 の 機 無人 中国の無人機、火星に着陸-探査成功なら米国に次ぎ2カ国目

探査 中国 の 機 無人 中国の無人探査機からの新たな火星の映像を公開

中国の無人機、火星に着陸-探査成功なら米国に次ぎ2カ国目

探査 中国 の 機 無人 中国の探査機 火星着陸に初めて成功

探査 中国 の 機 無人 ただの着陸ではない ──

中国の探査機 火星着陸に初めて成功 旧ソビエトと米に次ぎ

探査 中国 の 機 無人 中国、火星探査機「火星一号」の着陸試験に成功

探査 中国 の 機 無人 中国、火星探査機「火星一号」の着陸試験に成功

中国の無人探査機 火星表面への着陸に成功(日本テレビ系(NNN))

中国にとっては経済的合理性の問題ではない。

  • 国家の威信と政治的意思の勝利という点でも重要だというのだ。

  • 「これまで北京が国際基準から逸脱してきたことを考えれば、米国としては自国を防衛する準備を整えるしかない」 軍事的宇宙競争に対する懸念は目新しいものではないが、地球外の外交交渉は選択肢になさそうだ。

  • ただし、質量は2倍ほど大きくなっている。

中国、火星探査機「火星一号」の着陸試験に成功

「中国の宇宙計画は軍部に牛耳られています」と、チェンは言う。

  • 宮家)いままでの議論は2次元的な世界だったのですよ。

  • 宮家)悪いと言っているわけではないですが、決定的に違うのは、日本は宇宙を軍事的に利用するという発想が全く無いのですよ。

  • 中国の月探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、月裏側の予定エリアに無事着陸した。

中国、火星探査機「火星一号」の着陸試験に成功

中国国家航天局は6月、米国が運用しているGPSネットワークの中国版となる「北斗(ベイドゥ)衛星導航系統」を完成させた。

  • 月面の土壌分析なども行い、活動期間は約90日。

  • 2015年10月には月面で最も長く稼働したローバーになったとされる。

  • の無人探査機「嫦娥4号(じょうが4号)」は世界で初めて、月の裏側に着陸した。

嫦娥3号

嫦娥3号側の観測は継続。

  • 1990年代半ばには、NASAと米国の宇宙関連企業は事実上、中国と仕事をすることを禁じられた。

  • 中国国家航天局は量子衛星通信のパイオニアであり、独自の宇宙ステーションを建設中だ。

  • 火星探査車から撮影された火星の画像で、中国の国家宇宙局が27日に公開しました。

中国が打ち上げに成功した火星探査機は、新たな「宇宙開発競争」の始まりを象徴している

そして、地上にある障害物を回避しつつ、高度20mまで降下した。

  • 火星表面の探査はアメリカ合衆国に続いて2か国目。

  • 2台のカメラに加えて、地下探査に用いるレーダー、火星の微弱な電磁場の検知機、火星の土壌成分の測定機、火星の天気をモニターする機器も積むことになる。

  • 動画が「パクり」かどうかはともかく、中国の探査機が火星着陸に成功したことが、世界も認める偉業であることは確かだ。

ただの着陸ではない ── 中国の「月の裏側」探査が世界を震撼させたワケ

png あるユーザーは、「NASAのJPLが2011年に公開した動画をコピペしただけの動画だ。

  • 結局、これ以降玉兎号は観測・通信機器は稼働しても自走は不可能となった。

  • 同じ時期には、米国航空宇宙局 NASA が「マーズ2020」を、欧州とロシアは「エクソマーズ2020」を、そしてアラブ首長国連邦も「アル・アマル」を打ち上げる予定で、総勢4機の探査機が火星へ向かうことになる。

  • だが、研究者たちを監督しているのは中国人民解放軍だ。

中国も火星軌道に到着 探査機、5月にも初着陸目指す:時事ドットコム

これまで、月の裏側の様子は周回衛星によって観測されてきたが、表面の様子がこれほど近距離で観測されたのは初めてだ。

  • 探査機そのものの外見は異なるものの、動画のアングルや、着陸機(探査機)がパラシュートを開いて降下・着陸する部分の動画の組み立てなど、複数の箇所がまったく同じに見える。

  • 関連記事: 嫦娥4号は着陸から約12時間後、中継衛星との通信状況と周辺環境を確認したのち、搭載していた月面車「玉兎2号」を月面に展開した。

  • ソ連は1971年のマルス3号で、火星への軟着陸一番乗りを果たしたが、ソ連の探査機はいずれも、極めて短い時間で通信が途絶した。

中国も火星軌道に到着 探査機、5月にも初着陸目指す:時事ドットコム

「天問」は宇宙、人生、政治、怪異、伝説、歴史、故事などに関する172もの疑問を天に問いかけるという内容で、探究心の象徴として探査機の名称に選ばれたといいます。

  • ランダーは2014年12月14日で月面着陸から1周年を迎えたが、まだ運用は続けられている。

  • 国営通信社の中国新聞によれば、動画を作成したのは、中国国家航天局(CNSA)の主要な請負業者である中国航天科技集団公司(CASC)の第5研究院だ。

  • 2014年6月の時点で、玉兎号は車輪が動かないなど不完全な状態ながら月の「昼」の期間の活動自体は設計寿命を超えて継続しており、関係者は通信が途絶するまで運用すると表明した。




2021 cdn.snowboardermag.com